狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    ウィンターリーグ

    1: 風吹けば狗鷲 2018/11/02(金) 19:10:49.13 ID:S3xby2rm0
     今年8月に禁止薬物の陽性反応により、NPBから6カ月の出場停止処分を言い渡された東北楽天ゴールデンイーグルスのジャフェット・アマダー内野手。現在は母国メキシコのウインターリーグに参戦しており、打撃好調を維持しているようだ。現地1日メキシコメディア『プーロ・ベイスボル』が報じている。

     メキシコのウインターリーグは現地10月12日に開幕。アマダーはチャロス・デ・ハリスコの一員として、10月31日までの全16試合にフル出場中だ。31日の試合にも「4番・指名打者(DH)」で先発したアマダーは、1本塁打を含む4打数3安打2打点の活躍でチームの勝利に貢献している。
    そして、ここまで4本塁打、15打点という成績を残しており、この2部門でリーグトップに立っている。

     8月1日のオリックス・バファローズ戦を最後に実戦から離れていたアマダーだが、その分、母国でのプレーに準備はできていたようだ。
    チャロスのライモンド・パディージャSD(スポーツディレクター)はシーズン開幕前に「アマダーをシーズン最初から使えるのは重要なことだ。
    20日間のチーム練習にも参加できるし、それはわれわれにとって素晴らしいこと。きっとチームの力になってくれるだろう」と述べていた。

     また同SDは、アマダーの日本での騒動についても「その件についてはわれわれやチームにとっては関係のないことであり、意見することはできない。彼自身が向き合わねばいけないことだ。
    もし彼が過ちを犯していたとするなら、きちんと責任を持ってくれるだろう。だが、彼のそうした状況がわれわれに影響することはない」とアマダーを全面的にチームに受け入れる姿勢を見せていた。

     8月9日にNPBの処分が確定し、翌10日に自らの潔白をツイッター上で投稿して以来、その更新も滞っており、アマダー自身の声は聞こえてこないが、そのパフォーマンスが好調なのは確かなようだ。処分が解けるのは来年2月。来季の去就はいまだ明らかになっていないが、今は母国メキシコで結果という答えを出し続けるしかなさそうだ。

    引用元: 出場停止の楽天・アマダー、母国メキシコWLで活躍中

    【出場停止の楽天・アマダー、母国メキシコWLで活躍中 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/12/14(木) 06:40:49.23 ID:wrzb2kVSd
    楽天・梨田監督が、メキシコウィンターリーグから8日に途中帰国したオコエに活を入れた。

     滞在は約2週間で出場は1試合のみ。3打数3三振で出場機会をつかむことができず“戦力外”となり「本当はガンガンやらせたかった。侍ジャパンでも実戦に出ていないのでね。ちょっと遅れ気味じゃないかな」と心配。今年のキャンプインでも太り気味だったことを指摘し「能力の高い選手。レギュラーを取るくらいのつもりで」と自覚を求めた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00000065-sph-base

    引用元: 【悲報】オコエさん、梨田監督に意識の低さを嘆かれる

    【【楽天】梨田監督、“戦力外”途中帰国のオコエにカツ】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/12/08(金) 07:30:17.08 ID:RN7kG3py0
    【楽天】オコエ悔し、メキシコ冬季リーグで“戦力外”2年連続途中リタイア
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00000005-sph-base



     メキシコのウィンターリーグに参加している楽天・オコエ瑠偉外野手(20)が8日早朝に帰国することが7日、分かった。

    no title

    【写真】帰国したオコエ

     オコエは11月23日に日本を離れ、メキシコのカニェロス・デ・ロス・モチスに所属。同28日に「1番・中堅」で先発してデビューしたが3打席連続三振に倒れて途中交代し、翌日以降は出場の機会がなかった。同リーグではレギュラー争いが激しく、オコエも「まずはクビにならないようにしたい」と意気込んでいた。試合は12月下旬まで予定されていたが、無念の帰国となった。

     昨年も台湾のウィンターリーグに出場していたが、親知らずが悪化して途中帰国。まさかの2年連続途中リタイアとなった。今季は2月に右手薬指を痛め、4月まで試合に出られなかったこともあり「世界のいろんな野球を見てみたい」と武者修行を直訴。侍ジャパンメンバーとして出場したアジアプロ野球チャンピオンシップ決勝の3日後に出発というハードスケジュールながら「野球を恋人にしたいです」と言い残して日本を離れていた。

    引用元: オコエ戦力外

    【【楽天】オコエ悔し、メキシコ冬季リーグで“戦力外”2年連続途中リタイア】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/11/21(火) 06:09:24.48 ID:7XLBW1WS0
     楽天・オコエ瑠偉外野手(20)が20日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、200万増の1400万円でサインした。
    梨田監督からナイジェリア里帰りとハワイ旅行の自粛令を受けているオコエだが「ハワイには行きません。野球が恋人です」と、23日からメキシコ・ウインターリーグに参加し、年明けは米サンフランシスコで自主トレに励むことを明かした。

