1: 風吹けば狗鷲 2019/02/02(土) 19:47:04.38 ID:RfUli6xbd0202
no title

守備練習で鋭い返球を見せる楽天辰己(撮影・足立雅史)
大学NO・1外野手の看板に偽りはない。楽天ドラフト1位の辰己涼介外野手(22=立命大)が、初のシートノックで遠投125メートルを誇る強肩ぶりをいかんなく発揮した。
力の入れ具合を抑えながらでも、低く強く、ブレのない送球は出色。キャンプインから連日攻守で能力の高さを見せつけ、平石監督をうならせた。

   ◇   ◇   ◇

シートノックの締めは前進守備からのバックホーム。中堅に入った辰己の返球はリリース時とほぼ変わらない高さを保って、ノーバウンドでキャッチャーミットに突き刺さった。
「最後だけ少し力を入れました。5、6割です」と涼しい表情。「今日はコントロールと(いきなり全力で投げて)ケガをしないことだけ気を付けました」と話す通り、左右にぶれたり、カットマンの胸より浮く場面もほぼなく、実戦向きの強肩であることを印象づけた。

引用元: 【朗報】楽天ドラ1位辰己のレーザービーム125mに平石監督うなった

【【朗報】楽天ドラ1位辰己のレーザービーム125mに平石監督うなった 】の続きを読む