狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    エース

     波に乗れないチームの中で、きっちり結果を残してきた。FA移籍2年目の岸孝之は、らしい投球で勝ち星を積み上げている。5月28日の時点で、8試合に先発して4勝1敗。防御率1.65はリーグ2位の成績だ。不振の打線から援護が生まれないゲームでも、キレ味抜群の直球を軸に、試合をつくる好投を続けている。

     最高の投球を見せたのは、5月2日の日本ハム戦(札幌ドーム)だった。ルーキー・清宮のデビュー戦として注目された一戦。初回に1点の援護をもらうと、最後までそのリードを守った。3安打での移籍初完封に「ホッとした。勝ててよかった」。清宮にはプロ初打席初安打となる中越え二塁打を浴びたが、その後は2打席連続三振。「ものすごい打球が上を飛んでいったので、次からはしっかり気をつけて投げました」とうなずいた。

     最高の準備でシーズンを迎えた。ルールの緩和にともない、取り組んできたのは二段モーション。東北学院大の途中までは二段モーションだっただけに「タイミングが合いやすい」と、原点回帰のフォーム変更だった。キャンプ中、2月9日には「ここまで投げたのは記憶にない」という273球の投げ込みも敢行。オープン戦最終登板となった3月25日の巨人戦(東京ドーム)では、6回完全と完璧な投球でシーズンへ弾みをつけた。

     苦しい戦いが続くチームで、4勝はいずれも連敗ストップ。「チームが勝てば何でもいい」と話す右腕の投球が、大型連敗への転落をギリギリで回避させている。

    1: 風吹けば狗鷲 2018/05/27(日) 09:40:28.63 ID:gb9DW5dZ
    1年目
    27試合 170.0回(4位) 15勝08敗 防御率3.34(7位) 135奪三振(6位) WAR3.5(?位) 2807球 FIP3.41 被BABIP.267 

    2年目
    30試合 202.2回(1位) 14勝10敗 防御率3.02(4位) 204奪三振(1位) WAR6.0(3位) 3221球 FIP2.43 被BABIP.320 

    3年目
    28試合 194.2回(1位) 10勝11敗 防御率2.91(3位) 215奪三振(1位) WAR5.9(2位) 3296球 FIP2.40 被BABIP.327 

    4年目
    28試合 195.0回(1位) 11勝11敗 防御率2.91(4位) 216奪三振(1位) WAR6.6(1位) 3384球 FIP2.45 被BABIP.348 

    5年目
    25試合 185.2回(2位) 15勝07敗 防御率2.57(2位) 222奪三振(1位) WAR7.5(1位) 2916球 FIP2.38 被BABIP.311

    6年目
    09試合 064.1回(1位) 04勝04敗 防御率3.77(15位) 071奪三振(1位) WAR1.8(5位) 1089球 FIP3.01 被BABIP.324

    2: 風吹けば狗鷲 2018/05/27(日) 09:40:47.51 ID:gb9DW5dZ
    最多奪三振 (2014-2017) 

    新人王(2013) 
    新人で15勝(2013.松坂大輔以来14年ぶり) 

    1000投球回(2018.21世紀以降最速)
    1000奪三振(2018.史上5番目のスピード)

    セ・パ交流戦1シーズン完封勝利数記録(2014.史上初) 
    準完全試合(2014.44人目)
    出場野手全員から奪三振(2014.16人目) 
    連続試合2桁奪三振(2017.史上初) 

    新人から4年連続開幕投手(2013-2016.2リーグ制史上初) 

    4年連続200奪三振(2014-2017.野茂以来24年ぶり.4人目)
    4年連続最多奪三振(2014-2017.野茂以来24年ぶり.9人目) 

    新人から5年連続2桁勝利(2013-2017.球団記録) 
    シーズン7完封(2014.球団記録) 

    5年間で65勝(則本プロ入り以降のNPBで最多) 
    4年連続パリーグ防御率トップ5入り
    平成生まれ最多勝 

    不調.負傷での登録抹消なし 
    ※怪我の手当のため一時マウンド降板なしの記録は前回登板で途切れる

    引用元: 則本昂大(6年目実働5.2年)・147試合・1012.1回・69勝・51敗・1050奪三振・16713球・WAR31.3

    【則本昂大(6年目実働5.2年)・147試合・1012.1回・69勝・51敗・1050奪三振・16713球・WAR31.3 】の続きを読む

    ソフトバンク4―3楽天(26日、福岡ヤフオクドーム)

     楽天・則本昂大投手(27)が今季最多12三振を奪うなど125球の力投で8回完投も、9安打4失点と粘れずに4敗目を喫した。

     「(状態は)悪くなかったのでもったいなかった」と則本。球数が120球を超えた8回2死から松田に対して今季最速となる156キロの直球を投げ込むなど、140キロ前後のスライダーもおもしろいように決まり三振の山を築いた。だが、打線が同点に追いついた直後の8回に先頭の柳田にソロ本塁打を被弾。内角高めのスライダーで詰まらせながらも、バックスクリーンに運ばれ「詰まってはいたけど、高かったので運ばれたと思う」と猛省した。

