狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    東北楽天

    20181217-00000093-spnannex-000-2-view

    契約更改を終え会見する楽天・銀次

    楽天の銀次内野手(30)が仙台市内の球団事務所で契約更改を行い1500万円減の8500万円でサインした。

     交渉時間はわずか10分。会見場に現れた銀次は笑みを浮かべ「責任は自分が負います」と言い切った。チームは最下位に終わり、銀次も139試合の出場で打率・276、5本塁打と本来の力を発揮できなかった。

     「来年は優勝したい。(球団からは)そこを目指して引っ張っていって欲しいと言われた」

     浅村が新加入したとはいえ、チームの浮沈は銀次のバットにかかる部分は大きい。

     プロ13年で通算939安打。銀次は「来年は岩手で試合があるそこで打ちたい」と、5月28日に予定している故郷・岩手での主催試合で区切りの1000安打を狙う。
    楽天の
    銀次内野手(30)が仙台市内の球団事務所で契約更改を行い1500万円減の8500万円でサインした。

     交渉時間はわずか10分。会見場に現れた銀次は笑みを浮かべ「責任は自分が負います」と言い切った。チームは最下位に終わり、銀次も139試合の出場で打率・276、5本塁打と本来の力を発揮できなかった。

     「来年は優勝したい。(球団からは)そこを目指して引っ張っていって欲しいと言われた」

     浅村が新加入したとはいえ、チームの浮沈は銀次のバットにかかる部分は大きい。

     プロ13年で通算939安打。銀次は「来年は岩手で試合があるそこで打ちたい」と、5月28日に予定している故郷・岩手での主催試合で区切りの1000安打を狙う。
    【楽天・銀次 1500万円減でサイン 交渉わずか10分「責任は自分が負います」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/12/17(月) 06:22:14.83 ID:GSgyZbNN0

    no title

    楽天ドラフト1位の辰己
     楽天ドラフト1位・辰己(立命大)ら新人3選手が、来年2月の久米島キャンプで1軍スタートすることが内定した。

     同4位・弓削(SUBARU)、同7位・小郷(立正大)も入り、同2位・太田(大商大)も不安を抱える右肩が復調すれば、4人となる。走攻守の三拍子そろった辰己の評価は高い。石井一久GMも「肩と足はプロに入ってもトップクラス。打撃も力がある」と話しており、外野のレギュラー候補として期待されている。

    引用元: 楽天ドラ1辰己らキャンプ1軍内定 ルーキー4人候補に

    【楽天ドラ1辰己らキャンプ1軍内定 ルーキー4人候補に 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/12/17(月) 06:25:32.81 ID:GSgyZbNN0
    no title


    色紙にはシンプルに“勝つ”と書き込んだ平石監督
     楽天の平石洋介監督(38)が16日までに、「とうほく報知」のインタビューに応じた。監督代行から新監督に就任した指揮官は、FAで加入した浅村栄斗内野手(28)、ドラフト1位の辰己涼介外野手(21)への期待に言及。
    影響を受けた監督に星野仙一副会長(享年70)の名前を挙げ、闘う集団をつくり上げ、優勝を狙うことを誓った。(取材構成・山口 泰史)

     ◆平石洋介監督インタビュー

     ―まずは今オフ、最大の補強になった浅村。戦力としてはもちろん、チームへの波及効果も期待される。

     「一番チームで足りないところだったので本当にうれしい。タイミング合わせるのも当然うまいですし、しっかり振れる中でミートポイントの奥行きがある。どういう風に考えて打ってるかとか、技術以外のところでもすごくためになると思う。
    後は少々コンディションが悪くても黙って出続ける。気持ちの強さというか、平気な顔してやってるのはさすがですよね」

     ―上位を狙うには新人の台頭も不可欠。特に辰己には即戦力の期待がかかる。

     「当然1位ですから。1年目から争いには食い込んできてほしいなと思いますよね。ドラフト候補の映像で、一番衝撃を受けたのが辰己だったんです。一番は肩。あの肩の強さと正確さと。そこから入っていって、バッティングも思ったより振れますし、逆方向にバットコントロール合わせる能力もある。
    足もあれだけある。あれだけのスローイングする選手って今、プロ野球界でも一番上ぐらい行くんじゃないですか」

     ―理想の監督像はない。それでも一番影響を受けたのは、やはり闘将だった。

     「正直、誰を目標にとかは思ってないです。でもやっぱり星野さんはね、一番影響受けたかなとは思います。勝負心(ごころ)というか、闘う姿勢というか。今思えば星野さんだって、ユニホーム着てるときと着てないときと、あれだけ人が変わる。
    これだけの選手がいて、本当は全員に頑張ってほしいし、でも限られたメンバーしか使えない。一番トップの人間として、心を鬼にして決断しないといけないことだってある。ただ僕が同じようにやれって言われても、星野さんは星野さんで、僕は僕なので。あんまり意識しないでやろうとは思ってますけどね」

