狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    オファー

    1: 風吹けば狗鷲 2019/02/08(金) 15:42:27.38 ID:VEMG/12wd

    20190208-00475032-nksports-000-2-view
    昨季までメキシコでプレーし、3日から楽天のトライアウトを受けているルイス・ヒメネス内野手(31)について、石井一久GM(45)が育成契約でオファーする意向を示した。

    8日までとしていたトライアウトの期間が終了。石井GMは「いろんな人にも見てもらって、守備もしっかりしているし、現状投手のできあがりが早い中でバットコンタクトもそこそこいい。今度は実戦で見たい」と堅実な三塁守備やシュアな打撃を評価する。

    「(本人が育成契約を受け入れるかは)ネゴシエーションが必要になる」と前置きした上で「いきなり支配下にはしないと思う。3月までの実戦で多く見て、次のステップをどういうものにするか。そのままシーズンに向けて入ってもらうか、もう1人(別の)バックアップを探すが、そこで決めたい」とした。

    引用元: 楽天石井GM、テスト生ヒメネスに育成契約オファー

    【楽天石井GM、テスト生ヒメネスに育成契約オファー 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/02/04(月) 14:28:46.81 ID:BALY802w0
    BC5B1D36-F8B0-48BA-9F42-84CFF0FAEC6D

    楽天からの監督解任発表を受け、会見を行った田尾安志(2005年)
     
    中日新聞文化部で丁寧な仕事をこなしている中村陽子というデスクがいる。企画するテーマが秀抜で知る人ぞ知る逸材である。小学2年生の時にナゴヤ球場のある尾頭橋に住んでいたという彼女が話してくれた思い出がある。場所柄、同級生と中日ドラゴンズの選手の入り待ちをするのが流行っていた。
    ある日、学校帰りに友人のあかねちゃんと外で待っていると、球場に入ろうとする田尾安志選手が車から降りて来た。子どもだけで駆け寄るせいか、だいたいの選手に邪険にされることはなかったが、田尾に握手をお願いすると、とびきり優しく目を見て快く両手を握ってくれた。
    背番号2を見送りながら、嬉しくて友だちと「もう、手を洗えないね!」と喜び合っていたら、30mほど先からくるりと振り返って「手は洗わなきゃだめだよ~」と爽やかに声をかけてくれた。

     小さき者に対する優しさ、ということが伝わる話だ。一方でその甘い風貌からはイメージしづらいが、強い者、権力を持つ者に対しては田尾ほどの硬骨漢もいない。

     闘将と呼ばれるある指揮官と田尾が新幹線で乗り合わせた時にこれを目撃したという人物から聞いたエピソードがある。

    「俺らみたいなのが一番いいな。周りには気を遣わんけど、好きなようにやるためにはここ(親指を)というところだけ掴んでおけばいいからな」

     要はワンマン組織のトップの心証さえ抑えておけば、予算も取れるし人事も操れるということだ。それに対して田尾はこう返した。「そういうやり方でチームを運営されるのはわかります。ただ、僕は違います。僕はそのやり方は出来ないんですよ」。闘将は黙ってしまった。

     自分のためというよりも選手や裏方のため。筋を通すためなら干されることもクビになることも厭わない。オーナー企業の会長だろうが、小学一年生の子どもだろうが接する人によって態度を変えない。生き方がそれを証明している。私の持論だが、真の闘将は田尾である。 

    引用元: 「俺を地獄に落とすのか」田尾安志は、楽天監督就任のオファーに困惑した

    【「俺を地獄に落とすのか」田尾安志は、楽天監督就任のオファーに困惑した 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/11/07(水) 11:19:40.81 ID:mCm2aarz0

    引用元: アマダー「ドーピングしてない。韓国からオファー来てる。」

    【アマダー「ドーピングしてない。韓国からオファー来てる。」 】の続きを読む

    20180706-00000215-sph-000-5-view

    石井一久GM就任要請について会見する立花球団社長(カメラ・川口 浩)

     楽天・立花陽三球団社長(47)は6日、チームの編成部門などを統括するゼネラルマネジャー(GM)に石井一久氏(44)を招聘することを明かした。


     この日、取材に応じた立花社長は「事実でありまして、オファーさせて頂いております」と認めた。就任時期などについては明言しなかった。

     これまでは補強などの編成などを請け負っていた星野仙一副会長が1月に死去。現場も今季は開幕からチームも不振で、6月中旬には梨田監督が責任を取って辞任し、現在は平石監督代行が指揮を執っている。5日終了時点で28勝46敗1分けで3位に並ぶソフトバンク、オリックス、ロッテまで10・5ゲーム差を離されて最下位。来季へ向けてチーム整備が不可欠な状況だ。

     石井氏は千葉・東京学館浦安高から1991年のドラフト1位でヤクルトに入団。先発左腕として速球と切れ味鋭いスライダーを武器に、4度の日本一に貢献した。01年オフにはドジャースへ移籍し、メッツとの4年間でメジャー通算39勝。帰国後はヤクルト、西武に所属し、日米通算182勝を挙げた。引退後は野球評論家として活動。マネジメント契約を結んできた吉本興業に契約社員として入社した。

     これまでも石井氏は楽天・三木谷オーナーと良好な関係を築いていた。 【【楽天】立花社長、石井一久氏GM招聘を認める「オファーさせて頂いております」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/20(日) 08:42:58.91 ID:hLQVaBSQ0.net
    現役続行希望のノリ「変化ない」…アマ資格回復なら「手助けを」
    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/12/20/kiji/K20151220011718360.html
    現在も現役続行を希望している中村紀洋は自身の進退について「変化はないですね」と淡々と語った。


    [ 2015年12月20日 08:30 ]

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/20(日) 08:43:20.24 ID:hLQVaBSQ0.net
    中村紀にオファーなし「長く待てない」
    http://www.daily.co.jp/newsflash/baseball/2014/12/07/0007564647.shtml
    各球団は現在、来季に向けた戦力補強の真っ最中で、
    中村自身も「徐々に(期間設定を)しないといけない」と先を見据えながら、
    「長くは待てない。家族がいるんやから。1人なら待つんやけど。オファーを待つしかない」と切迫感を見せた。


    2014年12月7日

    引用元: 中村紀洋(42)、まだオファーを待っていた

    【中村紀洋(42)、まだオファーを待っていた】の続きを読む

    このページのトップヘ