狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    32枡田慎太郎

    1: 風吹けば狗鷲 2018/11/20(火) 15:22:28.08 ID:WP24H+CXpHAPPY
    「独立リーグ、社会人ではプレーしません。プロからの誘いがなかったら、現役を引退します」と腹はくくっている。礼節を重んじる男は新たな道を進む。 (楽天担当・広岡浩二)

    https://www.sanspo.com/baseball/news/20181120/gol18112005000003-n1.html

    引用元: 元楽天 枡田「独立リーグ、社会人ではプレーしません。」

    【元楽天 枡田「独立リーグ、社会人ではプレーしません。」 】の続きを読む

    20181113-OHT1I50152-L

    楽天・枡田
    12球団合同トライアウト(13日・タマホームスタジアム筑後

     戦力外となった選手らを対象としたプロ野球の12球団合同トライアウトが13日、福岡・タマホームスタジアム筑後で行われた。投手、野手合わせて48選手が参加。カウント1―1からのシート打撃形式で対戦した。

     楽天の枡田慎太郎外野手(31)は、古野(ヤクルト)から中前安打、乾(元巨人)から左越え二塁打の計2安打。2013年の球団初の日本一に貢献するなど実績十分のバットマンは「しっかりと自分のスイングができた。悔いはない。まだ野球をやりたいし、NPBで勝負したい気持ち」とアピールした。

    1: 風吹けば狗鷲 2018/11/09(金) 13:07:17.15 ID:ZI8MZgS1p
    2013年のリーグ優勝、日本一に貢献した東北楽天の枡田慎太郎外野手(31)が13日に福岡県筑後市で開かれる12球団合同トライアウトに参加する。「可能性がある限り、現役を目指す」。狭き門の突破に向けて、ひたむきに汗を流す。

     7日午前、仙台市のウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉。東北楽天の投手陣らが練習前のストレッチを行うすぐ脇の室内練習場で、枡田は打撃練習に励んでいた。「今日はなかなか前に飛ばないね」。大粒の汗を拭い、冗談を交えながら笑みを浮かべた。

     10月に戦力外通告を受けた。今季は8月中旬から約2週間、4番を任されるなど勝負強さを随所で見せたが、9月に入って2軍落ち。そのまま、1軍出場33試合、打率1割7分7厘でシーズンを終えた。
    「プロは結果の世界。通告には素直に『分かりました』と伝えた。覚悟はしていたので」。入団から12年にわたる東北楽天での選手生活が幕を閉じた。

     今も記憶に鮮明に残っているのが13年9月26日、東北楽天が敵地で西武を破り、初のリーグ優勝を果たした瞬間だ。「グラウンドで優勝を味わえた。もう一度、あの場に立ってみたい」

     とはいえ、自らが置かれた厳しい状況は理解している。トライアウトで「合格」を勝ち取れるのは、ほんの一握りだ。
    「(他球団は)ある程度、自分のことを分かっていると思う。アピールするというよりも、悔いを残したくない。当日はしっかりバットを振ることを心掛ける」。枡田は力強く前を向いた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00000002-khks-spo

    引用元: <楽天>枡田ひたむきに 合同トライアウトへ練習

    【<楽天>枡田ひたむきに 合同トライアウトへ練習 】の続きを読む


    1: 風吹けば狗鷲 2018/11/06(火) 13:02:09.40 ID:CH172bsS
    C76CE918-E4C6-4587-90AC-2A1F3C84A4B0
     
    楽天枡田慎太郎(2017年8月23日撮影)
    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

    楽天一筋・プロ13年目の枡田慎太郎外野手(31)が、10月29日に戦力外通告を受けた。「自分をここまで育ててくれた球団、監督やコーチ、選手、そしてファンのみなさんに感謝しかない。この世界は結果が全て。成績を出さないと次はない。覚悟はしていた」と、男らしい言葉を残した。

    近年は自分を追い込むように「クビ」という言葉を頻繁に使っていた。昨年、そして今年初めの契約更改では「毎年、毎年、すごい選手が入って来る。それがプロ野球。自分はラストだと思っている」と話していた。「野球が出来る喜びを味わいながら頑張りたい」と自身を奮い立たせてきた。

    そんな背中に、後輩たちも憧れてきた。選手会長の岡島、島井、昨季限りで現役を引退した阿部などから「シンさん、シンさん」と親しまれてきた。自分に対して厳しく、誰に対しても遠慮しない姿勢だからこそ、周りが付いてきた。

    お立ち台に上がり、好調の秘訣(ひけつ)を問われると「ビールです」と豪快に言う素直さ。「俺たちはプロ野球選手。打って、活躍して、成績を残して初めて、ご飯が食べられる」と“昭和”を感じさせる愚直さ。惜しまれながら、次のステージを目指す。【楽天担当 栗田尚樹】

    引用元: 戦力外通告覚悟していた楽天枡田、次のステージへ

    【戦力外通告覚悟していた楽天枡田、次のステージへ 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/11/03(土) 03:20:28.37 ID:96yItor3d
    no title



    ロッテが今季限りで楽天を戦力外になった枡田慎太郎外野手(31)の獲得を検討していることが2日、分かった。枡田は05年高校生ドラフト4巡目で楽天に入団。パンチ力のある打撃で13年には自己最多の86試合に出場し、打率2割7分2厘、8本塁打、47打点の成績を残して球団初のリーグ優勝と日本一に貢献した。



    今季は出場33試合にとどまったが、7月16日のロッテ戦(ZOZOマリン)では1点を追う9回2死から代打で登場。起死回生の同点ソロを放つ勝負強さを見せつけた。左の代打は今季引退した根元(現内野守備走塁コーチ)やベテラン福浦が主だったが、一撃で仕留める仕事人を“切り札”候補として調査している。

    チームとして若手育成はは1つのテーマ。一方でシーズン終了直後から獲得に前向きな姿勢を見せている前楽天細川亨捕手(38)のように、手本となるベテランの技と姿勢にも着目していく。

    引用元: ロッテが楽天戦力外桝田を獲得へ

    【ロッテが楽天戦力外桝田を獲得へ 】の続きを読む

     【パ・リーグ   楽天4―2オリックス ( 2018年8月1日    京セラD )】 楽天が枡田の決勝打で2連勝。5位・オリックスに2・5差と詰め寄った。
    2―2の12回2死一、二塁から吉田一の外角低めの131キロフォークを中堅へ2点適時二塁打を放った。「フォーク来いと思いながら打席に入った。試合を決めたいという気持ちしかなかった。決められてホッとしてます」と振り返った。

     平石監督代行が「練習でも良い状態でやってくれている。しっかり仕留めてくれた」と称えた。

    このページのトップヘ