狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    エール

    1: 風吹けば狗鷲 2018/03/27(火) 23:40:09.73 ID:/BgMG32d0
    no title

    ファンを集めた楽天の決起集会に飛び入り参加したファンキー加藤(撮影・千葉修宏)
     楽天が27日、楽天生命パーク内イーグルスドームにファンを集めて「決起集会」を開催した。午後7時から行われた“野手の部”の冒頭で、歌手のファンキー加藤(39)が飛び入り参加した。


     まず渡辺直、今江、藤田、嶋、岡島の5人が登場。その後、司会役の立花社長が「今日はスペシャルなゲストをもう1名、呼んでいます。マジでびっくりするよ」と話すと「すいません、選手のみなさんが主役であるべきなのに、この形の登場はダメですね」と恐縮しながら加藤が現れた。

     「今日はたまたま自分のアルバムの仙台プロモーションで」とサードアルバム「今日の詩」を紹介した加藤は、立花社長の“むちゃぶり”で渡辺直と今江をインタビューした。

     その後「4月14日にがんばろう東北デーでまた(楽天に)お世話になるんです。試合後にライブをさせてもらいます。今年で4年目なんですけど、僕が始球式をしたり、ライブをする日には3年連続負けているんです。すごく微妙な空気の中、ライブをすることになるので、今年はぜひ勝っていただきたい」とエールを送った。

    引用元: 楽天に「ぜひ勝って」ファンキー加藤が切実お願い

    【楽天に「ぜひ勝って」ファンキー加藤が切実お願い 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/03/12(月) 13:01:24.80 ID:MQKO8vd/0
    no title

     復活をかける盟友のマウンドに、密かに胸を熱くした人がいた。4日、ナゴヤドームでのオープン戦に登板した中日・松坂大輔投手(37)を、敵ベンチから見つめた楽天・平石洋介ヘッドコーチ兼打撃コーチ(37)だ。

     同コーチは言わずと知れた「松坂世代」の1人。PL学園時代はキャプテンを務め、98年夏の甲子園で松坂を擁した横浜高と延長十七回の死闘を繰り広げたのは、あまりに有名だ。
    大熱戦の末に怪物の前に敗れたが、今なお、球史に残る伝説の一戦として語り継がれている。名門PLの主将だった平石ヘッドにとって、松坂はいわば宿敵であり、永遠の盟友でもある。

     登板前日の3日にはは、メールのやり取りも交わした2人。試合後、同ヘッドは端正なマスクを崩し声を弾ませた。「めちゃくちゃうれしかったです。大輔がああやって投げているのは」-。

    引用元: 復活かける中日・松坂に「松坂世代」の盟友がエール 楽天・平石「ずっと頑張って」

    【復活かける中日・松坂に「松坂世代」の盟友がエール 楽天・平石「ずっと頑張って」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/02/03(土) 15:44:34.66 ID:zO8uo9wc0
    no title

    引用元: オコエ、キヨシとツーショット.ww.ww.ww.ww.ww.ww

    【オコエ、キヨシとツーショット.ww.ww.ww.ww.ww.ww 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/07/29(土) 22:26:21.76 ID:QdjliFvN0NIKU
     第99回全国高校野球選手権に中京大学附属中京高校(愛知県)の出場が決定したことを受け、同校OBの楽天・嶋基宏捕手が「甲子園出場おめでとうございます」と、母校出場を喜んだ。


     3年の選抜大会でに出場したが、夏は出場が叶わなかった嶋は「仲間と共に積み重ねてきた練習の成果を甲子園でも発揮して、全国制覇目指して頑張って下さい。本当におめでとうございます」と、後輩たちに勝利を託した。

    2: 風吹けば狗鷲 2017/07/29(土) 22:26:52.99 ID:QdjliFvN0NIKU

    引用元: 【高校野球】中京大中京の甲子園出場をOB楽天・嶋が祝福「全国制覇目指して頑張って」 

    【【高校野球】中京大中京の甲子園出場をOB楽天・嶋が祝福「全国制覇目指して頑張って」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/03/30(木) 22:04:57.51 ID:gAD+h6Tvd
    楽天の今季開幕戦となる31日のオリックス戦(京セラドーム)で先発する美馬学投手(30)が28日、Koboパーク宮城で練習を行い、
    大相撲春場所で2場所連続優勝した旧友の横綱・稀勢の里(30=田子ノ浦部屋)から「一緒にフィーバーしよう」と、激励を受けたことを明かした。
    左肩付近の負傷を押して強行出場した新横綱に刺激を受け、自身初めての大役に臨む。

