狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    89・33平石洋介

    1: 風吹けば狗鷲 2019/03/26(火) 06:44:00.51 ID:WUT2xB/I0
    no title


     楽天の平石監督は中継ぎ投手を短いイニングで先発させる「オープナー制」の導入を検討していることを明かした。則本昂が右肘の手術を受けて前半戦中の復帰は絶望的。先発陣の駒不足の解消プランの一つとして「2人や何人かの投手で先発の役割をしてもらうことは、戦略として、なくはない。状況に応じていろいろ考えていく」と話した。

     指揮官は「課題は先発陣」と認める一方で「中継ぎは信頼しているので、頼りにして戦っていく」と話す。今季から1軍の選手登録枠が1人増えて29人となり、当面は増枠分を投手に充てる方針だ。「オープナー制」はメジャーでも浸透しつつある戦術。翌日が休日の場合は中継ぎ投手を総動員する「ブルペンデー」にするなど、柔軟な起用法で則本昂の穴を埋めていく。 (重光 晋太郎)
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/03/26/kiji/20190326s00001173068000c.html

    引用元: 楽天「オープナー制」導入を検討

    【楽天「オープナー制」導入を検討 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/03/25(月) 14:49:07.25 ID:267NJKV7d
    no title


    楽天19年開幕戦スタメン予想
    プロ野球オープン戦は24日、全日程が終了した。29日にセ・パ両リーグが同時に開幕し、新元号の初代頂点をかけた長い戦いが始まる。密着取材を続ける各球団の担当記者が、開幕オーダーを独自予想。監督の総括コメントと合わせると、19年シーズンを戦うアウトラインが見えてくる。

    ※予想表の見方:◎…当確、○…有力、△…微妙

    楽天平石監督 則本(昂)の手術はチームとして痛いが、全員でカバーし合えたら。中継ぎに信頼は置いている。(救援の)何人かで先発の役割をしてもらうことも戦略として、なくはない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190325-03250229-nksports-base

    引用元: 平石監督「全員でカバー」/楽天開幕スタメン予想

    【平石監督「全員でカバー」/楽天開幕スタメン予想 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/03/25(月) 10:55:11.39 ID:ftyp6eTm0
    no title

    楽天・平石監督
    ◆オープン戦 中日7―7楽天(24日・ナゴヤドーム)

     楽天は24日、中日とオープン戦を行い7―7で引き分けた。平石洋介監督(38)は試合後、7勝4敗3引き分けに終わったオープン戦を総括した。3月上旬に則本昂大投手(28)が右肘手術のため戦線を離脱。
    投手陣はローテ再編を余儀なくされた。則本昂の復帰は早くても8月と見られている。指揮官は今季、中継ぎ陣をフル回転させる可能性を示唆。また4番には主に島内宏明外野手(29)を据える方針を示した。

    引用元: 【楽天】平石監督、則本の穴は中継ぎフル回転…オープン戦総括

    【【楽天】平石監督、則本の穴は中継ぎフル回転…オープン戦総括 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/03/24(日) 08:07:46.42 ID:KUdzogRYH
    no title

    3回の先制右中間二塁打を含む3打数2安打1打点と活躍した辰己

     ◆オープン戦 中日4―3楽天(23日・ナゴヤドーム)

     楽天は23日、オープン戦で中日と対戦(ナゴヤD)した。3―4で敗れたが、「9番・右翼」で先発したドラフト1位ルーキー・辰己涼介外野手(22)=立命大=が3打数2安打1打点と猛アピールした。
    平石洋介監督(38)はドラ1ルーキーを高く評価し、外野手争いについては「うれしい悩み」と語った。開幕前の最後の実戦となる中日とのオープン戦(24日、ナゴヤD)では誰がアピールするのか。目が離せない展開となった。

    引用元: 【楽天】辰己適時打!マルチで平石監督は外野手争い「うれしい悩み」

    【【楽天】辰己適時打!マルチで平石監督は外野手争い「うれしい悩み」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/03/23(土) 22:22:06.64 ID:ia0O4+ND0
    ◆オープン戦 中日4―3楽天(23日・ナゴヤD)

