狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    コメント

    1: 風吹けば狗鷲 2019/07/31(水) 22:29:36.87 ID:3fkaw1S10
    楽天の平石監督が、急逝した元同僚を悼んだ。14年に楽天でプレーしたルーク・ファンミル氏が事故に遭って亡くなったと発表されたのは7月29日。突然の訃報に平石監督は「びっくりしました。すごくナイスガイでしたから…」と沈痛な表情を浮かべた。

     2メートル16の長身で注目を浴びた助っ人右腕。楽天に所属したのはわずか1年間だったが「ずば抜けて大きかった。
    “ベットから足が出ちゃうから大変だ”と話していました」と指揮官。当時の思い出を振り返りながら「WBCにもオランダ代表で出場していましたしね。衝撃です。人生は本当に何が起きるか分からないですね」と話し、34歳の若さでこの世を去った故人を偲んだ。

    引用元: 楽天・平石監督 元同僚のファンミル氏を悼む「すごくナイスガイだった」

    【楽天・平石監督 元同僚のファンミル氏を悼む「すごくナイスガイだった」 】の続きを読む


    楽天・平石監督20181113-OHT1I50153-L

     エンゼルスの大谷翔平選手(24)が12日(日本時間13日)、米国で最も権威のある全米野球記者協会による新人王に選出された。投打二刀流の選手では史上初の受賞。日本人選手では95年野茂英雄投手(ドジャース)、00年佐々木主浩投手(マリナーズ)、01年イチロー外野手(マリナーズ)に次いで、17年ぶり4人目の快挙となった。
     楽天・平石洋介監督(38)は「新人王おめでとうございます。投打共に大谷君の能力からすれば納得でき、驚く事ではないと思います。初めての環境に順応し、特に打つ方では日本でやっていたタイミングの取り方を変えて見事に対応していました。これはなかなか出来る事ではないです。復帰後は更に世界中を沸かせて貰いたいですね」とコメントした。

    20181010-OHT1I50079-L

      楽天・田中和基外野手(24)が10日、「2018日米野球」(11月9日開幕・東京Dなど)の侍ジャパンメンバーに選出された。

     16年のドラフト3位で立大から楽天に入団した田中。新人だった昨季は主に守備固めや代走などで51試合の出場にとどまったが、今季は5月下旬から中堅の定位置を奪った。50メートル5秒8の俊足、左右両打席で一発がある長打力、堅実な中堅の守備を武器にここまで104試合に出場。18本塁打21盗塁、打率2割6分5厘の成績を残して、新人王の有力候補となっている。

     初の侍ジャパンとなる田中は「日本代表に選んでいただき光栄です。何もかもが初めてですし、日本を代表する選手が集まるので、いろいろなものを吸収したいです。自分は足と守備が売りなので、代表でもしっかりアピールしたいです」と心を躍らせていた。

     ◆田中 和基(たなか・かずき)1994年8月8日、福岡市生まれ。24歳。高取小1年から軟式で野球を始め、高取中まで投手。西南学院高では捕手で高校通算18本塁打。立大に進学し、1年夏に外野手転向。2年秋からベンチ入りし、東京六大学通算9本塁打、16盗塁をマークした。16年ドラフト3位で楽天入り。181センチ、75キロ。右投両打。年俸1300万円。独身。

    20181010-OHT1I50071-L


      楽天・高梨雄平投手(26)が10日、「2018日米野球」(11月9日開幕・東京Dなど)の侍ジャパンメンバーに選出された。

     川越東高から早大、JX―ENEOSを経て16年のドラフト9位で楽天に入団した高梨。貴重な変則サイドの「左キラー」として1年目から46試合に登板。今年3月の「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」のオーストラリア戦で初めて侍ジャパンに選出されると、今季も球団史上最多に並ぶ69試合に登板して、またしても侍ジャパンに名を連ねた。

     13日のロッテ戦(ZOZO)では球団史上初となる70試合登板を狙う左腕は「また日の丸をつけて戦えることを嬉しく思います。メジャーの一流のバッターと対戦することはなかなかないので、勝負の中でいろいろなことを得たいと思います。チームの勝利に貢献できるよう頑張ります」と意気込んだ。

