狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    キューバ戦

    IMG_1650

    1: 風吹けば狗鷲 2017/03/14(火) 22:44:51.96 ID:S0wvYCVl0
    勝った♥

    引用元: 楽天バァン集合

    【楽天バァン集合】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/03/07(火) 23:08:17.22 ID:hZRPpmwb0
    疲れた

    侍の2番手・則本、3イニング目に落とし穴 七回に5安打集中され途中降板

     「WBC・1次リーグB組、日本-キューバ」(7日、東京ドーム)

     2番手で登板した則本(楽天)は、2回2/3を投げて5安打3失点。好救援で試合の流れを呼んだが、七回に5安打を集中されて途中降板した。

     先発した石川の後を受けて、1点リードの五回から登板。まずは最速154キロの直球で、下位打線を三者凡退に抑えた。リズムある投球を見せると、裏の攻撃で打者一巡の猛攻。一挙に5点を奪うと、続く六回も上位打線を3者凡退に封じた。

     しかし、3イニング目の七回に暗転。4番・デスパイネに、右中間スタンドにソロ本塁打を浴びると、ここから4連打で3失点。2死後にセスペデスにも中前打を浴び、岡田との交代が告げられた。

     直前の強化試合、5日・オリックス戦では、花粉症の影響で登板を回避。体調が不安視されていた中で回復した姿を見せたが、最後は3点差まで詰め寄られる形での降板になった。代わった岡田が代打・デルガドから空振り三振を奪い、このピンチを脱した。  

    C76A7449-510C-40AE-940B-FE86AF4F4468-1052-0000017C5BFBA0F1_tmp

    7回、キューバ・デスパイネにソロ本塁打を浴びた楽天・則本昂大=東京ドーム(撮影・出月俊成)
     

    引用元: 【則本】楽天バァン集合

    【【則本】楽天バァン集合】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/03/07(火) 17:38:17.60 ID:RbI8vkw30
    【スタメン】WBC1次ラウンド
    日本-キューバ(東京D/19時)
    ◆ 日本
    (指)山田
    (二)菊池
    (中)青木
    (左)筒香
    (一)中田
    (遊)坂本
    (右)鈴木
    (三)松田
    (捕)小林
    P.石川
    ☆サードは松田!
    #侍ジャパン
    #wbc2017

    引用元: 【WBC】侍ジャパンスタメン発表キタ━━━━(゚∀゚)━━━━‼‼ 

    【【WBC】侍ジャパンスタメン発表キタ━━━━(゚∀゚)━━━━‼‼(※欄実況もどうぞ)】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/02/08(水) 11:52:56.91 ID:zd6Z/BSM0

    2: 風吹けば狗鷲 2017/02/08(水) 11:53:41.16 ID:zd6Z/BSM0
    no title


    楽天・則本はブルペンで117球を投げ込んだ

    3: 風吹けば狗鷲 2017/02/08(水) 11:54:07.04 ID:zd6Z/BSM0
     楽天の則本昂大投手(26)が久米島キャンプ第2クール初日となった7日、ブルペンで今キャンプ最多の117球を投げ込んだ。ピッチング中には、松井稼頭央外野手(41)らが打席に入るなど徐々に実戦モードへ突入。
    ちょうど1か月後に迫ったWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)開幕戦(3月7日キューバ戦、東京D)に向け、順調な仕上がりを見せている。

     則本の表情が、思わず緩んだ。この日から野手陣が目慣らしのため、ブルペンへ。真っ先に姿を見せた松井稼は、則本が投げる“WBCレーン”の左打席に入った。
    「当てたらすいません」と言いながら、力のあるボールを遠慮なく投げ込む。その後、ウィーラー、ペゲーロも打席に迎え、今キャンプ最多の117球。「(第2クール)初日にできるだけ投げようと思ってました」と笑顔で汗を拭った。

    5: 風吹けば狗鷲 2017/02/08(水) 11:54:32.74 ID:zd6Z/BSM0
     仕上がりは順調だ。力のある真っすぐにスライダー、フォーク、チェンジアップという従来の球種に加え、シンカー、カットボールとWBCに向けて習得中のボールも試した。
    「第1クールから投げているけど、もう少し練習が必要。(シンカーは)今日はよくなかったけど、必要なかったら投げなきゃいいだけ。ボールが動くなら、それを利用すればいい」。硬いマウンド、WBC球で使える球種を冷静に見極めている。

     先発が有力視される3月7日、キューバとの開幕戦までちょうど1か月。沖縄・金武町をベースに、14日から始まる対外試合で実戦登板する見通しだ。
    本人は「まだ、投げる場所も決まってない。できることをやって初日を迎えたい」と話すにとどめたが、14日の韓国ハンファ戦(金武)、21日の日本ハム戦(名護)、28日の侍ジャパン強化試合・台湾戦(ヤフオクD)と中6日で登板する“WBC開幕ロード”も視界に入ってくる。

     今後の調整については「50球を超えたぐらいからバテていた。もう少し投げ込みが必要。硬いマウンドは嫌いじゃないし、WBC球は自主トレからずっと触って、だいぶなじんできた。細かなところを詰めていけば、大丈夫だと思います」と自信をのぞかせた背番号14。万全の態勢を整え、世界と戦うマウンドに立つ。(山口 泰史)

    引用元: キューバ戦登板濃厚の則本、WBCへ仕上がり順調「ボールが動くならそれを利用すればいい」 

    【キューバ戦登板濃厚の則本、WBCへ仕上がり順調「ボールが動くならそれを利用すればいい」】の続きを読む

    このページのトップヘ