狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    東北楽天

     16日に楽天の梨田昌孝監督(64)が成績不振を理由に辞任した。とはいえ、「現場とフロントとの間で『コミュニケーション不足』もあった」と放送関係者がこう言った。

    「楽天は12球団に先駆けてトラックマンを導入。チーム統括本部内の『チーム戦略室』が打順や起用について梨田監督に提案し、指揮官もこれを受け入れてきたが、今季は打撃不振もあってチーム戦略室の意向が強くなった。打順はほぼ日替わりとなり、メンバーを固定して、どっしりと戦いたい梨田監督のやり方とはいよいよかけ離れていった。梨田監督の頭にはなかった若手がフロント主導で一軍に昇格したこともありました」

     フロント主導はあくまでもチーム方針だが、楽天ではそれを「行き過ぎだ」と受け取る向きがあったという。

    「星野(仙一)さんが1月に亡くなったことで、潮目が大きく変わったかもしれません」とは、さる楽天OB。

    「楽天は2015年、大久保監督時代に三木谷オーナーの『現場介入』が取りざたされたこともあり、14年限りで監督退任後、シニアアドバイザーだった星野さんが15年9月に取締役副会長に就任、編成面を一任された。球団内では以前からデータ重視の傾向はあったが、星野さんは現場の意見を吸い上げ、発言力もあったため、フロントからの防波堤となっていた。『現場は現場でしっかり考えてやれ』と激励された人間もいる。その星野さんが亡くなってから、なんでも球団主導で物事が進むことが増えていったのです」

     梨田監督は今年が3年目。Aクラス入りした昨オフですら解任案が浮上したものの、最終的には星野副会長の意向もあって続投したといわれている。梨田監督は成績不振に加えて最大の後ろ盾を失ったことで、決意を固めたのだろう。

     楽天は、平石ヘッド兼打撃コーチが監督代行に就任。初采配を振った昨17日の阪神戦は8―0で快勝した。

     19日のDeNA戦(横浜)で先発予定の楽天・古川侑利投手(22)が18日、本拠地の楽天生命パークでキャッチボールやランニングなどで調整した。

     5日の巨人戦(東京D)でプロ初勝利を挙げてから2連勝中の右腕。調子は上向きと合って「自分のボールをしっかり投げられれば、抑えられる自信はある」と登板を心待ちにしていた。DeNA戦は今季初登板で交流戦開幕戦だった5月29日にも登板。5回3失点と好投しながら敗戦投手となり「ファーストストライクから積極的に振ってくるイメージ。それを逆手にとって球数を減らして、長井イニングを投げたい」とリベンジを誓った。

     楽天は16日に成績不振の責任を取って梨田監督が辞任。17日からは平石監督代行が指揮を執っており古川は「昨日勝って(8〇0阪神)、チームもいい流れなので、監督代行に2勝目をプレゼントしたい」と気を引き締めていた。

     楽天が17日、阪神戦(楽天生命)前に、日本将棋連盟東竜門とのコラボイベントを、球場横の「イーグルスドーム」で行った。

     この日だけの特別対局「野球ペア将棋~交竜戦~」やトークショーなどが行われ、真田圭一八段(45)、三枚堂達也六段(24)、上村亘四段(31)、長谷部浩平四段(24)、谷口由紀女流二段(25)、塚田恵梨花女流1級(19)の6人が参加。会場には楽天、阪神のユニホームを着た約100人のファンが、野球観戦前に訪れて、異種交流会を楽しんだ。

     野球と将棋のつながりについて、将棋連盟野球部にも所属する上村四段は「3手先くらいを読むところは似ているかも。投手の交代のタイミングとかは、いろんなことを想定していると思う」。長谷部四段も「阪神はすごく相手打者によって守備位置を変えていた。僕も相手によって戦法をガラッと変える方なので似ているなと思った」と共通点が多いことを野球ファンにアピールしていた。

    【【楽天】将棋とコラボの「交竜戦」開催…上村四段「投手交代のタイミングとか似ているかも」】の続きを読む

    日本生命セ・パ交流戦 楽天8―0阪神(17日・楽天生命パーク)

     楽天・平石洋介監督代行(38)が、初陣を8―0の大勝で飾った。

     2回に銀次の2ランで先制すると、4回にアマダー、藤田の連続ソロで追加点を奪い、5回にはさらに4点を加えた。初采配で快勝した平石監督代行は「素直にうれしいです」と笑顔を見せた。

     投げては美馬が今季9度目の先発で7回無失点と好投。開幕から2か月半を要してようやく初白星を手にした。たったひとつしかないウィニングボールは美馬から平石監督代行に手渡したが、指揮官は美馬にそっと返した。平石監督代行は「美馬も初勝利で、僕の所に『今日はもらって下さい』と言ってきたけど、『その気持ちはくむ』と。うれしかったけど、美馬も初勝利でここまで苦しんでいたので、『お前に受け取って欲しい』と。美馬に渡しました」とうれしそうに説明していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00000198-sph-base

