狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    キーマン

    1: 風吹けば狗鷲 2019/10/05(土) 01:22:14.98 ID:Wxm6/gUS0

    2: 風吹けば狗鷲 2019/10/05(土) 01:22:34.41 ID:Wxm6/gUS0
    no title

    楽天・美馬=ヤフオクドーム

    引用元: いざ下剋上へ、楽天のカギを握る右腕・美馬学

    【いざ下剋上へ、楽天のカギを握る右腕・美馬学 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/22(火) 17:07:28.23 ID:v2ydAVrh0
    no title


    ファンから熱い期待を寄せられる浅村(中央)。昨季の打点王を生かすキーマンは誰か!? 


     西武から浅村栄斗内野手(28)が入団。昨季127打点を挙げたパ・リーグ打点王を生かすには、誰がキーマンになるのだろうか?

     石井ゼネラルマネジャー(GM、45)は「浅村の力を引き出すには、その前後を打つ打者が大切。後ろは力がないと、浅村との勝負を避けられてしまう」と指摘した。

     仮に4番・浅村で固定。GMの言葉からすると3、5番に座る打者がキーマンだ。候補には、新加入のブラッシュ、実績からウィーラー、島内らの名前が挙がる。

     平石監督は「打線をどう組むかは悩ましい問題。うれしい悩みで、いろいろなバリエーションがある。故障者がでる可能性もある。キャンプとオープン戦を通して見極めたい」と頭を抱えた。

     チームとしては若手の台頭も期待したいところ。昨季新人王でブレーク中の田中は「1番・センターというポジションを全力で取りにいく。最低限の目標はシーズン143試合、全て出ることです」と鼻息が荒い。

     スイッチヒッターは、3年目の目標に、25本塁打、25盗塁を掲げた。「僕は三振が多い。1番打者としてはよくないが、当てにいくより振っていった方が、相手バッテリーにプレッシャーがかかる」と、従来の型に収まるつもりはない。

     チーム得点を上げるには、浅村の前に走者を置くこと。3、5番打者は大きな役割を求められるが、重要なのは打線のつながり。田中がダークホースとなれば、打線に化学反応を起こせる。 (広岡浩二)

    引用元: 楽天浅村を生かす打線のキーマンは?

    【楽天浅村を生かす打線のキーマンは? 】の続きを読む


    20181121-OHT1I50194-L

    浅村の獲得を発表する楽天・石井GM

     楽天・石井一久ゼネラルマネジャー(GM・45)が21日、西武から国内FA宣言した浅村栄斗内野手(28)を獲得したことを発表した。18日に行った交渉で、4年総額20億円を超えるとみられる条件面よりも、FAでの移籍経験を持つ自身の体験談に重点を置いた作戦が成功。今季は最下位に沈んだが、チーム再建だけでなく常勝軍団に進化するためのキーマンにも指名した。

     石井GMが“初恋人”のハートを射止めた。石井GMの電話が鳴ったのは20日午後7時半頃。声の主は浅村だった。「言葉で言い表せないくらい悩みましたけど、お世話になって、勝負したいと思います」。西武、ソフトバンク、オリックスとの獲得争いを制し、GMも「必ずこういう選択をしたことが野球を終わった時に、よかったと思えるような環境作り、チームの方向性を出していくのでよろしくお願いします」と伝えた。

     「カズヒサ流交渉術」が功を奏した。18日に都内で食事をしながら約2時間行った初交渉。初めにチーム状況を伝え、続いて4年20億円超とみられる大型契約と背番号「3」を提示した。球団としては過去最高の数字を見せたが、浅村は条件よりもチーム環境や方針を聞きたいと訴えた。そこで石井GMは「僕の経験を伝えていった方が、浅村選手にはいろんな言葉を受け止めてもらえると思った」。現役時代に4度の移籍を経験した自身の体験談に切り替えて、口説き落とした。

     そして西武の先輩でもあるGMからは早速3つの“指令”が出た。

     〈1〉チームの中心となれ 「背中でしっかりとプレーを見せてくれる選手」と期待する。今年は西武の主将としてもチームを優勝へと引っ張った。「浅村選手のプレーやバッティングを見ることで、必ず周りの選手にいい影響もできる」と相乗効果も願っている。

     〈2〉力は抜け 移籍初年度とあって、気合も入るはず。だが、実力を十分に認めているからこそ「少し力を抜いた感じでやってくれたら」と来春のキャンプでは自然体で十分だと説く。

     〈3〉自分で打破せよ チームに早く溶け込むことが第一だが、GMは「1人の選手に特別なことをするつもりはない」と断言。あえて過剰なサポートはせず、「それはそれでいろんなことを学ぶと思う」と成長に期待する。