    開幕投手に指名されてから一夜明け、美馬は楽天の本拠・Koboパーク宮城で約2時間、キャッチボールやランニングなどで軽快に汗を流した。
    大一番まであと3日。「開幕投手というのはなかなかできることじゃない。その舞台に立てる幸せを感じて投げたい」と口にした。
    岸がインフルエンザB型を発症して急きょ回ってきた出番だが、既に気持ちは切り替わっている。

    旧友から強い刺激を受けた。同じ茨城県出身で藤代中時代に試合で投げ合ったこともある、当時、長山中のエースで4番だった稀勢の里が、横綱となって初めて迎えた春場所で優勝した。
    しかも13日目に左肩付近を負傷したが、テーピングを施して、その後も強行出場。千秋楽では本割と優勝決定戦に勝って、頂点を極めた。
    「本当に感動しました。(左肩が)あの状態だったので、出るだけだと思っていたら、1回どころか2回も勝って優勝した。勇気をもらいました」。
    現在でも親交があり、定期的に食事をともにする友人の雄姿に心が震えた。

    その後、無料通信アプリ「LINE」で祝福メールも送った。同時に開幕投手を務めることも報告した。横綱からは「一緒に盛り上げよう。一緒にフィーバーしよう」と返信があった。
    稀勢の里は中学3年時、茨城の野球の名門・常総学院や美馬が進学した藤代から誘いがあったが、相撲の道に進むことを選択し、卒業後、鳴戸部屋に入門した。
    最後に対戦したときには「俺は相撲をやるから野球を頑張って」と声を掛けてくれた。
    その良きライバルからの「フィーバー」への誘い。競技は違えど、背中を押された。自身も優勝した新横綱にあやかり、初の大役を白星で飾る。

    岸からも電話で「本当にごめん」と謝罪を受けた。当初、先発予定だった4月1日の第2戦からの「逆スライド」。25日の中日とのオープン戦(ナゴヤドーム)から中5日での登板となったが
    「しっかり疲れを取ることを意識したい」と話した。一番悔しい思いをしているのは岸自身であることも自覚している。
    横綱からのエール。そして、先輩の思い。全てを胸に留めて、29日、決戦の地・大阪に入る。 (黒野 有仁)

    ▽フィーバー(fever)英語で極度に興奮すること、熱狂することを意味する。78年日本公開のジョン・トラボルタ主演映画「サタデー・ナイト・フィーバー」の影響を受け、ディスコなどでダンスを踊って熱狂。
    「フィーバーする」という言葉が生まれた。パチンコで大当たりすることも「フィーバー」という言葉が使われるようになった。
    http://m.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/03/29/kiji/20170329s00001173143000c.html
    no title

    引用元: 【朗報】楽天・美馬、稀勢の里からエール「一緒にフィーバーしよう」

    【【朗報】楽天・美馬、稀勢の里からエール「一緒にフィーバーしよう」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/03/13(月) 15:41:26.39 ID:nDzJM3Fjd
    【フロリダ州タンパ12日(日本時間13日)発】ヤンキースの田中将大投手(28)がまたも貫禄の投球だ。11日(同12日)、オープン戦3度目の登板となるタイガース戦に先発、
    WBCに出場した主砲カブレラらを欠いた格下のメンバーとはいえ先頭から6者連続三振を奪うなど4回を無安打無失点、
    7三振無四球で勝利投手となった。打者12人に45球投げ、最速は145キロだった。これで先発3試合、9イニングをいまだ無失点と好調をキープしている。

     初回、先頭ゴースを内角ボールからストライクに切れ込むフロントドアのツーシームで見逃し三振。キレ、変化の良さを察知した田中はツーシームを軸にした配球へシフト。
    フォーシームは1、2球で、気が付けば6者連続三振を奪っていた。

