狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    ベテラン

    1: 風吹けば狗鷲 2018/05/27(日)16:40:52 ID:7VD
    契約最終年で本領発揮してきたな

    no title

    引用元: 5月 今江 .377(69-26) 1HR 12打点 OPS.890

    【5月 今江 .377(69-26) 1HR 12打点 OPS.890】の続きを読む

    ◆ソフトバンク4―8楽天(27日・福岡ヤフオクドーム)

     パ・リーグ最下位の楽天は、同点の7回に代打で打席に立った今江年晶内野手(34)が、勝ち越しの2点適時三塁打を放った。

     3―3の7回。1死から田中、茂木の連打で一、二塁のチャンスを作るとソフトバンクは先発・武田から左腕のモイネロにスイッチ。楽天は2番・藤田に前日(26日)にモイネロからソロ本塁打を打った今江を代打で送ると、左中間を破る三塁打で2点を勝ち越した。三塁まで激走して、ヘッドスライディングを見せた。

     下半身のコンディション不良を抱えながらのV打と激走に「出たら痛いとか言ってられないし、スタメンじゃなくて途中からあの1打席だけなので強い気持ちをかけて打席に立ちました」とホッとしていた。

     梨田監督も「足が痛いのにスリーベースを打ってね。歩いているときの方が痛そうなのでずっと走らせておこうかなと思う」と冗談交じりにたたえていた。

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     全てが凝縮されている、重みのある言葉だった。楽天久保は「また野球が出来る。契約してもらえる。本当に、そこですね。楽しくやっていきたい」と満面の笑みで話した。5日に支配下登録された。昨季からテスト入団で楽天に加わるも、9月に「右第4、5手血流低下」と診断され、同10月に戦力外を受けた。今季は育成選手として再出発。プロ16年目のベテランは故障を完治させ、背番号「091」から「91」を勝ち取った。

    【写真】笑顔でランニングする楽天久保

     松坂世代の37歳。巨人時代に同僚だったBC栃木・村田の話題になると、さらに言葉に力を込めた。

     久保 良かったですよね。もちろん彼らの活躍が刺激になるし、野球が出来ることの幸せというものを感じますよね。

     ともに第一線でやってきた間柄だからこそ、分かるものがある。そんな表情だった。「僕らも、もう若くないので。明るく元気に頑張りたい」と続けた。既に現役を引退した元ヤクルト新垣、元日本ハム多田野などもいれば、久保や村田、ソフトバンク和田のように現役を続ける選手も多数いる。

     限りある時間。1日、1日の過ごし方が、未来を左右する。そんなことを考えさせられる言葉だった。【楽天担当 栗田尚樹】

    1: 風吹けば狗鷲 2018/05/13(日) 20:42:35.22 ID:mjH9mKad0
    2006 1勝3敗5HP    5.89
    2007 4勝8敗1HP    4.68
    2008 3勝8敗4S 8HP  3.89 
    2009 3勝5敗5S 3HP  5.49
    2010 5勝1敗1S 20HP 1.72
    2011 3勝4敗2S 26HP 2.79
    2012 5勝4敗22S 7HP 2.51
    2013 3勝5敗11S 20HP 3.43
    2014 1勝4敗2HP    4.44
    2015 4勝5敗35HP   2.81
    2016 1勝5敗15HP   4.83
    2017 1勝1敗4HP    2.30
    2018 1勝0敗       0.00

    通算 35勝53敗45S 146HP 防御率3.83


    no title

    引用元: 楽天・青山浩二、プロ入りから13年連続勝利!!

    【楽天・青山浩二、プロ入りから13年連続勝利!! 】の続きを読む

     最下位に低迷する楽天にあって、明るい要素もある。5日に育成契約から支配下登録され1軍に昇格した37歳右腕、久保裕也投手の存在だ。5日の試合前練習後には報道陣の待つ球場内通路で「いえーい!!帰って来ましたー!!」と大きな声で喜びを表現した。

     昨年は中継ぎで27試合3勝1敗6ホールドの成績を残したが、9月に右手の薬指、小指に血行障害の症状が出て登録を抹消された。10月には戦力外通告を受け、育成選手として再契約。11月には手術を受けたが「血管が詰まっていたら、開かなければいけなかったが、血管に手を付けずに済んだ」と最悪の事態は免れた。

     約1カ月の投げられない時期はあったが、昨年末には投球を再開。キャンプは2軍となったが、リハビリと調整を重ね、再び支配下登録を勝ち取った。「本当は開幕前に(1軍に)上がれたら良かったが、そんなにうまくいく訳もなく。でも比較的早い段階で1軍に呼んでもらえたので精一杯頑張りたい」と意気込んだ。