    【【楽天】平石監督代行、初陣8―0大勝 ウィニングボールは「お前に受け取って欲しいと美馬に渡しました」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/06/17(日) 16:00:54.91 ID:K07g+pjW0
    美馬初勝利!
    打線爆発!
    平石代行初試合初勝利!
    VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured

    引用元: 【美馬】楽天バァン集合【初勝利】

    【【美馬】楽天バァン集合【初勝利】 】の続きを読む

     楽天・梨田昌孝監督(64)が、16日の阪神戦(楽天生命)終了後に辞任を表明した。17日からは平石洋介ヘッド兼打撃コーチ(38)が、監督代行を務める。梨田監督の辞任を承諾した立花陽三社長(47)の一問一答は以下の通り。


     ―梨田監督からの話は

     「まず監督からは、『借金20、残り80試合でのマイナス20ということでの責任の重さ、ホームゲームで勝てない責任の重さを痛感しています』という話を頂いた。マイナス20という数字に責任を感じているので、辞任したいという申し入れがありました。私としてはまだ80試合あるので1試合1試合戦っていくという話しもずっとさせて頂いてはいたので、頑張っていこうという話はさせて頂いていた。1つの区切りだというお話で。残念ながら辞任することになりました。監督自身も途中でやめるということが、責任を取るという言葉がひとつある一方で、見え方によっては途中でやめることに対する、言葉が悪いですけど逃げ出すようには、という気持ちはなかった。そこだけはご理解頂けるとありがたいと思っています。これはうまく言えないんですけど」

     ―明日以降の戦いは

     「平石ヘッドに監督代行として指揮をとって頂こうと考えまして、平石ヘッドに承諾を得ました。梨田監督と平石ヘッドで話をしています。今さっきのことなので、そこ(監督代行)からスタートさせて頂いてと考えています。本当に急になので」

     ―平石監督代行の期間は

     「なにか決めているわけではない。1試合1試合しっかり戦って欲しいということしか今の段階では。例えば、何か月か前から監督として時間を与えていたわけではないので、厳しい戦いになることは分かっていますけど、ヘッドとしてやってくれていて、2軍監督もやっていたので、ある程度選手の性格及び技量は分かってくれる人だと思う。しっかりとチームをいい方向に持っていって頂ければなと思っています」

     ―チームとして借金20になった原因は

     「これはチームの監督、コーチ、選手は当然ながらあると思いますけど、フロント含め、私も含め非常に責任は痛感しております。これは全員の責任だと思っています。決して監督だけの責任では全くない。私は責任者ですので、自分自身も責任を強く感じています」

     ―今後選手の補強については

     「それは(補強の期限となる)7月の31か30か分からないけど(正式には31日)、その日まで今でも調査していますし、それは外国人、トレード含めやれることはやっていく。今もやっていますし、進めています。今具体的に誰を獲りますという発表はありませんけど、進めています」

     ―コーチ人事については

     「監督が抜けて平石監督代行が指揮を執る。今はそれでスタートする。今日の今日なので。これから平石監督と話をする中で、ニーズは出てくるかも知れないけど、さっきは今のままでいきたいということなので、この体制で立て直せるように頑張って行かないといけないし、我々もしっかりサポートする体制を再構築しなければいけない」

     ―今年の不振の原因は

     「僕自身は関わった全員の責任だと思います。全部が実力。監督をしっかりサポートできなかった自分にも責任がありますし、フロント含め何がというわけではない。スポーツはそういうものだと思う。全員が勝ちを信じないと勝てない。そういう組織になったのは自分の責任。この現実を受け止めなければいけないので、受け止めてしっかりともう一回あと80試合大切に戦いたい。50勝30敗で単純計算借金0になる。そこは最低レベルとして多々語っていきたい」

     ―平石監督代行に期待することは

     「明るくやって欲しいなと思います。技術的なことうんぬんかんぬんは彼に任せるとして、僕から言えるのはこうなった責任を1人で背負う必要はないので、とにかく明るく元気に取り組んで、1試合ずつ大切に戦って欲しい、諦めない野球、星野さんが教えてくれた、梨田さんから教わった野球を、彼(平石監督代行)はうちの歴代監督の野球は全員知っていると思う。そこは彼に任せて、歴代の監督を総決算するような野球をやって欲しいと思っています。決して梨田さんも負けたくて負けるわけではないので、勝負の世界のなのでこういうこともある」

     ―三木谷オーナーに報告は

     「私からしました。オーナーからは承諾を頂いた。私の力不足で止めることは出来なかったという話はさせてもらった。まだこれは監督には話していないけど、ちょっと落ち着いたら3人(梨田監督、三木谷オーナー、立花社長)でご飯でも行こうという話を。少し不謹慎ですけど、それくらいコミュニケーションを取れていたので、残念ではありますけど2年半、僕はしっかりやって頂いたと思う。それは監督には感謝してますし、オーナーも同じ気持ちだと思います」

    このページのトップヘ