狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    読売

    20181116-OHT1I50179-L

    楽天のユニホームに袖を通し、笑顔を見せる鈴木(右)(左は宮越スカウト)
     楽天のドラフト8位・
    鈴木翔天(そら)投手(22)=富士大=が16日、岩手・盛岡市内のホテルで契約金2500万円、年俸700万円で契約に合意。同じ北東北大学リーグの左腕としてしのぎを削ってきた、巨人のドラフト1位・高橋優貴投手(21)=八戸学院大=に負けない活躍を誓った。開幕1軍を目標に掲げ、1年目から勝負する。

     穏やかな笑顔のままで、鈴木は少しだけ言葉を探した。北東北大学リーグで同じ左腕として競ってきた、巨人の1位・高橋に話題が及ぶと「4年間、切磋琢磨(せっさたくま)してきたので、励みになっている。負けたくないですね」。ドラフト1位に対して、自身は8位と大きく水をあけられたが、プロで重ねていく実績で負けるつもりはない。

     評価に影響を与えた左肘痛も、もう不安はない。3年秋のリーグ戦で完全試合を達成し名を上げたが、左肘痛で4年春は全休。秋も本調子と言えるところまでは、上がってこなかった。それでも、現在の状態については「肩も肘も万全です」とキッパリ。「まずは開幕1軍を目指して、ローテに入っていけたら」と1年目から高い目標を設定した。

     球団側も即戦力の評価だ。担当の宮越徹スカウト(40)は「元々、素晴らしい投手。自分の力を発揮してくれたら、1年目から勝負できる。スピードが出れば塩見のような、出ない日は辛島のような投球ができる。器用さを持っているし、タイプが決まってないのも伸びしろだと思う」。ローテを担う自軍の2人の左腕に例えながら、絶賛した。

     近年、山川、外崎、多和田と西武に活躍選手を送り出している富士大。同期の佐藤龍世内野手(21)も西武に7位で指名され「(佐藤とは)対戦してみたいし、絶対抑えます(笑い)。山川さん、外崎さんはジャパンにも入っているすごい選手。いつか対戦したい」と富士大―西武の黄金ライン撃破を狙う左腕。まずは1年目から、偉大な先輩たちと同じ1軍の舞台に立つ。(山口 泰史)

     ◆鈴木 翔天(すずき・そら)1996年8月19日、横浜市生まれ。22歳。南本宿小3年からソフトボールを始め、万騎が原中時代は瀬谷シニアでプレー。向上高では3年春夏の神奈川県大会で準優勝。富士大進学後は、3年秋のリーグ戦で完全試合を達成した。184センチ、77キロ。左投左打。家族は両親と兄、姉。

    1: 風吹けば狗鷲 2018/11/10(土) 14:42:11.72 ID:0PJyeLPn0
    岩隈、都内でメジャー球団を対象に投球披露 複数球団が興味、代理人も回復太鼓判
    no title

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181110-00000082-spnannex-base

    引用元: 楽天「岩隈くん戻ってきて!」巨人「岩隈、いやクマちゃん!うちでやらないか?」岩隈「・・・」

    【楽天「岩隈くん戻ってきて!」巨人「岩隈、いやクマちゃん!うちでやらないか?」岩隈「・・・」 】の続きを読む

    20181102s00001173218000p_view

     巨人は2日、
    橋本到外野手(28)が金銭トレードで楽天に移籍すると発表した。「みちのくイチロー」の異名で呼ばれた橋本は、08年ドラフト4位で仙台育英から入団。巨人ではプロ10年間で393試合に出場し、通算打率・243、9本塁打だった。

     橋本は球団を通じ「10年間お世話になりました。指導者、選手、スタッフに恵まれ、成長することができました。一軍で結果を出すことができず悔しい思いもありますが、生まれ故郷でプレーするチャンスを与えてくれた巨人と楽天の両球団には感謝しています。新天地では、自分の持ち味を発揮し、チームに貢献できるよう頑張ります」とコメント。

     50メートル6秒0の俊足、遠投120メートルの強肩に巧打と三拍子が揃った外野手として、13年に自身初の開幕一軍入り。14年は103試合に出場するなど、レギュラー争いに加わったこともあるが、近年は下半身のコンディション不良など度重なる故障に苦しんだ。17年は前年の約半分の139打席にとどまり、今季は1軍出場なし。宮城県仙台市出身の28歳が、地元でリスタートを切る。

     毎年6月の風物詩となっている、日本生命セ・パ交流戦も中止の分を除くと、残り2カードになった。私が担当している楽天は、11試合を戦って、勝ったのは巨人にだけ。2勝9敗と大きく負け越して、苦しい戦いが続いている。

     今では年間18試合になった交流戦。1チームと戦うのは3試合とあって、調子のいいチーム、苦戦するチームと様々だが、球界関係者は数少ない楽しみを満喫する時期でもある。楽天で言うと栗原打撃コーチが、かつて4番を務めた広島に引退後初めて凱旋(がいせん)。打撃コーチとしては何とも言えない3戦1得点と、古巣に返り討ちとなってしまったが、広島ファンからの声援は選手以上だった。巨人戦でプロ5年目で初勝利をつかんだ古川は、1週間前のDeNA戦で初安打初打点の方が先。パのピッチャーでは極めて珍しい事態も生まれた。

     残念ながら、ファンの方々は見る機会が少ないかも知れないが、試合前練習の時間帯も、記者にとっては新しい発見も多い。顔見知りの先輩が相手チームにいれば、練習中にあいさつに行くのが球界の常識。高校や大学の先輩はもちろん、侍ジャパンで戦ったチームメート、古巣のコーチ…など、そのつながりは挙げたらきりがない。

     もちろん同一リーグ同士で行うことだが、交流戦は普段見ることが出来ない、カードとあって、何とも新鮮だ。17年WBCをともに戦った則本と坂本勇が笑って話し、藤田や渡辺直は古巣DeNA戦は大忙しだった。

     他にも、交流戦絶好調の田中は、巨人戦の取材に来ていた立大の先輩で日本テレビの上重アナウンサーと握手をして「めっちゃかっこよかったです」と感心。島井が、一目散に快足を飛ばして向かった先はなんと巨人・高橋由伸監督だった。聞けば沖縄の社会人チーム・ビッグ開発ベースボールクラブに所属していた時に巨人のキャンプや由伸監督の自主トレを手伝っていたという。人とのつながりは様々で、意外な組み合わせもあるもんだと、取材不足を思い知らされる毎日だ。

     2年に1度しかいけない地での試合とあって、名物料理を食べたり、知人に会ったりと心待ちにしている選手が多い交流戦。そういえば、仙台に来たつば九郎も大人気だった。かつては6試合×6チームの36試合だったが、半分の18試合になって希少価値が高まったからこそ、楽しめる部分も多いかも知れない。

     地元凱旋(がいせん)本塁打や、古巣からの初勝利―。交流戦ならではの、見所も多い。もっと見たい気もするが、少ないからこそ味わえる楽しみなのかもしれない。今年もそんな交流戦が残り1週間で終わってしまう。(記者コラム・安藤 宏太)

    【楽天・島井がなぜ由伸監督にあいさつに…交流戦の試合前練習で見つけた意外な人間関係】の続きを読む

    このページのトップヘ