狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    1松井裕樹

    1: 風吹けば狗鷲 2019/12/17(火) 15:05:56.63 ID:qLY0AVQf0
    楽天・松井裕樹投手(24)が17日、来季から先発に転向することを明かした。
    この日、仙台市内の球団事務所で契約更改を行った後の会見で「来シーズンは先発をやります」と明言した。

    6年目の今季はクローザーとして自己最多となる68試合に登板し2勝8敗38セーブ、12ホールド、防御率1・94をマーク。
    セーブ数は自己最多で、自身初のセーブ王を獲得した。
    松井は「体の負担のこともあるし、もともと先発がやりたいという気持ちでプロ野球に入ってきた。タイトルも取らせていただいたので」と、
    先発転向を決断するに至った心境を明かした。

    2: 風吹けば狗鷲 2019/12/17(火) 15:06:15.01 ID:qLY0AVQf0

    引用元: 【楽天】今季セーブ王の松井が来季から先発転向へ

    【【楽天】今季セーブ王の松井が来季から先発転向へ 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/12/17(火) 18:38:53.19 ID:VJNALfxYp
    誰?

    引用元: 【松井先発転向】来季の楽天のクローザーwww

    【【松井先発転向】来季の楽天のクローザーwww 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/12/17(火) 17:25:03.25 ID:2yYgD++hd
    no title

    契約更改を終え会見する楽天松井(撮影・滝沢徹郎)


    今季パ・リーグ最優秀救援投手に輝いた楽天松井裕樹投手(24)が先発転向を明言した。17日、仙台市内の球団事務所で推定年俸1億1000万円から1億4000万円増の2億5000万円プラス出来高で契約更改し、その後の会見で明かした。契約年数は4年。
    先発転向への理由は「元々先発をやりたいという気持ちでプロに入った。今後の体への負担も考えて、今の投球スタイルを何十年も続けることは想像できなかった。若いうちに長いイニングを投げるスタイルを身につけたい」と説明。石井GMを含めた首脳陣との話し合いの中で、来季からの挑戦が決定した。

    引用元: 楽天松井年俸2・5億円の4年契約 先発転向を明言

    【楽天松井年俸2・5億円の4年契約 先発転向を明言 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/12/10(火) 14:31:29.91 ID:4u3ya6+La
    昨年12月に楽天の松井裕樹投手(24)と結婚した女優の石橋杏奈(27)が10日、所属事務所ホリプロを通じ、第1子を妊娠を発表した。

     ホリプロによると、現在は安定期に入っており、来年初夏に出産予定。仕事は体調を見ながら出来る限り続けるという。

     石橋は「私事で恐縮ではございますが、このたび第一子を授かりました事をご報告させて頂きます。日々湧き上がる愛おしい気持ちを大切に、マタニティライフを楽しんでいきたいと思います。今後とも温かく見守って頂けましたら幸いです」とコメントを寄せた

    引用元: 楽天松井裕樹、妊娠

    【楽天松井裕樹、妊娠 】の続きを読む

    08

    11:00~

    松井 裕樹選手

    東日本放送もえスポ

    松井選手がスタジオ生出演!今シーズンを振り返り、最多セーブを獲得する飛躍の一年となった理由とは?

    1: 風吹けば狗鷲 2019/12/07(土) 20:14:45.27 ID:9jon3n/D0
    no title

    「6KenKitchen」でのイベントで1日店長を務めた楽天松井(左)と高梨(右)は店先で並んでポーズをとる(撮影・桑原幹久)
    楽天松井裕樹投手(24)高梨雄平投手(27)の2選手が7日、仙台市内の飲食店「6kenkitchen」で一日店長を務めた。

    楽天ファンが集う店内にシェフ姿で登場。調理場で仙台牛のロースト丼ぶりにソースをかける係、ホールで丼をお客へ運ぶ係を交代で務めた。
    元気よく声を張った松井は「接客業にあこがれがあったのでうれしかったです」と人生初のホール係に感激。高梨は「普段のイベントより距離が近いので、すごく楽しかったです」と振り返った。

    引用元: 楽天松井裕樹「あこがれが」高梨と人生初の接客業

    【楽天松井裕樹「あこがれが」高梨と人生初の接客業 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/12/07(土) 12:16:49.02 ID:iPmIuW8+0
    no title

    スパイクを手にする松井

     楽天・松井裕樹投手(24)が6日、ミズノ大阪本社で行われた「ミズノブランドアンバサダーズミーティング」に出席。夏バテ対策として“足固め”に乗り出すことを明かした。これまで昔ながらの革底スパイクを愛用してきたが、夏場に不調に陥った今季の経験を踏まえ、主流となっている合成樹脂底への変更を決断した。

     来季7年目を迎えるセーブ王が一大決心だ。革底には、使い込んでいくうちに変形してしまうというデメリットがある。だが、合成樹脂底にはその心配がない。「なかなか替える勇気がなかったんですけど、今年は登板数がかさんだ夏場に調子が落ちてしまった。パフォーマンスを安定させるためにも、なるべく同じコンディションを保ちたいんです」と狙いを明かした。

     また、合成樹脂底は軽量化のほか、ミッドソール(靴底の上部)にクッション性を持たせることで疲労軽減効果も期待できる。今季は38セーブを挙げた一方、6月下旬から7月上旬にかけて3連敗するなど8敗も喫した。夏バテを回避できれば、7月29日初戦の東京五輪を万全の状態で迎えられるはずだ。(片岡 泰彦)

    引用元: 【楽天】松井、夏バテ対策に新スパイク 革底→合成樹脂への変更決断

    【【楽天】松井、夏バテ対策に新スパイク 革底→合成樹脂への変更決断 】の続きを読む

    このページのトップヘ