狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    89・33平石洋介

     楽天の平石洋介監督代行(38)が9日の日本ハム戦(札幌D)の試合前に、6か月の出場停止処分が科されたアマダー内野手(31)について謝罪した。この日NPBアンチ・ドーピング調査裁定委員会が同選手に対し、18年8月9日から19年2月8日まで、6か月の出場停止処分を科すと発表。「こういう結果が出たことに、プロ野球ファンの皆さんもそうですし、イーグルスファンのみなさんにも、本当に携わってくれている方々に申し訳ない気持ちでいっぱいです」と重々しく話した。

     アマダーは6月13日の中日戦(楽天生命)において行われた競技会ドーピング検査の対象選手となり、尿検体が採取された。7月23日に分析機関より、クロルタリドンとフロセミドの検出報告があり、アマダーの検体であることを確認した。ともに利尿作用のある薬物という。

     アマダーは8月3日に1軍選手登録を抹消。8月1日には本人の希望により、B検体の再分析を行ったが、翌2日に、A検体と同じ物質が検出されたことが報告された。「(抹消の時期と)B検体の検査結果が重なったのは事実。でもその数日前からアマダーが脇腹(痛)を訴えていて、実際パフォーマンスも2、3試合落ちていたので。ドーピングの件は抹消に関係ない「のは事実です」と指揮官は説明した。

     シーズン途中に起こったまさかの事態に指揮官も困惑。「一番最初に聞いたときは何とも言えないというか、何が起こったんやというか。利尿作用ってどこで何を口にしたのか、こればかりはどの選手もドーピングがある以上は細心の注意を払ってやっていると思いますけど。これはアマダー自身しか分からないことですし、もしかしたらアマダー自身も分からないことかもしれない」と神妙な面持ちで語った。

    就任後は17勝10敗と好調、元同僚の山崎氏は「いろんなことに屈せずやってほしい」
    20180618_hiraishi_ay-560x373

    楽天・平石監督代行【写真:荒川祐史】
     楽天が強い。今季は開幕直後から低空飛行を続け、21勝41敗1分となった6月16日には成績不振を理由に梨田昌孝前監督が辞任。しかし、平石洋介監督代行が指揮を執るようになってから息を吹き返し、就任後は8勝8敗で前半戦を折り返すと、後半戦は9勝2敗と快進撃を見せている。
    「平石楽天」の戦績は計17勝10敗の勝率.629。まだ最下位ではあるものの、クライマックスシリーズ(CS)出場圏内の3位までは6.5ゲーム差まで詰まってきた。


     29日のソフトバンク戦は平石監督代行が就任してから初の無得点に終わったが、前日まで打線が機能する試合が多く、明らかな変化が見えている。現役時代に楽天でプレーし、平石監督代行ともチームメートだった野球評論家の山崎武司氏は「(今後が)楽しみ」とした上で「天下統一してほしい」と後輩にエールを送った。

     楽天時代、山崎氏は不動の4番としてチームを引っ張っていた一方、平石監督代行は1軍と2軍を行き来する選手だった。しかし、引退後に2軍などで指導者としての経験を重ね、ついに1軍でチームを指揮する立場となった。
    メジャーリーグでは元スター選手が指揮官に就任するケースはむしろ少なく、マイナーで地道に経験を積んだ指導者が名監督となることが多いが、日本では選手時代の実績が重視される傾向にある。だからこそ、山崎氏は平石監督代行に成功してほしいと願っているという。

    「昔からそういう風潮だよね。日本は、やっぱり現役として活躍した人(が監督になる)。でも、中には伊原(春樹)さんとかいるし、栗さん(日本ハムの栗山英樹監督)だってそう。実績のある選手がいい監督になるとは限らない。2軍の痛みを知る選手がいいコーチになるというのもある。そこまで上り詰めるのは、運も実力も兼ね備えていないといけない。

     平石監督代行は、俺たちがいた時は1軍で鳴かず飛ばずの選手で、引退してからコーチ業をやって、実績を作ってあそこまでのし上がってきた。もちろん、キャリアというのは野球選手にとって最大の勲章だけど、そういうのが平石監督代行にはないわけだから、自分らしい監督像でやってほしい。
    監督代行になって頑張っているし、より選手に近い立場でものを言えるところにいたわけだから、全く梨田前監督と違ったことをやってほしい。いろんなことに屈せず、やっていくのが一番だと思う」


    https://full-count.jp/2018/07/30/post167793/

    【好調の楽天、山崎武司氏が抱く平石監督代行への期待「天下統一してほしい」】の続きを読む

    ◆ロッテ2―6楽天(18日・ZOZOマリン)

