狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    23弓削隼人

    1: 風吹けば狗鷲 2020/07/17(金) 16:56:03.73 ID:70wgw99r0
     楽天の塩見貴洋投手(31)が17日、16日の西武戦(楽天生命)で4回途中に負傷降板した弓削隼人投手(26)に“金言”を授けた。

     弓削は先発した16日の試合で、4回に栗山の放った打球が右ふくらはぎ付近にワンバウンドで直撃。一度、治療のためにベンチに下がったが、続く中村に2ボールとした所で、降板が告げられた。

     弓削は2回にも岡田の打球が左臀部(でんぶ)付近を直撃。状態面が心配されていたが、この日の全体練習に参加。通常通りの練習メニューをこなした。左翼付近で投手陣がノックを受けた際には、塩見が身ぶり手ぶりを交えながら弓削にアドバイスを送った。

     塩見は「2回も(打球が)当たることはめったにないので、投げてからのフィニッシュがダメなんじゃないかと。ちょっと冗談ですけど、そういったことを言っていました。『9人目の野手ということを忘れるな』ということを伝えました。
    後は危ないと思ったらよけろと。自分の身を守るという意味で。後は頭に当たらなくてよかったなと。やっぱり頭に当たって後遺症が残る可能性もある。危険な部分もあるので、そこはやっぱり身を守るじゃないですけど。そういうことを言いましたけど。足で良かったなと」と話していた。

    2: 風吹けば狗鷲 2020/07/17(金) 16:56:22.86 ID:70wgw99r0
    no title


    楽天の塩見貴洋

    引用元: 楽天塩見「(打球直撃の弓削に)9人目の野手であることを忘れるな」

    【楽天塩見「(打球直撃の弓削に)9人目の野手であることを忘れるな」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2020/07/13(月) 22:24:39.53 ID:N/5y86A80
     楽天・弓削隼人投手(26)が13日、楽天生命パークで投手練習に参加し、先発する14日・西武戦(楽天生命)へ向けて最終調整を行った。

     今季はここまで全てカード頭で先発し、2勝1敗、防御率2・89を記録している左腕。登板した3試合はいずれも6回以上を投げているが、「しっかり7回投げてリリーフ陣を助けたい。6回と7回はだいぶ違うので、投げ切って次へ渡したい」と力強く話した。

     14日は有観客試合の本拠地初戦。前カードのソフトバンク戦(ペイペイD)は後半3試合が有観客で「拍手や湧き上がる瞬間とか、ファンの力って偉大だなと思いました。ソフトバンクさんはファンが入ることによってスタイルが変わっていったので、ホームの底力じゃないですが、そういうものは少なからずあると思う」と振り返る。

     自身は「あまり意識はせずにいつも通り投げる」とした上で、「ファンの力を借りながらプレーできればな、と思います」と意気込んだ。

    引用元: 楽天弓削14日西武戦に先発 本拠地有観客試合初戦へ「ファンの方の力を借りながらプレーできれば」

    【楽天弓削14日西武戦に先発 本拠地有観客試合初戦へ「ファンの方の力を借りながらプレーできれば」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2020/06/22(月) 18:30:41.96 ID:+XPI5VUq0
     楽天の2年目の弓削が22日、楽天生命パーク宮城で行われた投手練習に参加し、立ち投げながらマウンドの感触を確かめた。23日の本拠地開幕戦の先発を任され「感謝して思い切り投げたい」と意気込んだ。

     無観客となるスタンドには選手名の入った色とりどりのタオルが所狭しと広げられた。「カラフルで楽天らしい雰囲気」と歓迎しつつ「自分のタオルが少なかった。2、3枚しかなかった」と残念そう。「まずは勝たないと駄目だと思うので」とファンに快投でアピールすることを誓った。

    引用元: 楽天・弓削「感謝して投げたい」 23日の本拠地開幕戦で先発

    【楽天・弓削「感謝して投げたい」 23日の本拠地開幕戦で先発】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2020/06/01(月) 11:09:26.00 ID:rZwqeoip0
    no title

    グループ練習でキャッチボールを行う楽天弓削(球団提供)


    日本人最長身193センチ左腕の2年目楽天弓削隼人投手が先陣を切る。練習試合初戦の2日DeNA戦(横浜)に先発予定。
    3月のオープン戦では3試合で12回を投げ防御率2・25と開幕ローテ入りへアピールした。伊藤投手チーフコーチは「彼は身長もデカイ。初戦でいったら(打者の)あごが上がるんじゃないかってね」と冗談まじりに期待した。

