狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    スカウト

     ◇第100回全国高校野球選手権岩手大会2回戦 大船渡11―2盛岡三(2018年7月10日 岩手県営)

     第100回全国高校野球選手権記念大会(8月5日から17日間、甲子園)の地方大会は10日、22大会で153試合が行われた。岩手大会では大船渡の佐々木朗希(ろうき)投手(2年)が2回戦の盛岡三戦に「1番・投手」で出場。自己最速の154キロを計測し、11三振を奪って2失点完投。打っても3安打と投打で活躍した。

     岩手県営球場がいきなりどよめく。初回、先頭打者への初球に153キロ。自己最速タイを計測した佐々木朗は2球目も153キロを投げ込んだ。いずれもボール。「最初は力が入らず、高めに浮いて思うように投げられなかった」と振り返ったが、強くしなやかな腕の振りから放たれたボールはうなりを上げた。

     1―0の2回、スライダーを先頭の佐々木莉に同点ソロを浴びた。「(人生で)初めてホームランを打たれた。悔しい」。闘争心に火が付いた。次打者に154キロを2球続けた。いずれもボールとなり「スピードじゃない」と首を振ったが、自己最速を1キロ更新した。岩手県営球場は、12年夏に同じ岩手県出身の大谷が花巻東3年時に岩手大会準決勝で160キロを叩き出した場所だ。その大谷でも2年時の最速は151キロで佐々木朗は上回る。

     1メートル89の大型右腕。昨夏から体づくりに取り組み、体重を増やすために1日6合のご飯を食べた。そのかいあって体重は10キロ増え、81キロに。春の県大会1回戦では153キロを計測した。そして夏に向け、フォークを習得。この日の150キロ超えは36球を数えた。フォークを織り交ぜて緩急をつけ、11個の三振の山を築き、シード校の盛岡三を圧倒した。

     50メートル5秒9の快足を誇り、1番を任される2年生は「つなぐこと」を意識。3回に右前打で出塁し、5連打2得点の火付け役となった。7回にも左前打、8得点で試合を決めた9回にも中前打を放った。大谷をほうふつさせる二刀流劇場。投げては142球の熱投で2失点完投、打っても3安打を放ち「3年生と勝ててうれしく思います」と喜んだ。

     まだ2年生だが、プロも3球団が夏初戦を視察。地元・東北の楽天・宮越徹スカウトは「本物。来年は155キロを超えるんじゃ…。どこまで伸びるか分かりませんね」と驚きを隠せない。国保陽平監督は「まだまだここから」と言い、さらなる成長への期待を込めてエースながら背番号は20だ。100回の記念大会に出現した新怪物。佐々木は最後にこう言った。「甲子園に出場して、甲子園最速(156キロ)を投げたい」。その先には大谷が高校時代に出した160キロを見据えている。 (武本 万里絵)

    【【岩手】大船渡 佐々木朗希 高2の大谷超えた自己最速154キロ 楽天スカウト「本物」】の続きを読む

    <とっておきメモ>

     楽天2年目の池田隆英投手(23)が、1軍登板3試合目でプロ初勝利を挙げた。首位西武の強力打線に6回1/3で11安打を浴びながら5失点と粘った。

       ◇   ◇   ◇

     いつも2番手だった。佐賀から上京し、東京の創価高に入学。そこに田中正義(現ソフトバンク)がいた。創価大に進学した後も、常に自分の前に立ちはだかった。「スカウト来ているなって思うと正義が投げる日。自分の時は、ほとんどいない状態で」。大学4年秋に最多勝、最優秀防御率を獲得したが、「プロに行けると思っていなかったです」。プロ志望届を提出したが、自信はなかった。

     そんな中、心の支えだったのが楽天沖原スカウトだった。「誰もいない球場で、1人いるなって。いつも沖原さんでした」と刺激になっていた。昨季は故障で1軍登板を逃したが「大丈夫だから。焦らなくても大丈夫だから」と背中を押された。「自分を見ていてくれた人。この人のためにも頑張らないといけない」と心に誓い、マウンドに上がった。【楽天担当=栗田尚樹】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00180970-nksports-base

