狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    23弓削隼人

    1: 風吹けば狗鷲 2019/03/19(火) 20:52:06.57 ID:WVuftOdsd
    no title

    筑後で汗を流す弓削(撮影・今浪浩三)
    楽天ドラフト4位の弓削隼人投手(24=SUBARU)が「高速クイック」で開幕ローテをつかむ。

    先発を予定する21日のソフトバンクとのオープン戦(ヤフオクドーム)に向け、19日に福岡・筑後市内でブルペン入りして調整。33球を投げ「最後のアピール機会になると思う。しっかり抑えたい」と気合を入れた。

    事実上、残り2枠を巡る争いで武器を生かす。1・2秒以内なら合格とされるクイックだが「1・1秒を切るくらいの意識で投げています」。
    日大時代、足を上げた瞬間にギャンブル気味のスタートを切る走者もアウトにできるよう速さを追求した。同じ大型左腕としてランディ・ジョンソン(元ジャイアンツ)にヒントを得た、スリークオーター気味のフォームとも相性が良く「自分の体の使い方だと、クイックの方が球速が出る時もある」。エース則本昂が右肘を手術したチームにとって、フレッシュな戦力の台頭は不可欠だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-03190843-nksports-base

    引用元: 楽天4位弓削、クイック1・1秒切りで先発残り2枠入る

    【楽天4位弓削、クイック1・1秒切りで先発残り2枠入る 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/02/27(水) 21:57:52.42 ID:BKdj19eKd
    no title

    ランニングする弓削、右は近藤(撮影・足立雅史)


    楽天ドラフト4位の弓削隼人投手(24=SUBARU)が、チャンスをつかむ。
    先発を予定している3月1日の台湾・ラミゴ戦に向け、27日に台北市の天母野球場でブルペン入り。
    初登板初先発だった20日の日本ハム戦では2回4安打4失点と結果を残せなかった。「前回は立ち上がり、イニングの入り方が良くなかった。自分本来のリズムで、落ち着いて投げられるように」とテーマを掲げる。
    もともと28日のラミゴ戦に中継ぎで投げる見込みだったが、エース則本昂が首を寝違えて台湾遠征を辞退したことで先発の機会が巡ってきた。「また先発というチャンスをいただけた。この先もこのポジションで使ってもらえるような投球を見せたい」と力を込めた。

    引用元: 楽天4位弓削「またチャンスを」先発ラミゴ戦へ抱負

    【楽天4位弓削「またチャンスを」先発ラミゴ戦へ抱負 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/17(木) 05:21:42.30 ID:+sPymvia0
    no title

    ブルペンで感覚を確かめる弓削
    “和製ランディ”定着へ、楽天ドラフト4位の弓削隼人投手(24=SUBARU)のキャンプ1軍スタートが16日に決まった。ドラフト1位の辰己涼介外野手(22=立命大)ら新人選手6人が1軍メンバーに入る中“頭1つ”抜けている。
    日本人左腕では球界最長身193センチ。5日の入寮時も備え付けのベッドのサイズを真っ先にチェックしたほどで「もうさすがに(伸びてない)。いらないです。止まってほしい」と笑う。

    新人合同自主トレ2度目となったブルペンでは、長い手足をしなやかに使った40球の立ち投げ。スリークオーター気味のフォームは「ビッグユニット」にヒントを得た。
    身長208センチの伝説的左腕、ランディ・ジョンソン(元ジャイアンツ)。「よく例えられるんです。腕の角度であったり、大きな身長にもかかわらず横から投げている感じが、すごい自分も合っているなと思うので。参考にしながらやっています」と話す。

    終始落ち着いた物腰は欠かさぬ日課のたまもの。中日京田と同期だった日大時から「ルーティン」でコーヒーを愛飲。本格的なエスプレッソマシンなどを買いそろえ、寮にも持ち込んだ。
    時間があれば自ら豆をひき「精神統一になる」と効果を語る。「(先発と中継ぎ)どっちを言われても対応できるようにしている」と頼もしい。【亀山泰宏】

    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/201901160000847_m.html?mode=all

    引用元: 楽天ドラ4“和製ランディ”弓削は1軍キャンプ決定

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/05(土) 22:24:57.31 ID:o3AziGlsd
    no title

    楽天ドラフト4位弓削はお気に入りのコーヒーメーカーを持ち込んだ(撮影・足立雅史)
    楽天ドラフト4位の弓削隼人投手(24=SUBARU)が寮内でカフェを開く?

    5日、仙台市内の泉犬鷲寮に入寮。チームではハーマンと並ぶ最長身193センチの大型左腕は、こだわりの品としてエスプレッソマシンとコーヒーグラインダーを持ち込んだ。
    「大学時代からルーティンでコーヒーを飲んでいたんです。シンプルにコーヒーが好きだし、カフェインとかクロロゲン酸がいいと聞いたので」。コーヒー好きが高じて、社会人1年目の2年前に買いそろえたという。

    時間がある時は豆をひいて飲むこともあり「(豆をひく時間が)精神統一になるんですよ」。あふれるコーヒー愛を広めていくことにも意欲的で「マグカップさえ持ってきてもらえれば、振る舞いますよ。コーヒー片手に野球談議なら、軽く2時間はできるんじゃないですか」と笑っていた。

