狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    東北楽天

    1: 風吹けば狗鷲 2019/09/17(火) 18:21:21.25 ID:PvtNU02V0
    no title

    楽天・平石監督
     【球界ここだけの話】楽天・平石洋介監督(39)が“松坂世代”の相次ぐ現役引退に一抹の寂しさを感じている。

     9月6日に広島・永川勝浩投手(38)が引退を発表。球団最多の165セーブを記録した守護神が、17年の現役生活に幕を下ろした。

     平石監督は「どことなく雰囲気を持った人間です。いいまっすぐとフォークを投げ分けて。フォークはカウントを取るボール、決めるボールと操っていた」と永川の全盛期を振り返った。

     8日にはヤクルト・館山昌平投手(38)の引退に言及。「(7日に)連絡をもらった。体を張りながらいっぱい手術をして。それが彼のエースとしての勲章」と2009年のセ・リーグ最多勝右腕(16勝)に敬意を表した。

     16、17年の2軍監督時代には、イースタン・リーグのヤクルト戦でリハビリ中の館山と顔を合わせた。再起を目指す同い年に接し「いつも会うたびに勇気をもらっていたが、近頃は“もう、しんどい”と。言葉が弱まった」と深い絆で結ばれた球友を思いやった。

     自身は楽天創設1年目の05年から11年まで、現役で7年プレー。引退直後から指導者に転身して“松坂世代”で初の監督になった。クリムゾンレッドを基調とした楽天のユニホームを着続けて、今季で15年目になる。

     同世代の象徴、中日・松坂大輔投手(39)の動向もおおいに気になるところ。平石監督は年を重ねるごとに同い年の現役選手が減っていく現実を「寂しい、寂しい…」としみじみ口にした。

     一方で、阪神・藤川球児投手(39)は7年ぶりの球宴出場を果たした。ソフトバンク・和田毅投手(38)は、左肩の不調から復活して2年ぶりに白星。最も長く続けるプレーヤーは誰か。気になるところだ。(山口泰弘)

    引用元: 楽天・平石監督が“松坂世代”の現役引退に「寂しい」

    【楽天・平石監督が“松坂世代”の現役引退に「寂しい」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/09/17(火) 14:46:09.26 ID:RVXbI0NGM
    no title

    なんやこれ…

    引用元: 楽天ブラッシュのフォームωωωωωωωωωωωωωωω

    【楽天ブラッシュのフォームωωωωωωωωωωωωωωω 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/09/17(火) 09:11:56.76 ID:H21pXJZJd
    no title

    オリックス対楽天 9回表楽天2死一、二塁、浅村は3点本塁打を放つ(撮影・渦原淳)


    <オリックス2−8楽天>◇16日◇京セラドーム大阪

    ▼楽天浅村栄斗内野手が2年連続2度目の30号。楽天で30本以上は今季のブラッシュがいるが、日本人では07、09年の山崎武以来2人、3度目で、30発コンビは球団史上初。また二塁手のシーズン30発の回数は山田哲(ヤクルト)の4度が最多だが、パ・リーグでは64、65年スペンサー(阪急)81、82年落合(ロッテ)の2度に並ぶ最多タイ。

    ▼浅村は昨オフに西武からFA移籍。FA移籍1年目に30本塁打は、97年清原(西武→巨人=32本)00年江藤(広島→巨人=32本)07年小笠原(日本ハム→巨人=31本)に次いで4人目。移籍先が巨人以外の選手が1年目に30発は浅村が初めてだ。

    引用元: 楽天浅村FA1年目で30発 移籍先が巨人以外で初

    【楽天浅村FA1年目で30発 移籍先が巨人以外で初 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/09/17(火) 09:07:39.16 ID:H21pXJZJd
    ◆オリックス2—8楽天(16日・京セラドーム大阪)

     3位のロッテが首位・西武に勝って連敗を3で止めた。石川が7回3失点で7勝目を挙げた。4位の楽天は、岸の7回2失点の力投でオリックスを下し、こちらも連敗を3で止めた。
    西武とソフトバンクによる優勝争いが激烈なパ・リーグだが、クライマックスシリーズ(CS)出場権をかけた3位争いからも目が離せない。

     忘れかけていた感触を、久しぶりに味わった。岸は7回4安打2失点の好投で、チームの連敗を3でストップ。6月8日の中日戦(ナゴヤD)以来、実に3か月ぶり、自身10試合ぶりの今季3勝目だ。報道陣に「いつぶりなんですか?」と逆取材するほどの長いトンネルを抜け、さわやかな笑顔を見せた。

     今季は開幕戦で左太ももを痛め、約2か月の離脱。復帰後もなかなか勝ち星が伸びず、7月中旬にはへんとう炎などによる入院生活で、再び約1か月、チームを離れた。
    「ずっと迷惑をかけて、チームに貢献もできずに何やってんだろう…」。エースの責任感は重圧に変わり、力みを生んだ。勝負どころで何度も痛打を浴びて、通算5連敗を喫していた。

     だが、考え方を変えた。「まだシーズンは終わってない。フラットな気持ちに切り替えました」。肩の荷をおろし、目の前の試合に集中することで、本来の姿を取り戻した。ゆったりとしたフォームから、大きなカーブが効果的に決まった。

