狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    51小郷裕哉

    1: 風吹けば狗鷲 2019/03/06(水) 22:23:58.58 ID:5axV1bOLd
    no title

    打撃練習の合間に談笑する小郷(右)と渡辺佳


    楽天ドラフト7位の小郷裕哉外野手(22=立正大)が、地元で開幕1軍への活路を開く。
    チームは6日、岡山・倉敷マスカットスタジアムで練習を開始。
    8日の阪神戦をはじめオープン戦3試合を予定している同球場は「走れば10分で実家に着きます」という“超地元”で、家族も応援に駆けつける予定。試合をするのは夏の甲子園出場を決めた14年の岡山県大会決勝以来とあって「かなりいいイメージはありますよ」と笑う。
    当時、小郷ら関西高が決勝で破った岡山理大付の主砲がオリックスドラフト2位の頓宮裕真内野手(22=亜大)だった。「頓宮、ヤバイですよね。メチャクチャ打ってるじゃないですか!」。
    高校は岡山、大学では東都と同じ舞台でしのぎを削ってきた頓宮は、5日のヤクルトとのオープン戦でも1発を放つなどバットで強烈なアピールを続けている。刺激を受けないはずがない。
    テレビで見てきた投手との対戦に「名前負けしているところがあった」と立ち合いから圧倒されていた打撃面だが、逆方向への意識を徹底することで少しずつ結果は出始めている。1日の台湾・ラミゴとの親善試合では初めてマルチ安打を記録した。守備も含めた課題と向き合いながら、自慢の快足と盗塁技術を披露する機会を虎視眈々(たんたん)とうかがっている。

    引用元: 楽天小郷「走れば10分」地元倉敷で開幕1軍へ活路

    【楽天小郷「走れば10分」地元倉敷で開幕1軍へ活路 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/02/22(金) 11:26:05.12 ID:7fKb3p5Qd
    no title


    守備練習で軽快な動きを見せる楽天小郷(2019年2月4日撮影)

    引用元: 楽天7位小郷裕哉、遅咲きの大学時代いかした冷静さ

    【楽天7位小郷裕哉、遅咲きの大学時代いかした冷静さ 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/23(水) 16:26:18.72 ID:Nt36VCvTd
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00000067-spnannex-base


    no title

    50メートル5秒8の俊足と強肩を生かして1番打者の座を狙う楽天・小郷(撮影・沢田 明徳)

     【19年版球界新士録 楽天・ドラフト7位 小郷裕哉外野手】念願だったプロ野球選手という夢をかなえたが、日の当たる道を歩んできたわけでない。楽天・小郷のドラフトの指名順位は7位。
    「今までスポットライトを浴びるタイプではなかったので。やってやるぞという気持ちが強い」。反骨心を胸に新人合同自主トレで精力的にメニューをこなす。

     何度となく悔しさを味わい、そのたびに強くなった。岡山の強豪校・関西出身。高校通算28本塁打の強打者として注目を浴びてプロ志望届を出したが、指名漏れとなった。立正大に進むも「想像以上にレベルが高くて、プロに行きたいと思えなくなった」と振り返る。プロという目標はいつのまにか消えていた。

     50メートル走5秒8の俊足と強肩を生かして3年春からレギュラーとなり、昨年秋にリーグ優勝と明治神宮大会優勝に貢献した。ただ、昨年6月の大学日本代表選考合宿に最速155キロ右腕の弟・賢人(東海大2年)とともに参加。弟だけが代表入りしたことに「複雑だった」としながらも「負けたくないという気持ちになれた」という。

     同期入団のドラフト1位・辰己(立命大)も同じ俊足巧打の外野手だが「プロに入ったらドラフトの順位は関係ないので」と小郷。2月の沖縄・久米島キャンプは1軍スタートが決まった。プロで目指すのは1番打者だ。「頑張っていればいつか花が開くと信じている」。日陰を歩いてきた「韋駄天(いだてん)」が、泥くさくアピールを続ける。 (重光 晋太郎)

     ◆小郷 裕哉(おごう・ゆうや)1996年(平8)8月3日生まれ、岡山県出身の22歳。小学1年から野球を始め、関西では2年春、3年夏の甲子園出場。立正大では2年秋に内野から外野に転向。3年春にレギュラーに定着し、秋にはリーグ2位の打率・347。遠投は105メートル。1メートル78、85キロ。右投げ左打ち。

    引用元: 楽天ドラ7小郷 幾多の屈辱乗り越えた反骨の「韋駄天」

    【楽天ドラ7小郷 幾多の屈辱乗り越えた反骨の「韋駄天」 】の続きを読む

    33C37189-02A0-48F9-BEBE-C6326BDB707F

    立正大優勝祝賀会に訪れた野村克也氏にあいさつするDeNAドラフト2位伊藤(左)と楽天同7位小郷(撮影・金子真仁)

     楽天ドラフト7位、立正大・小郷裕哉外野手(22=関西)があこがれのノムさんと初対面を果たした。19日、都内で同大の秋の東都大学リーグならびに明治神宮野球大会の優勝祝賀会に行われ、野球評論家の野村克也氏(83)が訪れた。同大の坂田精二郎監督(44)がシダックス時代の教え子という縁がある。

