狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    ニューヨーク・ヤンキース

    1: 風吹けば狗鷲 2019/05/17(金) 15:52:45.90 ID:v7oum/5P0

    引用元: 【悲報】元楽天、アンドリュージョーンズさんの現在の姿ωωωωωωωωω

    【【朗報】元楽天、アンドリュージョーンズさんの現在の姿ωωωωωωωωω 】の続きを読む

     3月29日(金) 午前2:00〜
     3月29日(金) 午前5:00〜

    田中の日本投手最多4回目開幕戦登板を見逃すな!!

    大リーグは日本でマリナーズ対アスレティックスの試合が行われ開幕。
    この試合でマリナーズのイチロー選手が現役引退を発表しました。
    28日(日本時間29日)にはアメリカ本土での開幕戦15試合が行われ、ヤンキースの田中将大投手がオリオールズとの試合で先発のマウンドに立ちます。
    田中投手が開幕投手を務めるのは2年ぶり、日本投手最多の4回目で「本拠地1試合目から地元のファンに認めてもらえるようなピッチングをしたい」と意気込んでいます。

    1: 風吹けば狗鷲 2019/03/11(月) 06:13:58.40 ID:zKw0IKw70
    忘れない。ヤンキース田中将大投手(30)が東日本大震災から8年となる「3・11」を「風化させてはならない」と表現した。9日(日本時間10日)にブーン監督から2年ぶりの開幕投手(28日、オリオールズ戦)となることが発表された。
    メジャーの開幕戦先発は自身4度目で、元ドジャース野茂英雄氏(50)の3度を抜いて日本投手最多となる。節目の季節に告げられた大役。東北への恩返しの思いを胸に忍ばせ登板する。



    仙台市を拠点とする元楽天の右腕にとって、この時期は特別心を強くする。11日、東日本大震災からまる8年を迎える。田中は「震災直後に訪れた被災地の光景は、今でも鮮明に覚えている。8年という月日が経過した今だからこそ、風化させてはいけないと、改めて、そして強く思います」と訴えた。
    震災直後、日本ハムのダルビッシュ(現カブス)と連携し、自身のツイッターで避難所や救助法などの情報を開示した。シーズンオフは毎年、仙台を訪れ、小学生らと交流を続けている。

    ひとごとではない。だから感じる。「野球を通じてできること、1人の人間としてできることは限られているかもしれませんが、自分を成長させてくれた宮城、そして東北の地に、微力ながら貢献できれば」。日本を離れても「田中、頑張ってるな」と吉報を届けることはできる。

    引用元: 4度目開幕マー君3・11「風化させてはならない」

    【4度目開幕マー君3・11「風化させてはならない」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/26(土) 12:51:20.82 ID:tGGWnbZ00
    no title



    ブルペンで投げ込む田中(撮影・西尾 大助)
     ヤンキース・田中将大投手(30)が25日、古巣・楽天の本拠、楽天生命パークの室内練習場で自主トレを公開し、ロンドン経由でのワールドチャンピオンを力強く誓った。
    今季6月29、30日(日本時間30日、7月1日)に、大リーグ史上初の欧州開催となるロンドンでのレッドソックス2連戦が組まれる。同戦を心待ちにし、昨季の世界一軍団の打倒に強い意欲を示した。

     自主トレ仲間の楽天・松井、藤平に力強く押し出された。DA PUMPの「U.S.A.」を替え歌し、華麗なダンスで幕開け。2人の「カーモン、ベイビー、マサヒロ!今年はワールドチャンピオン!」の声に、田中がメジャー6年目への一歩を踏み出した。

     「ワールドシリーズ制覇をまだ達成できていない。強い気持ちでそこに挑んでいく」

     今年3度目のブルペン投球は全球種を交え42球投げ込んだ。例年以上と言える力強い仕上がり。途中で則本昂、辛島、松井、藤平の4人を呼び寄せ、置き土産のように間近で実演した。
    「人への助言は、自分でしっかり分かっていないとできない。考えを整理し伝えることは復習になる」。フォームの細部まで入念に確認するよう神経を研ぎ澄ませた。

     「歴史的な場面に、投げる投げないは別として、いられるのは凄く幸せなこと」。6月29、30日にはロンドンでMLB欧州初公式戦が待つ。立ち会いを心待ちにする大舞台。相手は宿敵レッドソックスだ。
    「ボストンの主催で、フェンウェイでの試合も少なくなるし、あの歓声がないだけいい。どっちの応援が多いですかね?」。昨季は地区シリーズで1勝3敗と屈した世界一軍団。「同じ地区だし超えなくちゃいけない相手」とメモリアルに酔う余裕はない。

     練習後、古巣に別れを告げ帰京した。ビートルズはリバプールからニューヨークのシェイ・スタジアムに降り立ち、天下を取った。田中の米6年目は「U.S.A.」に送られ、ロンドンを経ての世界一をにらむ。 (後藤 茂樹)