     マウンドで淡々としていた田中が「理想だった」というのが3回だ。3人に2球ずつ、わずか6球で料理した。4回も危なげなく三者凡退とし、お役御免となった。

     ロスチャイルド投手コーチは「順調に仕上がっている。ツーシームの動きも良かったし、制球も良かったから他の変化球がより生きた。
    どういうときに(ツーシームを)使えばいいかをわかっているね」と目を細めた。次回登板については明言を避けたが、中5日で17日(同18日)の敵地タイガース戦を示唆した。

     練習前、クラブハウス内のテレビでWBCの侍ジャパン―オランダ戦を観戦。後輩の則本(楽天)が9回に同点に追い付かれたが
    「あれだけの場面だし、もちろんすぐ(気持ちを)切り替えるのは難しいかもしれないですけど、
    それを乗り越えてこの大会中やり返してくれると思うので、それは期待してます」とエールを送った。

     13日(同14日)は試合がないため、待望のオフ。休養して次回へ臨む。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00000008-tospoweb-base

    引用元: 【朗報】田中マー「則本はやり返してくれる」 

    【【朗報】田中マー「則本はやり返してくれる」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/01/29(日) 14:22:44.68 ID:KjEfLX8s0NIKU
    no title

    自主トレでノックを受ける西武・渡辺=17日

    no title

    西武のファン感謝イベントで、ファンとタッチを交わす岸。渡辺の言葉に促され、参加を決めた
    拡大写真
     本格的な球春が近づくと、今季も健在か気になるベテラン選手が何人かいる。かつての東北楽天を支えた功労者ならなおのこと。新人の2007年から正遊撃手として4季活躍し、09年に初のクライマックスシリーズ進出に貢献した渡辺直人内野手(西武)は、今年37歳になる。

    <衰え知らぬ意欲>
     プロ11年目の渡辺は22日まで、千葉県館山市で自主トレーニングをした。東北楽天で同僚だった井野卓捕手(ヤクルト)らと一緒。走り込みで両脚が張っていても、内野ノックでは機敏な動きを見せた。「まだまだ守れるでしょ」
     10年12月にチーム事情から金銭トレードで横浜(現DeNA)に移った。11年、二塁手に定着して当時のKスタ宮城であったオールスター戦に出場した。
    13年途中に西武に移籍した後はベンチを温めることが増えたが、内野全てを守れる器用さと、状況に応じた巧打にベテランの味がある。昨季も70試合出場ながら打率3割9厘を記録した。「最低、昨年並みの働きはしたい」と意欲は衰えない。
     東北楽天の若手のリーダー格だった渡辺の電撃的な移籍が決まった際、新選手会長の嶋ら3選手が契約更改後の記者会見で泣いて別れを惜しんだ。記憶に刻まれているファンは多いだろう。
     西武から東北楽天にフリーエージェント(FA)移籍を決めた岸は昨年11月23日、西武プリンスドームであったファン感謝イベントに出て、ファンにお礼の言葉を述べた。退団することで批判にさらされることも覚悟していた。もともと参加する考えだったが、気持ちに踏ん切りがつかない部分もあった。背中を押したのが渡辺だった。

    <6年前の心残り>
     イベントの半月前、渡辺が親しくしていた岸と本拠地周辺のロードワークに出ると、「移籍を決めました」と明かされた。FA交渉直前で渡辺が慰留できる余地はなかったが、岸から相談された。
     「退団する自分が(感謝イベントに)参加していいのでしょうか」
     「いなくなるのは俺だってさみしいが、お前が決めたこと。それならば、世話になった方々やファンにはきちんと感謝をしなくてはいけないよ」
     渡辺は諭した。6年前、突然の移籍で周囲に十分にあいさつする余裕がなかった時の心残りが頭をよぎったのだろう。この言葉に促され、岸は行事に出てファンに別れを告げ、温かく送り出された。
     それから2カ月が過ぎた。館山市の渡辺の練習場所に、近くで自主トレ中の岸が訪れた。新年のあいさつを済ませた後、渡辺は「やっぱりさみしいな。難敵ができちゃった」と苦笑い。「でも勝負どころではしっかり打つ」と再び練習に励んだ。(金野正之)

    2: 風吹けば狗鷲 2017/01/29(日) 14:23:27.59 ID:KjEfLX8s0NIKU

    引用元: <E番ノート>西武渡辺 移籍の岸の背中押す

    【<E番ノート>西武渡辺 移籍の岸の背中を押す】の続きを読む

    このページのトップヘ