     ◆高梨 雄平(たかなし・ゆうへい)1992年7月13日、埼玉・川越市生まれ。26歳。小学3年時に川越リトルで野球を始め、中学では川越シニアに所属。川越東で阿井英二郎監督(元日本ハムヘッドコーチ)の下、3年夏に埼玉大会4強。甲子園出場なし。早大3年春に東大戦で完全試合。今季は残り1試合で69登板で1勝4敗1セーブ、防御率2・44。175センチ、81キロ。左投左打。年俸3000万円。独身。


    20181010-OHT1I50068-L

     楽天・岸孝之投手(33)が10日、「2018日米野球」(11月9日開幕・東京Dなど)の侍ジャパンメンバーに選出された。

     2006年大学生・社会人ドラフト希望枠で東北学院大から西武に入団した岸。1年目から11勝を挙げるなど針の穴を通すような制球力を武器に、プロ12年間で122勝を挙げ、今季は最優秀防御率のタイトルもほぼ手中にしている。

     だが、侍ジャパンには不思議と縁がなかった。東北学院大4年だった2006年には日米大学野球選手権大会と世界大学野球選手権大会で日の丸を背負ったが、トップチームの経験はなし。09年はWBC日本代表の第1次メンバー候補に選出されるも最終メンバーからは漏れ、14年は日米野球では右脇腹の違和感で辞退した。

     今回の侍ジャパンでは最年長となる右腕は「代表に選んでいただき大変嬉しく光栄に思います。選んでいただいたからには、自分の役割をしっかりと果たしたいと思います。日本の勝利に貢献できるようベストを尽くします」と決意を口にした。

     ◆岸 孝之(きし・たかゆき)1984年12月4日、宮城県生まれ。33歳。名取北高から東北学院大を経て、06年大学生・社会人ドラフト希望枠で西武に入団。08年には12勝をマークし、日本シリーズMVPを獲得。14年には13勝4敗で最高勝率に輝いた。今季は23登板で11勝4敗、防御率2・72。180センチ、77キロ、右投右打。推定年俸3億円。


    20181010-OHT1I50069-L

     楽天・
    松井裕樹投手(22)が10日、「2018日米野球」(11月9日開幕・東京Dなど)の侍ジャパンメンバーに選出された。

     15年プレミア12、17年WBCなど22歳ながら侍ジャパンの常連となっている松井。今季は開幕から不調に苦しみ中継ぎへの配置転換、2軍での再調整、4年ぶりの先発など激動のシーズンを過ごしたが、53登板で5勝8敗5セーブ、防御率3・65の成績を残した。

     日米野球へ向けては「再び日本代表のユニフォームを着ることができ、大変嬉しく思います。マウンド上で、メジャーリーグの一流選手のプレーを肌で感じてきたいと思います。とても貴重な経験になりますので、今後の自分の成長に繋げていけるよう精一杯頑張ります」とコメントした。

     ◆松井 裕樹(まつい・ゆうき)1995年10月30日、神奈川・横浜市生まれ。22歳。桐光学園高では、2年夏の甲子園で大会新記録となる1試合22奪三振をマーク。13年ドラフトでは、1位で5球団競合の末に楽天が指名権を獲得した。プロ2年目の15年から守護神を任され、今年9月に史上最年少で通算100セーブに到達。今年8月には女優・石橋杏奈との交際を明らかにした。174センチ、74キロ。左投左打。年俸1億4000万円。

    楽天の4選手が10日、11月9日から始まる日米野球侍ジャパンのメンバーに選出された。

    コメントは以下の通り。

    ▼岸孝之投手 

    代表に選んでいただき大変うれしく光栄に思います。選んでいただいたからには、自分の役割をしっかりと果たしたいと思います。

    日本の勝利に貢献できるようベストを尽くします。

    高梨雄平投手 

    また日の丸をつけて戦えることをうれしく思います。メジャーの一流のバッターと対戦することはなかなかないので、勝負の中でいろいろなことを得たいと思います。チームの勝利に貢献できるよう頑張ります。

    田中和基外野手

    日本代表に選んでいただき光栄です。何もかもが初めてですし、日本を代表する選手が集まるので、いろいろなものを吸収したいです。自分は足と守備が売りなので、代表でもしっかりアピールしたいです。

    松井裕樹投手 

    再び日本代表のユニホームを着ることができ、大変うれしく思います。マウンド上で、メジャーリーグの一流選手のプレーを肌で感じてきたいと思います。とても貴重な経験になりますので、今後の自分の成長につなげていけるよう精いっぱい頑張ります。

    このページのトップヘ