狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    アドバイス

     楽天の「足のスペシャリスト」が存在感を発揮し始めた。昨季のイースタン・リーグ盗塁王の島井は、その快足を買われてオフに育成契約から支配下登録選手に“再昇格”。オープン戦で4盗塁を記録すると6年目で初の開幕1軍をつかんだ。しかし、4月14日の西武戦(楽天生命パーク)まで盗塁はゼロ。翌15日に出場選手登録を抹消された。

     2軍では8試合に出場し、打率・400、2盗塁を記録。4月25日のロッテ戦(楽天生命パーク)から再昇格すると、5月26日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)で初盗塁を記録。6月3日のヤクルト戦(楽天生命パーク)でも8回1死一塁から二塁を陥れ、今季3個目の盗塁を成功させるなど、攻撃のオプションとして機能し始めている。

     先輩の一言が島井を変えた。1軍に再昇格してしばらくしたある日、渡辺直から食事に誘われた。そこで「お前ぐらいの能力があれば、どんな投手でも成功するから」と背中を押された。「直人さんの一言で吹っ切れましたね」。平石ヘッドコーチからも「信頼して送り出している。失敗しようと気にするな」と声を掛けられた。投手のクイックモーションや捕手の肩…。いろいろなことを考えすぎていたが、思い切りの良さを取り戻した。

     ただ、これまで3つの盗塁から本塁まで戻ってきたことはない。チーム総得点はパ・リーグ最少の162(5位はオリックスの193)。50メートル走5秒6の足をチームの勝利につなげるためにも、島井は次の塁を狙い続ける。(記者コラム・黒野 有仁)

    【山村宏樹 一発解投】藤平は則本、岸を手本にフォーム安定を

     最下位に沈む楽天だが、4月19日のソフトバンク戦で、先発の藤平が7回2安打無失点で今季初勝利を挙げた。この日は相手打線の調子がいまイチに見えたが、ソフトバンク相手に3タテを阻止したのは大きかった。

     藤平の特徴は、球の出所が見にくい、独特の投球フォームにある。相手打者はタイミングが取りづらく、差し込まれる傾向にある。昨季より球威はあるし、変化球もカウントを整えるレベルの制球力は持っている。

     もちろん、課題もある。藤平は中学時代に走り高跳びで優勝経験があるそうだが、その強靱(きょうじん)な下半身のバネを生かし、パワーにして球に伝えられるような投げ方が完成していない。具体的には、彼は上げた左足をじっくり下ろし、独特のタイミングで体をひねっていくが、そのリズムやタイミング、力の入れ方や抜き方が安定しないときがある。それが時には制球難となるし、球に力がフルに伝わらない一因となる。則本や岸の、力のベクトルがスムーズに前へ向かっていく投げ方と比較すれば一目瞭然だ。当面は、今の投球フォームで投げ込みをやり、リズムやタイミングを体に覚え込ませるべきだろう。両エースを手本に練習を積めば、スピードも球威もさらにアップするはずだ。

     一方、楽天3本柱の一角・美馬が4試合投げて0勝3敗。シュートは指に引っかかり、スライダーは抜けるなど、逆球が多い。腕の振りも小さくなっている。彼は滑り出しが良いと好調を持続できるが、最初につまずくと引きずるタイプ。美馬は24日、出場選手登録を抹消された。リフレッシュして、いい再調整の期間となることを期待したい。(元楽天投手、スポーツコメンテーター)=随時掲載=

    【【山村宏樹 一発解投】藤平は則本、岸を手本にフォーム安定を】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/01/28(日) 10:04:34.01 ID:yeb6s6XW0
     楽天の釜田佳直投手(24)は27日、ヤンキース・田中将大投手(29)の金言を、リリーフ転向に生かしていく考えを明かした。説かれたのは、自分のベストボールを投げることを第一に考えること。キャンプ中に調整法などを含めた自身のスタイルを確立し、新たな“職場”でも結果を残す。

     バランスのいいフォームから、釜田は気持ちよくミットを鳴らした。楽天生命パークの屋内練習場。カーブなど変化球も交えながら、捕手を座らせ、26球のピッチングだった。「順調には来ていると思います。傾斜のあるところで、キャッチボールの延長という感じです」。控えめな表現でも、キャンプ前としては十分な仕上がりを披露した。