     ―来季の構想はまだ固まっていない。選手には、自分でポジションを奪うたくましさを求めていく。

     「レギュラーが誰かとか、ローテーションが誰かとか、僕の中では本当に白紙なので、今までの選手もそうですし、これまでなかなか1軍経験のない選手も、本当に良ければ使います。なので、みんなが本気でレギュラーであったり、自分のポジションであったりを、取りに来てほしいですね」

     ―来季の目標は優勝。選手には闘う姿勢を求めた。

     「最下位のチームがいきなり優勝なんかね、そんな甘いものじゃないと承知の上で本当に優勝を狙いたいです。まず闘う集団になることでしょうね。それができる選手を使っていきたいなと。プレー一つ一つの実力も当然ありますけど、闘う姿勢がないような選手は使いたくないなと思います」

    引用元: 【楽天】平石洋介新監督インタビュー…パ最下位からV狙うため、星野流闘争心求ム

    【【楽天】平石洋介新監督インタビュー…パ最下位からV狙うため、星野流闘争心求ム 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/12/16(日) 16:17:46.25 ID:LGhrfE7fM
    https://twitter.com/gnomotoke/status/1073900881416863745?s=21



    すげええええええええええ
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    引用元: 岩見満塁ホームランwwwxwwwxwwwxwwwxwwwxwwwxwwwxwwwx

    【昨日の岩見満塁ホームランwwwxwwwxwwwxwwwxwwwxwwwxwwwxwwwx 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/12/16(日) 16:05:53.62 ID:cA9dA/JX0

    no title

    楽天・釜田
     楽天・釜田佳直投手(25)が16日、岐阜県出身の26歳一般女性と結婚したことを発表した。この日、岐阜県加茂郡白川町役場で婚姻届を提出した。
    新たなパートナーを手にした右腕は球団を通して「今シーズンも手術をし、リハビリが続く中、いつもそばで心の支えになってくれました。来シーズン必ず復活し、彼女にウィニングボールを渡せるよう、シーズンに向けてしっかり準備をしていきたいと思います」とコメントした。

     金沢高3年の春夏連続で甲子園に出場し、日本代表にも選出された釜田。11年のドラフト2位で楽天に入団し、岩隈が着けていた背番号「21」を受け継いだ。その期待通り1年目からいきなり7勝を挙げる活躍。だが、その後は14年3月にトミー・ジョン手術を受けるなど、度重なる故障に泣かされた。

     今季は本格的に中継ぎに転向して開幕1軍入り。しかし、12試合に登板し0勝0敗1ホールド、防御率8・53の成績で5月5日に登録を抹消されると、2軍でも6月2日の登板が最後となった。
    6月下旬に「右肩ベネット骨きょく切除術、及び後方関節包解離術・右肘クリーニング術」を受けて復帰まで6か月の見込みと診断され、シーズン中の実戦マウンド復帰はできなかった。

     14年以来、勝利がなかった今季。150キロ超の直球を持つ右腕は、新たな伴侶とともに完全復活を狙う。

     ◆釜田 佳直(かまた・よしなお)1993年10月26日、石川・小松市生まれ。25歳。小学2年から九思(くし)少年野球クラブで野球を始める。金沢高では1年秋からエース。3年時は春夏連続で甲子園出場。
    2011年ドラフト2位で楽天入団。1年目から7勝。プロ7年間の通算は76試合20勝15敗、防御率4・66。177センチ、77キロ。右投右打。来季年俸2000万円。

    引用元: 【楽天】釜田が結婚発表 完全復活へ「彼女にウィニングボールを渡せるよう」

    【【楽天】釜田が結婚発表 完全復活へ「彼女にウィニングボールを渡せるよう」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/12/16(日) 12:14:07.97 ID:zd9KS9Vr0
    no title


    200万円増の1700万円で契約を更改し、会見場に「失礼しま~す」と元気に入室した。来季の目標に「レギュラーを取る。二塁。あ、違うか」と西武時代の後輩で、FA移籍が決まった浅村のポジションを挙げ、笑いを取った。
    シーズン中の内野ノックでは、20歳も年上の真喜志ヘッドコーチを“いじって”和ませる。そんな普段とは全く違った勝負師の顔だった。

    06年に楽天でプロ生活をスタート。10年オフ、金銭トレードで横浜に移った際には、嶋を筆頭に多くの選手が「絶対に出してはいけない人」と声を上げ、人前で涙まで流した。
    13年途中に西武にトレード移籍し、昨オフに戦力外を経験。8年ぶりに復帰が決まると「本当に良かった」とわが事のように喜ぶ選手がいた。

    地獄を見たからこそ、勝負の世界の厳しさは、体に染み込んでいる。

    渡辺直 お金はいくらでも良かった。楽天に復帰させていただいて苦しいシーズンではあったけど、本当に野球をやっている感がすごくあった。悔しいとかうれしいという気持ちで野球が出来て、すごく幸せだった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00420164-nksports-base

    引用元: 渡辺直人「楽天で野球…幸せ(恍惚)」

    【渡辺直人「楽天で野球…幸せ(恍惚)」 】の続きを読む

    このページのトップヘ