狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    セレモニー

    20181123-OHT1I50160-L

    子どもから花束を受け取った伊志嶺

     楽天は23日、楽天生命パークでファン感謝祭を開催した。イベントの最後には、今季限りでの引退を決断した伊志嶺忠捕手、聖沢諒外野手(ともに33)の引退セレモニーが行われた。

     2人の子どもから花束を受け取ると、伊志嶺は目を潤ませた。「うるっときてしまいました。(子どもに野球する姿を見せられなくなり)寂しいのはありますけど、今日のことを覚えていてくれたら。悔いはないです」と笑った。

     プロ11年目。正捕手・嶋の壁は厚く、最も出場試合が多かったのは2015年の54試合だった。それでも、ふるさとの沖縄にちなみ「シーサー」の愛称で親しまれた“楽天の守り神”に、球団は最後の花道を用意。「こういうセレモニーをやらせてもらえるとは思っていなかった」と感謝した。

     最も印象に残った試合には、自身のサヨナラ打で勝った13年9月19日のソフトバンク戦(Kスタ)を挙げた。当時の星野仙一監督(故人、享年70)と抱き合ったときの温もりは、今でも覚えている。「いろいろ勉強になったし、野球の厳しさを教えてもらった。出会えてよかった」と思い出に浸った。

     引退後も球団に残ることは決まっている。セレモニー後、選手たちに胴上げされ、「胴上げされるとは思っていなかったので、本当にうれしかった。苦しいときの方が多くて、華やかではなかったけど、日本一も経験できたのでよかった」とうなずいたシーサー。多くの人に愛されたバイプレイヤーが、穏やかな笑みで現役生活に別れを告げた。

     ◆伊志嶺 忠(いしみね・ただし)1985年6月22日、沖縄・北谷町生まれ。33歳。北谷高では高校通算35本塁打を放ち、東京情報大に進学。大学では1年春から正捕手となり、千葉県大学リーグで4度のベストナインに輝いた。2007年大学・社会人ドラフト3巡目で楽天から指名されプロ入り。プロ通算186試合、329打数65安打、打率1割9分8厘、4本塁打、29打点。178センチ、78キロ。右投左打。

     楽天の聖沢諒外野手(33)が23日、楽天生命パークで行われたファン感謝祭で引退を発表し、ファンに惜別スピーチを行った。今季の出場は27試合止まりで、10月に戦力外通告を受けていた。スピーチ全文は以下の通り。

     まずはじめに、このような機会を与えてくれた、球団関係者の皆様ありがとうございます。そして寒い中、最後まで残って頂いたファンの皆様、選手の皆さん、本当にありがとうございます。皆さんに報告があります。私、聖沢諒は11年間のプロ野球生活にピリオドを打ち、引退することを決意しましたので、報告させてください。

     周りの人からは「まだまだ出来る」、「もっとプレーが見たい」と戦力外を受けてから、たくさんのありがたい言葉を頂きましたが、自分の中で今年成績を残せなかった、それが全てで、引退することを決めました。

     プロ1年目。自分はプロ野球のレベルの高さを肌で感じ、長くはこの世界でやっていけない、そう思いました。ただ、終わってみるとレギュラーを獲得したり、盗塁王を獲得したり、チームが日本一になったり、たくさんの素晴らしい経験をさせて頂くことができました。あの日本一になった11月3日は、僕の誕生日でもあります。最高の誕生日になったことを、今でも鮮明に覚えています。

     楽しい思い出もたくさんありますが、苦しい思い出の方が多かったかも知れません。しかしそんな苦しい時に、ファンの皆さんからの声援が、僕のことを後押ししてくれ、なんとか11年もこの世界で生きていくことが出来ました。僕が大事にしている言葉に「使命感」という言葉があります。誰かのために働く人間は強い、そんな意味です。自分のため、そんなわがままな考えだったら、こんなに長くこの世界でやっていけなかったと思います。家族のため、両親のため、友人のため、チームのため、ファンの皆さんのために、と思って来たからこそ、ここまで続けることが出来ました。

     名球会の先輩方の成績に比べたら、僕の成績なんて、たいしたことありません。ただ、プロに入って1軍で1試合でも出られるのかなと、不安だったあの頃を思い出すと、1000試合も皆さんの前でプレーすることが出来ました。自分自身の技術を120%以上発揮し、悔いなく終わることが出来ます。

     今日は両親、友人、地元・長野からの仲間、妻、息子、息子の友達までかけつけてくれています。時には僕が成績を残せないことで、僕以上に苦しんだり、落ち込んだりさせたことがあったと思います。11年間プレーできたことで、それが恩返しになったか分かりませんが、皆さんのおかげでここまでやって来ることが出来ました。そして何よりファンの皆様が11年間いいときも、悪いときも支えて応援してくれたからこそ、今の自分があります。本当に皆さん、11年間ありがとうございました。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181123-00000140-sph-base

    20151004-OHT1I50092-1
    ◆楽天4―5ソフトバンク(4日・コボスタ宮城)  
     楽天の斎藤隆投手(45)が、4―5の9回から3番手で引退登板。
    名前がコールされると、コボスタの2万6141人のファンから大歓声が起こった。
    目に涙を光らせながらソフトバンク・細川に対し136キロ、137キロの直球で追い込むと、最後は138キロの高めの直球で空振り三振。拍手に包まれながらマウンドを降りた。
     試合後のセレモニーでは「みなさんからいただいた声援は私の魂にかえて、このマウンドに置いていきます。
    後輩にすべての思いを託し、新しい第二の人生を歩んでいこうと思っています」とあいさつした。


    169: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 20:26:17.98 ID:dtII98s70.net
    いい絵もーらい
    no title

    引用元: 【Jスポ1】楽天vsソフトバンク ★5

    【斎藤隆引退!!!!試合とセレモニー!!】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/10/09(木) 10:49:46.01 ID:kjcC7DBR.net
    楽天・星野仙一監督(67)が8日、仙台市内の球団事務所を訪れ、前夜(7日)のシーズン最終戦後の退任セレモニーで、
    胴上げを拒否していたことを明かした。「(最下位で)安い胴上げはいらん」と言い、準備していた選手は動けなかったと明かした。

    新監督は大久保2軍監督の昇格が内定しているが、立花社長は7日の試合後、「しっかり議論を重ねている段階」と説明。
    海外出張中だった三木谷オーナーは9日にも帰国予定で10日以降、話し合いが行われる。
    星野監督は今後、球団に残ってチーム再建などに取り組む方向だが、後任が決まっていない状況に
    「普通はシーズンが終わったら、もっとスッキリするもんや」と表情を曇らせた。

    ソース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141008-00000285-sph-base

    引用元: 星野監督 「(最下位で)安い胴上げはいらん」 

    【星野監督 「(最下位で)安い胴上げはいらん」 】の続きを読む

    このページのトップヘ