狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    77星野仙一SA

    20181126-00000097-spnannex-000-3-view

    楽天・石井GM
     天国の闘将も満足しているだろう。西武から国内フリーエージェント(FA)権を行使した
    浅村栄斗内野手(28)が、移籍先として楽天を選んだ。石井一久GM(45)の存在が大きい。今年1月に亡くなった星野仙一前球団副会長(享年70)にも勝るとも劣らない「剛腕」ぶりである。

     交渉の席では、チーム再建の切り札として、浅村獲得の必要性を訴えた。さらには、現役時代のメジャー挑戦を含め、計4度移籍した自身の経験談を交えて「移籍することで選手としても、人としても幅が広がる。経験せずに終わるのはもったいない」と伝え、見事に口説き落とした。

     浅村とは西武で5年間ともにプレーした間柄ということも大きいが、何よりも巨額の「浅村資金」を用意したことに驚かされた。圧倒的な資金力を誇るソフトバンクに対し、楽天も同じ4年の複数年、総額でもさほど差のない25億円超の大型契約を提示していた。ゴーサインを出したのは、もちろん三木谷浩史オーナーだ。そのオーナーを口説き落としたのが、石井GMなわけだ。「意味のない投資」は決してしない球団トップである。星野氏も監督時代に「うちはお金がな…」とため息を漏らしていた。一方で「必要なときは出してくれる」とも語っていた。今回、石井GMでなければ、三木谷オーナーの了承を得られなかったと思う。

     星野氏の持論は「5、6年かけてええんやったら誰でもできる。スピードがないと本当の改革、再建とは言えない」だった。監督就任1年目の11年にメジャーリーガーだった松井稼頭央と岩村明憲を獲得。3年目の13年にはメジャー通算434本塁打を誇る超大物、アンドリュー・ジョーンズ、さらに今季まで巨人でプレーしていたケーシー・マギーを獲得し、球団初の日本一に導いた。石井GMにも「スピード」がある。浅村だけではなく、ツインズの救援右腕アラン・ブセニッツの獲得にも成功。最下位からの巻き返しへ、着々と補強を進めている。

     ちなみに浅村がソフトバンクに移籍したら、どうなったか。レギュラーシーズンを制したが、CSでソフトバンクに屈した西武は最大の敵に主砲を奪われる形になった。最下位の楽天に加入したことで、パ・リーグの戦力バランスは縮まることになる。(記者コラム・飯塚 荒太)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00000097-spnannex-base

    1: 風吹けば狗鷲 2018/11/12(月) 07:51:27.26 ID:bQmLYitKd
    no title

    故・星野仙一球団副会長の像の隣りで、ガッツポーズする引地
     楽天にドラフト3位指名された引地秀一郎投手(18)=倉敷商=が11日、岡山県倉敷市内で入団交渉を行い、契約金5000万円、年俸600万円で合意した。引地は高校の大先輩にあたる故星野仙一球団副会長(享年70)に倣い、将来、自身も“記念館”を設立できるような選手になることを誓った。

     闘将の生きざまが思い出の品とともに展示されている「星野仙一記念館」。倉敷市内の名所でもあり、引地もその存在に幼い頃から触れてきた。「自分も記念館をつくれるような選手になりたい」と夢を大きく描いた。

     星野副会長は生前、母校に入学した引地のことを「いい後輩が入ってきたんだよ」と周囲に話し、その成長を楽しみにしていたという。右腕は「星野さんの分まで頑張りたい。日本を代表する投手になっていきたい」と力強く話した。

    引用元: 楽天ドラ3“星野2世”引地、将来は「記念館を設立」 倉敷商の大先輩に続くぞ!

    【楽天ドラ3“星野2世”引地、将来は「記念館を設立」 倉敷商の大先輩に続くぞ! 】の続きを読む

    25834E10-D7A7-44CE-8EF3-398C57052853

    星野仙一記念館を訪れた引地
    楽天のドラフト3位・引地秀一郎投手(18)=倉敷商=が11日、倉敷市内で契約交渉を行い、契約金5000万円、年俸600万円で合意した。

     交渉終了後は、倉敷市内にある星野仙一記念館へ足を運び、銅像の前で記念撮影。倉敷商の大先輩で球団の副会長も務めていた故・星野仙一氏に「星野さんという素晴らしい方の後輩として、星野さんの分まで頑張っていきたい。日本を代表するような投手になりたい」と誓った。

     甲子園出場こそないが、最速151キロの直球が持ち味で、高校生投手ではトップクラスの評価を受けていた引地。楽天のユニホームに袖を通し「早く1軍で投げられるような投手になりたいという気持ちが強くなってきた。(1年目は)1軍に上がる事を目標にしたい」とホッとしたように笑顔を見せていた。

     ◆引地 秀一郎(ひきじ・しゅういちろう)2000年6月3日、岡山市生まれ。18歳。鯉山(りざん)小1年から「友愛スワローズ」で野球を始める。高松中では軟式野球部に所属し、3年時に全国大会出場。倉敷商では1年春からベンチ入り。持ち球はカーブ、スライダー、フォークなど。188センチ、84キロ。右投右打。家族は両親と弟3人。 

