狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    ニューヨーク・ヤンキース

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/07/07(火) 16:25:08.01 ID:dU3t3BCH00707.net
    広島・黒田博樹投手(40)が一進一退の続くかつての僚友、ヤンキースの田中将大投手(26)の現状を気にかけている。
    今季の田中は開幕投手を務めるなど右ヒジ痛からの復活を遂げたものの、10試合に先発して4勝3敗、防御率も3・94といまひとつ。
    6月下旬には2試合連続で3被弾するなど、どうにも波に乗り切れない。そんな現状を昨季、ヤンキースでチームメートだった男気右腕は「自分の目指す方向が、まだ定まっていないのではないか」と心配する。

    かつての自分も同じ壁にぶつかったという。
    2007年オフにFA権を行使してドジャースへ移籍した黒田は翌08年のデビュー戦でメジャー初白星をつかむなど9勝(10敗)をマーク。
    さらにポストシーズンでもカブスとの地区シリーズ、フィリーズとのリーグ優勝決定戦でそれぞれ勝利投手になるなど順風満帆な1年目に思われた。
    しかし黒田は「日本にいたときのような直球主体のピッチングでは通用しない」ことを痛感し、現在にもつながる打者の手元で動くツーシームを武器にした打たせて取る新たなスタイルを模索していたという。

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/07/07(火) 16:25:26.19 ID:dU3t3BCH00707.net
    「たぶん、田中自身にも迷いがあるんだと思いますよ。このままパワーピッチでいくのか、それとも新たなピッチングスタイルを築き上げていくのか…という。それがハッキリすれば問題ないと思います」

     黒田は思い切って投球スタイルを変更したことが功を奏し、メジャー7年で5年連続2桁勝利を含む79勝を挙げた。男気右腕からのエールは田中に届くか――。

    4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/07/07(火) 16:25:33.77 ID:dU3t3BCH00707.net
    no title

    引用元: 黒田が不振の田中に“男気エール”

    【黒田が不振の田中に“男気エール”】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/06/10(水) 11:00:47.39 ID:2Mt1FSb80.net
    有能

    ◇インターリーグ ヤンキース6―1ナショナルズ(2015年6月9日 ニューヨーク)

     ヤンキースの田中将大投手(26)は9日(日本時間10日)、ニューヨークでのナショナルズ戦に先発し、7回87球を投げて5安打無四球6奪三振1失点の好投で今季4勝目(1敗)を飾った。

     試合前はナショナルズ先発の13年サイ・ヤング賞右腕シャーザーとの対決に注目が集まった。田中はシャーザーとの投げ合いに勝利して「シャーザーが相手ということでなかなか点を取れない難しいピッチャーだと思っていた。自分がしっかりと粘ってゼロに抑えていくしかないと思っていました」と振り返った。

     1点リードの4回にはハーパーにソロ本塁打を浴びたが「失投は失投ですけど切り替えることができた。点を取ってもらった次の回は自分でも意識してマウンドに上がっている。きょうは勝ったからよかったですけど、自分の中では反省しないといけない」と唯一の失点が反省材料となった。これぞメジャーという中堅の最も深いところに飛ばされたことには「あそこにホームランというのは日本ではなかなかない」と相手に脱帽していた。

     4月12日のレッドソックス戦以来の本拠地登板に「地元ファンの方にいい投球を見せたい」と言っていた田中だったが、この日の快投に「チームも勝ちましたし、そういう中でもよかったと思います」と話し、勝利を素直に喜んでいた。

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/06/10(水) 11:01:32.39 ID:2Mt1FSb80.net
    今日は7回1失点 被安打5 奪三振7
    no title

    41: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/06/10(水) 11:07:00.62 ID:Mss0p6FsM.net
    >>2
    こマ?
    完全復活やん

    3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/06/10(水) 11:01:58.45 ID:InLoQ+LS0.net
    これはエースですわ

    引用元: 田中将大 4勝1敗 2.48 36.1回 39奪三振 whip0.80

    【田中将大 4勝1敗 2.48 36.1回 39奪三振 whip0.80】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 21:34:05.87 ID:kQ9nZKPe0.net
    no title