     梨田監督も「いいピッチングをしたけどね。状態はよかったと思う。そういうときに勝たせてあげられなくて残念」とエースをかばった。佐藤投手コーチも「(柳田の本塁打は)ちょっと高めにいたけどね。普通の打者ならファウルになる。(則本を)責めることは出来ないでしょう」と敵軍の主砲のパワーに脱帽していた。

    1: 風吹けば狗鷲 2018/05/19(土) 21:29:49.48 ID:qhP5NaNo0
    1年目
    27試合 170.0回 15勝08敗 防御率3.34 135奪三振 WAR3.5 2807球 FIP3.41 被BABIP.267 

    2年目
    30試合 202.2回 14勝10敗 防御率3.02 204奪三振 WAR6.0 3221球 FIP2.43 被BABIP.320 

    3年目
    28試合 194.2回 10勝11敗 防御率2.91 215奪三振 WAR5.9 3296球 FIP2.40 被BABIP.327 

    4年目
    28試合 195.0回 11勝11敗 防御率2.91 216奪三振 WAR6.6 3384球 FIP2.45 被BABIP.348 

    5年目
    25試合 185.2回 15勝07敗 防御率2.57 222奪三振 WAR7.5 2916球 FIP2.38 被BABIP.311

    6年目
    08試合 056.1回 04勝03敗 防御率3.67 059奪三振 WAR1.6 0964球 FIP3.27 被BABIP.318


    no title

    2: 風吹けば狗鷲 2018/05/19(土) 21:30:09.88 ID:qhP5NaNo0
    最多奪三振 (2014-2017) 

    新人王(2013) 
    新人で15勝(2013.松坂大輔以来14年ぶり) 

    1000投球回(2018.21世紀以降最速)
    1000奪三振(2018.史上5番目のスピード)

    セ・パ交流戦1シーズン完封勝利数記録(2014.史上初) 
    準完全試合(2014.44人目)
    出場野手全員から奪三振(2014.16人目) 
    連続試合2桁奪三振(2017.史上初) 

    新人から4年連続開幕投手(2013-2016.2リーグ制史上初) 

    4年連続200奪三振(2014-2017.野茂以来24年ぶり.4人目)
    4年連続最多奪三振(2014-2017.野茂以来24年ぶり.9人目) 

    新人から5年連続2桁勝利(2013-2017.球団記録) 
    シーズン7完封(2014.球団記録) 

    5年間で65勝(則本プロ入り以降のNPBで最多) 
    4年連続パリーグ防御率トップ5入り
    平成生まれ最多勝 

    不調.負傷での登録抹消なし 
    ※怪我の手当のため一時マウンド降板なしの記録は前回登板で途切れる

    引用元: 則本昂大(6年目実働5.2年)・146試合・1004.1回・69勝・50敗・1050奪三振・16588球・WAR31.1

    【則本昂大(6年目実働5.2年)・146試合・1004.1回・69勝・50敗・1050奪三振・16588球・WAR31.1 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/05/17(木)17:44:59 ID:lmA
    4/10…2連敗で岸が勝ち止める
    5/2…7連敗で岸が勝ち止める
    5/8…4連敗で岸が勝ち止める

    5/17…2連敗で岸が6回3失点と粘り、チームはサヨナラ勝ちで止まる

    引用元: 【朗報】岸孝之さん、また楽天の連敗を止める

    【【朗報】岸孝之さん、また楽天の連敗を止める】の続きを読む

     楽天・岸孝之投手(33)が14日、連続無失点イニングのさらなる更新を誓った。現在、4月25日・ロッテ戦の四回から20イニング連続無失点を継続中。17日のソフトバンク戦(楽天生命パーク)に先発予定の右腕は、全力で「0」を刻み続けていく。

    【写真】死球にブチギレ…右ストレートさく裂で出場停止10日間の厳罰

     無失点の重みを改めて実感する試合があった。8、9日の西武-ソフトバンク戦。首位独走を支える西武の超強力打線を相手に、鷹投手陣が2戦連続完封。

     「あれを見て、やっぱり先発投手だなと思った。どんなにすごい打線でも、0点に抑えれば勝つ。改めてそう思いました」。原点を見た気がしたという右腕は「そんなにうまくはいかないとは思いますけど、0点に抑えていきたい」と自身のマウンドに思いをはせた。

     この日は楽天生命パークでの先発投手陣の練習に参加し、キャッチボール、遠投などで汗を流した。現在両リーグトップの防御率1・60を誇り、チームも4連勝中。則本と並ぶダブルエースの一角が、5月反攻に突き進むチームをけん引する。

    【楽天・岸“ゼロ行進”継続宣言 20イニング連続無失点中 5月反攻けん引する】の続きを読む

    このページのトップヘ