狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    なソゲ

    1: 風吹けば狗鷲 2018/12/04(火) 09:46:13.57 ID:FYG1IaNd0
    no title


    岩隈(左)と金子(C)日刊ゲンダイ
     FAだけでなく、「自由契約組」の争奪戦もアツい。前マリナーズの岩隈久志(37)、2日に自由契約として公示された前オリックスの金子千尋(35)である。

     同じ先発右腕であるこの2人を巡って、複数球団が獲得を目指している。

    「岩隈は巨人、金子は楽天が最も獲得に力を入れているといわれていたがここにきて、楽天の金子へのトーンが落ち気味になっている。楽天周辺では、『以前から調査を継続してきた岩隈取りに、本腰を入れ始めた』との声が聞こえてきます」(球界OB)

     そんな巨人と楽天を横目に、日本ハムが虎視眈々と金子獲得を狙っている。日ハムは今季10勝をマークした助っ人右腕のマルティネス(28=年俸2億円プラス出来高)と保留者名簿提出期限の11月末までに契約延長に至らず、いったん自由契約にせざるを得なくなった。

    「日ハムはマルティネスと交渉を継続していきますが、今オフは先発投手陣の強化が大きなテーマになっている。岩隈の調査も進めたほどです。ただ、気になるのは巨人の動き。巨人が岩隈取りに失敗すれば、金子に方向転換する可能性があります。それこそカネに糸目をつけないでしょう」(前出の球界OB)

     両右腕を巡る三つ巴の争いはますます激しくなりそうだ。

    引用元: 金子&岩隈めぐり巨鷲公三つ巴…「自由契約」争奪戦ヒートアップ

    【金子&岩隈めぐり巨鷲公三つ巴…「自由契約」争奪戦ヒートアップ 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/11/29(木) 12:44:41.20 ID:QO+iPbjv0NIKU
    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-00000021-nkgendai-base

    順調にいけば、則本昂大(27)、美馬学(32)、銀次(30)、岡島豪郎(29)が来季中に国内FA権を取得する。
    エースの則本はメジャー挑戦を見据えているため権利行使の可能性が低い一方、来季で3年契約が満了。
    オフにはポスティングシステムを利用しての大リーグ挑戦について球団と話し合うことを約束している。

    このほか、今江と福山も故障者特例措置での取得が予想され、最多6人が流出する危険性がある。

    引用元: 【悲報】楽天、FA流出におびえる側だった

    【【悲報】楽天、FA流出におびえる側だった 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/14(木) 12:35:25.67 ID:GxP9/rESM.net
    球団関係者は「10日の体力測定で太ももの筋肉がアンバランスだったことが気になる」とこう話す。

    「オコエは中学時代、右足を手術してボルトが2本入っている。実はある現役選手も、アマチュア時代にケガをして足にボルトを入れた。
    その結果、成長過程で両足の長さが不揃いになってしまい、ただの走り込みでさえケガのリスクを負うようになった。
    下半身を思うように鍛えられず、いまだに期待されたほどの結果を出していない」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160114-00000016-nkgendai-base


    【オコエ、右足にボルトが入っていた】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/09/14(月)14:14:50 ID:eE0
     オリックスと最下位争いを続ける楽天が、米メジャーのブルージェイズに所属する川崎宗則(34)の獲得を視野に入れている。

     今季の川崎は、マイナー契約でのスタートも、5月にメジャー昇格。その後は降格と昇格を繰り返しながら現在、メジャーのベンチ入りを果たしている。
    それでも、34歳のベテランが来季メジャー契約できる可能性は極めて低く、マイナー契約ですら微妙な状況。
    川崎本人はメジャーでのプレーを希望しているものの、所属球団がなければ日本に戻るしかない。

     楽天が川崎を狙う理由は2つある。一つ目は二遊間の「強化」だ。

     現在、楽天の二塁手は33歳のベテラン藤田で、遊撃手は6年目の西田。
    藤田は高齢になりつつあってバックアップ要員が必要で、西田は打撃に課題がある(今季43試合で打率.223、0本、6打点)。
    二塁、遊撃の両ポジションが守れる川崎は最適な人材といえる。

     川崎の「性格」も楽天には魅力だ。

     球団は今シーズン中盤、三木谷オーナーの現場介入が公になったことで、チームの印象が悪化。
    取締役副会長に就任した星野仙一氏(68)主導のもと、イメージ回復を図らなければならない。
    明るいキャラクターでサービス精神旺盛な川崎が加入となれば、チームカラーはガラリと変わる。

     ある球界関係者が言う。

    「本来、ムネリン(川崎)が日本に戻る場合、古巣のソフトバンクが既定路線だったのですが、今のソフトバンクは選手層が厚く、受け入れる余地がない。
    楽天はその事情も調査したうえで獲得に動くようです」

     川崎は今季、明るい話題が何もなかった楽天の「ゆるキャラ」になる。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150914-00000005-nkgendai-base

    引用元: 今オフ視野に…川崎宗則が楽天のゆるキャラに

    【今オフ視野に…川崎宗則が楽天のゆるキャラに】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2015/04/15(水) 12:25:21.56 ID:oaadotyx0.n
    最下位の古巣を心配も 楽天ペーニャが語る「オリ自由契約」の真相
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150415-00000021-nkgendai-base

    ――昨年のオリックス時代もシーズンを通して好調でした。なのに自由契約になりました。その悔しさは?
    「(真顔になり)本音を言えばオリックスに残りたかった。チーム一丸でリーグ2位になったのだからね。
    いや、あと1勝していれば、リーグ優勝もできた。そう考えれば同じチームでもう一度優勝を目指したいと思うのが普通だ。それが許されなかったわけだから」

    ――条件面でモメたという話もありますが?

    「それは少し違う。昨シーズン終盤にはGMやフロントが『ペーニャはもう要らない』と言っていたようだから。あれだけ頑張って結果を残したのに(フロントに)そう思われたのは本当に残念だ」

    引用元: 【悲報】ペーニャ「オリックスに残りたかった…」

    【【悲報】ペーニャ「オリックスに残りたかった…」】の続きを読む

    このページのトップヘ