狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    阪神

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2015/05/12(火) 09:06:52.50 ID:J1C+j+cX0.n
    実はレジェンド監督なのではないか
    no title

    引用元: 阪神楽天を一瞬だけ強豪にした星野仙一

    【阪神楽天を一瞬だけ強豪にした星野仙一】の続きを読む

    67: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 06:54:16.62 ID:WspJXbGM0.net
    no title

    引用元: 阪神緊急トレード オリックス鉄平獲得!

    【阪神緊急トレード オリックス鉄平獲得へ!】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/12/26(金) 14:29:03.43 ID:VREO+nwa0.net
    藤井「5年目の来年も半分くらい試合出れそうンゴwwwwww」

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/12/26(金) 14:29:58.68 ID:ANRAce+v0.net
    しゃーない

    3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/12/26(金) 14:30:29.88 ID:hsfvEFvP0.net
    よかおめ
    no title

    引用元: 藤井「楽天であかんし阪神で2年やって引退するか」

    【藤井「楽天であかんし阪神で2年やって引退するか」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 08:30:34.38 ID:pF7BKqLm0.net
    投手が1塁の守備について
    その後また投手に戻れるのか?

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 08:31:04.79 ID:+Iuscuh8M.net
    できるよ、野村がやったやろ

    3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 08:31:16.97 ID:WBq5GitEK.net
    遠山を知らんのか
    no title

    引用元: 投手⇒一塁⇒投手 ←:これいいのか?

    【投手⇒一塁⇒投手 ←:これいいのか?】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/10/31(金) 18:56:30.23 ID:D3vm54r+.net
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141031-00000016-nkgendai-base

     一方、阪神退団の可能性が囁かれているのが新井貴浩(37)だ。

     今シーズンで3年契約が満了。4番の座を新助っ人のゴメスに奪われるなど、94試合で打率・244、3本塁打、31打点に終わった。
    シリーズも初戦の試合前練習で背中に張りを訴え、ベンチ入りはしたものの、出場機会はゼロに終わった。阪神OBが言う。

    「新井は球団との下交渉で、すでに2億円から50%以上とみられる大幅減を提示されているようだ。
    今季はゴメスが打点王を獲得する活躍を見せたことで、来季も代打起用が前提となる。
    来年1月で38歳になるとはいえ、今年は例年以上に打撃の調子は良かったし、老けこむ年じゃない。
    その新井に強く興味を持っているのが楽天らしい。FAで阪神入りした時にSDだった星野仙一前監督が楽天でフロント入りし、編成に関わるようだからね。
    今季固定できなかった一塁でやれると踏んでいるのかもしれない」

    引用元: 楽天、新井貴浩獲得へwwwwwwwwwwwwww

    【楽天、新井貴浩獲得へwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/07/17(木) 16:32:29.33 ID:g2g9gUXs.net
    no title

    引用元: わいの知ってたマートンはどこにいってもうたん?

    【わいの知ってたマートンはどこにいってもうたん?】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/07/08(火) 22:17:26.05 ID:DEhvQ0gH.net
    単打9 二塁打8 三塁打1 本塁打5

    288: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/07/08(火) 22:46:35.40 ID:JRHnsCZW.net

    引用元: 阪神梅野、ヒット23本中14本が長打wwwww

    【阪神梅野、ヒット23本中14本が長打wwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