     楽天のジャフェット・アマダー内野手(31)が、2回に先制の14号ソロ、7回に同点の15号ソロを放って、チームを今季最長に並ぶ3連勝に導いた。

     体重135キロの巨漢助っ人を奮い立たせたのは、平石洋介監督代行(38)だった。この日の試合前、アマダーを見かけた指揮官は「今日は2発打ってくれよ、1発じゃあかんぞ。頼むぞ」とエール。その言葉通りに今季初の1試合2本塁打を放った。平石監督代行は助っ人の働きに「本当に打ってくれた。素晴らしい2発だった」と驚きながらも、たたえていた。

    ◆ロッテ2―6楽天(18日・ZOZOマリン)

     パ・リーグ最下位の楽天が、ロッテに逆転勝ち。今季2度目の同一カード3タテで、球宴後の後半戦ではリーグ唯一の無傷3連勝となった。

     2回表にアマダーの左翼席に突き刺す弾丸ライナーの14号ソロで先制。だが、先発・古川が制球に苦しみ2回裏に清田の中犠飛で同点に追いつかれると、5回には井上に中前適時打を浴びて、古川は4安打5四球2失点でマウンドを降りた。だが西宮、松井と無失点でつないで粘ると、7回にアマダーのこの日2発目となる15号ソロで追いつき、8回に藤田の押し出し四球やペゲーロの2点適時打などで4点を奪い、勝ち越し。9回はハーマンが締めくくった。

     今季最長に並ぶ3連勝に平石監督代行は「勝つことしかない。引き分けや負けでは苦しい。またしっかり準備をしていきたい」と気を引き締め直していた。

    show_img (2)

     7月13、14日に開催されたオールスターゲーム2018では若手からベテランまで幅広く選出され、見応えある戦いとなった。その中でも話題を集めたのが上原浩治(巨人)と松坂大輔(中日)のベテラン勢。特に松坂は日本球界復帰4年目、背水の思いで挑んだシーズンに復活の兆しを見せ、ファン投票1位で選出された。その松坂世代のひとりで、違う立場としてベンチにいたのが楽天の平石洋介監督代行だ。松坂とは甲子園で戦った“盟友”でもある。まったく違うプロ野球人生を歩んできたが、刺激し合える仲だ。

    「野球以外の話もしますし、お互いに激励し合ったりもします。ああやって頑張っている姿を見るといい刺激を受けますね」

     松坂は、日本球界に復帰したソフトバンクで、3年の在籍で一軍登板はわずか1試合。その姿に心ない言葉もあった。「でも、あれだけ頑張ってきた人間でね、(野球ができる)環境があって本人が続けたいんだったら続けるべきだし、やるべき」と平石監督代行は力強く語った。

    「みんなクビになるのが普通な中で、なかなかそういう人っていないじゃないですか。周りがやめるのを決めるわけではないから。本当に素晴らしいことだと思いますけどね。実際こうやって、復活というか、新しい姿を見せてくれている。ものすごく刺激は受けます」

     1998年の夏の甲子園では延長17回の死闘を繰り広げた2人。松坂は横浜高のエースとして、平石監督代行はPL学園高のキャプテンとしてそこにいた。そして松坂はプロ、さらにメジャーへとスターの階段を駆け上がった。一方で大学、社会人を経て、楽天創設年にルーキーとして入団した平石監督代行は2011年シーズン終了後に現役を引退。翌年から球団初の生え抜きコーチとして球団に残り、今では指揮官としてチーム再建に奮闘している。20年経ってもチーム内でのお互いの役割はあまり変わらないようだ。
     
     昨日からチームにとっても自身にとっても勝負の後半戦が始まった。

    「最後まであきらめない姿勢をファンの皆さんに見せたい」

     平石監督代行はあのころのように見る者を再び熱くすることができるだろうか。その手腕に注目だ。

     「楽天3-8オリックス」(11日、楽天生命パーク宮城)

     前半戦最終戦で敗れ、29勝49敗1分で借金20での折り返しとなった。先発の辛島が四回に満塁弾を含む5失点を浴び、これが重くのしかかった。平石監督は「痛い1発だった」と振り返った。

    【写真】KOの辛島「みんなに申し訳ない」

     今季、チームは開幕からつまずいた。6月には、梨田前監督が成績不振の責任を取って辞任。指揮を執る平石監督代行は、後半戦に向け「可能性がある限り、前を向いて戦いたい」と、あきらめずに上位へ食い込む姿勢を見せた。

     5位・ロッテとは11ゲーム差開いているが、新体制後は16試合で8勝8敗と良化の兆しを見せている。同代行は、後半戦の盛り返しへ「先発投手が試合をつくること。何とかいい形で後ろにつなぐ。これがカギになると思う」と話した。

    このページのトップヘ