狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    デニス・サファテ

    1: 風吹けば狗鷲 2018/02/03(土) 20:50:47.05 ID:CWesdPHu0
    これ可能?

    no title

    引用元: 松井裕樹(22)「今シーズンはサファテを超えたい」

    【松井裕樹(22)「今シーズンはサファテを超えたい」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/12/27(水)20:29:21 ID:Qd3
    球団を通じ「私たち家族の心の中で東北地方は特別な場所であり続けています。
    現在も東北地方の皆さんはわれわれの援助を必要とされていますし、私たち夫婦は今回も寄付ができることを大変喜んでおります、
    54セーブという記録は大変な成果ではありますが、この寄付を知ってもらえることがさらに良い成果でもあります。
    みなさんのサポートに感謝いたします。ありがとうございました」とコメントした。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00000078-dal-base

    引用元: サファテが540万円を寄付 東北は「特別な場所」

    【サファテが540万円を寄付 東北は「特別な場所」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/05/13(土)23:42:45 ID:oD8
    松井   20登板 21回   2勝1敗 0.43 2H 14S 奪三振率 10.29
    サファテ 16登板 15回2/3 0勝0敗 0.00 2H 14S 奪三振率 12.64

    異次元の対決しとる

    引用元: 松井裕vsサファテの熱いセーブ王争いwwww

    【松井裕vsサファテの熱いセーブ王争いwwww】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2016/05/03(火) 16:51:59.25 ID:ZcMVQUSd0
    使える

    引用元: 広島のお下がり外国人wwwwwwwwwwwwwwwwwwww

    【広島のお下がり外国人wwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2015/09/23(水) 17:25:13.19 ID:cl2zdlHD0.n
    1位 松井裕樹 0.82
    2位 サファテ 1.15
    3位 西野 1.87
    4位 増井 1.42
    5位 高橋 2.95
    ゴミ 平野 4.06

    116: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2015/09/23(水) 17:44:07.73 ID:eIKVpeg60.n
    山崎康、松井裕、大瀬良…優れた投手は先発で使うべきか、抑えで使うべきか

    no title

    この計算からは、優秀な投手を先発で使えば50点の利益が得られるが、
    抑えで使えば25点となるため、一般論としては先発で起用するほうがメリットが大きいという結論が得られる。

    つまり、セイバーメトリクスの分析家の間では
    「優秀な投手を先発にするか、抑えにするか」という選択に関しては、
    「先発にするほうがいい」というのが通説となっているようだ。
    http://full-count.jp/2015/09/20/post18136/4/

    122: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2015/09/23(水) 17:45:38.74 ID:jxiZgVIZ0.n
    >>116
    まあ検証するまでもなくわかりきった話やが
    こうして数値化する事で日本人の一部に根強い過度なリリーフ信仰を黙らせることは可能だ

    引用元: パ・リーグ抑えランキグンwwwwwwwwwwww

    【パ・リーグ抑えランキグンwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/08/16(日) 04:33:04.53 ID:mHkZMWTZa.net
    どっちが上と思う?
    両方凄すぎるんだが

    引用元: 全盛期のファルケンボークと今のサファテって

    【全盛期のファルケンボークと今のサファテって】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/12(金) 05:52:14.35 ID:6PMqMJlvp.n
    no title

    SUGEEEEEE

    引用元: 松井裕奪三振ランキング12位wwwwwwwww

    【松井裕奪三振ランキング12位wwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