狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    プロ初安打

    1: 風吹けば狗鷲 2019/06/13(木) 23:52:09.26 ID:xEoQIXum0
    ◆日本生命セ・パ交流戦 楽天3—11ヤクルト(13日・楽天生命パーク)

     楽天は8回に中継ぎ陣が打ち込まれて、ヤクルトに大敗。連勝は4でストップした。先発した石橋良太投手(28)は6回を投げ4安打2失点の粘投も実らず、自身4勝目を逃した。

     8点を追う9回2死、走者なしの場面ではドラフト2位ルーキーの大田光(23)=大商大=が代打で登場。プロ初安打となる左前打を放つと「1軍にいるルーキーの中で打っていないのは自分だけだったから、打ちたかった」と喜びをかみ締めた。

     ヤクルト側から記念球が三塁側ベンチに戻されると、なぜかドラフト1位・辰己涼介外野手(22)=立命大=が、大事そうにユニホームの中にしまった。大田は18日の阪神戦(倉敷)に両親が応援に駆けつける予定であることを明かした上で「記念球は両親に渡したい」と話していた。

    引用元: 【悲報】楽天太田光、プロ初安打の球を同級生辰己の腹に隠される

    【【悲報】楽天太田光、プロ初安打の球を同級生辰己の腹に隠される 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/05/23(木) 23:52:39.61 ID:VGYrXh2u0
    no title


    ◆日本ハム11—2楽天(23日・札幌D)

     楽天のドラフト6位・渡辺佳明内野手(22)=明大=が、プロ初安打を放った。「9番・三塁」で初めてスタメンに名を連ねると、2点を追う5回1死で迎えた第2打席で、日本ハムの先発・杉浦のスライダーを初球打ち。きれいに中前にはじき返した。

     「1打席目から感触はよかったので、きょう初ヒットが出たらいいなと思って2打席目に立ちました。初球からどんどん振っていこうと思っていたら、甘いスライダーが来たので振っていきました。こんなに早く出るとは思いませんでしたね」

     同点に追いついた2回、なお2死一塁で迎えたプロ初打席は、フルカウントまで粘った末に、いい当たりの右飛に倒れていた。その好感触に自信を得ると、ファーストスイングでいきなり結果を出し、一塁塁上で少しだけ笑顔を見せた。

     ようやくつかんだチャンスだった。春季キャンプからオープン戦を通じて1軍に帯同していたが、開幕と同時に2軍落ち。イースタンでは26試合に出場して打率2割8分8厘、0本塁打、12打点の好成績を残し、19日のロッテ戦(ZOZO)で1軍に初昇格。21日の日本ハム戦(札幌D)で代走としてプロ初出場を果たしていた。

     祖父・元智氏(74)は、横浜高の監督として歴代4位タイの甲子園通算51勝をマークした高校球界屈指の名将だ。「打ったよ、という報告はします。初ヒットのボールも実家に飾ってもらいますけど、まだ1本出ただけ。これからしっかり結果を残して、ずっと1軍に残っていけるように頑張りたいです」。偉大な祖父に追いつき、追い越すためにもさらなる活躍を誓った。

    引用元: 【楽天】ドラ6・渡辺佳がプロ初安打「こんなに早く出るとは」祖父は横浜高前監督の元智氏

    【【楽天】ドラ6・渡辺佳がプロ初安打「こんなに早く出るとは」祖父は横浜高前監督の元智氏 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 19/05/23(木)22:30:56 ID:FQm

    引用元: 楽天ドラ6・渡辺 プロ初スタメン初安打 祖父は元横浜高監督・元智氏

    【楽天ドラ6・渡辺 プロ初スタメン初安打 祖父は元横浜高監督・元智氏】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/08/08(水) 22:43:47.61 ID:32qYCPrc0
    楽天西巻プロ初安打も「悔しさの方が」好機三振反省

    <日本ハム2-1楽天>◇8日◇札幌

     楽天のドラフト6位ルーキー西巻賢二内野手が、プロ初打席初安打を含む2安打と活躍した。

     「9番二塁」でスタメン出場。3回無死一塁の第1打席で村田のスライダーを左前へ運んだ。

     「9番だったので、守りについてから打席を迎えられた。だから少し気持ちを楽に打席に入れたと思います。打った瞬間? 何とかつなぎたいと思っていたので、塁上に行ってから『ああ初ヒットだったんだな』と思いました」。

     7回にも左腕宮西から「初球タイミングを取った時に少し早すぎたので、もう少し待った方が良いのかなと打席の中で工夫できたのが良かった」という中前打。初の複数安打も記録した。