    2: 風吹けば狗鷲 2020/06/01(月) 11:09:48.65 ID:rZwqeoip0

    引用元: 楽天弓削が2日先発へ「彼は身長もデカイ」コーチ

    【楽天弓削が2日先発へ「彼は身長もデカイ」コーチ】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2020/05/22(金) 17:45:51.15 ID:w6zistfk0
     楽天の2年目左腕・弓削隼人投手(26)が22日、楽天生命パークでの自主練習でブルペンに入り、今月8日の自主練習再開後では最多となる112球を投げ込んだ。
    「実戦を意識した結果、球数が多くなった。直球を中心に全球種を投げた。久しぶりに100球以上投げたので最後はバテ気味だったけど、出力は上がっている」と手応えを口にした。

     「和製ランディ・ジョンソン」とも呼ばれる1メートル93の大型左腕は、ルーキーイヤーの昨季は3勝をマーク。
    今季も「先発で投げたいというこだわりはある」と、開幕ローテーションの座を狙っている。
    伊藤投手チーフコーチも「ある程度の実績もあるので、基本的にはローテーションの有力候補。計算できる投手だと思っている」と期待を寄せる。

     今後は実戦登板に向けて調整の強度をさらに上げていくことになるが、弓削は「行けと言われたら、いつでも行ける準備をしている」と力強く言い切った。

    2: 風吹けば狗鷲 2020/05/22(金) 17:46:09.88 ID:w6zistfk0
    no title

    ローテーション入りが有力な楽天・弓削(球団提供)

    引用元: 「和製ランディ」楽天・弓削がブルペンで112球の熱投

    【「和製ランディ」楽天・弓削がブルペンで112球の熱投】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2020/05/16(土) 18:28:21.21 ID:UcXsWekC0
    楽天弓削隼人投手(26)が「おうち時間」で“違いの分かる男”へ1歩近づいた。

    16日、楽天生命パークでの自主練習後にオンライン取材に対応。3月30日から5月7日まで続いた活動休止中は自宅で趣味のコーヒーにこだわっていたことを明かし「基本的にずっと入れていました。だいぶ入れ方がうまくなってきました」。
    日大時代の友人の影響ではまり、練習後には毎回2、3杯を口にする。「1秒単位でずれると味に影響する。量や時間の感覚がだいぶつかめてきました」と細部へのこだわりを深めた。

    2: 風吹けば狗鷲 2020/05/16(土) 18:28:35.69 ID:UcXsWekC0
    この日は8日の自主練習再開後初となる、座った捕手へのブルペン投球を行い53球。「ちょっと浮いたりコントロールが定まらないところもあったんですけど、出力自体はそんなに落ちてなかった。微調整で何とかなるかなという感じ」と好感触を得た。
    球団施設閉鎖中は自宅でのトレーニング環境を整えた。「スポーツ店でバランスボールやスライドボードを買いました」と限られた中でも工夫をこらし、ブランクの影響を最小限にとどめた。

    日本人左腕では現役最長身の身長193センチを誇る2年目はオープン戦で3試合に登板し12回を3失点、防御率2・25とアピール。「自粛を受けてリセットという形だと自分は受け取っている。しっかりアピールして先発でできるように頑張りたい」と先発ローテ入りへ意気込んだ。

    引用元: 楽天弓削は違いの分かる男、コーヒードリップ上達

    【楽天弓削は違いの分かる男、コーヒードリップ上達】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2020/04/15(水) 08:53:02.29 ID:swKOIU5e0
     2年目の楽天・弓削が自炊とコーヒーで好状態を維持している。料理はチームの外出禁止をきっかけに本格的に挑戦し、最近はハンバーグを作ったという。「太りやすい体質なので、糖質や脂質の取り過ぎに注意しています。あとはサラダを積極的に食べるようにしています。コンディションもいい」と球団を通じて説明した。

     現在は公園などで自主練習を行う左腕。「『無』な気持ちになれるのがいい」とコーヒーメーカーでコーヒーをいれることを気分転換にしながら、開幕ローテを目指す。

    2: 風吹けば狗鷲 2020/04/15(水) 08:54:06.48 ID:swKOIU5e0
    no title


    フライパンと箸を手に笑顔を見せる弓削

    引用元: 【楽天】弓削隼人、自炊とコーヒーで好状態を維持…最近はハンバーグに挑戦

    【【楽天】弓削隼人、自炊とコーヒーで好状態を維持…最近はハンバーグに挑戦】の続きを読む

    このページのトップヘ