狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    ヒーローインタビュー

    1: 風吹けば狗鷲 2019/06/14(金) 22:14:15.75 ID:NlilMYNMd
    楽天お立ち台でヒーローが掛け合い 茂木の打撃好調要因は「浅村さんです」に浅村「“茂木さん”が…」

    no title

    <楽・広>お立ち台の浅村(左)と茂木は恒例のバーン!(撮影・村上 大輔)
     ◇交流戦 楽天11―2広島(2019年6月14日 楽天生命パーク)

     楽天が球団新記録となる1試合7本塁打を放ち、11―2でセ・リーグ首位の広島に完勝。お祭りムードの中、お立ち台に上がったのは今月2本目の先頭打者アーチで打線に火をつけた茂木と、2回と4回に2打席連続アーチを放った浅村だった。

     まずは「いいホームランになってくれました」と噛み締めるように切り出した茂木は、そこから始まったチームの7本塁打に「すごかったですね、はい」と冷静に一言。自身の打撃好調の要因を問われると「浅村さんです」とし「とてつもなく大きいです」と西武から今季加入した先輩の存在の大きさを挙げた。

     「セカンドでドシッてしてくれてるので、僕も落ち着いてプレーできてます」と茂木。これを受けた浅村は「一発目に茂木さんがすごい形でチームに勢いを与えてくれたんで、そこに乗っかりました」と3学年下の茂木を“さん付け”して感謝した。

     「1本目のホームランも2本目のホームランも全く狙ってない。後ろにブラッシュがいますし、いい形でつなごうと思っています」と浅村。球団新記録を更新する1試合7本塁打に大きく貢献する自身の2発については「いや、もうないと思うんで」と謙そんし「きょうで忘れて、またあしたからやりたいなと思います」と早くも気持ちを切り替えていた。

    引用元: 楽天茂木&浅村ヒロインでいちゃつく 茂木「浅村さんが~」浅村「茂木さんが~(キャッキャ」

    【楽天茂木&浅村ヒロインでいちゃつく 茂木「浅村さんが~」浅村「茂木さんが~(キャッキャ」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 19/06/11(火)23:38:35 ID:tCh
    no title


    <楽・ヤ>ヒーローの塩見(左)とブラッシュは笑顔でポーズ(撮影・村上 大輔)
     ◇交流戦 楽天3―1ヤクルト(2019年6月11日 郡山)

     ここ2年続けて雨に泣き3年ぶりの郡山で、楽天投打の両輪がお立ち台に立った。

     先発塩見は7回を山田哲のソロ本塁打のみに抑えて3勝目。ブラッシュは3回に先制2点打を放ち4番の役割を果たした。

     塩見は「ストレートの走りが良くなかったので変化球を中心に低めに丁寧に投げた」と、初回から4回まで走者を出しながらも連打は許さなかった。5回には3者連続三振に切って取り、7回1失点に踏ん張った。今季は4度の登板で全て6回以上を投げ2失点以下と抜群の安定感を見せている。

     打のヒーローとなったブラッシュは「塩見がいいピッチングをしていたので何とか還そうという意識で打席に入った」と3回2死二、三塁から左前にはじき返し2者を迎え入れた。
    塩見には「ブラッシュ選手には盛岡の時も打ってもらって(今回も援護してもらって)良かった」と感謝され笑みを見せた。

     この2人は盛岡で行われた先月28日の西武戦でもお立ち台に立っており、再び2人でヒーローインタビューを受けた。最後に塩見は郡山のファンに「雨が降らなくてよかった。仙台にも足を運んでください」と呼び掛けて締めくくった。

    引用元: 楽天“塩ブラ”コンビが再びお立ち台、3年ぶり郡山開催で快投&V打

    【楽天“塩ブラ”コンビが再びお立ち台、3年ぶり郡山開催で快投&V打】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/06/11(火) 23:30:14.03 ID:xgjxegte0
    no title

    お立ち台で楽天恒例の「バーン」を決める塩見(右)とブラッシュ(撮影・足立雅史)


    <日本生命セ・パ交流戦:楽天3−1ヤクルト>◇11日◇ヨーク開成山スタジアム

    楽天の4番にジャバリ・ブラッシュ外野手がはまった。3回2死二、三塁で2球内角を厳しく突かれ「ギャンブル的に(イン)コースを張っていた」。胸元に食い込んでくるようなヤクルト原のシュートを左前にはじき返す先制適時打。初めて4番に入った9日の中日戦に続き、2試合連続タイムリーで3連勝と今季最多に並ぶ貯金7を呼び込んだ。