     ○…大リーグは近年、市場拡大のため、北米以外での公式戦を増やしている。14年にはオーストラリアで初開催。今季は日本、英国のほかメキシコで4試合が行われ、大谷のエンゼルスは5月上旬にアストロズと2連戦が組まれている。
    日本選手で過去に米国、カナダ、日本以外の公式戦に出場したのは4人。10年にプエルトリコでメッツの高橋尚(先発)、五十嵐、昨年にメキシコでドジャースの前田(先発)、パドレスの牧田が登板したが、白星を挙げた選手はいない。日本開催では08年の開幕戦にレッドソックスの松坂が先発し、5番手の岡島が勝利投手となっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190126-00000058-spnannex-base

    引用元: マー、ロンドン経由で世界一 MLB初開催地でRソックス倒す

    1: 風吹けば狗鷲 2018/09/02(日) 08:12:33.75 ID:xYu30uYe0
    マー君10勝目 黒田以来2人目の5年連続2桁勝利

    <ヤンキース2-1タイガース>◇1日(日本時間2日)◇ヤンキースタジアム

    ヤンキース田中将大投手(29)がメジャー1年目から5年連続となる2桁10勝目(5敗)を挙げた。



    7回、96球を投げ7安打1失点。1回に1番打者から3連打で無死満塁。4番マルティネスの犠飛で1点を許したが2回以降は無失点。5回裏にトーレスが逆転2ランをプレゼントしてくれた。

    7回には二塁打、単打、盗塁で無死二、三塁の絶体絶命の大ピンチ。それでも渾身の力で一ゴロ、連続三振で切り抜けた。

    田中は7月31日のオリオールズ戦で9勝目を挙げたがその後5試合連続白星無しで足踏みが続いていたが「6度目の正直」でようやく10勝に到達した。

    5年連続2桁勝利は日本投手ではドジャース、ヤンキースでプレーした黒田博樹以来、2人目。メジャー1年目から5年連続は田中が初めて。

    田中は14年から13勝5敗、12勝7敗、14勝4敗、13勝12敗で今季がここまで10勝5敗。楽天時代を含めると3年目の09年から10年連続の2桁勝利となった。

    引用元: 【速報】 田中将大さん、2009年から10年連続2桁勝利達成

    【【速報】 田中将大さん、2009年から10年連続2桁勝利達成 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/11/30(木) 13:21:47.35 ID:ZpKlg/Z10
    no title


    ヤンキースの田中将大投手が30日、古巣・楽天の本拠地・コボパーク宮城を訪問した。今季、チームはアストロズとのリーグ優勝決定シリーズで3勝4敗で敗戦。「そこ(世界一)までの道のりが見えてきたところがあると思う。チームの成長と共に自分もしっかり成長して、チームの1つのピースとなれるように投げていきたい」と世界一への意気込みを語った。

     今季は開幕から好不調の波が激しく、30試合登板し、13勝12敗、防御率4・74。それでも、ポストシーズンでは3試合登板し、2勝1敗、防御率0・90と圧倒的な投球を見せた。「なかなか思うようにいかないシーズンでありましたけど、その中でも自分の課題に立ち向かって戦い続けたことがシーズン最後の最後で報われた部分があった」と振り返った。

     今オフは契約を破棄できるオプトアウトを行使せずにヤンキース残留を決断。2020年の契約満了までヤ軍の一員としてプレーすることになった。「ヤンキースでプレーしたいからということです。1チームしか経験していないから、何とも分からないですけど、『ヤンキースは特別なチームなんだな』と。ヤンキースにしかいなくても分かることはあります」とチームへの愛着を口にした。

    2: 風吹けば狗鷲 2017/11/30(木) 13:22:00.86 ID:ZpKlg/Z10

    引用元: 田中将大、コボパーク宮城で残留理由明かす「ヤンキースは特別なチームなんだなと」

    【田中将大、コボパーク宮城で残留理由明かす「ヤンキースは特別なチームなんだなと」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/10/19(木) 08:02:09.86 ID:VlPj3zNGr
    おめでとう


    ◇ア・リーグ優勝決定シリーズ第5戦 ヤンキース5―0アストロズ(2017年10月18日 ニューヨーク)


    no title

    【写真】5回1死一、二塁のピンチを切り抜けガッツポーズするヤンキース田中

     米大リーグ、ア・リーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)第5戦は18日(日本時間19日)、ニューヨークで行われ、ヤンキースの田中将大投手(28)が先発。7回無失点の好投でプレーオフ2勝目を挙げた。ヤンキースは3勝2敗とし、8年ぶり41回目のワールドシリーズ進出に王手をかけた。

     7回8奪三振無失点の投球を「全体的に前回より良かった。声援の力を借りて投げられた」と振り返った田中。6回2失点で敗れた第1戦の雪辱を果たし、「ホームで良いゲームが続いていて、(自分は)前回負けていたのでこういうゲームができて良かった」と笑顔を見せた。

     残り2戦は敵地に乗り込んでの戦い。「あとは応援することしかできないので。敵地で1つ勝って次のステージに進めるように頑張っていきたい」とチームメイトに命運を託した。

    引用元: ヤンキースさん、田中将大ガチャで神引き

    【ヤンキースさん、田中将大ガチャで神引き 】の続きを読む

    このページのトップヘ