狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    コンバート

    20181109-OHT1I50162-L

    来季に向けて捕手の練習をする岡島

      楽天・岡島豪郎外野手(29)が9日、来季から捕手登録にする考えを明かした。倉敷秋季キャンプ初日のこの日、シートノックでも捕手の位置に入って精力的に汗を流した。


     チームの元気印でもある選手会長が大きな決断をした。数日前に平石監督と話し合ったうえで、捕手に本格的に再転向することを決断。来季は2013年以来、6年ぶりに登録も捕手とする方向で「毎日が勉強になる。捕手のポジションはひとつしかない。できることもできないことも、秋季キャンプでチャレンジして1つでも多くのことを吸収して春に挑みたい」と決意を口にした。

     外野は島内や田中が台頭を示して今季は定位置をつかみ、来季はドラフト1位・辰己、同7位・小郷、巨人からトレードで橋本到が加入する。さらにオコエや八百板ら若手も成長中。今季は108試合に出場しながらベンチスタートも多かった。一方で、捕手は嶋に次ぐ2番手が固定できずにいるチーム事情もある。今季は非常事態に備え捕手道具をそろえ、試合でマスクもかぶった。平石監督は「今季も試合に出られるなら内野でもやると言ってくれていた」と心意気を買った。

     この日は足立、山下、堀内とともに捕手の守備練習にも参加。「コリジョンルールとかルールも変わっているので難しいことも増えている」と苦笑いしながら、充実感ある表情だった。(安藤 宏太)

    1: 風吹けば狗鷲 2018/11/09(金) 07:24:53.57 ID:sgU7I06c0
    楽天岡島が来季捕手登録、再起へ選手会長が原点回帰

    楽天岡島豪郎外野手(29)が来季から捕手登録に変更されることが8日、分かった。

    11年ドラフト4位で捕手で入団し、14年に外野手に登録を変更。今季は田中の台頭もあり、出場108試合中スタメンは55試合。ドラフト1位で立命大・辰己を獲得したこともあり、外野手争いは激化する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00386407-nksports-base

    今季成績
    108試合 241打席 41安打 3HR 1盗塁
    打率 0.190

    引用元: 【朗報】楽天岡島、来季キャッチャーコンバート決定!!

    【【朗報】楽天岡島、来季キャッチャーコンバート決定!! 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/09/21(金) 07:53:52.63 ID:zBc2/c+60

    no title

     楽天・平石洋介監督代行(38)が20日、茂木栄五郎内野手(24)のコンバートプランを明かした。
    プロ入り後3年間は遊撃を守るも、現在は左ふくらはぎの痛みのため2軍調整中ですでに二塁で試合に出場。
    平石監督代行は「いろいろトライはしてもらおうと思う。外野も含めてどういう可能性があるのかも含めて。茂木を生かすためにいろいろな可能性を探っていきたい」と話した。

     桐蔭学園高、早大での主戦場は三塁だった。遊撃はプロ入り後に挑戦し、定位置を獲得したが守備への負担が大きかったのも事実だ。
    昨オフには右肘を手術。今季はギリギリで開幕に間に合ったが、送球に安定感を欠き、首をかしげるシーンも多くあった。
    今季は100試合に出場し、打率2割4分7厘、7本塁打も、昨年は17本塁打するなどパンチ力のある打撃を生かすため、守備の負担を減らす狙いもある。
    近日中に1軍復帰予定で、遊撃以外の守備位置を守る可能性もありそうだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00000288-sph-base

    引用元: 茂木、コンバートプラン 守備負担減へ二塁、三塁、外野も

    【茂木、コンバートプラン 守備負担減へ二塁、三塁、外野も 】の続きを読む

     楽天・茂木に外野手兼任プランが浮上した。22日の日本ハム戦に向けて、本拠地で全体練習を行い、遊撃手のレギュラーは打撃練習の合間に外野ノックを受けた。平石監督代行は「不測の事態に備える意味もある。いろいろなポジションができた方が、本人にとってもいい」と、意図を説明した。

     茂木は2年目の昨季、パ・リーグ3位の打率・296、17本塁打、47打点を記録した打撃が売り。昨オフに右肘のクリーニング手術を受けた影響もあり、今季は打率・247、4本塁打、12打点と本調子とは言えないが、打線の中心であることは変わらない。カバーできる守備位置が増えれば、茂木自身の打席数を増やすことや、選手起用のバリエーション増につながる。

