狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    三木谷浩史会長

    1: 風吹けば狗鷲 2020/02/11(火) 10:46:13.85 ID:iCUXGCUs0
    no title

    野村克也さん(左)と三木谷会長

    引用元: 楽天・三木谷会長、野村克也さん死去惜しむ「イーグルスの礎を築いて頂きました。感謝しかありません」

    【楽天・三木谷会長、野村克也さん死去惜しむ「イーグルスの礎を築いて頂きました。感謝しかありません」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/12/17(火) 19:19:43.92 ID:OBxO+f5Pd
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191217-00000106-jij-spo

    会見に出席した三木谷浩史会長兼社長は、「楽天イーグルスの参入で、衰退しつつあった日本のプロ野球界は過去の栄光を取り戻した。この成功を台湾にも持ち込みたい」とあいさつ。

    引用元: 三木谷「楽天イーグルスの参入で、衰退しつつあった日本のプロ野球界は過去の栄光を取り戻した。」

    【三木谷「楽天イーグルスの参入で、衰退しつつあった日本のプロ野球界は過去の栄光を取り戻した。」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/11/29(金) 01:56:06.76 ID:U13vpiPf0
    https://www.iza.ne.jp/kiji/sports/news/191128/spo19112820370081-n1.html
    >近鉄とオリックスの合併に揺れた15年前の2004年。
    三木谷氏は堀江貴文氏率いるライブドアとの球界参入争いを制し、話題性を評価されてベストドレッサー賞を初受賞した。

     その席でのこと。ある大手アパレル勤務の男性から「私の小学3年の息子も野球をやっているんですよ。どうぞよろしくお願いします」とあいさつされ、
    「ぜひ、将来はイーグルスに入ってください!」と返していた。

     このアパレル勤務の男性こそ、現在楽天で守護神を務める松井裕樹投手(24)の父、良友さん(62)だった。
    野球を始めたばかりの当時9歳の長男を若きオーナーにプッシュしていたことになる。

     15年後の今回にサプライズとして招かれていた良友さんは「15年前に三木谷会長が返してくださったのは社交辞令だったと思うんですが、まさかまさか現実になるなんてね。
    裕樹がイーグルスにお世話になっているのは運命なのかと思います」と三木谷会長に祝いの花束を手渡して感慨深げだった。

     IT業界の風雲児にとっては、さしたる熱意を感じさせなかったオーナー会議よりは有意義なイベントだったのかもしれない。

    引用元: 【驚愕】松井裕樹の楽天入り、15年前から決まっていた⁉ 三木谷オーナーが父親に約束

    【【驚愕】松井裕樹の楽天入り、15年前から決まっていた⁉ 三木谷オーナーが父親に約束 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/10/19(土) 12:17:41.15 ID:d4szKfEW0
    no title

    引用元: 【速報】三木谷楽天会長、今回の騒動に関してViberでお言葉を述べられる

    【【速報】三木谷楽天会長、今回の騒動に関してViberでお言葉を述べられる 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/05/07(火) 12:19:29.18 ID:6TQGKtvsd
    no title

    プロ初本塁打のボールを手に笑顔でポーズをとる辰己(C)共同通信社
     6日の西武戦で楽天の辰己涼介(22=立命大)がプロ1号となる同点ソロアーチ。パ・リーグの新人ではオリックス・頓宮に次ぐ2人目となる一発でチームを勢いづかせ、連敗を4で止めた。

    「やっと出たって感じ。素直にうれしいです」

     開幕1カ月で訪れた「プロの壁」にも動じなかった。開幕3戦目で初スタメンに抜擢されながら徐々に出場機会が減り、4月22日には二軍落ち。

     ファームで実戦経験を積んで結果を出す一方、感覚に頼りがちだった走塁面はコーチ陣から徹底指導を受けてプロ仕様に変えた。

     出身は2004年春のセンバツで1度しか甲子園の土を踏んでいない兵庫県立社高。本人も“聖地”とは無縁だったが、プロ入りに照準を合わせ、普段の練習から試合では使用しない木製バットを黙々と振り続けた。時に金属の打ち方を忘れるほど、プロへの意識を高めていたという。

     この日、観戦した三木谷オーナーは「走攻守揃った期待の星。大きく育ってほしい」と絶賛。振り返れば辰己は、同じく“御前試合”となった開幕3戦目のプロ初打席で四球を選んで初打点。初安打、初盗塁も決めていた。旺盛な向上心を含め、オーナーのハートをがっちりつかんでいる。

    引用元: プロ1号の楽天ドラ1辰己は三谷オーナーご執心の“意識高い系”

    【プロ1号の楽天ドラ1辰己は三木谷オーナーご執心の“意識高い系” 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/05/06(月) 19:05:51.67 ID:NkVJkCOz0
     ◆西武4—8楽天(6日・メットライフドーム)

     楽天・三木谷浩史オーナー(54)が6日、メットライフドームで行われた西武戦を前日から2日連続で視察した。

     この試合では、初めて2番に起用されたドラフト1位・辰己涼介外野手が2回にプロ初本塁打。チームは直近10試合で1勝9敗と苦しんでいた中で、存在感を見せたルーキーの一発に「すごいね。振りが速い。大きく育ってほしい。走攻守そろった期待の星だからね」と笑顔で絶賛した。

     開幕から首位に立つこともあったが、4月下旬から失速し、貯金もなくなった。だが則本、岸の2本柱を欠く中での戦いぶりを「なかなか頑張っている。(今季は)バッティングがいいね。ここはなんとか我慢して、彼ら(則本、岸)が戻って来た時に上に行けるんじゃないか」と評価していた。

    引用元: 【楽天】三木谷オーナーがドラ1辰己の初本塁打を絶賛「走攻守そろった期待の星」

    【【楽天】三木谷オーナーがドラ1辰己の初本塁打を絶賛「走攻守そろった期待の星」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/02/12(火) 07:44:10.31 ID:l5I8zKpa0
    no title


    浅村栄斗の打撃練習を後方で見守る(左から)石井一久GM、三木谷浩史オーナーら

     楽天の三木谷浩史オーナー(53)が11日、沖縄・金武町で始まった2次キャンプを視察。4年総額20億円の大金を投じて西武からFAで獲得した浅村の影響力が早くもチーム全体に浸透しつつあることを喜んだ。


     野手陣のフリー打撃を見届けた三木谷オーナーが満足げにうなずいた。「みんなが浅村くんのスイングに似てきてるような気がしますね。マジで。若い選手を中心に刺激を受けているみたいなので、非常にいいことじゃないかと思います」

     打ち方をマネるなどの浅村効果が、ついに左打者にも波及した。ドラフト1位の辰己=立命大=だ。軸足を中心に回転するスイングで打球に角度をつける打ち方を取り入れ、ランチ特打では143スイング中、場外2本を含む37本ものサク越え。「左足がうまく使えていたから、足の裏が痛いです」とうれしい悲鳴を上げていた。(片岡 泰彦)

    引用元: 【楽天】三木谷オーナー、浅村効果に満足「みんな浅村」

    【【楽天】三木谷オーナー、浅村効果に満足「みんな浅村」 】の続きを読む

    このページのトップヘ