狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    3ケーシー・マギー

    1: 風吹けば狗鷲 2018/10/20(土) 16:18:50.75 ID:rgm2yylE0
    巨人のマギーが20日、米国へ帰国する出発前に羽田空港で取材に応じ、今季限りで現役を引退する可能性を口にした。
    クライマックスシリーズ(CS)の敗退が決まった19日の広島戦後に号泣。
    「最後の試合かもしれない可能性を考え、チームメートともお別れかもと思うとこみ上げるものがあった。誇りに思う野球人生だった」と涙を流しながら語った。

    ただ、まだ最終的な決断は下していないという。「帰って妻としっかり話し合って、家族にとって何が最善か見いだせないと何とも言えない」と話した。
    https://this.kiji.is/426277614794998881?c=39550187727945729

    引用元: 【悲報】マギー、引退

    【【悲報】マギー、引退 】の続きを読む

     アメリカ・テネシー州にあるケーシー・マギーの家の寝室には、妻と婚約したときの写真があり、そのとなりに1本の豪華な腕時計が飾られている。マギーはブランド品に興味がなく、普段はTシャツ、ジーンズ姿で過ごすことがほとんどだ。だから、この時計をもらったとき、マギーはどこのブランドなのかもわからなかった。

    【写真】プロ野球「新外国人全員診断」セ・リーグ編。あの選手はタイトル候補?

     しかしこの時計は、金額はもとより、マギーにとって忘れることのできない”一生の宝物”なのである。

     文字盤には日本国旗の日の丸を思わせる赤い石の装飾が施されており、その下に「77」と記され、裏面にはマギーの名前が彫られている。その時計を見るたび、マギーはあの激闘を思い出すのだった。

     マギーが”一生の宝物”というこの時計は、2013年に巨人との日本シリーズを制し、球団創設初の日本一になったあと、当時背番号77を着けていた星野仙一監督(故人)から贈られたものだ。

    「本当に感動しました。日本シリーズが始まる前、なんとしても星野監督を日本一にしようとA・J(アンドリュー・ジョーンズ)と話していました。その思いが、日本シリーズを戦うモチベーションになりました。おそらく我々の思いは星野監督に届いていたと思います。私にとっても初めての優勝でしたが、それ以上に星野監督を日本一にさせることができて、本当に幸せでした」

     その時計には日本一になったことだけではなく、もうひとつの思い出があるとマギーは言う。

    「自分のキャリアのなかで、こんなに選手と監督との信頼関係が素晴らしい1年はありませんでした。星野監督は我々を受け入れてくれて、ただの助っ人じゃなくて本当の意味で楽天の一員として戦うことができた。私にとって、それは何よりも嬉しいことであり、意味のあることでした」

     ただ、時計を受け取ってから長い間、マギーは星野監督と会う機会がなかった。なぜなら、2013年の活躍が評価され、その翌年、再びメジャーに戻ることになったからだ。

     しかし昨年、巨人と契約したマギーは、春のキャンプで星野氏と再会を果たした。マギーは「正直、緊張していました」と言って、こう続けた。

    「星野さんにとって巨人は生涯のライバル。そのチームと私が契約したことで、星野さんは怒っているんじゃないかと……」

     もちろん、怒っているはずもなく、会えばなごやかな雰囲気となったが、実はマギーは本当に星野監督を恐れていたときがあった。それは楽天と契約し、A・J、斎藤隆とともに仙台で会見を開いたときのことだ。そのときマギーは「この契約は失敗だったかも……」と思ったと言う。そのきっかけとなったのは、星野監督と会うのに斎藤隆がすごく緊張していたからだった。

    「斎藤さんは日本でも実績があるし、メジャーでも成功した選手です。当然、星野監督がいる部屋に真っ先に入るものだと思っていました。そしたら斎藤さんが『先に入って』と、緊張した表情で僕らに言ってくるんです。『なぜ?』と思ったと同時に、星野監督ってどれだけ怖い人だろうと……。

     実際に会うと、オーラはすごかったけど、ビジネスライクだったから、そのときは何も思いませんでした。ただホテルに戻り、インターネットや動画で検索すると、とんでもない人だと(笑)。審判に殴りかかろうとしたり、相手選手に激怒したり……。とにかく迫力のある映像ばかりで、なぜこんな人が私をチームに呼んだんだと……不安しかありませんでした」

     それでも、マギーの不安はすぐに解消された。春季キャンプ初日、選手たちは特別のランニングメニューが組まれていた。マギーもそのメニューを消化しようとすると、誰かがマギーの肩に手を置いた。慌てて振り返ると、星野監督が立っていて、マギーとA・Jにこう言った。

    「自分の判断で、もう十分に走ったと思ったら、それ以上はしなくていいぞ」

     そしてマギーには、もうひとつ忘れられない瞬間がある。ある日のこと、ひとりでいたマギーに星野監督が歩み寄り、英語でこう言った。

    「お前たちの話していることは、全部わかっているんだぞ(笑)」

    【マギーが「一生の宝物」という腕時計。今も忘れ得ぬ闘将との熱い日々】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/03/20(火) 15:43:39.98 ID:OBKME7og0
    http://toyokeizai.net/articles/-/20443?page=3
    no title

