狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    東北楽天

    18

    福岡ソフトバンクホークス

    18:00試合開始
    ヤフオクドーム

    ネット

    Rakuten TV

    ネット

    DAZN

    パ・リーグTV



    【パリーグ公式戦 VS福岡ソフトバンク @ヤフオクドーム】の続きを読む

    防御率7点台の低空飛行 楽天守護神・松井裕に休養のススメ

     絶対的守護神の面影はどこへやら、楽天の松井裕樹(22)の調子が一向に上がらない。今季は7試合で2敗1セーブ。防御率は7.71と、低空飛行を続けている。

     松井は高卒2年目の2015年、先発から抑えに配置転換されると、昨季までの3年間で3年連続30セーブをマーク。毎年50試合以上投げている。

     それがいまや代名詞のスライダーにもキレがなく、今季は登板した7試合中5試合で失点している。もともと制球に難がある投手とはいえ、この結果はただ事ではない。

     評論家の高橋善正氏は「それだけ抑えは過酷な職業なんです」と、こう続ける。

    「毎回、試合のラストに登場し、勝敗を背負うプレッシャーは、他の投手の比ではない。先発なら1イニング打たれても立て直すことは可能だが、抑えは1イニングに全てを懸けている。いくら松井が若くても、3年も務めれば精神的な疲労が体をむしばんでいるはずです。表面上はそう見えずとも、体の芯の部分に疲労が残っているからボールにキレがない。中日の岩瀬のように、10年も抑えを出来る選手の方が例外なんです」

     松井が抑えに回った当時、「選手寿命が心配だ」という声がチーム内外から上がっていた。

    「それでも抑えを続けさせるのなら、思い切って1カ月程度休ませて、疲労を完全に抜くことです。一軍にいる限り、体の芯にある疲労が抜けることはない」(前出の高橋氏)

     17日はソフトバンクに敗れ、松井の登板機会もなかった楽天。順位は相変わらず最下位のままとあれば、今は選手のケアを優先してはどうか。

    【防御率7点台の低空飛行 楽天守護神・松井裕に休養のススメ】の続きを読む

    ◆ソフトバンク5―3楽天(17日・福岡ヤフオクドーム)

     楽天が天敵ともなっていたソフトバンク左腕・モイネロから40人目にしてようやく初安打を放った。

     昨年6月に支配下登録されたキューバ人左腕に対して、昨季は32打席対戦して安打は0(CSを除く)。今季も7日に3人が対戦してヒットは打てず、この日も7回途中から登板した左腕に対して4人から安打が出ることはなかった。そして迎えた2点を追う8回2死一塁。40人目の対戦となった島内が右前安打を放った。カウント1ボール、2ストライクと追い込まれながら135キロのチェンジアップをはじき返した島内は「たまたまですよ。球が速いピッチャーなので、なんとか一発で仕留められるようにと思った」と振り返った。

     島内の一打で2死一、二塁とチャンスを広げたが、続く茂木が初球を引っかけて二ゴロに倒れ、2点差を詰めることは出来なかった。

    【【楽天】天敵・モイネロから島内が40人目にしてようやく初安打】の続きを読む

    17

    福岡ソフトバンクホークス

    18:00試合開始
    ヤフオクドーム

    ネット

    Rakuten TV

    ネット

    DAZN

    パ・リーグTV



    【パリーグ公式戦 VS福岡ソフトバンク @ヤフオクドーム】の続きを読む

    プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「ライバル」です。

    ロッテ・菅野剛士外野手

     楽天の茂木(栄五郎)と日本ハムの横尾(俊建)は武蔵府中リトルシニアで一緒のチームだった幼なじみです。茂木が一番で三、四番が僕と横尾。2人とは東京六大学リーグ、プロとチームは違えど、同じ道を進みました。彼らは大学卒業と同時にプロへ進みましたが、自分は社会人野球を経てのドラフト。負けてはいられないです。

     それと今、使うバットは茂木のモデルなんです。向こうのほうが経験も多いし、社会人1年目のとき、「どんな形を使っているの?」と触らせてもらってから、気に入って使うようになりました。

     重心がヘッドのほうにあり、しっかりと振らなければスイングできない。自分もしっかり振るタイプなので、合っているのかなと思います。

    【ロッテ・菅野剛士外野手「幼なじみの茂木と横尾には負けていられない」/ライバル】の続きを読む

    プロ初勝利の楽天・池田に岩隈から助言「決め球がまだ高い」

     15日の西武戦でプロ初勝利を挙げた楽天・池田がマリナーズ・岩隈からアドバイスを受けた。

     一夜明けて疲労回復メニューに取り組んだ右腕は、オフに自主トレをともにした先輩から祝福の連絡があったことを明かした。同時に「決め球がまだ高い」と次戦へ向けて助言も受けた。西武戦は7回途中5失点。「修正していきたい」と話し、次回登板予定の22日オリックス戦(楽天生命パーク)で一段上の結果を出す。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00000028-spnannex-base

    このページのトップヘ