狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    阪神

    1: 風吹けば狗鷲 2017/02/21(火)10:31:05 ID:97r
    どんな球なの?
    教えて詳しいJ民

    引用元: 則本と藤浪がスラッターを習得したらしいけど

    【則本と藤浪がスラッターを習得したらしいけど】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/02/17(金) 23:40:56.34 ID:5eBPx6vW0
     阪神のドラフト1位ルーキー、大山悠輔内野手(22)=白鴎大=にまたもや“援軍”が現れた。白鴎大OBの楽天・岡島豪郎外野手(27)が全面サポートを約束したのだ。

     「ドラフト1位で注目度も高い。でも何とか成功してほしいですよ」

     大山が汗を流す沖縄・宜野座村野球場からは車でわずか10分。楽天の練習拠点・金武町ベースボールスタジアムで、岡島は真顔で後輩を心配している。

     2011年ドラフト4位で捕手としてプロ入りしたが、その後当時の星野監督に見いだされ外野手に転向。控え捕手から一転、打のリードオフマンとして球団史上初のリーグ優勝&日本一に貢献した。大舞台は経験したが、「人気球団と比べたら、やっぱり雰囲気や環境は異なると思う」。

     大山とは携帯の連絡先を交換済み。これまでにSOSの連絡は入ってきていないが、まじめな性格がゆえの“落とし穴”を心配する。

     「まじめな性格というのは大事だと思うのですが、半面まじめ過ぎるとこの世界ではなかなか難しい」

     伝統あるチームの一員になり「ファンも、マスコミもウチのチームよりずっと多い。1年目だし、キャンプ中は食事を含めていろいろなお誘いが多くて、体力的にも、精神的に大変だと思うけど、絶対に断らず行き続けるべき」と訴える。

     「僕は良くも悪くもドラフト下位指名で、それほど期待もされていなかったと思うけど、諸先輩方のお誘いで出掛けた翌日は、練習でうまく調整していた」という。

     新人らしく先輩に従順であることも大事だが、「野球でも、遊びでも“帳尻合わせ”をどれだけうまくやれるかが、この世界で生き残れるカギの1つになると思いますよ」と語る。

     最後は「忙しいとは思うけど、何かあったらいつでも連絡してきてほしい」と請け合った。虎のドラ1にまた1つ、強力なサポートが加わった。 (山戸英州)

    2: 風吹けば狗鷲 2017/02/17(金) 23:41:49.57 ID:5eBPx6vW0
    no title


    夕刊フジ 2/17(金) 16:56配信
    初めてのキャンプで奮闘する大山。持つべきものは、やさしい先輩だ(写真:夕刊フジ)

    引用元: 阪神ドラ1・大山に強力援護キター まじめな性格心配、“先輩”楽天・岡島サポート確約t

    【阪神ドラ1・大山に強力援護キター まじめな性格心配、“先輩”楽天・岡島サポート確約】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/02/14(火) 18:52:54.11 ID:Z5G/vt/+0
    楽天球団の星野仙一副会長(70)が14日、阪神の宜野座キャンプを訪れ、金本監督らを激励した。


     沖縄本島入りした楽天に合わせて、13日に沖縄入りした星野副会長。この日は楽天のキャンプ地・金武で練習試合が行われていたが、その開始を見ずに宜野座キャンプを訪問した。

     約1時間にわたって金本監督と話した後、報道陣に「糸井は首位打者争いするやろ。阪神は投手が出てくれば優勝争いする」などと笑顔で対応。

     最後が金本監督とがっちり握手し、同監督、四藤阪神球団社長に見送られて、宜野座を後にした。
    1265C6E4-ABC9-432C-8D4C-7F3C54A34C9E-3446-000002DF779DD055_tmp


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170214-01778973-nksports-base

    引用元: 阪神訪問した星野仙一「投手○なら優勝争いする」 

    【阪神訪問した星野仙一「投手○なら優勝争いする」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/01/17(火) 10:42:17.03 ID:m/9w4wxG0
    当時、寮の周辺にはコンビニなどなく、車や自転車で行ったりしたが、それだって気を使う。
    どこで誰が見ているか分からないし、怪しい人たちが寄ってくることもある。カゴに入れる商品
    にも気をつけろ、ちゃんとした物しか買ったらアカンって注意されました。今でこそネットが
    ありますが、エロ本でも買っているのがバレたら、何を言われるか分からないですから。

    寮長からは身元が分からないように
    『ジャージーで行く時は、チーム名が入っていないものを着るように』と言われた。日中はもちろん、
    ナイターから帰っても寮の前には常にファンがいて、サインや写真をねだられる。プレゼントを
    もらって中身を見たら、その女の子の裸同然の写真と携帯番号を書いたメモが入っていたこともある。
    毎日そんなことをかいくぐって出掛けないといけないので、息も抜けません」

    こんな苦労もあった。

    「外出時にはマスコミに追いかけられ、『どこに行くの』、『何買いに行くの』としつこく聞かれる。
    ファンからもパシャパシャと写真を撮られ、着る物や持ち物がダサいだとか、高い物、いい物を持っ
    てるとか、髪型までアレコレ言われる。だらしないと思われないよう、サンダルや裸足での外出は
    禁止され、Tシャツ、短パン姿でコンビニにも行けません。

    写真がどこで使われるか分からないから、外見ばかり気にするようになる。常に誰かに見られ、
    四六時中周囲の目が気になり、寝ている間も部屋に誰かいるんじゃないかと錯覚する。地元に
    帰っても心も体も休まらず、精神的に参って体を壊してしまった」

    経験者だから分かる藤浪の今後について、山村氏はこう同情する。

    「阪神がクジで引いた時点で、やりたいこともできなくなるだろうからホンマ大変だろうな、
    と思いました。ボクが言うのも失礼ですけど、チームが弱くなってきたところにポンと出てきた、
    地元出身の甲子園春夏連覇の注目選手でしょう。藤浪君はルックスもいいし、背も高いから余計目立つ。

    野球よりも私生活、まずはそっちから追っかけられる。気の毒というか、仕方ない。阪神の高卒
    ドラ1の宿命です。井川や球児とも、よくそんな話をした。野球に集中して欲しいけど、あの環境
    ではなかなか難しいでしょうね」
    bfb5654c


    日刊ゲンダイ2013年1月12日より

    引用元: 

    【山村宏樹さん、阪神時代の苦い思い出を吐露】の続きを読む

    このページのトップヘ