狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    エラー

    1: 風吹けば狗鷲 2019/07/27(土) 20:49:31.91 ID:Z/H96Zp9a

    VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:: EXT was configured

    引用元: 【平石】絶滅【芋三失策】

    【【平石】絶滅【芋三失策】 】の続きを読む

    20180912s00001173401000p_view

    5回1死一、二塁、グラシアルに適時打を打たれ楽天・辛島はがっくり(撮影・篠原岳夫)

     ◇パ・リーグ 楽天―ソフトバンク(2018年9月12日 楽天生命パーク)

     今季124試合目で楽天のシーズン負け越しが決定した。ソフトバンクに13得点を許して3連敗。1年目の西巻、昨年7月に育成契約から支配下登録に昇格した八百板ら若手を積極的に先発起用したが、結果にはつながらなかった。

     生え抜きの大砲として成長が期待されている5年目の内田は、4回無死満塁で先発3試合振りの打点となる中犠飛を放ったが、三塁の守備では先頭打者を失策で出塁させ、「1アウト取るのに投手は必死なのに簡単にエラーして申し訳ない」と反省。守備には定評のあるルーキーの山崎も途中出場で失策を記録。経験を積ませるための起用だが、平石監督代行は「ここは1軍なので何でも失敗をしていいわけではない」と猛省を促した。

    【楽天】ポロリで決勝点献上したオコエ「「ケガしてでもいくくらい行かなければ」猛省

    ◆楽天0―1ロッテ(26日・楽天生命パーク)

     楽天はオコエ瑠偉外野手(20)の失策が最後まで響いて4連敗。今季ワーストの借金10となった。

     この試合、唯一の得点となったのが3回2死一塁だった。ロッテ・井上の打球は力無く左中間に上がったが、左翼手・島井と中堅手・オコエの連携がうまくいかずに落下地点にともに入れず、オコエのグラブをかすめてボールは落ち、1点が入った。オコエは「ケガしてでもいくくらい、行かなければと思う」と猛省し、島井も「声がかぶったら、基本はセンターが、という話はしていた。もう少し判断すべきだった」とうなだれた。

     打線も涌井の前に2安打完封負けと沈黙。辛島、ハーマン、松井の力投もむなしく、失策で失った1点が決勝点となった。梨田監督は「ケガをしてでも捕るくらいのつもりじゃないと。あれが決勝点では少しさみしい。ぶつかってでも捕る執念が欲しい」と厳しい言葉を並べていた。

    【【楽天】ポロリで決勝点献上したオコエ「「ケガしてでもいくくらい行かなければ」猛省】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/04/20(木) 13:22:04.55 ID:Za5EiE5Q0
    楽天は守備のミスが痛かった。八回1死二、三塁で、浅村の打球は中堅方向への浅いフライ。これを遊撃の茂木は「追い過ぎてしまった」。
    背走して捕球を試み、グラブで弾いて落球した。記録は安打となったが1点を失い、2死後、今度はウィーラーがゴロの処理をもたつき追い付かれた。

     一回に今季2本目の先頭打者本塁打、二回に適時打とバットで活躍した茂木だが、「ショートは打てるより守れる人が出たほうがいい。もっと練習しないといけない」。反省しきりだった。
    no title

    引用元: 茂木「ショートは打てる人より守れる人を出した方がいい」 

    【茂木「ショートは打てる人より守れる人を出した方がいい」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/03/08(水) 16:02:16.76 ID:l3y9yaEc0
    バァン



     「オープン戦、楽天4-4ヤクルト」(8日、倉敷マスカットスタジアム)

     楽天は先発・釜田が5回3安打無失点と順調な仕上がりぶり。打線は1番・茂木が初回に右中間三塁打で出るなど3打数2安打と元気。3番・銀次は2打点。

     ヤクルトは先発・山中が5回1安打無失点と安定感を見せた。2番手・菊沢は1回3安打3失点とつかまった。

    引用元: 楽天バァン 

    【楽天バァン】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/02/11(土) 13:24:55.23 ID:geEk95ZE0
    凄い

    13: 風吹けば狗鷲 2017/02/11(土) 13:27:25.05 ID:J+RBTtih0
    no title

    引用元: 茂木栄五郎ランニングホームランwwwwwwwwwwww 

    【茂木栄五郎ランニングスリーベースエラーホームランwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