    祝賀会の途中、小郷はDeNAドラフト2位の伊藤裕季也内野手(22=日大三)とともに、野村氏のもとへあいさつに向かった。直立不動から「楽天に7位で指名されました小郷です」と頭を下げると「ま、頑張れ」と励まされた。

    小郷は「野村さんの著書を読んで、野球の知識などを吸収してきました。ご本人にお会いできたことは、自分の人生でも忘れられない日になりました」と感激した様子。来年1月の入寮時にも、野村氏の著書を5冊ほど持ち込む予定だという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181219-00423347-nksports-base 

    gol18111719040004-p1

    楽天7位指名の立正大・小郷裕哉外野手は、契約に合意し、ユニホームを着てガッツポーズ(撮影・赤堀宏幸)
     楽天はドラフト7位で指名した
    立正大小郷裕哉外野手(22)と17日、東京都内で契約交渉を行い、契約金2700万円、年俸700万円(金額いずれも推定)で合意した。

     攻守走三拍子揃った外野手として期待される小郷は、「初めての契約で、プロとして自覚しないといけないと思った。同じ外野手で辰己選手(立命大)が1位指名で入るし、先輩の田中(和基)選手が活躍しているので、会ったことはないが、負けないようにがんばりたい」と意気込みを話した。

    1: 風吹けば狗鷲 2018/11/15(木) 09:28:05.57 ID:D8YTA5gz0
    no title

    8回1死三塁、中前適時打を放った立正大・小郷
    ◆49回明治神宮野球大会最終日 大学の部決勝▽立正大6―4環太平洋大(14日・神宮)

     9年ぶり2度目の優勝を果たした立正大(東都)で、楽天7位指名の小郷裕哉(4年)=関西=が逆転劇を演出した。3番・右翼で先発出場し、8回には1点差に迫る中前適時打。次打者でDeNA2位指名の4番・伊藤裕季也二塁手(4年)=日大三=の逆転2ランにつなげた。

     ベンチから駆け出した仲間たちから少し遅れて、右翼の守備位置から走ってきた立正大・小郷が歓喜の輪に加わった。終盤の逆転劇で明治神宮大会制覇。小郷は「(坂田精二郎)監督の野球が一番強いというのを、日本一になって証明できたので本当にうれしい」と笑顔を見せた。

     この日は4打数2安打1打点、今大会3戦で8打数4安打3打点、打率5割と活躍した。2点を追う8回1死三塁では中前適時打でチームを勢いづかせ、伊藤裕の逆転弾を呼び込んだ。「(適時打は)外寄りの真っすぐ。(伊藤の2ランは)こういう大舞台で絶対何かする男なので、期待してました」と明かした小郷。日本一のチームで主軸を務めた誇りを胸に、プロの世界に挑む。

     17日には楽天と入団交渉を行う予定だ。小郷は「(この日の伊藤裕のように)チームを勝利に導けるプレーを、運にしろ実力にしろ、できる選手を目指して頑張ります」。強い決意を持って、外野陣の一角に食い込んでいく。

    引用元: 楽天ドラ7立正大・小郷、逆転V起点「監督の野球が一番強いというのを証明できた」

    ◆49回明治神宮野球大会最終日 大学の部決勝▽立正大6―4環太平洋大(14日・神宮)

     9年ぶり出場の立正大が、09年の初出場優勝に続いて2度目の全国制覇を達成した。楽天から7位指名を受けた3番・小郷裕哉右翼手(4年)は、2安打1打点の活躍で逆転勝利を呼び寄せた。

     完璧なおぜん立てだった。2点を追う8回1死三塁、外角寄りの直球を中前にはじき返した。1点差に迫る一打を放つと、続く4番・伊藤裕季也二塁手(4年)が、自身の失策を取り返す逆転2ラン。「何としてでもつなげようという気持ちでした。彼のエラーから決勝点になりかけて、キャプテンとしてチームに徹してくれていたので負けるわけにはいかないなと」と、笑みをこぼした。

     指揮官の教えで飛躍を遂げた。捕手出身の坂田精二郎監督(44)は社会人のシダックス時代、野村克也監督(83)の指導を受けていた“野村ID野球の後継者”。その指揮官から状況に応じた配球や捕手心理を教わり、相手の心理を読み解く意識を持ってプレーしてきた。

     決勝前日、小郷はこう言っていた。「監督の野球が一番ということを全国に証明したい」。伊藤裕の逆転2ランは、俊足の小郷を一塁に置いていたために「盗塁を恐れて速球で攻めてくる」と速球1本に狙いを定めて打ったものだ。“サカタの教え”で日本一という結果を導き、「証明できてうれしいです」と喜んだ。 4年間の大恩は、知識で返す。「監督さんのおかげでプロにいけたので、上の舞台で新たに発見したことを監督さんに伝えて、恩返しができたら」。50メートル走5秒8の俊足とパンチ力のあるバッティングが持ち味。大学野球の集大成を“日本一”で飾った小郷は、自信を胸にプロの世界に飛び込む。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000221-sph-base 

    このページのトップヘ