狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    14則本昂大

    1: 風吹けば狗鷲 2017/01/22(日) 14:43:17.88 ID:U/HySab40
    no title

    日本代表として14年の日米野球に出場した西勇輝(左)と則本昂大

    初めて開幕戦で激突する可能性も!?
     先発投手の評価目安となる2ケタ勝利。2016年はセ・パ合計で19人(セが7人、パが12人)が10勝以上をマークし、連続での現役最長記録は則本昂大(楽天)の4年連続となっている。

     それに続くのが大谷翔平(日本ハム)、石川歩(ロッテ)、西勇輝(オリックス)の3年連続。日米通算では田中将大(ヤンキース)の8年連続がトップで、前田健太(ドジャース)が7年連続で続く。

     田中と前田は、好選手が揃うお馴染みの“88世代”。高校時代から切磋琢磨してきた二人は、今やバリバリのメジャーリーガーへと成長した。彼らより2歳年下にあたる則本と西も同じ90年生まれの好敵手。プライベートでも仲が良い両右腕は、互いに若きエースとして低迷が続くチームをけん引している。

     三重中京大を経て13年にプロ入りした則本は、入団1年目から開幕投手を担い15勝8敗、防御率3.34の好成績で新人王に輝いた。2年目以降も2ケタ勝利だけでなく、開幕投手も4年連続で継続中。今年も大役を担うことになれば、自身が持つ新人時代からの開幕戦先発記録を5年連続に更新する。

     一方の西は、三重・菰野高を経てドラフト3位で09年に入団。こちらは6年目の14年から3年連続で2ケタ勝利をマーク。昨季は防御率4.14と苦しんだが、中盤戦以降は本来の姿を取り戻しチームトップの10勝を挙げた。

     西が開幕投手の大役を担うことになれば自身初。さらに3月31日の開幕戦(京セラドーム大阪)の相手は楽天で、親交が深い二人が初めて開幕戦のマウンドで投げ合う可能性がある。

     ただし則本は、3月7日に開幕する第4回WBCの侍ジャパン代表に選ばれており、日本代表の勝ち上がり次第ではチーム再合流が遅れる。実際に準決勝まで勝ち上がった13年のWBCでは、同代表に選ばれていた田中の体調を考慮し、開幕戦での投入を回避。その代役として指名されたのが1年目の則本だった。

     両右腕の激突を開幕戦で見たいところだが、それが実現しなくともチームをけん引する立場であることは変わらない則本と西。互いに連続2ケタ勝利記録を更新し、チームを久々のAクラスへ導いてほしいところだ。

    2: 風吹けば狗鷲 2017/01/22(日) 14:43:46.52 ID:U/HySab40

    引用元: 認め合う同級生右腕 則本は5年、西は4年連続2ケタ勝利狙う 

    【認め合う同級生右腕 則本は5年、西は4年連続2ケタ勝利狙う】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/01/22(日) 14:28:30.57 ID:U/HySab40
    no title

    サイドスローでキャッチボールをする則本
     楽天・則本昂大投手(26)が22日、宮城県のコボパーク室内練習場で自主トレを公開した。辛島、釜田、松井裕とともにキャッチボールやランニングなどで汗を流した。

     3月のWBCメンバーにすでに選出されている則本。2月1日のキャンプインを目前にして「順調に調整はやってきたつもりです」とうなずいた。日本の統一球よりも滑りやすいと言われるWBC球の対応についても「ボールへの対応というのが一番必要だと思っているので、それをメインにキャッチボールでもやっていました。今のところ問題なくやれているのではないかなと思います」と自信を見せた。

    2: 風吹けば狗鷲 2017/01/22(日) 14:28:48.05 ID:U/HySab40

    引用元: 【楽天】則本、WBC球への対応に自信「問題なくやれている」 

    【【楽天】則本、WBC球への対応に自信「問題なくやれている」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/01/19(木) 19:27:08.08 ID:AjCz7tlu0
    開幕戦 118球 〇
    中6日 140球 〇
    中6日 136球 〇
    中6日 120球 ●
    中6日 126球
    中6日 111球 〇
    中6日 116球
    中5日 129球
    中5日 103球 ●
    中5日 123球 ●
    中6日 130球 〇
    中6日 112球 〇
    中6日 121球 〇
    中10日 91球 ●
    中6日 127球 〇
    中6日 121球 〇
    中6日 *28球
    中2日 119球 ●
    中5日 119球 ●
    中5日 122球
    中6日 114球 〇
    中5日 149球 ●
    中5日 112球 ●
    中5日 122球
    中5日 126球
    中6日 115球 ●
    中7日 130球 ●
    中6日 136球 ●
    中7日 *96球 〇

    引用元: 【酷使】則本昂大さんの登板間隔wwwwwwwww

    【【酷使】則本昂大さんの登板間隔wwwwwwwww】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/01/18(水) 15:49:35.24 ID:zHiSSWMTr
    前半戦と後半戦
    絶対五割に戻す安心感

