狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    オコエ瑠偉

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/09(金) 22:50:20.02 ID:zmg92ura0.net
    熊原熊原と見せかけて平沢1位はこれが狙いやろ

    引用元: 楽天2位でオコエ狙い説

    【楽天2位でオコエ狙い説】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/08(木) 07:07:25.83 ID:JjwgnMIE0.net
    楽天、仙台育英・平沢を1位指名へ 星野副会長明言「決まっとる」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151008-00000015-spnannex-base

    天が今月22日に行われるドラフト会議で、仙台育英の平沢大河内野手(3年)を1位指名する方針を固めた。星野仙一球団副会長(68)が7日、仙台市内で取材に応じ「アタマ(1位)は決まっとる。平沢や」と明言した。

    【写真】六大学をスタンドで視察する楽天の星野副会長

     楽天は例年ドラフト会議直前まで1位指名選手の絞り込みを行わず、約2週間前に1位を確定するのは極めて異例。阪神や巨人も平沢を上位候補に挙げている中、チーム編成の全権を握る星野副会長は正遊撃手の育成が最重要課題と判断した。

     今季から松井稼が外野手に転向。期待された6年目の西田が度重なるケガもあり伸び悩み、遊撃はレギュラー不在の状況だ。平沢は今夏の甲子園で3本塁打をマークするなど走攻守三拍子そろった逸材。星野副会長は8月26日に甲子園で行われた高校日本代表―大学日本代表戦で直接視察して実力を確認済み。仙台大・熊原ら即戦力投手も候補に挙がる中、平沢に絞り込んだ。

     楽天の昨年まで過去11年間の1位指名選手は全て投手で、野手の1位指名となれば初。平沢は地元・宮城県出身で話題性も十分。入団が実現すれば「ポスト稼頭央」として育て上げる。


    1位平沢2位オコエ狙ってるやろこれ

    引用元: 【悲報】楽天1位平沢決定 2位オコエで両獲り

    【楽天1位平沢決定 2位はオコエあるかも】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 11:05:13.23 ID:HCcNVwBg0.net
    1位でオコエor平沢指名→あっ大丈夫っす…

    なぜなのか

    引用元: 2位でオコエor平沢指名→きたあああああああああ

    【2位でオコエor平沢指名→きたあああああああああ】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2015/09/21(月) 19:46:33.44 ID:9RX3X1lK0.n
    no title

    引用元: オコエを12球団のユニフォームに合成した結果wwwwww

    【オコエを12球団のユニフォームに合成した結果wwwwww】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2015/09/08(火) 07:09:35.21 ID:ilwjmXVn0.n
    虎 高橋純平(県岐阜商)
    燕 高橋純平(県岐阜商)
    巨 小笠原慎之介(東海大相模)
    広 高橋純平(県岐阜商)
    横 今永(駒大)
    中 岡田(大商大)
    鷹 今永(駒大)
    公 高橋純平(県岐阜商)
    西 多和田(富士大)
    鴎 小笠原慎之介(東海大相模)
    楽 平沢(仙台育英)
    檻 小笠原慎之介(東海大相模)

    引用元: 今年のドラフト1位指名予想wwwww

    【今年のドラフト1位指名予想wwwww】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2015/09/07(月) 22:15:50.22 ID:9WZ8Oj5g0.n
    野球のU-18W杯高校日本代表の解団式を終え、笑顔で肩を組む清宮幸太郎(左)とオコエ瑠偉=7日午前、大阪市(高橋朋彦撮影)
    no title


    とても高校生には見えない

    引用元: オコエと清宮のツーショットwwwwwwwwwww

    【オコエと清宮のツーショットwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2015/09/07(月) 21:42:05.98 ID:L/JZ6F9wM.n
    no title

    引用元: U-18W杯日本代表解団式の集合写真をご覧ください

    【U-18W杯日本代表解団式の集合写真をご覧ください】の続きを読む

    このページのトップヘ