狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    サヨナラタイムリー

    1: 風吹けば狗鷲 2019/05/23(木) 09:06:57.29 ID:jD4w0TOFr
    そりゃ熱男とかおるソフトバンクに行きませんわ
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元: 【悲報】浅村栄斗さん、やっぱ陰キャだった

    【【悲報】浅村栄斗さん、やっぱ陰キャだった 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/05/09(木) 09:05:12.92 ID:nBvgSLBnd
    no title

    エッチだw

    引用元: 【画像あり】サヨナラタイムリーを放った楽天辰己、ウィーラーに豪快な顔射をされる

    【【画像あり】サヨナラタイムリーを放った楽天辰己、ウィーラーに豪快な顔射をされる 】の続きを読む

    20180929-OHT1I50150-L

     ◆楽天2×―1日本ハム(29日・楽天生命パーク)=延長10回=

     新人王候補の楽天・田中和基外野手(24)が、同点の延長10回2死一、二塁でサヨナラの右前適時打を放った。

     小雨が降る仙台の寒空の下で、最高のウォーターシャワーを浴びた。二塁走者の岡島が本塁に生還したのを見届けた田中は、一塁を回った所でナインの手荒い祝福を受けた。プロ初のサヨナラ打は、人生初のサヨナラ打だ。本拠地での連敗を7で止める一打に「初めてだったので、ベース回った後にどうすればいいか分からなかった。めっちゃうれしかったです」とホッとしたように笑った。

     苦しんだからこそ、喜びもひとしおだった。2割9分前後だった打率も、9月に入ると日に日に落ちていった。この試合前までの9月の月間打率は1割8分8厘。ついに2割6分台にまで沈んだ。周囲からは新人王を期待する声が上がり、自然と数字を気にするようになって調子を落とした。「1打席目終わった段階で今日もダメかなと弱気になっていた。正直結構しんどかった」。大卒2年目の24歳は本音を吐露した。

     27日までは7試合で1安打とどん底まで落ちたが、2試合連続で2安打2打点。1軍に昇格してブレイクし、レギュラーを奪取した5月の頃を思い返した。「1軍に上がってきた頃に相手の方が上だからという開き直りでやっていたのでよかった。最近は数字が目に入って打たなきゃ打たなきゃという気持ちになっていた。数字が落ちたことで、また開き直れたと思います」。原点回帰したことで、輝きを取り戻した。

     オリックス・山本、ロッテ・藤岡との新人王争いは佳境を迎えている。「今年しかチャンスはないので絶対取りたいという気持ちはある。そのために残り6試合まずケガしないことを考えてやりたい」と田中。ラストスパートへ調子を上げてきた。

    <楽天4-3ソフトバンク>◇17日◇楽天生命パーク

     楽天が今季初のサヨナラ勝ちだ。9回1死一、二塁。選手会長の岡島豪郎外野手(28)が勝負を決めた。チーム全員の気持ちを乗せた打球が、前進守備の中堅手を越えていった。「みんなでつないだチャンス。絶対ここで打ってやろうと強い気持ちで打席に立ちました」。打率ほぼ2割と低迷する岡島が、カウント2-1から森の144キロカットボールを捕らえた。

    【写真】中越えサヨナラ二塁打を放つ岡島

     文字通り総力戦だった。先発岸は初回に連続無失点記録が20回で途切れたが、粘って6回3失点(自責2)。今季弱点となってきた救援陣も高梨-青山-松井-ハーマンと無失点でつないだ。打線では22歳内田が今季2号を放てば、キャプテン嶋は8回同点打。前日16日に腹部の張りで途中交代し、梨田監督が「今日は使わない」と話していた藤田まで代打で出た。全員がギリギリで踏ん張った。

     それもこれもファンのためだ。職業体験プログラムに参加した小中学生約1200人を含め、2万2000人以上が平日のデーゲームに詰め掛けた。梨田監督も「3連敗を免れたのもうれしいですけど、本拠地サヨナラ勝ちで、最後まで見てもらったお客さんに恩返しできた。帰り道に楽しんでいただける試合ができて良かった」と喜んだ。

     借金13と、まだまだ上は見えない。殊勲の岡島も「(自分の調子が悪いと)本当に最悪ですよ。本当に迷惑をかけている、本当に申し訳ないという気持ちで」という。だが誰ひとりとして白旗を上げる選手はいない。「そこで下を向いたらダメなんで。とにかく前を向いて、明るく元気にやることだけを考えてやってきた。これからもそれは一緒。どんな状況でも常に前を向いて1試合、1試合、戦っていきたい」。選手会長が全員の気持ちを代弁した。【千葉修宏】

     ▼楽天が今季初のサヨナラ勝ち。岡島のサヨナラ打(犠飛、四死球、ゴロを含む)は16年5月3日ロッテ戦以来5度目となった。楽天で通算5度のサヨナラ打は松井稼(現西武)、嶋に並ぶ球団最多。

    【楽天岡島で初サヨナラ、稼頭央ら並んだ最多5度目】の続きを読む

    <楽天4-3ソフトバンク>◇17日◇楽天生命パーク

     楽天が今季初のサヨナラ勝ちでソフトバンクとの同一カード3連敗を阻止した。9回裏1死一、二塁から選手会長の岡島豪郎外野手(28)が勝負を決める中越え二塁打を放った。

     試合前の時点で打率2割4厘と低迷する岡島は「これまで散々チームに迷惑をかけたし、ふがいなさをものすごく感じていたし。その中で打てたのは自分にとってもチームにとっても大きい。なんとか個人的な部分も含めて状態を上げていけば、チームとしてもっと楽に戦える」と話した。

    1: 風吹けば狗鷲 2018/02/14(水) 15:51:07.19 ID:WQegyo/vaSt.V
    まぁよかったんちゃう

    引用元: 楽天、山下斐紹さんのサヨナラタイムリーで勝利

    【楽天、山下斐紹さんの(実質)サヨナラ(勝ち越し)タイムリーで勝利 】の続きを読む

    このページのトップヘ