    引用元: 2015 則本昂大 4勝7敗 3.21 → 10勝11敗 2.91 2016 則本昂大 8勝4敗 2.31 → 11勝11敗 2.91 

    【2015 則本昂大 4勝7敗 3.21 → 10勝11敗 2.91 2016 則本昂大 8勝4敗 2.31 → 11勝11敗 2.91】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/01/16(月) 14:09:57.22 ID:ZtSZh45E0
    http://www.hochi.co.jp/giants/20170116-OHT1T50012.html
    >巨人のドラフト5位右腕・高田萌生投手(18)=創志学園=が15日、楽天・則本昂大投手(26)のフォームもコピーし、160キロ到達と沢村賞獲得を誓った。夏の甲子園大会終了後から、パの3年連続奪三振王のフォームを勉強し「目標とする選手から取り入れて自分のものにしていきたい。将来は沢村賞、球速も160キロを出したい」と話した。
    no title

    引用元: 巨人高田、則本フォームで160出す「目標とする選手から取り入れて自分のものにしていきたい。」 t

    【巨人高田、則本フォームで160出す「目標とする選手から取り入れて自分のものにしていきたい。」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/01/15(日) 21:23:52.01 ID:yLWfT5xir
    則本昂大   
    113試合 762.1回 50勝40敗 防御率3.03 769奪三振  WAR 22.0 12708球

    27試合 170.0回 15勝*8敗 防御率3.34 135奪三振  WAR 3.5 2807球

    30試合 202.2回 14勝10敗 防御率3.02 204奪三振  WAR 6.0 3221球 
       
    28試合 194.2回 10勝11敗 防御率2.91 215奪三振  WAR 5.9 3296球 

    28試合 195.0回 11勝11敗 防御率2.91 216奪三振 WAR 6.6 3384球

    引用元: 則本昂大(4年目) 113試合 762.1回 50勝40敗 3.03 769奪三振  WAR 22.0 12708球 

    【則本昂大(4年目) 113試合 762.1回 50勝40敗 3.03 769奪三振  WAR 22.0 12708球 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/01/15(日) 19:28:10.89 ID:ysrUHyZb0
    no title

    笑顔で記念撮影に応じる楽天の立花陽三球団社長、岸孝之、星野仙一球団副会長(C)KYODO NEWS IMAGES


    西武時代に2年連続で開幕投手を経験
     西武から海外FA権を行使し、楽天移籍を選択した岸孝之。地元・宮城で再出発する右腕は、史上3人目となるFA移籍1年目での開幕投手を目指す。

     西武での10年間で103勝を挙げた右腕は、入団会見で「野球を始めた仙台で、プロに入るまでたくさんの人にお世話になり、支えられた。そういう人たちに成長した姿を見せたかったし、恩返しがしたいと思った」と移籍決断の理由を口にした。

     新天地では則本昂大とのダブルエースの期待がかかり、加入1年目ながら大役を任される可能性がある。
    楽天の開幕投手は前年まで則本が4年連続で務めてきたが、若きエースは3月に開催される第4回WBCの侍ジャパン代表に選ばれ、勝ち上がれば3月下旬までチーム合流が遅れる。

     さらに、疲労や故障のリスクもあり、梨田監督も「どうなるか分からない」と慎重な姿勢。思えば則本が新人ながら初めて開幕投手を務めた2013年も、当時のエースだった田中将大(現ヤンキース)が第3回WBCのメンバーに選ばれた影響で、オープン戦で好投を続けた則本に白羽の矢が立った。

     疲労を考慮された田中は開幕4戦目からシーズンインし、圧巻の24勝0敗1セーブ、防御率1.27をマーク。
    則本も開幕戦こそ敗戦投手になったものの、1年間ローテーションを守り続け、15勝8敗、防御率3.34の好成績。新人ながらフル回転し、チームのリーグ制覇と日本一に貢献。個人的にも新人王を受賞した。

     岸が開幕戦の先発マウンドに立てば、FA移籍1年目の投手では1995年に西武からダイエー(現ソフトバンク)に移った工藤公康、2000年にオリックスから阪神に移籍した星野伸之以来、3人目の大役となる。
    岸は西武時代の13年から2年連続で開幕投手の経験があり、3月31日の京セラドーム大阪(オリックス戦)の先発マウンドに登れば自身3度目となる。

     果たして梨田監督は大役を誰に託すのか。侍ジャパンの戦いぶりとともに、移籍元年に燃える岸の調整具合に注目したい。

    引用元: 則本のWBC参戦で岸に開幕投手の可能性 FA移籍1年目の大役なら史上3人

    【則本のWBC参戦で岸に開幕投手の可能性 FA移籍1年目の大役なら史上3人目】の続きを読む

    このページのトップヘ