     だが9回1死二塁の好機に空振り三振。チームは1点差で敗れた。試合後は自分に厳しく「初ヒットは出ましたけど悔しさの方が勝ってます」と振り返ったが、記念のボールはしっかりとリュックの中に。「親にあげます」とはにかみながら球場を後にした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00293693-nksports-base

    引用元: 楽天の高卒ルーキー、西巻賢二(18歳ショート)、今日2安打wywywywywywywywywywywywywywyw

    【楽天の高卒ルーキー、西巻賢二(18歳ショート)、今日2安打wywywywywywywywywywywywywywyw 】の続きを読む

    20180630-OHT1I50137-L
     
    9回1死一塁、山崎が中安打を放ち、プロ初安打

    ◆西武1―9楽天(30日、メットライフドーム)

     楽天のドラフト3位・山崎剛(22)=国学院大=が、9点リードの9回に西武4番手・佐野からプロ初安打となる中前安打を放った。1ボールから141キロの直球をはじき返したヒット。ホッとしたように大きく表情を変えることもなかったルーキーは「あざーっすって感じですかね。『あー、抜けたー』って思いました」と報道陣を笑わせながら振り返った。

     山崎ワールド全開だった。8回裏の守備から二塁・藤田に代わって途中出場。9回表は3人目に打順が回り、代打が送られない限り確実に打席に立つことが決まっていたが、山崎は守備についたのが9回裏と勘違いしたため「ベンチに戻ってから気がついて、慌ててバッティングの準備をしました」。慌ただしく手袋をはめ、バットを持ったが、プロ9打席目にして思わぬ形で初安打が生まれた。

     さらに記念のボールがベンチに戻されると、ペゲーロがあらかじめ仕込んでいた別のボールを観客席に投げ込み、自分の記念球を投げられたと勘違いした山崎は「やっちゃったなと思いました」。無事手元に届いたが、届け先などにこだわりはなく「キャッチボールのボールにします。いや、それはウソです。とりあえず持っておきます」と笑っていた。


    5/11(金) 12:03配信

    週刊ベースボールONLINE

    楽天・茂木栄五郎内野手「ホッとしたのを覚えています」

    プロ野球12球団の選手やスタッフに自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「思い出の初〇〇」です。



     いろいろありますけど、一つ挙げるならやっぱりプロ初安打だと思います。プロ1年目の開幕2戦目ですね。ここ(Koboスタ宮城=当時)でのソフトバンク戦で、ピッチャーはバンデンハークでした。フルカウントからファウルで粘って、最後はストレートを打って右中間三塁打。結構、鮮明に覚えていますよ。とにかく思い切りいこうとは思ってたんですけど、やっぱり、相当うれしかったんでしょうね(笑)。

     ルーキーで開幕戦からスタメンで使ってもらったのに、初戦はヒットが出なかったんですよ(4打数無安打)。それで、なかなか落ち着かなかったんだと思います。打ったのは、2戦目の第1打席でしたからね。すごくホッとしたのを覚えています。

    写真=井沢雄一郎

    【楽天・茂木栄五郎内野手「ホッとしたのを覚えています」/思い出の初○○】の続きを読む

    ◆日本ハム0―1楽天(2日・札幌ドーム)

     日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)=早実=のデビュー戦で対戦した楽天からも驚きのコメントが多数上がった。

     この試合では2回2死走者なしの第1打席に、岸がフェンス直撃の二塁打を浴びたが、その後は2打席連続でチェンジアップを振らせて空振り三振。試合にも1―0で勝ったが、梨田監督は「試合前に楽天が勝って清宮が打てばいいと冗談で言っていたけど、本当にそうなったね。雰囲気を持っているよね。懐の深さとか。最初の当たりは(スタンドに)行ったかなと思ったね。これから成長していくと思う。今日はいい思い出に残る試合だったと思う」と怪物ぶりを認めた。

     さらに大谷のプロ初打席でも対戦した岸は、第1打席に二塁打を浴び「ものすごい打球が飛んでいったので、次からはしっかり投げようと思った」と苦笑い。1―0の7回2死三塁ではフルカウントから空振りに三振を奪い「自分のピッチングをするだけだと思った」と振り返った。リードした嶋も「懐の深さとか非常にいい雰囲気を持っていたので、普通になめてかかったらやられるなとは思った」と話した。

    【【楽天】1軍デビューの日本ハム・清宮に驚き…岸「普通になめてかかったらやられる」】の続きを読む

    このページのトップヘ