狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    立花陽三球団社長

    1: 風吹けば狗鷲 2020/02/11(火) 14:00:18.01 ID:iCUXGCUs0
    ◆ 野村の教えを継承

     楽天は11日、野村克也元監督(享年84歳)が「虚血性心不全」により2020年2月11日(火)午前3時30分に永眠したことを発表した。

     野村克也元監督永眠を受け、楽天の立花陽三代表取締役社長は「野村さんの突然の訃報に接し、残念で仕方がありませ」とコメントし、「2006年より4年間、チームの監督として、球団史上初のクライマックスシリーズ出場だけではなく、楽天イーグルスの土台を築いていただきました」と感謝の意を述べ、
    「楽天イーグルスには野村さんにご指導いただいた指導者がたくさんおります。野村ノートをはじめとして、野村監督が教えてくださったこともしっかり継承して参ります」との思いを口にした。

     また、楽天の三木谷浩史会長も自身のツイッターアカウントで「野村克也監督。本当にお世話になりました。誰も引き受けてくれなかった駆け出し球団の監督を引き受けて頂き、イーグルスの礎を築いて頂きました。感謝しかありません。ありがとうございました」と感謝と追悼の意を示している。

     野村克也元監督は創設2年目を迎えた楽天の2代目監督に就任。2006年から2009年までの4年間にわたって指揮を執り、2009年には2位となり球団創設後初のAクラス入りを果たすと共に、CS(クライマックスシリーズ)進出を果たした。
    CSは第2ステージまで進出したものの、同ステージで日本ハム相手に敗退。同年限りで退任となり、以降は野球評論家として活躍していた。

    引用元: 野村克也さんの訃報を受け、楽天・立花社長「楽天イーグルスの土台を築いていただきました」

    【野村克也さんの訃報を受け、楽天・立花社長「楽天イーグルスの土台を築いていただきました」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2020/01/31(金) 18:30:49.92 ID:+0iI5aOOF
     楽天の立花陽三球団社長が、キャンプ地の沖縄・久米島での全体ミーティングで1、2軍の監督、コーチ、選手やスタッフに訓示を行った。楽天グループの「楽天モバイル」が第4の携帯電話事業社として今年10月からの本格サービス開始を予定している。

     同社長はあいさつの冒頭で「みなさんも知っているとおり、楽天は携帯電話事業に参入します。これはビッグなチャレンジです。今年はチームが強いんだということを見せる重要なシーズンになる。勝つことにもっとどん欲になってほしい」と強調。チームが楽天グループ全体の士気を上げる存在になることを期待した。

     今季は三木新監督の下、7年ぶりのリーグ優勝と日本一奪還を目指す。指揮官は「考える野球」をテーマに掲げており、2月1日に初日を迎える春季キャンプから本格的なチーム作りがスタートする。「みんなでつながっていこう。単独というよりもつながりを持ってやりましょう。みんないい顔をしてシーズンを戦って、中身の濃い1年にしましょう」と呼びかけた。

     大型補強を敢行した石井一久GMも「パ・リーグを制するのは本当に難しいけど、パフォーマンスの高い選手が集まっている。競争も激しくなってくるけど、レギュラーにならないと稼げない。最後はみんな笑顔で(シーズンを)終われるように頑張りましょう」と力を込めた。

    引用元: 楽天・立花社長が楽天モバイルを引き合いにチームに訓示

    【楽天・立花社長が楽天モバイルを引き合いにチームに訓示】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/12/27(金) 13:16:50.64 ID:StK60fSld

    2: 風吹けば狗鷲 2019/12/27(金) 13:17:09.23 ID:StK60fSld
     楽天は27日、仙台市内の球団事務所で仕事納めを行った。以下、立花陽三球団社長の年末のあいさつ全文。

     球団職員、関係者のみなさま、今年も1年間お疲れさまでした。

     2019シーズン、チームは2年ぶりのCS進出を果たすことができました。また、観客動員は初の180万人を突破し、稼働率は99%を超えるなど、常に満員の状態で興行をすることができました。

     これはひとえにみなさんの日頃のハードワークの賜物です。ありがとうございます。

     2020年、「日本一の東北」へ向け、我々は生まれ変わります。三木新監督の下、チーム一丸となり、2013年以来の日本一を目指します。そして「世界一愛される球団」になるためにみんなでハードワークをしていきましょう。

     つかの間ではありますが年末年始にしっかり休養をとっていただき、2020年をお迎えください。来年もよろしくお願いします。

    引用元: 楽天立花球団社長、仕事納めであいさつ「われわれは生まれ変わる」

    【楽天立花球団社長、仕事納めであいさつ「われわれは生まれ変わる」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/12/07(土) 01:55:18.61 ID:9jon3n/D0
    ソースはサンドのぼんやり~ぬTV