     オコエは今季、キャンプ中に右手薬指の剥離骨折が判明し出遅れたが、8月に1軍昇格し存在感を示した。
    「来季は年間を通して1軍にいること」を目標に掲げ、ウインターリーグ参加を志願。サンフランシスコではバリー・ボンズ氏が経営するジムでトレーニングを積む予定で、機会があればボンズ氏と対面する可能性もある。
    「長打力だけでなく走りの面でも生かせる」と強じんな体をつくる。
     海外武者修行で、今オフは野球漬けの日々を送るオコエ。「ハワイの上空は通過するかもしれませんが」と笑いを誘ったが、進化の3年目に向け、その目は真剣だった。
    https://www.daily.co.jp/baseball/2017/11/21/0010750818.shtml

    引用元: 楽天・オコエ、今年は野球漬け!「ハワイには行きません」

    【楽天・オコエ、今年は野球漬け!「ハワイには行きません」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/11/04(土) 07:30:39.81 ID:CAP_USER9
    楽天のオコエ瑠偉外野手(20)が3日、オフの海外武者修行を明かした。
    侍ジャパンの一員として「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」(16~19日、東京D)に参加後、
    メキシコのウィンターリーグに参加予定。さらに年明けには、米サンディエゴで自主トレを行う予定だ。

    勝負の3年目へ、野球漬けのオフを送る。昨年、森が派遣されたメキシコのウィンターリーグへの参加を自ら希望。
    詳細は未定だが12月中旬まで、現地で実戦に参加する見込みだ。
    「違う野球を見てみたいというのもあった。ちゃんとした結果を出すまで、1年中、野球やります」と強い決意を語った。

    自主トレも、球団から紹介された米サンディエゴの施設で行うことを検討中。
    メキシコへ渡る前に、現地でジムを視察する予定だ。
    「フォームも変えなきゃいけないと思ってるし、もっと上を目指したい」。休むことなく、レベルアップを目指していく。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171104-00000019-sph-base
    11/4(土) 7:22配信

    no title


    引用元: 【野球】楽天 オコエ、オフは海外武者修行!メキシコ冬季リーグ&米自主トレ

    【【野球】楽天 オコエ、オフは海外武者修行!メキシコ冬季リーグ&米自主トレ 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2016/11/04(金) 17:18:20.69 ID:CBFC8/P30
    no title


     【球界ここだけの話】

     楽天の左腕、森雄大投手(22)が、メキシコに野球留学することになった。7日に渡航、カニェロスに所属し、12月中旬までウインターリーグに参加する。

     「自分の力を試したいです。新しいものを見つけたいです。いまは不安よりもワクワク感の方が強くて、早く投げたい気持ちです」

     2013年に東福岡高からドラフト1位で入団した。今季は1軍での登板機会はなし。2軍では左肩付近の血行障害などに悩まされ、9試合の登板にとどまり、3勝3敗、防御率3・93だった。

     13年入団といえば、日本ハム・大谷、阪神では藤浪と北條、広島・鈴木、ロッテ・田村らが次々とブレーク。ライバルたちの活躍を映像で見るたびに、森は焦りを感じてきた。

     「同期には負けたくないから、メキシコで殻を破りたいです。(同期が活躍する中で)1軍にいられない悔しさがありました」

     入団から大器と評された左腕。球団からの期待値は高いが、伸び悩んでいる。与田投手コーチは「制球力やクイックのスピードなど課題はいくつもあるが、勝つという意識が足りない」と精神面の弱さを指摘した。

     実は、与田コーチも1996年夏に米マイナー、2Aメンフィス(当時)に野球留学。その頃の経験を振り返り
    「選手が使っている野球道具にしても、着ている服や日常の食事、乗っている車だったり。それらと比べると、はるかに日本の2軍の方が恵まれた環境にある。ハングリー精神も吸収し、これでダメなら野球をやめる覚悟で臨んでほしい」と付け加えた。

     梨田監督も期待を寄せる。「ドラフト1位で入団して伸び悩んでいる。いい球は持っているのに、継続して投げられない。いろいろな面で挑戦して、ひと皮でも、ふた皮でもむけて帰ってきてほしい」とエールを送った。

     森は「チェンジアップを決め球に使えるように精度を上げる。直球と変化球も、コースを狙うのではなく大きく強く投げたいです」と意気込む。
    いざ、メキシコへ-。文化の違いや言葉の壁を乗り越え、5年目のシーズンへつなげてもらいたい。(広岡浩二)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161104-00000520-sanspo-base

    引用元: 楽天の左腕・森、メキシコ修行決定 同期の大谷、藤浪、鈴木には負けられない! 

    【楽天の左腕・森、メキシコ修行決定 同期の大谷、藤浪、鈴木には負けられない!】の続きを読む

    このページのトップヘ