    6: 風吹けば狗鷲 2017/10/28(土) 19:58:15.91 ID:G/Viyg9l0
    ――捕手の村上を獲れていれば、2位以下の指名は変わっていたか

    岡崎部長:捕手は2人は欲しかったからね。村上が獲れたら、2位で岩見(慶大)が獲れたかもしれないね。
           個人的には岩見もすごい魅力的だったんですよ。日本人で右の長距離砲は貴重。
           あとは田中(兵庫ブルーサンダース)も欲しかったんだけれど…。どっちも楽天なんだよな。

    12: 風吹けば狗鷲 2017/10/28(土) 19:59:13.02 ID:G/Viyg9l0
    ――結果的に2位の岸田(大阪ガス)、3位の大城(NTT西日本)と社会人の捕手を連続指名した

    岡崎部長:計算できる捕手が、小林と宇佐見ぐらいしかいないからですよ。今年のドラフトだけを見るとバランスがすごく偏っていると思うんだけど、
           そもそもドラフトが何のためにあるかという話。ドラフト(の指名選手)で試合をするわけじゃない。
           巨人軍全体のバランスを取るためにやるわけだからね。(指名が)偏っているという人もいるけれど、それならば毎年、投手と捕手と野手を満遍なく獲るのが
           バランスを取ることになるのか、というね。現状のチームのバランスを考えたということです。

    引用元: 巨人・スカウト部長「岩見と田中耀を取る予定だったけど、どっちも楽天に取られた」

    【楽天岩見と田中耀、巨人も獲得予定だった模様】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/07/06(木) 00:53:41.20 ID:oIycGggy0
    広島の暴かれたくない過去
    no title

    引用元: 広島スカウト「一場くん、これ少ないけど交通費ね」 

    【広島スカウト「一場くん、これ少ないけど交通費ね」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/05/11(木) 09:38:15.95 ID:MNVjRs8w0
    「今回のドラフトで、ウチのポイントになっていたのは、菅原秀(大阪体育大)と森原康平(新日鉄住金広畑)を何位で指名できるのか……だったんです。
    そのなかでも、森原だけは絶対に獲らなきゃいけない選手でした。
    これまでリリーフで頑張ってきた青山(浩二)に疲れが見えてきた。
    その青山の代わりがつとまる投手として、森原だけは絶対に獲らないといけない。
    何位だったら獲れるのか。ウチのドラフトは、そこから始まったんです」

    2: 風吹けば狗鷲 2017/05/11(木) 09:39:12.68 ID:MNVjRs8w0
    「もちろん、1位の藤平、2位の池田は大成功だったと思います。
    でも、現場のスカウトとしては、4位で菅原、5位で森原が獲れたことの方が、断然、達成感があったんです。
    上位で大物や人気選手を獲るのは当たり前。我々の立場から言わせてもらうと、下位でどれだけ球団に貢献できる選手を指名できるかですから。
    そういう意味では、今回のドラフトは『しっかり仕事できたなぁ』という気持ちが大きいです」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170420-00010001-sportiva-base

    引用元: 楽天スカウト「森原だけは絶対にとらないといけない選手

    【楽天スカウト「森原だけは絶対にとらないといけない選手だった」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/03/17(金) 15:30:26.21 ID:n716oG380
     メジャーで成功すると考える選手を挙げるなら、やはりピッチャーから名前が出てくる。私の好みで言うならば、
    則本、増井、藤浪、千賀の4人。もちろん、大谷という名前を忘れてはいけないけれど(笑)。この5人は、
    共通して95マイル(155キロ)級のファストボールに加えて、空振りの取れる変化球を持っている。縦に落ちるボールを操るのが日本人の特性だが、彼らは、その条件をも満たしている」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00000006-wordleafs-base&p=1

    引用元: 米スカウト「大谷以外でメジャーで通用するは則本、増井、藤浪、千賀」 

    【米スカウト「大谷以外でメジャーで通用するは則本、増井、藤浪、千賀」】の続きを読む

    このページのトップヘ