    引用元: 楽天立花社長「来年最低限2位に入る!Bクラスはない」

    【楽天立花社長「来年最低限2位に入る!Bクラスはない」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/09/28(土) 15:28:48.72 ID:9lv3cnt00
     ◇ラグビーW杯2019 28日アイルランド戦

     今大会は日本ラグビー界の10年、20年後が懸かっているといっても過言ではありません。最後まで諦めない姿を見せて、それが日本中の感動を生み、ラグビーは素晴らしいスポーツなんだと思わせてくれれば最高です。

     私は小学2年生の時にラグビーを始めましたが、ラグビー人生の中でも慶大の4年間はとにかく練習が厳しかった。ただ、その経験が仕事の原動力となっており挑戦しようという気力を今でも維持できています。

     ビジネスにも生きています。その一つが人脈。中でも宿沢広朗さん(元日本代表監督)には感謝しきれません。住友銀行に入られた後も日本代表の選手としてプレーされて、銀行マンでありながら監督をやられてスコットランドを破った。
    経済界においてもずっと成功され、ビジネスマナーから遊び方を含めいろいろ教わりました。その他にも例えば同じ大学では持田昌典さん(ゴールドマン・サックス証券社長)や玉塚元一さん(デジタルハーツHD社長)らいろいろな方から影響を受けました。

     15年W杯での南アフリカ戦の勝利もあり、アイルランドは確実に日本をマークしているでしょう。ラグビーは番狂わせが非常に少ないスポーツですし、拮抗(きっこう)して、初めて勝機が見えてくる。その意味で重要なのはPGやDG。
    私もSO兼キッカーをやっていましたのでキックの難しさは十分に理解しているつもりです。重圧に負けず、SO田村選手がどれだけ決めてくれるか。彼は世界でも通用すると思います。7月27日のフィジー戦ではゴール手前約5メートルからチップキックでトライを演出した。
    あれを日本人でできるんだと驚がくしました。ぜひ、チームの勝利に貢献してほしいですね。


     ◆立花 陽三(たちばな・ようぞう)1971年(昭46)1月10日生まれ、東京都出身の48歳。成蹊小2年でラグビーを始める。同中、同高を経て慶大ではSOとして活躍。卒業後、94年にソロモンブラザーズ証券に入社した。
    その後、ゴールドマン・サックス証券を経て、10年にメリルリンチ日本証券に入社。11年に同社常務執行役員となり12年8月に楽天野球団の代表取締役社長に就任した。17年10月からはJ1神戸の社長も兼務する。

    引用元: 楽天イーグルスワクワクメガネこと元ラガーマン立花陽三社長、ウキウキでラグビーについて語る

    【楽天イーグルスワクワクメガネこと元ラガーマン立花陽三社長、ウキウキでラグビーについて語る 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/02/28(木) 15:20:25.29 ID:3/AUC74t0
    楽天、神戸の異例“二刀流社長”が爆弾提言!「Jリーグは(プロ野球の)一歩前を進んでいる」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00010001-wordleafs-base

    >>立花社長はキューバ視察を行った際のスライドを紹介。
    「キューバの街中で、サッカーをやっている子供がいた。国家予算の9割を野球に割くキューバでさえ、こんな状況になっていて、世界的に野球はどうなるのか、心配になった」

    引用元: 【悲報】楽天立花社長「キューバの街中でサッカーやってる子供がいた。野球どうなんのこれ」

    【楽天立花社長「キューバの街中でサッカーやってる子供がいた。野球どうなるのか」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/02/28(木) 09:37:44.13 ID:n61FT1lS0
    2cbda481

    楽天、神戸の異例“二刀流社長”が爆弾提言!「Jリーグは(プロ野球の)一歩前を進んでいる」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00010001-wordleafs-base
    「野球か、サッカーか、25年後にどちらが発展していると思いますか?」
    と書かれた画面を映して約1000人の聴講者に問いかけた。
    それぞれに挙手を求めたが、サッカーの圧倒的多数を認めると、こういう話を暴露した。

    「Jリーグには、毎月、実行委員会があり、各チームの社長が全員出ないといけない。神戸の社長になり
    初めて行ったが、25周年を迎えたJリーグでは“次の25年をどう伸ばしていくか”という会議を毎回、全員でしている。
    残念ながら野球界では、オーナー会議が年に2、3回。パ・リーグの社長会は毎月やっているが、セ・リーグでは年に1、2回。
    Jが一歩前へ進んでいる」

    引用元: 【悲報】楽天イーグルスとヴィッセル神戸の兼任社長「25年後に残るのはサッカー」

    【立花陽三さん「Jリーグの球団社長は毎月集まって会合してる。プロ野球もパは毎月やってるけどそこは見習うべき」】の続きを読む

    このページのトップヘ