狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    35島内宏明

    2FDAF31A-A263-4570-9745-A8B8FFC5D647

    星稜の先輩、後輩でトークコーナーを行った楽天・島内(左)とロッテ・岩下
    日本プロ野球選手会が主催する「
    ベースボールクリスマス2018in石川」が9日、石川県小松市の「こまつドーム」で開催され、地元・石川出身の楽天・島内とロッテ・岩下が「先輩後輩トーク」を繰り広げた。

     ともに星稜OBで島内が7学年先輩。2人でトークコーナーに臨むと、岩下は「楽天の選手全員の苦手なコース、球種を教えてください!」と無茶なお願い。今季、その楽天戦でプロ初勝利を挙げた右腕に対し、島内は「投げっぷりがいいし、(楽天の選手は)みんな嫌いな感じ。いい投手ですよ」と返した。

     さらに話題は、試合で会った際の「あいさつ」に。岩下は球場で自ら足を運んで島内にあいさつに行くのはもちろん、打席に迎えた際にもペコッと頭を下げるという。これには島内も「気を使いすぎ。(あいさつは)たまにでいい。もっと自分のことを考えて、俺が俺がぐらいの気持ちで来て欲しい」と後輩にエールを送っていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181209-00000127-spnannex-base 

    1: 風吹けば狗鷲 2018/12/06(木) 15:07:55.08 ID:QP+vNHUY0

    20181206-OHT1I50079-L
     楽天・島内宏明外野手(28)が6日、仙台市内で契約更改を行い、2300万円アップの7800万円でサインした。1時間超の交渉を終えて会見場に現れ「結構粘りました」と笑った。

     島内は今季、「3番・中堅」で開幕先発に名を連ねたが、4月19日のソフトバンク戦(ヤフオクD)の走塁で脇腹を痛めて「右内腹斜筋損傷、競技復帰まで4週間」と診断され、登録抹消。
    1軍復帰は6月中旬となり約2か月、戦線離脱した。復帰後は1番から田中、茂木、島内と東京六大学出身トリオが並ぶ「タナモギアイランド」を結成。最終的には規定打席に到達して103試合で11本塁打53打点、打率2割9分2厘の成績を残した。

     チームトップの打率を残し、打点もウィーラーに次ぐチーム2位。チームには欠かせない存在に成長を遂げた。6月にチーム不振の責任を取って辞任した梨田前監督を思い「打撃の内容はすごく去年に比べて成長したなと思う。でも梨田さんに期待されて使ってもらったのに、ケガをしてしまって、退任となって僕も責任を感じている」と話した。

     来季、外野はドラフトで辰己(立命大)、小郷(立正大)が指名され、トレードで橋本到が加入。さらにエンゼルス・ブラッシュも合意間近とされ、田中、オコエ、八百板ら若手も順調に成長を遂げるなど定位置争いはし烈だ。
    中心選手として期待される来季へ「全試合、フル出場」を目標に掲げる島内は「今年は最下位という結果に終わってしまったので来年こそはみんな優勝を目指してひとつになって戦って行きたい」と意気込んだ。

     ◆島内 宏明(しまうち・ひろあき)1990年2月2日、石川・小松市生まれ。28歳。九思小3年から、九思少年野球クラブで本格的に野球を始める。御幸中では、小松ボーイズに所属し3年時に投手として全国大会に出場。
    星稜高では巨人・高木と同期。明大に進学し3年時からレギュラーに定着。4年の春、打率3割8分5厘で初のベストナイン。2011年ドラフトで6位で楽天に入団。180センチ、75キロ。左投左打。背番号35。

    引用元: 【楽天】チーム打率トップの島内、1時間超の交渉で2300万円増に「結構粘りました」

    【【楽天】チーム打率トップの島内、1時間超の交渉で2300万円増に「結構粘りました」 】の続きを読む

    38E108F7-7B97-442A-A213-5598782C8AAF


    低調だった打線に打点王が加入!

     楽天は1日、FA権を行使し、西武から移籍した浅村栄斗内野手の入団会見を行った。

     浅村は今シーズン打率.310、32本塁打、127打点をマーク。打点王に輝き、西武を10年ぶりのリーグ優勝へ導いた。移籍を決断するまでは「約1カ月間、本当に悩みました」と話していたが、この日は終始、和やかな表情。新天地での意気込みを問われると「楽天のために優勝を目指して頑張ります。来たからにはキャリアハイを目指して頑張りたい。これまで通り、打点は意識してやりたい」と意気込んだ。

     楽天は今季、58勝82敗3分けで最下位に沈んだ。チーム防御率はリーグ3位の3.78を記録したものの、チーム打率.241、総得点520はいずれもリーグワースト。ただ低調な打線の中にも、大卒2年目の田中和基が新人王を獲得、期待の和製大砲・内田靖人は12本塁打を放つなど、明るい材料もあった。

    安定した出塁率、新シーズンは浅村の前が適任!?