     打撃不振に陥っていた楽天の新外国人、ジャバリ・ブラッシュ外野手(29)=エンゼルス=が、5回に7試合ぶりとなる左越え3号ソロを放つなど3安打2打点と活躍。
    13日のDeNA戦(静岡)で一発を放って以降、厳しい内角攻めやストライクゾーンの違いに苦しみ、9打数連続三振を含む16打席連続無安打を記録するなど調子を急降下させていたが、前日(22日)に急きょ、先発出場予定を変更してリフレッシュ休暇をもらった効果をさっそく発揮してみせた。

     鮮やかな復活劇の裏には、指揮官の“名采配”があった。前日のリフレッシュ休暇は、悩める助っ人砲の沈んだ表情を心配した平石監督が、温情で与えたものだった。
    さらに「日本人も外国人も、どんなバッターでもコースに投げきられたら、そうは打てない。いかに失投を仕留めるかだろ。表情が暗い。だんだん猫背になってるぞ。笑え笑え。打席を楽しめ!」と声をかけた。

     この日のブラッシュは、試合前の練習時から笑顔を絶やさなかった。そして、見事に3安打。「開幕が近づいてきて、ワクワクした思いが表情に出たんじゃないかな」と多くは語らなかったが、指揮官の優しさに感謝しているに違いない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190323-00000182-sph-base

    引用元: 【楽天】打撃不振のブラッシュが3安打! 復活を支えた指揮官の言葉とは?

    【【楽天】打撃不振のブラッシュが3安打! 復活を支えた指揮官の言葉とは? 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/03/13(水) 21:06:00.12 ID:Bxn1Bw0S0

    no title

    「失敗だらけの野球人生」楽天・平石監督の教訓
    球団史上最年少の38歳、若き指揮官は誤解されている
    2019.3.13(水) 黒田 俊

    さまざまな業界で、若いリーダーが増えている。彼・彼女らは、これまでの常識にとらわれない発想ややり方で社会に大きなインパクトを与え、業界を変革する。若さはリーダーにおける武器となりつつある時代だ。

     旧態依然、と言われ続けるプロ野球界にも少しずつではあるがそうした時代の色が見え始めている。

     昨年までジャイアンツの監督として指揮を執っていた高橋由伸は41歳で、DeNAの現監督ラミレスは42歳でその任についたし、3シーズン前の2016年について言えば、セ・リーグ全6球団の監督が40代だった。

     そして、今シーズンから東北楽天ゴールデンイーグルスの監督に就任した平石洋介は38歳。

     球団史上最年少の指揮官は野球界にどんなインパクトを与えてくれるのか。これまでの監督とは違った「マネジメント色」を野球界に見せてくれるのでは・・・そんな思いを持って平石の話を聞きに行った。

    引用元: 【朗報】楽天 平石洋介新監督(38)、めちゃくちゃ有能そう

    【【朗報】楽天 平石洋介新監督(38)、めちゃくちゃ有能そう 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/03/12(火) 23:57:43.15 ID:S39+47/Id
    no title

    楽天対DeNA 9回表から3番手として登板する楽天松井(撮影・横山健太)
    <オープン戦:楽天7-1DeNA>◇12日◇静岡

    守護神の座は譲らない。楽天松井裕樹投手がDeNAとのオープン戦で9回を3者凡退で締めた。掲げる「脱力」とは裏腹に、最初はあえて力んだ。


    キャンプ中に腰の張りを訴え、3月に入ってブルペン投球を再開した。「恐怖というものがあった。そこを破ろうと」。最速150キロに届いた直球は高めに浮いても、全く痛みがないことを確認した。「2人目から力を抜きたかったけど…。そこは自分の中で物足りない」。どうしても力が入った今季初実戦に苦笑しつつ、表情は明るい。

    もう1つのテーマである「緩急」。曲がりを小さく、高速化したスライダーとの組み合わせを考え、投じた1球のカーブについて「大事にしていきたい」と言った。
    打者の目先を変えるだけでなく、松井にとって自然と理想的な投げ方できる球種だからこそ、試合中であってもフォームの乱れを整えられる側面もある。平石監督は「(抑えの)最有力候補」と明言するが、本人は「競争して、信頼してもらえるように試合で結果を残す」。甘えなく、居場所を勝ち取りにいく。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-03121461-nksports-base

    引用元: 楽天松井3者凡退締め 守護神の座へ「結果を残す」

    【楽天松井3者凡退締め 守護神の座へ「結果を残す」 】の続きを読む

    このページのトップヘ