狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    タイムリー

    6DCAFAD8-7905-452C-BB96-24D9D3B43077

    <西・楽>5回無死、今江が左越えにホームランを放ち笑顔でベンチに迎えられる(撮影・篠原岳夫)
    パ・リーグ 楽天7-2西武(2018年7月20日 メットライフ)

     楽天は今江&渡辺直の活躍で西武のエースである難敵・菊池を攻略した。

     まずは今江。0―0の5回、先制の7号ソロを左翼スタンドに叩き込んだ。「投手戦できていたし、連打は難しい。本塁打で点を取ってチームに流れを持ってこられて良かった」。そして「(菊池と)相性のいい(渡辺)直人さんに教えてもらいました。直人さんのおかげです」と付け加えた。

     今井は6回無死一、三塁でも右前適時打を放ち「渡辺直人打法です」と笑顔。「直人さんは(菊池の)ボールを見切っていた。どうやって打っているのか?」と、技術面のアドバイスをもらったという。

     さらに6回1死満塁の場面では、渡辺直自身が右中間に3点三塁打。「師匠」の貫禄を示したが「アドバイス?今江がうまく打ったんだよ。4番の仕事をきっちりね」と、こちらも笑顔で話した。 

    9CEBFCBB-92D3-4012-A22C-A9D61076B57C

    <楽・ソ>ファンとタッチしながら場内を一周する銀次(撮影・篠原岳夫)
     ◇パ・リーグ 楽天6―5ソフトバンク(2018年7月5日 楽天生命パーク)

     楽天の銀次が1点差に詰め寄られた終盤に貴重な適時打を放った。

     楽天は5―4とリ―ドの7回に2死一、二塁の好機。この場面で銀次がソフトバンクの4番手・モイネロが投じた2球目のストレートをセンター前へと運び、二塁走者の島内がホームを踏んだ。

     「悪い流れの中で集中して打席に入ることができた。それがいい結果につながった」と銀次。この試合ではエースの則本が久々の白星を手にしたが、「ここで打ったらノリが元気になるのかなと思った」とお立ち台で頬を緩ませた。

     平石監督代行もこの銀次の一振りを称え、「1点が欲しいところで本当に大きかった」とコメント。6回4失点で5勝目を挙げた則本については、「粘り強く投げてくれた」とねぎらった。

    日本生命セ・パ交流戦 楽天2―3ヤクルト(2日・楽天生命パーク)

     楽天は2日、ヤクルトとの接戦を落とし、今季4度目の4連敗。借金は今季ワーストに並ぶ「16」となった。3試合連続で「3番・中堅」でスタメン出場した田中和基外野手(23)は、5回に、一時は同点となる左中間2点適時二塁打。6試合連続打点を挙げたが、勝利には結びつかなかった。

     高めにきた直球を、やや強引に叩いた。鋭いライナーが左中間で弾む。5回2死二、三塁、ヤクルト先発・由規の直球をとらえる同点の左中間2点二塁打。「前の球の見送り方で、スライダーを待っているのがバレたと思った。真っすぐならボール球でも振ろうと思っていました」と振り返った。

     自身の好調が、チームの結果に結びつかない。この日で6試合連続打点だが、その間のチーム成績は1勝5敗。「打点を挙げても、勝てない試合が続いている。もう一つ前で打っていれば、チームの流れも変わるんじゃないかと」。3回2死満塁の好機で、三飛に倒れた場面を悔やんだ。

     梨田昌孝監督(64)も「その前の満塁のところで、打ってくれたらよかった」。高い要求は期待の裏返し。自らのポジションを確立するためにも、重い責任を果たしていく。(山口 泰史)

    <楽天4-1オリックス>◇24日◇東京ドーム

     楽天岸孝之投手(33)が125球で完投。4安打1失点、無四球6奪三振で今季4勝目(1敗)を挙げた。楽天は連敗を3でストップした。

     打線では、8回表の守備から三塁に入った渡辺直人内野手(37)が、その裏の打席で2死一、二塁から、リードを3点に広げる貴重な右中間適時三塁打を放った。

     渡辺直は先月13日西武戦以来、1カ月以上もご無沙汰だった今季2安打目に「良い場面で使っていただいて、なかなか結果がでなくて…。悔しい思いもしていたんですけど、こういう場面でまた回ってきて打てて良かったです」と喜びをかみしめた。