     2012年末、立花は米国に飛んだ。テネシー州ナッシュビルでウインターミーティング(メジャー関係者がトレードやFA〈フリーエージェント〉選手の交渉などを行う場)に参加していた担当スカウトと合流し、ジョーンズと直接交渉すべく、アトランタまで車を4時間走らせた。
    夕刻、現地のレストランで席に着くや、立花はジョーンズに言った。
    「私は元証券マンだ。君とディールをしに来た。わざわざお茶を飲みに来たわけではない」
    前交渉で金銭面は双方の合意ラインにあったが、立花はジョーンズの熱意や人間性を直接確かめたかった。過去に来日した大物メジャーリーガーの中で、傲慢な態度が災いしてすぐに帰国した選手も少なくない。ジョーンズが上から目線なら、立花は断るつもりだった。
    しかし、大柄なオランダ人は人格者だった。ひざを付き合わせて4時間、ブレーブス時代に10年連続で地区優勝した経験や野球への情熱を聞くにつれ、ジョーンズの自信みなぎる態度に立花は魅了されていく。
    「正直、ジョーンズが打つか否かは、来日してみないとわからない。でも、あの自信がチームに必要だと思った」
    社長自ら交渉に来たことに感激したジョーンズは、鳴り物入りで来日した。真摯な態度で日本球界に溶け込もうとし、前向きな姿勢で周囲の尊敬を勝ち得ていく。

    引用元: AJとマギーが楽天に来た経緯

    【AJとマギーが楽天に来た経緯 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/06/29(木) 12:43:32.12 ID:aY4YiyPldNIKU
    誰やこいつらにこんなに走られてる恥ずかしい奴らは
    no title

    引用元: ウィーラー:盗塁6 マギー:盗塁4 ビシエド:盗塁4 デスパイネ:盗塁3 

    【ウィーラー:盗塁6 マギー:盗塁4 ビシエド:盗塁4 デスパイネ:盗塁3】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/06/20(火) 00:12:30.08 ID:SLByNqwh0
     巨人の交流戦最初のカードとなった5月30日からの楽天戦(コボパーク)で一際張り切っていたのが、マギーだった。13年に楽天で全144試合に出場し、打率2割9分2厘、28本塁打、93打点をマークし、チームの日本一に貢献。14年から大リーグに戻り、4年ぶりの凱旋(がいせん)だった。


     観覧車などが建てられ、天然芝となった球場(コボパーク)を見て「すごいね。きれいになったなあ。日本一になった思い出の場所」としみじみ。松井稼や藤田、則本ら日本一をともに経験した楽天の選手たちとも再会し、野球談議に花を咲かせた。「4年間、どうしていたかとか近況報告をしたんだ。今の楽天は当時は若かった選手が経験を積んで成熟してきた」と懐かしむ場面もあった。

     しかし、試合となれば別もの。「古巣だからといってもプレーボールがかかれば関係ないよ」と真剣勝負を誓っていた。初戦(30日)では5打数2安打と気を吐いた。第1打席では楽天ファンから温かい拍手が送られ「心を動かされた。うれしかった」と試合後は目を赤くし、言葉を詰まらせていた。

     仙台には試合以外でもう一つ“帰って来たい”理由があった。長男・マックくん(10)が先天性の脳障害と闘っていることもあり、メジャー時代から福祉活動に尽力。楽天に在籍していた際にも児童福祉施設や小児医療機関の子供たちを試合に招待し交流を深めた。

     当時出会った少年少女たちを思い返したマギーは「球場や施設で会った子どもたちのことは今でも覚えているよ。今でも元気にしていてほしい。妻(サラさん、35)もその子たちが元気かどうかを気にかけているんだ」と目を細めた。

     マギーは今回はその子どもたちと再会することはできなかったが、「テレビで見ていてくれたり、球場に来ていてくれたらうれしいね」と優しくほほ笑んだ。子どもたちもまた、マギーのことは忘れていないだろう。

    (記者コラム・長井 毅)


    no title



    古巣のコボスタに凱旋、嶋(左)と談笑するマギー

    引用元: 巨人・マギーが仙台に“帰って来たい”もう一つの理由とは

    【巨人・マギーが仙台に“帰って来たい”もう一つの理由とは】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/05/29(月) 16:30:10.34 ID:aQM+lWSK0

    引用元: マギー、楽天公式にファンへのメッセージをあげる 

    【マギー、楽天公式にファンへのメッセージをあげる】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/05/20(土) 23:53:05.34 ID:XBHuhxrQ0
     それにしても、マギーの打棒が止まらない。開幕から「5番・三塁」に定着し、打率3割4分、6本塁打、27打点。特に5月は4割4分、2本塁打、11打点(19日現在)と目覚ましい活躍だ。
    その理由をマギーは「しっかり打つべき球を打っているし、打球がいいところに飛んでいるだけ」と謙虚に話したが、もちろん別の理由もある。

     2013年に在籍し、現在はパの首位を快走する楽天の存在だ。研究熱心なマギーは日々の相手チームだけでなく、
    リーグを問わず他の試合をチェックすることを日課とし「(巨人戦以外の)5試合全部カバーしているけど、やっぱり楽天の試合を見るのは気持ちが入ってしまうね」という。
    しかも、ペゲーロやウィーラーといった助っ人たちよりも「一緒にプレーした選手たちが活躍していると自分にも刺激になるんだよ」と本紙に明かしていた。

     則本や美馬、銀次、藤田、辛島…といった日本一の喜びを分かち合った仲間たちへの思い入れはやはり格別なものがあるようだ。
    くしくも、楽天がパの最下位(8位)に沈んだオープン戦はマギーの打棒もサッパリで、規定打席到達者の中では38人中37位の打率1割4分8厘と低迷。
    それが開幕後の楽天の快進撃とともにマギーの調子も上昇カーブを描いている。そうした“楽天パワー”が好調を支える一因になっている。

     楽天とは30日から始まる交流戦の1カード目(Koboパーク)で激突する。「もちろん対戦するとなれば、気持ちは別のものになる」。何とも頼もしい限りだ。

    引用元: 【朗報】巨人マギー、絶好調の要因は“楽天パワー” 

    【【朗報】巨人マギー、絶好調の要因は“楽天パワー”】の続きを読む

    このページのトップヘ