狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    77星野仙一SA

    1: 風吹けば狗鷲 2020/01/04(土) 15:30:34.97 ID:0GnskVvV0
    <We Love Baseball>

    また1月4日がきた。楽天元監督の星野仙一さんが70歳で亡くなって2年。一報は2日後の6日だった。未明に先輩の電話でたたき起こされた。
    「星野さんが亡くなったと出ている」。鈍器で頭を殴られた感じがした。かけられるところに電話をかけた。誤報であってくれと願いながら、誰にもつながらず、事実なんだろうと思い始めていった。そんな心境を思い出す。

    引用元: 星野氏亡くなって2年、思い出す楽天島内の指名秘話

    【星野氏亡くなって2年、思い出す楽天島内の指名秘話】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/09/26(木) 14:18:54.65 ID:wuVenIJWd

    引用元: 600試合登板、楽天・青山を救った星野仙一の「稼ぎたくないんかい!」。

    【600試合登板、楽天・青山を救った星野仙一の「稼ぎたくないんかい!」。 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/06/19(水) 12:18:07.19 ID:HLCZc9AZd
     「天国で星野さんはもちろん、楽天を応援されていると思うけど、一方で阪神も応援されていると思うし。何て言うのかな、いつかそれを近い将来に実現できるように頑張っている」


     阪神・矢野燿大監督(50)は、阪神、楽天両球団で監督を務め2018年1月に死去した故・星野仙一さんの生誕地、岡山・倉敷での楽天戦に惜敗した後、静かに恩師への思いを語った。

    引用元: 阪神・矢野監督が星野さんの故郷で誓う「阪神、楽天で日本シリーズ」

    【阪神・矢野監督が星野さんの故郷で誓う「阪神、楽天で日本シリーズ」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/06/09(日) 20:09:38.37 ID:MgdnlSF00
         ________
       /__.))ノヽ
       .|ミ.l _  ._ i.)
      (^'ミ/.´・ .〈・ リ
      .しi   r、_) |
        |  `ニニ' /
       ノ `ー―i´

    楽天 ○○○○○○(同率首位)
    阪神 ○○○○○(3位)

    引用元: 天国の星野仙一「どれどれワシが育てたチームたちは頑張っとるかな」

    【天国の星野仙一「どれどれワシが育てたチームたちは頑張っとるかな」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/06/09(日) 21:27:19.49 ID:/8c8ftdL0
    no title

    中日対楽天 5回表楽天1死満塁、右前適時打で通算1000安打を達成した銀次は花束とボードを手に笑顔を見せる(撮影・前岡正明)

    引用元: 楽天初1000安打の銀次は星野さんの言葉「感謝」

    【楽天初1000安打の銀次は星野さんの言葉「感謝」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/04/17(水) 01:29:19.13 ID:C3ie9C8y0
    no title

    楽天対日本ハム 公式戦初登板で力投する楽天引地(撮影・野上伸悟)


    <イースタン・リーグ:楽天7−0日本ハム>◇16日◇ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉

    楽天のドラフト3位ルーキー引地秀一郎投手(18)が、公式戦デビューを果たした。日本ハム戦に初登板初先発し、2回2安打2四球と走者を背負いながら、倉敷商(岡山)の大先輩、星野仙一元監督ばりの度胸満点の投球で、無失点で切り抜けた。
    また、すでに1軍デビューを果たしている弓削隼人(25)が、2番手で4回無安打と好投を見せるなど、5人の継投で完封勝利を収めた。

    引用元: 楽天引地が初登板初先発、大先輩闘将ばり強心臓披露

    【楽天引地が初登板初先発、大先輩闘将ばり強心臓披露 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/03/30(土) 22:56:58.15 ID:k8oE4p0J0
    no title

    松井から贈られた監督初勝利のウイニングボールを手にする楽天平石監督(撮影・中島郁夫)
    <ロッテ3-9楽天>◇30日◇ZOZOマリン

    楽天平石洋介監督へ、9回を3者連続三振で締めた松井からウイニングボールが手渡された。代行から正式に監督に就任しての初勝利を「(正式な監督として)1勝は1勝。うれしいです」とかみしめた。


    「僕の中で印象、影響…感じることが一番多かったのは、星野(仙一)さんかもしれません」。“対立”から始まった。現役最後のシーズンになった2011年、東日本大震災が発生。
    「オレらは野球をやるしかないんや!」。遠征先から仙台へ戻ることを望む選手の願いを、就任1年目の星野監督は受け入れなかった。1度は溝が生まれた。

    「後々(コーチとして)よくご飯にも連れていってもらって、一緒に過ごす中で分かった。震災のことだけじゃない。選手のこと、スタッフのこと、この人はこれだけ考えているんだと。震災の年のまま、星野さんと関わることがなかったとしたら、あの時のイメージというか、勘違いしたまま終わっていたと思う」

    1、2軍の指導者を歴任する中で受け継いだ思いが土台にある。敬意を表すからこそ、安易な模倣はしない。「星野さんとそっくりそのまま、同じことをしようとは思ってない。無理ですから。これはできないけど、これは僕の方が上にいくっていうこともあるかもしれないじゃないですか」。
    ルーキーだった05年、敵地千葉マリンでの開幕2戦目が初スタメンだった。0-26の記録的大敗を喫した試合だ。14年後、新たな1歩を刻んだ。【亀山泰宏】

    引用元: 平石“監督”初勝利、星野さんから受け継いだ思い

    【平石“監督”初勝利、星野さんから受け継いだ思い 】の続きを読む

    このページのトップヘ