     新人だった16年に三塁で一度出場したことはあるが、それ以外はDHを除けば全て遊撃手。外野手は初めてで、練習では打球の落下地点の見極めに戸惑う場面もあり「打球が意外と伸びたりして、凄く難しい」と顔をしかめたが「いろいろ守れることはいいこと」と前を向いた。

     梨田昌孝監督辞任に伴い監督代行に就任後は2戦2勝の平石監督代行は「打線をできれば固定したい。田中、茂木の1、2番がキーマンになる」と最下位からの巻き返しへ茂木に大きな期待を寄せている。(黒野 有仁)

    【楽天・茂木、外野兼任プラン 平石監督代行「不測の事態に備え」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/02/15(木) 13:06:16.96 ID:Vnbk6cki0
    no title

    練習試合のKIA戦に「1番・捕手」で先発出場した岡島(左)
    no title

    昨年のパCS第1ステージでは左翼を守った

    ◆練習試合 楽天5―3KIA(韓国)=特別ルール=(14日・金武町)

     楽天・梨田昌孝監督(64)が超攻撃的オプションをテストしている。対外試合初戦となる14日の韓国・KIA戦(沖縄・金武町)で、岡島豪郎外野手(28)を「1番・捕手」に起用した。楽天担当の安藤記者が指揮官の狙いを明かす。


     “再転向”とは思えない素早い動きだ。2回2死、岡島は1ボール2ストライクから森のワンバウンドのスライダーを必死に止めた。
    一塁側に転がったボールに素早く反応して、一塁に送球。目立ったミスもなく2回を守り抜き「非常に緊張しましたね」と振り返った。

     岡島は11年ドラフト4位で捕手としてプロ入りしたが、公式戦マスクは14年が最後。11日の紅白戦(久米島)に続いての捕手だった。
    「捕手としての力は落ちたなと思う。全てにおいて難しさは感じる」という。

     昨季3人の捕手をベンチ入りさせたが、選手起用のオプションを増やすため今季は2人に減らして捕手経験のある岡島を「第3捕手」とする方針だ。
    楽天の正捕手には、嶋が約10年間君臨し細川や山下、足立らが控える。だが嶋は全試合出場はなく、昨季の打率は1割9分9厘。昨季2割6分、この日第1打席で右前安打を放った岡島がマスクをかぶれば攻撃力がアップするし、外野が1枠空いてオコエ、岩見、田中らを先発で起用できる。
    梨田監督は「なにかの時にスタートでもいけるということもやりたかった」と、今後の実戦で捕手・岡島をスタメン起用させる可能性まで示唆している。

     岡島自身は「自分としては外野で勝負したい」と捕手への本格復帰を否定。今キャンプでもブルペンで捕球する程度で、その他の守備練習はほぼしていない。
    危機管理の一環という見方もできるが、そこは百戦錬磨の梨田監督。昨年は一塁の銀次に二塁挑戦させて開幕ダッシュに成功。
    近鉄監督の01年には礒部を捕手から外野手へ、日本ハム監督の09年には陽岱鋼を内野から外野に転向させチーム力をアップさせた“実績”がある。球界最年長指揮官が繰り出す「マジック」に、今年も注目だ。(安藤 宏太)

    2: 風吹けば狗鷲 2018/02/15(木) 13:06:29.11 ID:Vnbk6cki0

    引用元: 【楽天】岡島を「1番・捕手」で起用した梨田監督の本当の狙いとは…

    【【楽天】岡島を「1番・捕手」で起用した梨田監督の本当の狙いとは… 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/01/09(火) 19:26:45.68 ID:KzHe1eOw0
     楽天のドラフト3位・山崎(国学院大)が本職の二塁だけでなく遊撃のポジションも兼務することになった。

     9日に仙台市の楽天生命パーク宮城で新人合同自主トレが始まり、ノックを受ける山崎の姿を見つめた梨田監督は「内野手としてフィールディングのうまさがある。1歩目のスタートが良い。遊撃手もやらせてみようかなと思っている」と話した。

     既に本人にはスカウトを通してプランは伝えており、山崎は「(ドラフト指名後)遊撃の練習もしていた。やれと言われたらやるだけ」。小学生時代以来の遊撃のポジションにも意欲的だった。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180109-00000125-spnannex-base

    引用元: 楽天ドラ3の山崎 二塁に加え遊撃も兼務へ 梨田監督「フィールディングのうまさがある」

    【楽天ドラ3の山崎 二塁に加え遊撃も兼務へ 梨田監督「フィールディングのうまさがある」 】の続きを読む

    このページのトップヘ