    3816392E-0D2E-4BEA-9885-9BCF2286A523

    担当の山下スカウト(左)と握手をする引地

    楽天からドラフト3位指名を受けた倉敷商・引地秀一郎投手(18)は29日、倉敷市内の同校で長島スカウト部長、担当の山下スカウトから指名あいさつを受けた。

     倉敷商は今年1月に70歳で亡くなった星野仙一副会長の母校。同じ気迫あふれる投球スタイルが重なる最速151キロを誇る右腕は「いつかは星野さんにも負けないくらいのピッチャーになりたい。星野さんの分まで頑張って、星野さんの名に恥じないピッチングをしたい。(マウンドでは)どうしても熱くなる。声出した方が投げやすい。どうしてもそうなってしまう。クールに投げるよりは熱い感じが好き」と星野魂継承へ、気合を入れた。

     目標には星野氏も届かなかった世界一を掲げる。「田中将大選手のような負けないピッチャーになって、世界一のピッチャーになりたい。165キロを大谷さんが出したので、そこも目指していきたい」と引地。大きな夢を目を輝かせながら語った。

     長島スカウト部長も「星野大先輩の母校なので何か縁があるのかなと思う。伸びしろ、将来性をすごく感じているので素晴らしい投手になって欲しい」と期待すれば、担当した山下スカウトも「星野さんも天国で『おい、いかんかい、獲らんかい!』と言っていたと思う。本当に星野さんも喜んでるんじゃないかなと思います。星野さんのように気持ちのこもったボールを投げて、気持ちでやってもらう投手になってもらいたい。扇風機は壊さないで欲しいですけどね」と冗談交じりにエールを送っていた。

     ◆引地 秀一郎(ひきじ・しゅういちろう)2000年6月3日、岡山市生まれ。18歳。鯉山(りざん)小1年から「友愛スワローズ」で野球を始める。高松中では軟式野球部に所属し、3年時に全国大会出場。倉敷商では1年春からベンチ入り。最速151キロ。持ち球はカーブ、スライダー、フォーク。188センチ、84キロ。右投右打。家族は両親と弟3人。 

    1: 風吹けば狗鷲 2018/01/10(水) 00:26:11.09 ID:lJ2k8NKr0
     楽天が今秋ドラフト候補として倉敷商・引地秀一郎投手(2年)をリストアップしていることが8日、分かった。4日に急逝した星野仙一球団副会長(享年70)の後輩にあたり、“星野2世”の呼び声も高い151キロ右腕。闘将の魂を継ぐ引地に熱視線を注いでいく。

     球団関係者は「大変良い素材。当然リストの中に入ります」と明かした。阪神などもリストアップしており、186センチ、82キロの恵まれた体格から繰り出すMAX151キロのストレートが武器。先輩・星野副会長の“DNA”を感じさせる、気持ちを前面に押し出す投球も魅力だ。

     引地は昨秋11月に練習試合で左足を骨折。現在は投球練習がままならない状況ではあるが、球団関係者は「12球団がリストに挙げるであろう素材。復活すれば、当然、追いかけていくことになるでしょう」と話した。

     9日に球団事務所で今年1回目のスカウト会議が行われる。闘将を失った悲しみはいまだ癒えないが、燃える男の後継者を注視していく。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180109-00000001-dal-base

    2: 風吹けば狗鷲 2018/01/10(水) 00:26:38.80 ID:lJ2k8NKr0
    no title


    楽天がドラフト候補にリストアップした倉敷商・引地

    引用元: 楽天 今秋ドラフト候補に「星野二世」倉敷商・引地 リストアップ

    【※過去記事 ドラフト指名記念 楽天 今秋ドラフト候補に「星野二世」倉敷商・引地 リストアップ 】の続きを読む

    25日、2018年プロ野球ドラフト会議が行われ、楽天が3位で倉敷商高・引地秀一郎を指名し交渉権を獲得した。

    D71A41F9-106C-411F-8BC2-8F29A0E45752


    ■プロフィール
    名前:引地秀一郎(ひきじ・しゅういちろう)
    ポジション:投手
    生年月日:2000年6月3日
    身長・体重:186cm82kg
    投打:右投右打
    所属:倉敷商高
    経歴:友愛スワローズ - 岡山庭瀬シャークス(鯉山小) - 高松中 - 倉敷商高

     力強い腕の振りから投じる剛球で押す本格派右腕。鯉山小1年時から友愛スワローズで一塁手として野球を始め4年時まで在籍。5年時からは岡山庭瀬シャークスで投手兼遊撃手としてプレーし、県大会4強。高松中では3年時に県大会準優勝、中国大会準優勝で全国大会出場。倉敷商高では1年夏からベンチ入りし、2年夏からエース。同秋は県大会準優勝も中国大会は1回戦敗退。3年春の県大会を優勝、中国大会では準決勝で広島新庄高に敗れた。夏は準決勝で創志学園高に敗れ、甲子園出場はならなかった。

     恵まれた体格から投げ込む最速151キロの剛速球が最大の武器。同校OBの星野仙一氏を彷彿とさせるマウンド度胸の良さも魅力であり「燃える男」の名を受け継ぎたい。  【【ドラフト】楽天3位 引地秀一郎(倉敷商高) 闘将の系譜を継ぐ負けず嫌いな151キロ右腕/プロ野球ドラフト会議】の続きを読む

     楽天は21日、今年1月に70歳で亡くなった星野仙一副会長のふるさと岡山・倉敷市(マスカットスタジアム)で秋季キャンプを実施することを発表した。

     11月8日に仙台から倉敷に移動。9日から17日まで行われ、13日が休養日となる。倉敷市にて秋季キャンプを行うのは、8年連続8度目となる。参加選手などの詳細は、決定次第、発表されることになる。

    このページのトップヘ