     今オフも田中、則本昂大投手(27)らの自主トレに参加。リリーフ転向にあたり、田中からアドバイスももらった。「リリーフをやるという話をして、その中で、『どんな打者がきても、自分のベストボールを投げることをまずは考えてやっていくのが大事だ』と言われました」。先発以上に1球の重みがのしかかり、全球が勝負球になる。「イニングが短いぶん、責任は大きくなる」と表情を引き締めた。

     この金言を念頭に「先発のときはいろんなボールを投げていたけど、自信のあるボールから優先して、一つ二つ、直球も含めて決め手になるボールを考えたい」と語った。先発時代は150キロを超える直球を軸に、スライダー、フォークなどで試合をつくった。この日は、チェンジアップを試すなど、新たなスタイルを模索している。

     ブルペンに連続して入るなど、リリーフとして状態を維持する方法も試行錯誤している。右肩の状態が思わしくなかったため、オフは12月までほとんど投げなかったが、回復も順調だ。キャンプは2軍スタートとなるが「自分のペースで仕上げて、いつでもいけるというところを見せたい」。まずは新たなスタイルを確立し、首脳陣にアピールしていく。(山口 泰史)

    2: 風吹けば狗鷲 2018/01/28(日) 10:05:21.50 ID:yeb6s6XW0

    引用元: 【楽天】釜田、マーの教えで好救援だ「どんな打者にも、自分のベストボール投げろ」

    【【楽天】釜田、マーの教えで好救援だ「どんな打者にも、自分のベストボール投げろ」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/01/19(金) 13:28:51.06 ID:AzfOsU8Y0
    no title


    1月18日、慶大の優勝祝賀会にOBの巨人・高橋監督が出席。楽天に入団したルーキー・岩見(左)は先輩に深々と一礼した

    2: 風吹けば狗鷲 2018/01/19(金) 13:29:08.84 ID:AzfOsU8Y0
     慶大の優勝祝賀会が1月18日、東京都内のホテルで開かれた。昨秋、7季ぶり35度目となる東京六大学リーグ制覇を大学関係者、野球部OB、球界関係者など約600人が祝福した。

     パーティー会場内で「計44本塁打」の2ショットが実現した。

     祝賀会には慶大OBで、東京六大学歴代1位の23本塁打をマークした巨人・高橋由伸監督が出席。昨秋、先輩の記録に挑んだ楽天の新人・岩見雅紀は歴代3位の21本塁打を放ち、神宮の杜を盛り上げた。

     岩見は4年春の開幕時点で9本塁打だったが、春に5本塁打、秋はシーズン最多タイの7本塁打。年間12本塁打のリーグ記録を更新し、驚愕の量産ぶりを見せた。高橋監督は壇上でこんな、エピソードを明かしてくれた。

    「まず、抜かれないだろうと思っていましたが、(途中からは)覚悟しました……」

     そして、こう続けた。

    「私が在籍した時代は、強いチームではなかった。チーム事情で(1年春から4年秋まで)フルイニング出場で積み上げた数字。打席数(高橋=366、岩見=178)からすれば、1年早くレギュラーを取っていれば、とっくに抜かれていたと思う」

     岩見は比叡山高(滋賀)では甲子園出場経験がなく、1年間の浪人を経て慶大へ入学。飛ばすことには長けていたが、確実性に欠けていたため、定位置獲得は3年春と遅咲きだった。

     岩見が「高校時代のことを思えば、よくやったなと思う」と話すのも、本音だろう。

     高橋監督は新人合同自主トレでプロの第1歩を踏んだ後輩・岩見に対して「良いものがあったから、ドラフト2位という評価。やってきたことを信じて、壁にぶつかるまでは、自分の良さを前面に出してほしい」とエールを送った。

     岩見は出席者の前で、1年目のビジョンを堂々と語った。

    「長期的な目標を立てるのは苦手。まずはケガなくキャンプを送り、開幕一軍を目指してオープン戦を戦い、ベンチに入って試合に出場する。一つひとつクリアしていって、最終的には新人王。野球人生で一度しかない機会に挑戦していきたいです」

