狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    野球総合


     明治神宮大会立正大12-1関西国際大>◇13日◇大学の部準決勝◇神宮

    楽天からドラフト7位指名された立正大・小郷裕哉外野手(4年=関西)が、先制の犠飛を含む1安打2打点で勝利に貢献した。

    1回無死一、三塁から右翼へ犠飛を放ち、3回には左中間を破る適時二塁打を放った。DeNAから2位指名された藤裕季也二塁手(4年=日大三)も、マルチ安打をマーク。プロ入りコンビの活躍で、12-1の6回コールドで決勝進出を決めた。

    9ADBA101-2C33-49F9-9B64-CE6FCE5C9D33


    首位打者賞を受賞し笑顔の明大・渡辺(撮影・滝沢徹郎)


    <東京6
    大学野球:早大5-4慶大>◇第8週第3日◇29日◇神宮

    楽天からドラフト6位指名された明大・渡辺佳明遊撃手(4年=横浜)が、自身初の首位打者と、遊撃手では2度目のベストナインを獲得した。

    リーグ戦の全日程が終了し、打率4割2分0厘でタイトル獲得が決まった。渡辺佳は「首位打者を目標に(明大に)入って、最後の最後で取れた。プロでも首位打者を目標に頑張りたいです」と意気込んだ。

    横浜・渡辺前監督を祖父に持ち、リーグ通算95安打を放った屈指の安打製造機は、プロの舞台での飛躍を誓った。

    20180909s00001173312000p_view

    <楽・日>9回から登板し、1イニングを1安打無失点に抑えた久保(撮影・篠原岳夫)

    Photo By スポニチ

      ◇パ・リーグ 楽天1―3日本ハム(2018年9月9日 楽天生命パーク)

     BCリーグ・栃木で引退試合を行った村田と同学年の楽天・久保が9回に登板し、1安打無失点に抑えた。村田とは同じ福岡県出身で沖学園東海大、プロ入り後も対戦。巨人では同僚だった。

     「高校時代は東福岡が(県内で)群を抜いていた。(村田は)次元の違う世界に住んでいる人間で、いろいろな面で意識していた」と振り返り「寂しい」とポツリ。プレーしたくてもできない同世代のためにも全力プレーを続けていく。

     ▼楽天・藤平(6回3失点で6敗目)ブルペンでの状態を試合で出せなかった。(6四球などで)相手に自分から流れを渡している。 【村田は“群を抜く存在”…同学年の楽天・久保 引退に「寂しい」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/09/03(月) 20:59:36.34 ID:IXg4Hvu20
    プロへの関門…“ドラフト候補”入りをかけたパワプロの「プロテスト」に潜入!
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180903-00164452-baseballk-base

    いよいよ今年の11月に開幕する『eBASEBALL パワプロ・プロリーグ』。
    これはコナミの人気野球ゲーム「実況パワフルプロ野球」シリーズを用いたeスポーツのプロリーグで、日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメントによる共催で行われる史上初の試みだ。

    はじめは緊張感が漂っていたものの、試合をこなしていくごとに和やかな雰囲気へ。試合中に談笑する場面も見られるなど、思っていたよりも和気あいあいとしたムードになっていった。

     また、参加者のなかには過去の大会などで顔見知りとなっている場合もあり、合間に話し込むシーンや、試合の様子を見に行くといった場面も見られた。


    試合のルールは制限時間30分の6イニング制。
    オンライン予選と同じく、チームはオール・セントラルかオール・パシフィックから選択可能となっている。

    見ていたところオール・パを使うプレイヤーが多く、なかでも先発・則本昂大(楽天)が大人気。
    試合結果の画面を見ると「勝:則本 負:則本」ということもしばしばあった。

    引用元: 則本昂大さん、高校野球、プロ野球界だけではなくeスポーツ界でもアイドル的存在だった

    【則本昂大さん、高校野球、プロ野球界だけではなくeスポーツ界でもアイドル的存在だった 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/07/03(火) 08:23:08.00 ID:+s96fsEjr
    全国1万人対象 応援している野球選手ランキング
    http://www.sanno.ac.jp/research/baseball2018.html
    調査は、野球への関心や視聴習慣にかかわらず全国1万人(※人口統計に基づいて割付)を対象とし、5月15日~18日までの4日間、インターネット調査会社を通じて行っています。

    dab84ae1


    引用元: 全国1万人を対象とした「応援している野球選手」ランキングwww

    【全国1万人を対象とした「応援している野球選手」ランキングwww 】の続きを読む

    ◆報知新聞社後援 第67回全日本大学野球選手権最終日 ▽決勝 東北福祉大6―2国際武道大(17日・神宮)

     東北福祉大(仙台六大学)が国際武道大(千葉県大学)を下し、前回優勝の04年以来14年ぶり3度目の優勝を決めた。

     初回に4番・深江大晟内野手(4年=八戸学院光星)の左越え2ランで先制。

     同点とされた直後の2回には、吉田隼外野手(4年=国士舘)の左前適時打などで3点を勝ち越した。

     ナインの手で3度、宙に舞った元西武の大塚光二監督(50)は「めちゃくちゃうれしいです! 4年生がよく頑張ってくれた。感謝しかないです!」とナインをたたえた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00000183-sph-base

    【【大学選手権】東北福祉大が14年ぶりV 国際武道大を6-2で下す】の続きを読む

     ◇第67回全日本大学野球選手権 準決勝 東北福祉大7―3慶大(2018年6月16日 神宮)

     東北福祉大が慶大を逆転で破り、14年ぶりの決勝進出を決めた。

     打っては3回にDH・大西の先制ソロに始まり3発11安打。大塚光二監督は「郡司君は素晴らしい捕手。彼の配球から攻略しようと思った。3本とも配球を読んで打った本塁打でしょう」。

     エース津森が5回途中から好救援を見せるなど投手陣も奮闘。87年決勝で敗れた慶大にリベンジを果たし、当時決勝のマウンドに立った元楽天スカウトの上岡良一氏はスタンドで見届け、「津森は僕に投げ方が似ていると言われるんです。背番号16もついでくれて、リベンジしてくれた。こんなにうれしいことはない」と喜んだ。

     大塚光二監督は慶大の大久保秀昭監督との元プロ監督対決も制した。「まさかこんなにホームランが出るとは。ノーヒットで相手に3点取られるとも思わなかったし、いろんなことが起きた。でも選手は経験を積んでいるので、冷静に地に足を着けて試合ができたと思う」と振り返った。頂点まであと1つ、全力でつかみにいく。

    このページのトップヘ