     いわゆる松坂世代。初勝利を挙げた中日・松坂には「頑張ってるなと思った」と刺激を受けている。既に中継ぎで2試合に登板し防御率は3・00だが、比較的安定した投球を披露している。練習着の袖の番号はまだ、育成時代の「091」。「0」を自らニッパーで取ろうとしたがうまくいかず「刺繍が二重になってるんですよ。しぶといです」笑う37歳。袖の「0」は取れなくても、チームの浮上のために身を粉にして奮投する姿を見れば、誰もが育成選手だったことは忘れるはずだ。(記者コラム・黒野 有仁)

    【楽天の“松坂世代”久保 チームの浮上へ奮闘 5日に育成契約から支配下登録】の続きを読む

    【楽天】青山、今季初の1軍合流 ブルペンから悪い流れ断つ

    ◆楽天―ロッテ=雨天中止=(24日・楽天生命パーク宮城)

     楽天の青山浩二投手(34)が24日、今季1軍初合流。降雨のため、ロッテ戦(楽天生命)が中止となり、登録は見送られたが、25日に昇格する予定だ。ここまで借金8と波に乗れないチームに、通算500試合登板を誇るベテランが落ち着きをもたらす。

     満を持して1軍の舞台に戻ってきた。ファームでは7試合に登板し1勝0敗、防御率1・29。チェンジアップ、カットボール、縦スラなど球種も増えたが「真っすぐが良くなってきているから、そこは手応えがある。低めに、思った高さにいくようになってきた」とうなずいた。

     刺激を受ける対戦もあった。19日のイースタン・リーグ日本ハム戦(森林どり泉)、延長10回2死二、三塁で清宮を迎えた。ファウルで粘られたが、14球目のフォークで左飛。その翌日に清宮が、2軍でのプロ初本塁打を放ったこともあり「いい練習相手になったんじゃないですか」と笑ったが、「そこから状態は上がってます」と自信ものぞかせた。

     チーム状態については「かみ合っていないな、と。流れが悪い」と、我慢のときであることを強調。「いけと言われたところでいくだけ。結果を出して、より多く投げられるようにしたい」と話した右腕が、ブルペンからチームに安心感を与える。(山口 泰史)

    【【楽天】青山、今季初の1軍合流 ブルペンから悪い流れ断つ】の続きを読む

    松井と渡辺直 杜の都でファンの温かさに包まれた2人のベテラン

     ひんやりした空気を和らげる、やわらかな日差しと同じような温かさを感じた。4月14日、楽天生命パーク。ビジターだった西武の先発メンバーのアナウンスで、楽天ファンから大きな拍手と歓声が起きた。

     「8番、レフト、松井」。

     この球場での先発出場は昨年8月26日の日本ハム戦以来。ユニホームが変わったレジェンドに、古巣のファンは温かかった。「本当、うれしかったよね」。翌15日の練習終わりに、ファンの反応への感想を聞くと松井は、感慨深げにそう言った。
    主将も務め、13年には球団初の日本一へと導くなど7年間、在籍。現役続行を希望して15年ぶりに西武に復帰してから、初めてかつての本拠地を訪れた。初回、左翼の守備位置に向かいキャッチボールを終えると、古巣の応援席からの声援に頭を下げた。楽天が昨年売り出していた「マイヒーロータオル」の「7稼頭央」とデザインされたピンクとブルーのタオルを掲げていた楽天ファンも、少なくなかった。春先の球場で見ることができる、移籍選手に対する心温まる光景だった。

     くしくも、松井が楽天に加入した10年オフ。金銭トレードで横浜(現DeNA)に移籍し、その後、昨年まで西武に在籍していたのは渡辺直だ。前日13日に2番遊撃で先発出場。遊撃での先発出場は今季初めて。仙台での遊撃での先発出場は西武時代の16年4月2日以来だが、楽天のユニホームでは10年以来8年ぶりだった。

     渡辺直がプロ入りした07年から3年間、記者は楽天担当だった。当時、当たり前のように見ていた景色に少しセンチメンタルになったが、本人にそんな感慨はさらさらなかった。
    エース左腕・菊池を相手に、初回無死一塁からはバスターエンドランで左越え二塁打で3点の先制劇を演出。7回1死一塁でも、ランエンドヒットで菊池の宝刀スライダーに食らいついて何とか投ゴロにして、走者を進めた。5度の守備機会も難なくクリア。翌日「まだ、ショートやれるじゃん」と声をかけると「でしょ!」と胸を張るので笑ってしまった。
    西武時代、渡辺直と気が合った中村に聞けば「試合中に“もう、足が痛え”って言ってましたよ」というのが裏話。だが、戦力外になった古巣との今季初対戦で、胸に期すものもあったのだろう。

     野球人生が図らずも交差する松井と渡辺直。実は昨オフ、渡辺直が西武から戦力外通告を受けた後「やりたいと思うならあきらめない方がいい」と電話越しに励ましたのは松井だった。
    チームは入れ替わったが、ともにファンにとって大きな存在であることは変わらない。杜の都でファンの温かさに包まれた2人のベテラン。よきシーズンを、と祈っている。(記者コラム・春川 英樹)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00000084-spnannex-base

    このページのトップヘ