狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    ポジション争い

    1: 風吹けば狗鷲 2019/03/25(月) 10:40:14.20 ID:ftyp6eTm0
    no title


    2回1死満塁、オコエ瑠偉が左翼線に先制となる2点適時二塁打を放つ
    ◆オープン戦 中日7―7楽天(24日・ナゴヤドーム)

     オープン戦最後となる中日3連戦。「9番・右翼」を争うオコエとドラフト1位・辰己が交互に出場し、いずれも活躍を見せた。平石監督は「まだ悩んでる。マイナスじゃなく、前向きな悩みですけど」と、うれしい悲鳴を上げた。

     確かに甲乙つけがたい。数字を見れば、打率は辰己が規定打席不足ながら3割3厘をマーク。一方、オコエには2本塁打、10打点と長打力がある。この日も先制の2点二塁打を放ったが、それだけではない。8回にはスクイズを決めるなど小技もある。

     では、オコエか? いや、だからこそ辰己だ。オコエがベンチにいれば、終盤の接戦で持ち味を発揮できるからだ。スピードは互角だが、辰己はスタート、スライディングなど走塁技術に課題があり、代走で盗塁を決めるとなると、まだ厳しいのが現状。大学時代は中軸を打っていたこともあり、バントも苦手だ。

     指揮官は「9番から上位につなぐことがものすごく大事」とも言っている。率を残せるドラ1ルーキーを開幕スタメンで起用し、小技にパンチ力も兼ね備えるオコエをスーパーサブで起用すると見る。(楽天担当・片岡 泰彦)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190325-00000004-sph-base

    引用元: 【楽天】オコエ、スーパーサブで持ち味発揮…担当記者が占う

    【【楽天】オコエ、スーパーサブで持ち味発揮…担当記者が占う 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/03/03(日) 13:41:16.16 ID:Bf43hjCY00303
     東北楽天の外野手の定位置争いが熱を帯びている。攻守で安定する島内と昨季新人王の田中に続く残り1枠を巡り、4年目のオコエと新人の辰己(立命大)がオープン戦で結果を出し、猛アピールしている。田中の右足首の負傷が不透明ながら、最後まで気の抜けない戦いが続きそうだ。
     2月24日に沖縄・浦添市民球場であったヤクルトとのオープン戦。「1番・右翼」で先発出場したオコエは一回、先頭でスアレスのスライダーにうまく対応し、左翼席へソロをたたき込んだ。実戦で既に3本塁打と絶好調だ。
     オフシーズンには専門家の指導を頼りに動画解析などで理論的にスイングを見つめ直した。「自然に良くなっている。動きが体に染み付いてきた」と手応えを実感する。
     辰己も負けていない。「神懸かり的に打てる時期が来ますよ」。試合前の言葉通り、八回に左越え2ランを放った。3月1日の台湾プロ野球ラミゴ戦では3安打し、プロの実戦で初の猛打賞を記録するなど上り調子だ。
     プロの速球に対応するためキャンプで軽めのバットを使っていたが、体重が理想に近い75キロで安定し、素早いスイングが可能になり、これまでの920グラムのバットに戻した。さらに力強い打球を飛ばそうと「もっと重いのを使おうとも考えている」と語る。
     平石監督は「持っている力を出している」と2人の活躍に目を細める。
     外野手は新外国人のブラッシュに加え、トレードで新加入した橋本らが控える。
    「争いに加われているのがうれしい」とオコエ。辰己も「先輩に負けたくない」と闘志を燃やす。チーム力向上に不可欠な「競争意識」が外野手陣に生まれている。(伊藤卓哉)

    引用元: <楽天>外野手争い白熱 島内、田中に続く残り1枠をオコエ辰己が狙う

    【<楽天>外野手争い白熱 島内、田中に続く残り1枠をオコエ辰己が狙う 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/02/18(月) 06:56:48.03 ID:a+OLrKuo0
    no title

    2回無死二塁、左越え2ランで実戦初安打を記録した辰己

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-00000201-sph-base
     楽天は17日、練習試合でロッテと対戦した。ドラフト1位ルーキー・辰己涼介外野手(22)=立命大=が、対外試合で今季初安打となる決勝2ランを放つと、
    新外国人ジャバリ・ブラッシュ外野手(29)=エンゼルス=、オコエ瑠偉外野手(21)も負けじと本塁打を放ってアピール。外野手争いが、いよいよ本格化してきた。

     一発攻勢の口火を切ったのは、ルーキーだった。1―1で迎えた2回無死二塁。辰己が有吉の投じた139キロの直球を振り抜くと、
    白球は左翼席で弾んだ。ここまで実戦2試合で7打数無安打だったが、待望の初ヒットが本塁打。「練習ではセンターから左中間に向かって打つことを意識していた。練習通りにできて良かった」と充実感を漂わせた。

    引用元: 【楽天】外野バトル本格化 ドラ1辰己、ブラッシュ、オコエが一発競演

    【【楽天】外野バトル本格化 ドラ1辰己、ブラッシュ、オコエが一発競演 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/02/06(水) 21:26:25.17 ID:kbZSYIhb0
    ブラッシュVSオコエVS辰己VS小郷VS橋本到VS八百板卓丸
    ブラッシュをファーストにしたらサードが内田銀次の争いになるので
    実質銀次と内田も加わる


