狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    20安樂智大

    1: 風吹けば狗鷲 2019/09/13(金) 08:52:27.29 ID:5Qm0xiLU0
    no title

    4回に2番手で登板した楽天・安楽は3回無失点に抑えた(カメラ・関口 俊

    引用元: 【楽天】安楽、3回1安打0封…価値ある50球

    【【楽天】安楽、3回1安打0封…価値ある50球 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/09/05(木) 11:42:31.43 ID:BEAvoys4M
    no title

    完全復活ωωωωωωωωωωωω

    引用元: 楽天安楽「150キロ!151キロ!150キロ!151キロ!150キロ!」

    【楽天安楽「150キロ!151キロ!150キロ!151キロ!150キロ!」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/09/04(水) 23:30:36.16 ID:QxZB7UtGM
    !?
    no title

    引用元: 現在の安楽智大さん「うおおおおおお!!!!」全力ストレート投げー

    【現在の安楽智大さん「うおおおおおお!!!!」全力ストレート投げー 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/04/26(金) 20:50:20.64 ID:yb7sRf6C0
    no title

    楽天対オリックス 力投する楽天先発の安楽(2019年4月19日)
    楽天の安楽智大投手が過去の自分を超える。先発予定の28日のロッテ戦に向けて、楽天生命パークでブルペン入り。

    72球を投げ込み、変化球の制球を確かめた。右腕は済美時代に13年センバツで全5試合を投げて772球を投球。「ANRAKU」は世界的に知れ渡り、平成を代表する球数問題論争の引き金となった。「高校の時だけでなく、プロの自分も知ってもらわないといけない。勝ちで締めくくって、次の時代に入りたい」と自身の平成最後の登板で成長した姿を見せる。

    引用元: 楽天安楽「勝って次の時代へ」28日ロッテ戦先発

    【楽天安楽「勝って次の時代へ」28日ロッテ戦先発 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/04/13(土) 13:22:26.35 ID:rOAlWCZ0d

    no title

    剛速球への欲望に、しっかりとフタをした。直球はほとんどが130キロ台後半。力みなく投じたボールは打者を差し込み、ファウルでカウントを稼いだ。
    「スピードガンコンテストをしているわけじゃない。ガン(表示)が速くてもボールが死んでしまうより(ガンが出なくても)ボールが生きている方がいい。最終的に試合が終わった時に勝てていればいい」。
    対する千賀は1回に156キロを連発。7回14奪三振のパワー全開の投球を目の当たりにしても、口にしていた哲学が揺らぐことはなかった。

    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/amp/201904130000019.html

    引用元: 安楽、130キロ台のストレートも「スピードガンコンテストしているわけじゃない」

    【安楽、130キロ台のストレートも「スピードガンコンテストしているわけじゃない」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/04/11(木) 22:24:28.92 ID:UFNSllAV0
    no title

    楽天安楽(2019年3月16日撮影)


    楽天安楽智大投手(22)が今季初勝利をかけて12日のソフトバンク戦(楽天生命パーク)に先発する。
    今季初先発となった5日のオリックス戦では7回3安打2失点(自責1)の好投も黒星を喫した。「前回は(チームの)連勝を止めてしまっている。今回も連勝中のマウンドを託されたので、チームにも自分自身にも勝ちがつくような投球をしたい」と力を込めた。
    前回のオリックス山岡に続き、ソフトバンク千賀というエース級との対決。「胸を借りるつもりで投げる。絶対に先制点は与えないという気持ちで、しっかり粘っていきたい」と誓った

    引用元: 楽天安楽「先制点与えない」千賀に胸借り今季1勝へ

    【楽天安楽「先制点与えない」千賀に胸借り今季1勝へ 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/04/08(月) 23:37:05.96 ID:AkJQ/s4z0
    no title

    キャッチボールで調整する安楽


    楽天安楽智大投手(22)が、チャンスをものにする。故障の岸に代わって今季初先発した5日オリックス戦で7回3安打2失点(自責1)と好投。
    「(脱力状態の)ゼロから100みたいなイメージ」で力みなく投げ込む140キロ前後の直球は打者を差し込み、変化球の制球も安定していた。8日の先発投手練習でも、リリースの感触を丁寧に確かめるようにキャッチボール。藤平が登録抹消となり、岸の復帰後もローテで回る可能性が出てきた。
    足元を再確認した。大船渡(岩手)の佐々木朗希が国内高校史上最速163キロをマーク。自身も済美高2年時に157キロを出して注目を浴びただけに、置かれた立場に思いをはせる。
    「スピードには夢がある。出てしまうと、ずっとついてくるもの。163なら、次は164、165となりますし…」。投手の本能や周囲の期待と向き合いながら「自分を見失わないことが一番。どれだけ自分の理想のフォーム、理想の力具合で(無理なく)パフォーマンスを出せるか」。言葉には、実感がこもる。
    高校時代もプロ入り後も故障に苦しめられ、投球フォームやトレーニング法を模索。剛速球へのこだわりも、今はいったん胸の奥にしまい「まだ1試合。頑張るだけ」。貪欲に結果を求めていく。【亀山泰宏】

    引用元: 好投の楽天安楽「頑張る」岸復帰後もローテ可能性

    【好投の楽天安楽「頑張る」岸復帰後もローテ可能性 】の続きを読む

    このページのトップヘ