    HIROとHEROを掛けてるんやぞ

    引用元: 米メディア、田中を絶賛wwwwwwwwww

    【米メディア、田中を絶賛wwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/04(木) 07:20:04.03 ID:wQKLDbwW0.n
    最速154キロ


     ◇ア・リーグ ヤンキース3―1マリナーズ(2015年6月3日 シアトル)

     右手首の腱炎と右前腕部の張りで故障者リスト(DL)入りしていたヤンキースの田中将大投手(26)は3日(日本時間4日)、シアトルでのマリナーズ戦に先発し、7回78球を投げて3安打1失点9奪三振とと好投、今季3勝目(1敗)挙げた。ヤンキースは3―1で勝って3連勝。

     4月23日のタイガース戦以来41日ぶりとなる復帰戦。田中は初回はモリソンを空振り三振、ジャクソンを三ゴロ、そしてカノを遊ゴロと上々の立ち上がり。1点を先制点した2回もクルーズ、シーガーを連続で見逃し三振に仕留め、S・スミスは二塁手ドルーの好守で二ゴロと3者凡退に抑えた。

     3回に 先頭のミラーに右中間への三塁打を許すと、続くアクリーには左越え二塁打を浴びて同点。1死後にはモリソンに左前打を許したが、左翼手のフローレスが好返球でアクリーの本塁生還を阻止。勝ち越しは許さなかった。

     再び2点リードとなった4回はクリーンアップを3者凡退。続く5、6、7回とマリナーズの攻撃を3人ずつで退けた。球速は78球目に最速の154キロをマーク、毎回の9三振を奪い、無四球。78球中58球がストライクと制球もよく、ジラルディ監督がメドとしていた85球を下回る球数で7回を投げ切った。
    no title

    引用元: マー糞、7回9奪三振1失点wwwwwwww

    【田中将大、復帰戦で7回9奪三振1失点wwwwwwww】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2015/05/21(木) 06:09:13.02 ID:DhGRilIZ0.n
    no title

    no title

    引用元: 田中将大(26)、ヒゲを生やす

    【田中将大(26)、ヒゲを生やす】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2015/04/28(火) 13:08:19.88 ID:M1UTRdGK0.n
    ヤンキースが、田中将大投手ら先発投手の故障防止策として6人制ローテーションをついに導入する。
    田中が当初の登板日よりも1日多く登板間隔を空けて29日(日本時間30日)のレイズ戦で先発することを
    MLB公式サイトが「ヤンキースが田中に余分な登板間隔を与え、ホイットリーを起用の見込み」との見出しで報じている。

    http://full-count.jp/2015/04/28/post10280/
    no title

    引用元: 【朗報】ヤンキース、先発6人制ローテ 田中は中5日

    【【朗報】ヤンキース、先発6人制ローテ 田中は中5日】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2015/04/24(金) 06:16:46.70 ID:bGEVs1bI0.n
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150424-00000009-spnannex-base

    復活やね


     ◇ア・リーグ ヤンキース2―1タイガース(2015年4月23日 デトロイト)

     ヤンキース・田中が23日(日本時間24日)のタイガース戦(デトロイト)に先発し7回途中3安打1失点と好投も同点のままマウンドを降り、勝ち負けはつかなかった。


     初回1死一、三塁からV・マルティネスに左犠飛で先制点を失ったが、その後はまずまずの投球。気温が0~2度と冷え込む中で、今季初めての中4日での登板となったが、94球を投げ最速150キロをマーク。6三振を奪い2試合連続でクオリティースタートをマークした。

     降板直後の8回に味方が勝ち越し、チームは3連勝。貯金は今季最多の3になり「チームも勝ったですし、1試合通して抑えられたのは良かった」と田中。ジラルディ監督も「7回まで投げたし、良かったと思う」と話した。
    no title

    引用元: マー君 2戦連続QS

    【マー君 2戦連続QS】の続きを読む

    このページのトップヘ