     CS圏内の3位・ロッテも勝ち、ゲーム差は1のまま。この3連戦は2連敗からの白星で、ゲーム差は3日間変わっていない。
    「これ以上、離されるわけにはいかない」と平石監督。19日には今季最後の直接対決が控えている。残り8試合。エースの復活で勢いに乗り、2年ぶりのCS進出をつかみ取る。(片岡 泰彦)

    引用元: 【楽天】岸、7回2失点で3か月ぶり勝った「チームに貢献もできずに何やってんだろう…」

    【【楽天】岸、7回2失点で3か月ぶり勝った「チームに貢献もできずに何やってんだろう…」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/09/16(月) 12:00:56.36 ID:sdKZG5bra
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190916-00000311-oric-ent
    とんねるずの石橋貴明、木梨憲武が、スポーツ界の頂点に立つ強豪たちに
    真剣勝負を挑むテレビ朝日系『とんねるずのスポーツ王は俺だ?』が
    恒例のお正月スペシャルに先駆けて10月12日(後9:00~)に放送が決定。
    二人が野球とサッカーで熱いバトルを繰り広げる。
    石橋が挑む野球対決は、おなじみの“リアル野球BAN”。
    「リアル野球BAN、甲子園101回大会」と題し、石橋率いるチーム石橋と
    松井秀喜率いるチーム松井がナゴヤドームで火花を散らしす。

    松井は独立リーグで現役を続ける西岡剛(大阪桐蔭高校)を招集。
    今回の召喚を受け、西岡は「松井さんの顔に泥を塗らないよう頑張ります!」と意欲を燃やす。
    さらに、スーパーキャッチャー・谷繁元信(江の川高校:現石見智翠館高校)が2度目の参戦。
    ほか、主将として甲子園春夏連覇を達成した立浪和義(PL学園)
    62歳で「リアル野球BAN」史上最年長出場となる定岡正二(鹿児島実業高校)が
    チーム松井に名を連ねる。全員が甲子園のヒーローだったレジェンド
    そして全員がドラフト1位でプロ野球に進んだエリート軍団が、巻き返しを図る。

    一方、チーム石橋は、毎度おなじみのゴルゴ松本(熊谷商業高校)
    生粋のホームランバッター・山﨑武司(愛知工業大学名電高校)
    そして石橋の後輩で帝京魂を受け継ぐ森本稀哲(帝京高校)の4人で
    甲子園レジェンドたちを迎え撃る。

    引用元: リアル野球BAN、石橋貴明VS松井秀喜、5戦目の因縁の対決 西岡剛参戦

    【リアル野球BAN、石橋貴明VS松井秀喜、5戦目の因縁の対決 山崎武司・西岡剛参戦 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/09/16(月) 23:29:41.52 ID:VAdEFpf+0
    no title

    オリックス対楽天 ファンの声援に応える楽天岸孝之(撮影・渦原淳)
    no title

    オリックス対楽天 力投する楽天先発の岸(撮影・渦原淳) 
    no title

    ウイニングボールを渡さぬ松井裕樹のいたずらに苦笑いの岸孝之(右から2人目)(撮影・渦原淳)

    3: 風吹けば狗鷲 2019/09/16(月) 23:30:27.91 ID:VAdEFpf+0
    <オリックス2-8楽天>◇16日◇京セラドーム大阪

    楽天岸孝之投手(34)が3カ月ぶりに勝った。5回に2ランを浴びた以外はオリックスに二塁すら踏ませず、7回2失点で6月8日中日戦以来の3勝目。高熱を出しての入院、救援陣が追いつかれて勝ちを逃すこともあった。

    「意外と冷静でした。僕が勝てるような投球をしていなかった。1つ勝つのは難しい。
    負けていて(味方が逆転して)負けが消えるより、勝っていて(後続が打たれて)勝ちが消える方が、まだ気持ちは楽だから」と、9戦勝ちなしのトンネルを振り返る。自らの星勘定より、試合をつくる先発の役目を大事にしてきたから心は折れなかった。

    昔からこだわりを貫くタイプだ。宮城・名取北高に進んだのは「家に近かったから」。漫画「スラムダンク」で流川楓が湘北高校を選んだ理由と全く同じ動機から無名校の野球部に入ったが、当初は仙台西高との2択で迷っていたという。
    「高校に入ったら、西高の野球部の友達が丸刈りになってた。
    西高だったら、野球をやめていたかも」。3年夏に仙台西が甲子園出場を果たしても、後悔はないと言い切る。今夏、甲子園常連の強豪校にも「脱丸刈り」のチームが出てきたと聞けば「遅いよね」と笑った。簡単にはぶれない。

    3連敗を止め、3位ロッテとの1ゲーム差をキープした。「ちょっと前までは、(2度の離脱で)チームに迷惑をかけて『何やってるんだろう』というのはあった。
    でも、まだ(シーズンは)終わってないから」。最終盤で大黒柱の本領を発揮する。【亀山泰宏】

    引用元: 楽天岸「1つ勝つのは難しい」心折れず6月以来白星

    【楽天岸「1つ勝つのは難しい」心折れず6月以来白星 】の続きを読む

    このページのトップヘ