    試合前のシートノックは基本的に免除。全体のウオーミングアップ参加も判断を任されている。前カードは下半身の張りで大事を取って2試合欠場した。「万全な状態で試合に臨んでくれればいい」。平石洋介監督はじめ、チームは手厚くバックアップするが、孤高ではない。先頭打者だった2回、ピンチで踏ん張った塩見をベンチ前で出迎えてから打席へ向かった。
    「メンタルも体もコンディションがいい。4番は茂木、浅村と出塁率の高い打者が前にいる。得点圏、打点を稼ぐチャンスで回ってくるのはうれしいね」と感謝する。
    交流戦のチーム打率は2割3分5厘にとどまる中、ブラッシュの前に座る浅村栄斗内野手も適時打を含む猛打賞。「全員が1年を通していいことはあり得ない。その間は、他の選手がカバーする」。平石監督の言葉を、不動の3番と新たな4番が体現する。【亀山泰宏】

    ▽楽天塩見(7回5安打1失点で負けなしの3勝目)「ブルペンから走っていないと感じた真っすぐは見せ球にして、変化球を多めにした」
    ▽楽天浅村(5回に追加点となる適時打を含む猛打賞)「(適時打は)何とか追加点という気持ち。いいところに飛んでくれました」

    引用元: 楽天新4番ブラッシュ2戦連続適時打も感謝忘れず

    【楽天新4番ブラッシュ2戦連続適時打も感謝忘れず 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/05/26(日) 22:20:19.15 ID:MibvHqst0
    no title

    楽天対オリックス 女性ファンに囲まれお立ち台で記念撮影する楽天の堀内(左)と石橋(撮影・足立雅史)
    <楽天4-1オリックス>◇26日◇楽天生命パーク

    楽天の高卒4年目捕手、堀内謙伍が初めて本拠地お立ち台に上がった。「緊張しすぎて、何をしゃべっていいか…」。試合では肝が据わっていた。先制された直後の2回に連続四球で2死満塁となり、初球の直球を中前へ2点適時打。
    「変化球は仕方ない。腹をくくりました」。指揮官が好んで使うフレーズが口を突いて出た。守っても先発石橋から守護神松井まで年上の5投手を懸命にリード。ソロ1本の1失点でしのいだ。


    日本代表でも主軸を担った高校時代には、今春東京6大学リーグタイ記録の5試合連続本塁打を放った法大・安本らと3者連続アーチの離れ業を記録したことも。
    2軍監督時代から指導し「(嶋)基宏の年齢を考えると次の捕手も大事」と話す平石監督も目を細める。「プレー、発言、考え方…。試合を支配し、皆から信頼を得なければいけない捕手としては少し軽く見えるところもあったが成長している。星野(仙一)さんも『こいつを何とかせな』と、ずっと言ってましたから」。
    今季マスクをかぶった4試合全て白星。本人も「嶋さんに早く近づきたい」と貪欲だ。【亀山泰宏】

    引用元: 楽天堀内緊張の本拠お立ち台「嶋さんに近づきたい」

    【楽天堀内緊張の本拠お立ち台「嶋さんに近づきたい」 】の続きを読む

    <楽天6-5日本ハム>◇24日◇楽天生命パーク

     楽天宋家豪投手(25)が、台湾から来日3年目でプロ初勝利をつかんだ。同点の8回に3番手で登板。近藤、中田、アルシアの中軸を三者凡退に仕留めた。その裏に味方が勝ち越したことで、待望の1勝目が舞い込んだ。

    【写真】プロ初勝利を挙げ、ファンの声援に応える楽天宋家豪

     初のお立ち台では、巨人阿部をほうふつとさせる「サイコーデース」を3度絶叫した。16年に育成契約を結び、昨季途中に支配下登録を勝ち取った苦労人。「奥さん、見に来ていた。うれしいね。ウイニングボールあげる」と、2年前に結婚したシンフェイさんへ、ささげる1勝でもあった。

    【楽天宋家豪プロ初勝利!3度絶叫の阿部ばりお立ち台】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/08/11(金) 06:49:32.57 ID:MkEb/e9md
    お前がしっかりしろって話だろ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170811-00000057-sph-base

    同期の支えもあった。試合前の練習中。
    同学年の枡田に「2番バッター、ちゃんとしてくれる?」と冗談交じりで激励を受けた。
    銀次と枡田は同じ05年のドラフトで高卒のプロ入り。
    背番号も33と32で1つ違い。これまでの12年間苦楽を共にしてきた。
    そして試合後に待っていたサプライズ。
    ずぶぬれになった銀次を見て、枡田が自らのユニホームを差し出した。
    お立ち台に銀次は「32」で上がった。
    出場機会に恵まれない同期に「慎太郎やったぞ!」とヒーローインタビューで感謝の気持ちを伝えた。

    引用元: 楽天・枡田「2番バッター、ちゃんとしてくれる?」 

    【楽天・枡田「2番バッター、ちゃんとしてくれる?」】の続きを読む

    このページのトップヘ