    引用元: 寮でカフェ?コーヒー好き楽天4位弓削「振る舞う」

    【寮でカフェ?コーヒー好き楽天4位弓削「振る舞う」 】の続きを読む

    20181115-OHT1I50176-L
    投球フォームを披露する弓削
      楽天のドラフト4位・弓削(ゆげ)隼人投手(24)=SUBARU=は15日、群馬・太田市内で契約金5000万円、年俸1000万円で契約合意した。メジャーを代表する左腕ランディ・ジョンソンのような、スケールの大きな投手になることを誓った。(金額はいずれも推定)

     球団旗を掲げたボードが低く見えた。193センチの大型左腕・弓削は、笑顔で楽天のユニホームに袖を通した。「サインして気が引き締まる思い。実感がわいてきました。ランディ・ジョンソンと言われるので、スケールの大きな投手になれるように頑張ります」。メジャー左腕史上最多、5度のサイ・ヤング賞に輝いた“ビッグ・ユニット”を目標に掲げた。

     大きな転機だった。昨年、スリークオーターからオーバースローに変更。しかし、うまくいかず今年4月に元に戻した。その際、何度も見た動画がジョンソン。「大柄で横から投げる。意識して、参考にさせてもらいました。リリースポイントとか。大きいと上から投げがちだけど、横から手の長さを生かしている。それが自分にはまった」。プロへの道が開けた。

     対戦したい打者には、ソフトバンクの主砲で侍の主力・柳田を挙げた。「日本シリーズを見ても、ソフトバンクの打線はすごい。その強力打線と対戦したい。特に柳田選手。強打者と対決したい」。日米野球でも猛威をふるう柳田にも、真っ向勝負を挑む心構えはできている。

     同席した後関昌彦アマスカウトグループマネージャー(55)は「左投手はウチの長年の課題。先発でも中継ぎでも、戦力になると期待感を持って指名している」と即戦力の期待を寄せた。「プロに入ってもゴールじゃない。1軍で勝てる投手になりたい」と語った弓削。東北の地で、“和製ランディ”の異名を定着させる。(山口 泰史)

     ◆弓削 隼人(ゆげ・はやと)1994年4月6日、栃木・田沼町生まれ。24歳。吉永小で野球を始め、田沼東中では佐野シニア所属。佐野日大高では2年春からベンチ入り。日大では中日・京田と同級生だった。卒業後、SUBARUでプレー。最速は149キロでスライダー、カーブ、フォークなどを操る。193センチ、105キロ。左投左打。

    20181031-OHT1I50108-L

    指名あいさつを終え手を組む(左から)沖原スカウト、弓削、長島スカウト部長
      楽天にドラフト4位指名されたSUBARU・弓削隼人投手(24)が31日、長島スカウト部長と担当の沖原スカウトの指名あいさつを受けた。

     身長193センチの長身から繰り出される最速149キロの直球が最大の武器の左腕。両親の身長は平均的というが「小学生の頃から頭ひとつ出ていた」とグングン身長は伸びた。今年の育成ドラフト2位で西武に指名された198センチの北海高・大窪士夢(じゆ)投手や197センチの阪神・藤浪晋太郎投手がいるが、左腕では広島・ジョンソンと並んで最長身となる。

     身長が伸びる秘訣を「よく寝ることですね」と笑って明かした弓削。投球をビデオでチェックした石井GMが獲得を熱望したといい、即戦力として1年目からの活躍も期待され「年間を通して勝てるようなピッチャーになりたいです」と意気込んでいた。担当の沖原スカウトも「あの体で規格外のスケールの大きい投手。存在だけで打者からすると嫌なピッチャーだと思う」と話した。

     ◆弓削 隼人(ゆげ・はやと)1994年4月6日、栃木・田沼町生まれ。24歳。吉永小で野球を始め、田沼東中では佐野シニアに所属。佐野日大高では2年春からベンチ入り。日大に進み、中日・京田とは同級生だった。4年秋は2勝0敗、防御率1・93で敢闘賞受賞。卒業後はSUBARUに進んだ。最速は149キロで持ち球はスライダー、カーブ、フォークなど。193センチ、105キロ。

    6279E246-7A81-4478-8F3A-E30A072FEEDD


    楽天から4位指名されたスバルの弓削隼人投手=群馬県太田市東長岡町のスバル硬式野球部「富士寮」で


     25日にあったプロ野球のドラフト会議で、群馬からは、SUBARU(スバル)の弓削隼人投手(24)が楽天から4位に指名された。高校生では健大高崎の山下航汰選手(3年)が巨人から育成1位指名を受けた。

     スバルの弓削投手は25日、指名を受けた後、太田市東長岡町の硬式野球部寮で記者会見に臨んだ。「もっと後ろ(下位)かと思っていたが、早めに指名されてうれしい」と笑顔を見せた。身長193センチ、体重105キロの大型左腕として「角度ある球を持ち味に、年間通じて勝てる投手になりたい」と意気込みを話した。楽天の本拠地は仙台市。「被災された人たちの力になれるよう、元気と勇気を与えられる選手に」と地域貢献も見据えた。弓削投手は栃木・佐野日大高から日大を経てスバル入りし2年目。

     健大高崎の山下選手の最大の武器は高校通算75本塁打を誇る長打力。2年春のセンバツでは、2本の満塁本塁打を放つなど活躍を見せた。

     指名後の会見で、山下選手は「育成でもプロに進むことは決めていた。“下克上”で1軍定着を目指したい」と決意を語った。

    このページのトップヘ