    これ生き残れんわ

    引用元: 楽天のライト争い、激化wywywywywywywywywywywywywywywywywy

    【【朗報】楽天のライト争い、激化】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/31(木) 20:34:38.17 ID:XAP6D/9O0
    石井GMも「投手と二塁以外、7つのポジションは競争になる」とし、選手の競争意識を高めた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190131-00000142-dal-base
    D739A442-3A12-453A-8A03-835174470C75

    全体ミーティングで選手を前に話す楽天・平石監督=沖縄・久米島

    引用元: 【楽天】石井GM「7つのポジションは競争になる」

    【【楽天】石井GM「7つのポジションは競争になる」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/12/15(土) 16:01:10.22 ID:dEHZbfTr0
    no title


    契約更改後に会見する渡辺直
     楽天・渡辺直人内野手(38)が15日、仙台市内で契約更改を行い、200万円アップの1700万円でサインした。

     今季は横浜(現DeNA)、西武を経て8年ぶりに楽天に復帰。ベンチスタートが多かったがほぼ1年を通して1軍に帯同して69試合に出場した。7年ぶりの本塁打を放つなど2本塁打12打点、2割8厘。ベンチでもムードメーカーとしてナインを盛り上げた。

     1980年生まれの「松坂世代」で、来季は同学年の久保と並んでチーム最年長になる。同学年の杉内、村田、矢野らは次々に引退を決断。さらに楽天では平石監督、小谷野打撃コーチ、後藤2軍打撃コーチが就任し、同学年ながら指導者と選手という間柄にもなった。
    まだまだ現役に強いこだわりを持ち「去年戦力外になってイーグルスに復帰させて頂いて苦しいシーズンではあったけど、本当に野球をやっている感がすごくあった。悔しいとかうれしいとかそういう気持ちで野球が出来てすごく幸せだった。
    その気持ちを来シーズンは結果に結びつけたい。イーグルスで野球をやるというのが最高に幸せな1年だった」と笑顔を見せた。

     来季へは「レギュラーを獲りたい!」と意気込んだ。狙う定位置を問われると「セカンド!」と即答し、西武の後輩でFA加入する浅村のポジションを挙げたが「違うか」と苦笑。「どこでも出来る準備はしている」と意気込んでいた。

     ◆渡辺 直人(わたなべ・なおと)1980年10月15日、茨城・牛久市生まれ。38歳。牛久高、城西大、三菱ふそう川崎を経て、06年の大学・社会人ドラフト5巡目で楽天に入団。10年オフに金銭トレードで横浜入りし、13年7月にトレードで西武へ移籍。
    昨オフに戦力外となり、楽天に復帰した。プロ12年通算で1115試合に出場し、6本塁打228打点115盗塁、2割6分。173センチ、73キロ。右投右打。背番号26。

    引用元: 【楽天】渡辺直 西武の後輩・浅村に宣戦布告? 狙う位置は「セカンド! 違うか」

    【【楽天】渡辺直 西武の後輩・浅村に宣戦布告? 狙う位置は「セカンド! 違うか」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/11/24(土) 21:03:34.64 ID:cX2mRgQr0
    no title

    藤田は、強力なライバルの加入をあえて歓迎する
     自分より若く優秀なライバルが転職してきたとき、どう振る舞うかには人間性が現れる。

     「自分が今後チームのために何ができるかを、考えるきっかけになります。浅村とはグラウンドで顔を合わせれば話をする程度ですが、楽天に来てくれることはうれしい。間違いなくチームの競争力が増して強くなれますから」

     そう話すのは楽天・藤田一也内野手(36)だ。西武からFA宣言した浅村栄斗内野手の加入が決定。今季143試合にフル出場し、打率・310、32本塁打、127打点で2度目の打点王に輝きチームをリーグ優勝へ導いた最強のクラッチヒッターの入団は、同じ二塁を本職とする藤田の働き場が奪われることを意味する。

     「自分は来年37歳です。あと何年現役でいられるか分からない。常時スタメン出場して浅村ほどのインパクトをチームに与えられるかというと、そうではないとみられることも理解できる。じゃあ、自分に何ができるのか。チームの勝ちにどう貢献できるか。今までに経験のないポジションで出ることも必要になるでしょう」

     藤田もベストナイン2回、ゴールデングラブ賞3回の実績を誇るが、自分の成績よりチームへの貢献を考えているという言葉に嘘はない。

     というのは、同志社大出身の平石洋介監督(38)は近大出身の藤田の2学年上。近畿学生野球連盟でしのぎを削った間柄だ。「若い頃なら、同じポジションの選手をFAで獲るのはいろいろ思うところがあったはずですが、プロはチームが勝つことが最優先。平石監督とは、さかのぼれば大学時代から対戦している。普段からよくしていただいていて、何とか男にしたい人なんです」

     働き場や肩書が変わっても、組織への貢献を最優先に行動できる人間は、プロフェッショナルと呼ぶにふさわしい。(片岡将)

    https://www.zakzak.co.jp/smp/spo/news/181122/spo1811220015-s1.html?ownedref=articleindex_all_newsList01

    引用元: 楽天ベテラン・藤田がプロ魂激白! ライバル浅村加入も「自分がチームのために何ができるか」

    このページのトップヘ