狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    読売

     毎年6月の風物詩となっている、日本生命セ・パ交流戦も中止の分を除くと、残り2カードになった。私が担当している楽天は、11試合を戦って、勝ったのは巨人にだけ。2勝9敗と大きく負け越して、苦しい戦いが続いている。

     今では年間18試合になった交流戦。1チームと戦うのは3試合とあって、調子のいいチーム、苦戦するチームと様々だが、球界関係者は数少ない楽しみを満喫する時期でもある。楽天で言うと栗原打撃コーチが、かつて4番を務めた広島に引退後初めて凱旋(がいせん)。打撃コーチとしては何とも言えない3戦1得点と、古巣に返り討ちとなってしまったが、広島ファンからの声援は選手以上だった。巨人戦でプロ5年目で初勝利をつかんだ古川は、1週間前のDeNA戦で初安打初打点の方が先。パのピッチャーでは極めて珍しい事態も生まれた。

     残念ながら、ファンの方々は見る機会が少ないかも知れないが、試合前練習の時間帯も、記者にとっては新しい発見も多い。顔見知りの先輩が相手チームにいれば、練習中にあいさつに行くのが球界の常識。高校や大学の先輩はもちろん、侍ジャパンで戦ったチームメート、古巣のコーチ…など、そのつながりは挙げたらきりがない。

     もちろん同一リーグ同士で行うことだが、交流戦は普段見ることが出来ない、カードとあって、何とも新鮮だ。17年WBCをともに戦った則本と坂本勇が笑って話し、藤田や渡辺直は古巣DeNA戦は大忙しだった。

     他にも、交流戦絶好調の田中は、巨人戦の取材に来ていた立大の先輩で日本テレビの上重アナウンサーと握手をして「めっちゃかっこよかったです」と感心。島井が、一目散に快足を飛ばして向かった先はなんと巨人・高橋由伸監督だった。聞けば沖縄の社会人チーム・ビッグ開発ベースボールクラブに所属していた時に巨人のキャンプや由伸監督の自主トレを手伝っていたという。人とのつながりは様々で、意外な組み合わせもあるもんだと、取材不足を思い知らされる毎日だ。

     2年に1度しかいけない地での試合とあって、名物料理を食べたり、知人に会ったりと心待ちにしている選手が多い交流戦。そういえば、仙台に来たつば九郎も大人気だった。かつては6試合×6チームの36試合だったが、半分の18試合になって希少価値が高まったからこそ、楽しめる部分も多いかも知れない。

     地元凱旋(がいせん)本塁打や、古巣からの初勝利―。交流戦ならではの、見所も多い。もっと見たい気もするが、少ないからこそ味わえる楽しみなのかもしれない。今年もそんな交流戦が残り1週間で終わってしまう。(記者コラム・安藤 宏太)

    【楽天・島井がなぜ由伸監督にあいさつに…交流戦の試合前練習で見つけた意外な人間関係】の続きを読む

    日本生命セ・パ交流戦:巨人-楽天>◇5日◇東京ドーム

     楽天は昨年の交流戦で巨人相手に3戦3勝。特にゼラス・ウィーラー内野手(31)は、3試合すべてマルチ安打の活躍で勝利に貢献した。


     巨人戦は通算で打率3割7分9厘、5本塁打と対セ・リーグでは最も成績が良いが、今年も爆発するか。

     楽天のドラフト1位・近藤弘樹投手(22)が6日の巨人戦(東京D)で初先発する可能性が4日、急浮上した。6日に先発予定だった塩見が、へんとう炎による体調不良で急きょ登録抹消。パ・リーグのドラフト1位ルーキーが交流戦の巨人戦で先発デビューすれば、史上初となる。

     楽天は交流戦にここまで5戦全敗。泣きっ面に蜂とも言える緊急事態のため、ギリギリまで状態を見極めての判断となるが、森や池田らとともに近藤が候補に挙がった。この日は、1軍本隊とともに新幹線で東京入り。プロ初登板初先発のチャンスが舞い込んできた。

     186センチ、96キロの恵まれた体から投じる最速153キロの直球が武器。岡山商大で頭角を現し、3年時には大学日本代表候補に選出された。4年春には大学選手権にも出場。キャンプでは2月中旬に2軍落ちし、イースタンでは5月上旬までは苦しんだが、同16日のロッテ戦(森林どり泉)から3試合、16回連続無失点で3安打しか浴びておらず、「やっとよくなってきた」と手応えを口にしていた。

     大学4年間を過ごした岡山は、1月に亡くなった星野副会長(享年70)の故郷。外れ外れ1位で闘将が指名し、昨年12月には初対面。直接指導も望んでいた。借金が今季最多17の犬鷲軍団。闘将の思いを継ぎ、救世主となるべく新風を吹かせる。

     ◆近藤 弘樹(こんどう・ひろき)1995年6月27日、広島市生まれ。22歳。安佐北高では1年夏からベンチ入りも甲子園出場はなし。岡山商大では1年春にリーグ戦デビューし、4年春の全日本大学選手権に出場。初戦の近大戦で8K2失点で完投勝利した。今季イースタンでは9登板で4勝3敗、防御率3・46。背番号12。186センチ、96キロ。右投右打。家族は両親と兄。年俸1500万円。

     5日の巨人戦(東京D)で先発予定の楽天・古川侑利投手(22)が4日、本拠地の楽天生命パークでキャッチボールやランニングなどで最終調整した。


     交流戦開幕戦の5月29日DeNA戦(横浜)で今季初登板した古川。5回6安打で敗戦投手になったが、最速150キロのストレートを軸に安定した投球を見せたことが評価されて、中6日での先発を勝ち取った。チームはいまだ交流戦かちなしの5連敗中と苦しい戦いが続いているが、幼少期はG党だったという右腕は「(対戦したいのは)阿部さんですかね。小さいときから見ていたので」と東京Dのマウンドを心待ちにしていた。

    このページのトップヘ