狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    則本佳樹

    20181113-OHT1I50146-L

     契約交渉終了後にユニホームを着て、笑顔で投球フォームを披露する則本佳樹

     楽天から育成ドラフト2位で指名された、社会人野球のクラブチーム、山岸ロジスターズの則本佳樹投手(24)が13日、静岡・島田市内で支度金200万円、年俸250万円で契約合意した。

     楽天の則本昂大投手(27)を兄に持つ佳樹。これまで兄が着ている姿を見続けてきた楽天のユニホームに初めて袖を通し「まさか楽天のユニホームに袖を通すとは思ってもいなかった。すごくうれしいことなので、これから期待に応えられるように頑張って行きたい」と満面の笑顔を見せた。

     則本は言わずと知れた楽天、日本を代表するエース右腕。これからはチームメートとしてしのぎを削ることになる。6年間で75勝している兄に「兄は超えるべき目標だと思っているので、肩を並べて投げられる選手になりたい」と宣戦布告すると、「(兄と比べられる)プレッシャーは当然あるけど、比べられて当然ですし、そのプレッシャーが僕のエネルギーになると思っているので、それをバネにやっていきたいと思います」と力強く言い切った。

     担当した山田スカウトも「タイプ的には兄とは逆でパワーと言うよりは、変化球のキレとストレートの質で勝負するタイプ。150キロでなくても、140キロ前後で打者が空振りやファウルになる質、キレや伸びのあるボールを目指して欲しい」と期待を寄せていた。

     ◆則本 佳樹(のりもと・よしき)1994年5月14日、滋賀県生まれ。24歳。大滝小3年の時、多賀少年野球クラブで野球を始めた。北大津高3年夏に甲子園出場も先発した1回戦の滝川二戦で9回途中5失点(自責2)で敗退。近大では右肘手術などの影響で、登板はわずか1試合。昨年、山岸ロジスターズに入団。最速は145キロ。174センチ、76キロ。血液型A。右投左打。家族は両親と兄2人。

    1: 風吹けば狗鷲 2018/11/02(金) 08:22:52.76 ID:uZIxNpsDd
    no title

    島田市の染谷市長にサインボールを渡す則本(右)

     プロ野球の楽天からドラフト育成2位で指名された則本佳樹投手(24)が1日、所属する山岸ロジスターズのある島田市役所を表敬訪問した。直筆のサインボールを手渡した染谷絹代市長(64)からは「イケメンなので、誘惑されないように気をつけて」と、女性市長らしいエールを受けた。


     近大を卒業してから2年間暮らした島田には、恩を感じている。「地域の支えでここまで来られた。早く支配下選手になって、島田を盛り上げたい」と、楽天の本拠地・仙台との“懸け橋”になることを誓うと、市長も市で進めている「“島田市緑茶化計画”のジャンパーを着て応援に行きたい」と、早期デビューを期待した。

     13日には、指名あいさつを受け、入団交渉が行われる。エースの兄・昴大(27)との兄弟選手誕生は目前だ。「則本リレーが出来ればいい」。小3から始めた野球。初めて兄と同じユニホームを着る機会はもうすぐだ。

    3: 風吹けば狗鷲 2018/11/02(金) 08:23:14.06 ID:uZIxNpsDd

    引用元: 【楽天】女性市長、ドラフト育成2位・則本弟にエール「イケメンなので」

    【【楽天】女性市長、ドラフト育成2位・則本弟にエール「イケメンなので」 】の続きを読む

    20181026-OHT1I50194-L

     楽天の育成2位・則本佳は、岸を目標の選手に挙げた

     楽天・則本昂大投手の弟で、同チームから育成2位指名された則本佳樹投手(24)=山岸ロジスターズ=が26日、静岡県内で会見。今季パ・リーグ奪三振王の兄ではなく、同最優秀防御率の岸孝之投手を目指すことを宣言した。

     “仰天”の告白だった。則本佳は「僕は兄のように強気に三振を取りにいく形は合わない。全くの正反対かもしれないが、岸さんのように変化球を織り交ぜて打たせて取る形を目指す。早く支配下登録されたい」。直球最速は145キロだが、持ち味のフォークを軸にカーブ、スライダーの変化球と130キロ台後半の直球とのコンビネーションで開眼した右腕。主に中継ぎで活躍し、楽天スカウトの目に止まった。

     勤務する山岸運送では、パソコンを使ってトラックのボディーへのデザインを担当。「パソコンで絵を施工していた。理不尽な対応をこなすことで、マウンドで崩れることもなくなった」。平日の全体練習は業務後の水曜と金曜のみ。足りないぶんは自主トレで補った。

     4学年上の兄とは、人生で初めてチームメートとなる。育成指名後、メールで「大変だろうけれども、支配下へ向け頑張れ」と激励された則本佳。仙台で上昇曲線を描く。(山田 豊)

     ◆則本 佳樹(のりもと・よしき)1994年5月14日、滋賀県生まれ。24歳。大滝小3年の時、多賀少年野球クラブで野球を始めた。北大津高3年夏に甲子園出場。近大では右肘手術などの影響で、登板はわずか1試合。昨年、山岸ロジスターズに入団。直球の最速は145キロ。174センチ、76キロ。血液型A。右投左打。家族は両親と兄2人。

    1: 風吹けば狗鷲 2018/10/26(金) 05:39:55.40 ID:R2p1o7CP0
    最速139キロのストレート
    持ち球はツーシーム、カーブ、縦スラ、カットボール
    コントロールはアバウト

    引用元: 則本佳樹(24) 楽天育成2位のスペック

    【則本佳樹(24) 楽天育成2位のスペック 】の続きを読む

    261245B3-F26D-4416-B9DE-A7CE415BC945

     ◇
    プロ野球ドラフト会議(2018年10月25日)

     プロ野球のドラフト会議は25日に東京都内で開催され、楽天の則本昂大投手を兄に持つ山岸ロジスターズ・佳樹投手は楽天に育成2位で指名された。

     則本佳は北大津、近大から山岸ロジスターズへ。出身の北大津では甲子園出場も果たした。切れのあるストレートが持ち味で、近大に在学中は「気持ちを全面に出すスタイルは兄に影響を受けました」とコメントしていた。

     今季NPBでプレーした兄弟選手は田中広輔(広島)・俊太(巨人)、上本博紀(阪神)・崇司(広島)、高濱卓也(ロッテ)・祐仁(日本ハム)の3組だった。 【楽天 則本の弟・佳樹を育成で指名 兄弟で同一球団所属に】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2016/05/20(金)22:58:41 ID:NX9
    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/05/20/kiji/K20160520012623040.html
    兄は楽天の昂大。佳樹は「気持ちを全面に出すスタイルは兄に影響を受けました」と話す。
    出身の北大津では甲子園出場も果たしたが、大学入学後は右肘を2度、右肩を1度手術。度重なるケガを乗り越えて踏みしめたマウンドだった。「兄や家族、チームメートのおかげ」と周囲のサポートにも感謝した。

    引用元: 則本昂大の弟、則本佳樹(近畿大)がリーグ戦デビュー

    【則本昂大の弟、則本佳樹(近畿大)がリーグ戦デビュー】の続きを読む

    このページのトップヘ