     岩見はパーティ会場にいた高橋監督の下へ真っ先に向かい、深々と一礼した。東京六大学リーグ91年の歴史で、20本塁打以上を記録した選手は、高橋監督、法大・田淵幸一氏(22本)、早大・岡田彰布氏(20本)、そして、岩見の4人しかいない。右肩をたたいて激励した高橋監督。大学の先輩と後輩、神宮に足跡を残したスラッガー2人にしか分からない“空気感”がそこにはあった。

    文=岡本朋祐 写真=BBM

    3: 風吹けば狗鷲 2018/01/19(金) 13:29:55.35 ID:AzfOsU8Y0

    引用元: 【大学野球】巨人・高橋監督&楽天新人・岩見。「計44本塁打」の2ショット

    【【大学野球】巨人・高橋監督&楽天新人・岩見。「計44本塁打」の2ショット 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/09/06(水) 01:09:26.85 ID:dV8M3dQD0
    https://www.google.co.jp/amp/www.zakzak.co.jp/amp/sports/baseball/20170522/bbl1705221530007-a.htm
    則本「菅野さんから『勝敗や結果は運に左右されることもある。自分でコントロールできない部分が少なからずあるから、そこだけにとらわれる必要はない。自分のできることをしっかりとやり続ければ、見てくれている人はいるよ』
    と言ってもらえて、すごく気持ちが楽になりました。自分のできることだけをブレずにやりつづけるというのは、すごく大事なこと。
    結果で評価されるのがプロの世界ですが、そこに至る過程というか、結果以外の部分を大事にしていきたい」

    凄まじい説得力

    引用元: 菅野が三試合連続HQS敗戦の則本に送った言葉が説得力ありすぎる [net

    【菅野が三試合連続HQS敗戦の則本に送った言葉が説得力ありすぎる】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/03/07(火) 00:13:21.26 ID:bhk04tIB0
    野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が6日に開幕する。
    2大会ぶりの優勝を狙う日本は東京ドームでの1次リーグB組に出場し、7日の初戦でキューバと対戦する。東北楽天からは則本昂大、松井裕樹両投手が出場する。
    代表入りしていた嶋基宏捕手はけがのため、直前になって離脱を余儀なくされた。過去2大会に投手コーチで参加した与田剛投手コーチに大会に臨む心構えなどを聞いた。(佐々木智也)

    FE3569E3-CAFF-4A7F-96A1-FAD90524AFA4-745-000000E032CB891D_tmp

    与田剛(よだ・つよし)現役時代は中日の剛球ストッパーとして活躍し、1990年の新人王と最優秀救援投手に輝いた。2009年と13年のWBC日本代表で投手コーチを務めた。16年から東北楽天の投手コーチ。NHKのスポーツ番組のキャスターとしても活躍した。千葉県出身。51歳。
     

    引用元: 第二回WBC投手コーチ与田さん「守り勝つ野球が第一」 

    【第二回WBC投手コーチ与田さん「守り勝つ野球が第一」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/03/02(木) 09:45:59.19 ID:11/JUwOn0
    no title

    4回を0点に抑えた楽天安楽(撮影・野上伸悟)
     楽天安楽が開幕ローテーション入りに前進した。1日、韓国・ハンファとの練習試合に先発し、4回を2安打無失点。試合直前の降雨で開始が急きょ20分遅れ、調子も万全ではない中での無失点投球に成長を見せた。


     初回は安打や四球を許したが、2回以降は初球にカーブでカウントを稼ぐなど、ストライク先行で主導権を握った。最速147キロながら三振は1つだけだが2回以降は打者10人で3イニングを切り抜けた。「いい調子で投げられることは少ない。悪い調子でも試合をつくりたい」と話した。

     今季ソフトバンクから移籍した細川から、貴重な助言を受けた。西武時代からバッテリーを組んでいた松坂流の修正法。「バランスが悪い時、試合での修正ポイントを持っている。(イニング間の投球練習で)5球のうち3球カーブを投げていたと。僕もカーブはいいフォームで投げられる。4球でも投げたい」。甲子園の新旧怪物が、細川を介してつながった。

     梨田監督からは開幕ローテ入りを期待された。「ゼロで抑えたのは評価できる。ピッチングが大人になった。成長したね」。3年目の20歳が一皮むけ、開花の年となるか。【斎藤直樹】

    引用元: 楽天安楽に松坂の流儀、イニング間にカーブ細川助言

    【楽天安楽に松坂の流儀、イニング間にカーブ細川助言】の続きを読む

    このページのトップヘ