    ◆楽天5―0ロッテ(8日・楽天生命パーク)

     楽天は8日、ロッテ戦(楽天生命)で快勝し、連敗を4で止めた。今季初昇格で「6番・中堅」でスタメン出場した聖沢諒外野手(32)は、8回にダメ押しの2点二塁打を放つなど、4打数2安打2打点。右脇腹を痛め、出遅れていたベテランが、チームの連敗ストップに貢献した。


     打球が左中間を深々と破ると、2人の走者がホームを駆け抜けた。3点リードで迎えた8回、1死一、二塁。ロッテの3番手・田中の外角147キロを、逆方向へはじき返した。勝負を決めるダメ押しの左中間2点二塁打。「最近は開幕1軍が多くて、途中から1軍ということがなかった。入り方が難しくて、緊張した試合でした」と安どの笑みを見せた。

     ミスを2度、帳消しにした。7回無死一塁からバントを試みたが、ファウル。追い込まれた後、左前打でつなぎ、追加点を呼んだ。8回の2点打は、無死一、二塁から島井がバントを失敗した直後。「(バントは)下手くそですね。しっかり決めないと。バントが難しいのは、下手くその自分が一番分かっている。島井の失敗があったけど、助け合いが大事。助けたい気持ちが強かった」とうなずいた。

     今季はキャンプ中に右脇腹を負傷し、約1か月の離脱。1か月以上遅れた自身の“開幕戦”で、しっかり結果を残した。「チーム状態を考えず、目の前の1試合に一生懸命、全力を尽くす。結果を残して、外野の1つのポジションを奪う気持ちでいきたい」と話した背番号23。定位置をつかみ、チーム浮上の力となる。(山口 泰史)

    【【楽天】聖沢、自身“開幕戦”で2安打2打点「緊張した試合でした」】の続きを読む

    楽天嶋、連勝導くV打「根性、根性で打ちました」

    <楽天5-2オリックス>◇20日◇楽天生命パーク

     楽天嶋基宏捕手が決勝打で今季初の連勝をもたらした。

    【写真】お立ち台でBURN ! をする嶋と則本

     1-2の6回、2死満塁から代打茂木栄五郎内野手(24)の押し出し四球で同点とし、続く嶋が走者一掃の右越え二塁打を放った。

     嶋は3戦ぶりに先発マスクをかぶり、リードでもエース則本昂大を今季初の完投勝利に導いた。則本とともにお立ち台に立ち、「2アウトからチームが必死でつないでくれた。ここで打たないと、皆さんに何を言われるか分かりませんので(笑い)。根性、根性で打ちました」と笑顔だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180420-00185467-nksports-base

    【楽天嶋、連勝導くV打「根性、根性で打ちました」】の続きを読む


    ◆ソフトバンク1―3楽天(19日、ヤフオクD)

     楽天のゼラス・ウィーラー内野手(31)が、2点リードの9回にダメ押しとなる中前適時打を放った。

     開幕から17試合中16試合で4番に座っていた主砲はこの試合で5番に降格。試合前の時点で本塁打0、打点1で、得点圏に走者を置いた場面では17打席無安打とあって、受け入れざるを得なかった。得点圏19打席目にしてようやく生まれた初タイムリー。「コンディションは問題ないよ。勝てたことが一番よかったね」とホッとしたように喜んだ。

     タイムリーを打ったのは2―0の9回1死二塁。ヒットを放つ1球前には三塁へのボテボテのゴロでフェアゾーンに残れば内野安打となることが確実だったが、三塁手・松田にギリギリ見切られてファウルゾーンにボールが転がり、本気で悔しがっていたウィーラー。“打ち直し”でヒットが出ると、興奮のあまり一塁を踏んだ直後に足を滑らせて転び、苦笑いするしかなかった。そんな様子をベンチで見ていたペゲーロは大爆笑。ウィーラーは「見ていたら面白かったかもしれないけど、滑っただけだよ」と恥ずかしそうだった。

    【【楽天】ウィーラー、得点圏19打席目で初適時打「勝てたことが一番よかったね」】の続きを読む

    このページのトップヘ