     若手の台頭に隠れがちだが、中堅の域に入った島内宏明も好成績を残した。4月中旬に右わき腹を痛め約2カ月も戦列を離れたが、復帰後は低調だった攻撃陣をけん引。平石洋介監督代行が就任したあとは3番に固定され、1番・田中、2番・茂木栄五郎と続く打順は、“タナモギアイランド”と称され機能した。

     前半戦の長期離脱がありながら、全試合出場の17年に続き、2年連続で規定打席に到達。リーグ8位の打率.292をマークするなど、出塁率.373、11本塁打、53打点、11盗塁の成績を残した。注目したいのは出塁率。惜しくも規定打席に届かなかった16年の.349以降、17年の.352、そして今季の.373と、3シーズン連続で安定した数字を残している。

     本塁打は17年の14本を下回る11本だったものの、今季も非凡なパンチ力を披露。球団生え抜き選手として初となる、2年連続の2ケタ本塁打を記録した。長打率は前年よりアップし、OPS(出塁率+長打率)は.805をマーク。これは規定打席到達者でチームトップの数字だ。

     来シーズン浅村が西武時代のように3番に座れば、島内は新たな打順を託されることになる。前述の出塁率とOPSを考慮すれば、上位に置き、より多く打席に立たせたい存在。そうすれば打点にこだわる浅村が、より活きるかもしれない。

     楽しみな若手が多い楽天だが、田中や内田はまだ1年のみの結果にすぎず、茂木は故障に泣くシーズンが続いている。ドラフト1位で加入した辰己涼介など、新人も未知数。だからこそ、安定感が備わった島内にかかる期待は大きい。

    楽天島内宏明外野手(28)が来季「バレルの打球」で本塁打20発以上を目指す。

    バレルとは大リーグで用いられる指標で、基本は本塁打を含めて安打に最もなりやすい速度98マイル(約157・7キロ)以上、角度30度前後の打球をいう。チーム最速170キロ超の打球を放つ島内だが、これまで打球が上がらず「ちょっとでも角度が上がれば入っていたという打席がすごいあった」という。

    島内は、19日に楽天生命パークで行われた秋季練習でもロングティーで意識的にフライを打ち、何本も柵越えさせた。「ゴロで終わるんだったらフライで終わるような打席を増やしたい。かち上げるようなイメージでやりすぎくらいがちょうどいい。本塁打は去年14本で今年は11本。ちょっと落ちちゃったので来年は20本を目標に頑張ります」。平石監督も「20発? 能力から考えればもっといく」と太鼓判。来季はアーチ増産に期待だ。


    20180726s00001173031000p_view

    4回2死満塁、走者一掃の右適時二塁打を放つ島内(撮影・尾崎 有希)

     ◇パ・リーグ 楽天8―1日本ハム(2018年7月25日 楽天生命パーク)

     楽天は島内の一打で勝利を決定づけた。3―0の4回2死満塁から右翼線へ走者一掃の二塁打。日本ハムを消沈させ「積極的に甘い球を狙った」と胸を張った

     6月12日の中日戦で右脇腹痛から1カ月半ぶりに復帰したが、万全ではなかった。ただ、次第に症状も治まり「怖さも減っているので、打てるようになってきた」。強いスイングが戻り、この試合も2安打。後半戦開幕の16日ロッテ戦から8試合で打率・353、2本塁打、10打点と打ちまくる。

     母校・星稜がこの日、甲子園出場を決めた。自身も07年夏に主将として踏んだ聖地への切符。「刺激になる」と言い、ボールやスポーツ飲料の差し入れを考えている。星稜が石川大会準々決勝を戦った21日、準決勝の24日は、島内はともに3安打。シンクロするように、またマルチ安打を刻んだ。

     6回に左前打を放ったところで、疲労などを考慮されて交代。後半戦7勝1敗とチームも好調だが、「まだ借金がいっぱいあるので、もっと勝っていかないと」と浮かれなかった。 (黒野 有仁)

    20180717s00001173486000p_view

     <ロ・楽>6回2死、島内が中越えにホームランを放つ(撮影・篠原岳夫)

     ◇パ・リーグ 楽天6-1ロッテ(2018年7月17日 ZOZOマリン)

     島内の5号ソロで勝ち越し。楽天が後半戦連勝スタートを切った。1―1の6回2死から石川のシンカーをバックスクリーン右へ打ち込んだ。「プロに入って一番の当たりだった」と自画自賛の一発。打席に入る直前に栗原打撃コーチから「考えすぎるな」と助言を受けて、楽な気持ちで打席に入れたという。

     守備でも3回1死二、三塁で角中の左飛でタッチアップした三塁走者の中村を本塁で捕殺。「送球が逸れたのに(捕手の)嶋さんがよく捕ってくれた」と話したが、追加点を阻止して攻守で勝利に貢献。前日のロッテ戦も延長10回に決勝の中前適時打を放ち、これで2夜連続のヒーロー。平石監督代行も「2死だったし、ベンチでみんなが“狙え、狙え”と言っていた。大きな一発だった」と感謝した。

    【楽天・島内「プロに入って一番の当たり」の勝ち越し弾!守備でも貢献】の続きを読む

    このページのトップヘ