     全ては楽天が常に上位争いをすることにつながると見据える。「今後、5年も10年も常勝軍団としているために、浅村選手が楽天でプレーしていただければ、その間に育成もできる」。“一久イーグルス”が大きな一歩を踏み出した。(安藤 宏太)

    楽天・今江年晶内野手 最下位チームの希望の光。得意の舞台で巻き返しを/交流戦のキーマン

     好調のベテランが、交流戦のカギを握る。FA移籍3年目を迎えた今江年晶は、6月3日時点で打率.313、4本塁打、22 打点。本来の勝負強さを発揮し、チャンスで結果を残している。規定打席未満ながら打率3割超をキープし、打点もペゲーロに次ぐチーム2位。巻き返しを狙うチームにとって頼もしい存在だ。

     好循環が生まれている。4月は毎試合出場というわけではなかったが、アマダーの離脱もあり5月中旬以降はスタメンに定着。「打席にたくさん立てて、その中で自分で工夫したりしてやっていける。結果は出やすいと思う。疲れは残るけど、いい疲れ」とうなずいた。打席数が増えたことが好結果につながり、その好結果がさらに多くの打席をもたらしている。

     交流戦は得意の舞台だ。ロッテ時代には、打率.385をマークした2010年を筆頭に3割以上を6度マーク。データが少ない相手との対戦も苦にしないタイプで、セ・リーグ本拠の球場の狭さもプラスに働くという。交流戦の成績が、シーズンの成績とリンクしている年も多く、好調で突入する今季の交流戦は期待も大きい。

     チームにとっては巻き返しの舞台。「ウチは前半戦、本当にかみ合わなかった。かみ合ってくればガンガン勝っていけるような力も持っている。最終的にどうなってるかだと思うんで」。失速した昨季とは逆パターンを目指して、交流戦男が浮上のきっかけをもたらす。

     楽天にとって交流戦は、重要な期間となる。交流戦期間の勝ち星はその後のペナントレースを大きく左右するだけに、勝ち越すことはもちろん、ひとつでも多くの貯金を稼いでおきたいところだ。だが、初戦のDeNA戦(横浜)を終えたところですでに大きく後れを取ってしまった。

     5月29日の試合でパ・リーグの負けは楽天のみと、最も避けたかった状況を招いてしまう。さらに試合も8回表に1点差に迫りながらその裏、6失点と勢いを断ち切ってしまったのだ。何としてもこの状況を打破していきたいところ。そのためには攻撃陣の奮起が必要不可欠だろう。

     なぜなら投手はセ・リーグ本拠地では慣れないバッティングをしなければならない。DH制がないことは投手にとって有利と言えそうだが、エース・則本昂大はそこを警戒する。「できれば立ちたくない」と苦笑するほど、打席に立つときの恐怖は大きく、その中で送りバントなど、「成功させて当然」と思われがちな仕事もこなさなくてはならない。

     さらに、「相手がピッチャーだと、打ち取って当然、という雰囲気がありますから。それはちょっとイヤですよね」と続けた。投手を打席に迎えても、気が抜くことができないのだ。

     それだけに、得点をできるだけ多く取ってその負担を減らすことが重要となる。実際に昨年の交流戦で楽天は81得点(71失点)をマーク。1試合平均4.5得点と打ち勝つ試合が多かった。今年も失点をカバーできるだけの得点を稼がなければ厳しい戦いとなる。

     そこで期待がかかるのはペゲーロだ。昨季の交流戦では4本塁打、12打点と少し物足りないが、今季は4月終了時点で5本だった本塁打が5月の交流戦前までで7本を積み重ねるなど、調子を上げている。

     首位をひた走った昨季と打って変わって苦しみ続ける楽天だが、6勝19敗1分けと大きく負け越した3、4月に比べ、5月は交流戦前までに11勝10敗と盛り返してきた。その裏にペゲーロの復調も大きく関係しているだろう。勝負の夏に向け、この18試合で一気に上位との距離を縮めていきたいところだ。

    1: 風吹けば狗鷲 2018/02/11(日) 01:38:06.53 ID:B+rnM4QU0
    no title


    茂木って早稲田なだけあって頭良さげなコメントするよな

    引用元: 茂木栄五郎「キーマン一位に選ばれるという事は去年は結果残せてないということ」

    【茂木栄五郎「キーマン一位に選ばれるという事は去年は結果残せてないということ」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/02/10(土) 23:52:39.60 ID:aGQsiWtR0
    一位 茂木
    二位 藤平
    三位 高梨
    四位 岸
    四位 岩見
    no title

    引用元: 楽天選手50人に聞いた 今年のキーマン

    【楽天選手50人に聞いた 今年のキーマン 】の続きを読む

    このページのトップヘ