狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    マスク

    1: 風吹けば狗鷲 2020/06/17(水) 19:11:09.55 ID:vb/Z9PQI0
    かっこええわ
    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元: 【朗報】楽天イーグルスさん、日本人選手は地味だが助っ人外国人はトップレベルに派手

    【【朗報】楽天イーグルスの助っ人外国人、マスク姿がかっこいい】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2020/05/27(水) 15:21:31.50 ID:Ll/AWFOX0
    楽天は27日、島内宏明外野手(30)が宮城県へ1万枚のマスクを寄贈すると発表した。県を通じ、県内の教育機関へ配布される。


    島内は球団を通じ
    「自分が生活する宮城県に何かできないかと思い、このたびマスクを寄贈させていただくことになりました。
    6月に入ると学校も始まるので、子供たちが安心して学校へ通えるようになることを願っています。宮城の皆さんに、少しでも元気になっていただけるよう、全力プレーで頑張ります」
    とコメントした。

    引用元: 楽天島内、宮城県教育機関へ1万枚マスク寄贈

    【楽天島内、宮城県教育機関へ1万枚マスク寄贈】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2020/05/07(木) 14:49:22.64 ID:oBDhmjRl0
     楽天は7日、松井裕樹投手(24)が、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自らと関わりの深い宮城県、神奈川県の横浜市と川崎市の医療機関等に、
    サージカルマスク計4万枚を寄付すると発表した。

     内訳は楽天が本拠地を置く宮城県に2万枚、出身である横浜市に1万枚、桐光学園在学時の3年間を過ごした川崎市に1万枚が、各自治体を通して
    医療機関などに寄付される。

     松井は球団を通じて「今、日々懸命に新型コロナウイルスと闘う医療従事者の方が多くいらっしゃいます。そのような方々への感謝の思いと、
    新型コロナウイルス感染拡大防止のために何かできないかという思いから、このたびマスクの寄付をさせていただくことになりました。今回は入団以来
    県民となり7年目を迎えた、第二の故郷である宮城県と、生まれ育った横浜市、高校時代に3年間過ごした川崎市へ寄付させていただき、医療従事者の方々や
    マスクが不足して困っている方々に届けていただきたいと思います」とコメントした。

     また、シーズン開幕へ向けては「微力ではありますが、皆さんが1日でも早く普段の生活を取り戻すための力となり、開幕を迎えた時、皆さんへ笑顔を
    届けられるようなピッチングをお見せできるよう私も頑張ります」と決意を新たにしていた。

    デイリー

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200507-00000050-dal-base

    引用元: 楽天・松井から医療機関等へ、マスク計4万枚の寄付を発表「何かできないかと」

    【楽天・松井から医療機関等へ、マスク計4万枚の寄付を発表「何かできないかと」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2020/04/21(火) 18:08:05.86 ID:K/GegyXBd
    アイリスオーヤマは現在、中国でマスクを生産している
    アイリスオーヤマ(仙台市)は国内でマスクの一貫生産を始める。不織布などの材料も含め、中国などの企業に頼らずほぼ全てを国内で作れるようにする。政府は緊急経済対策に盛り込んだサプライチェーン(供給網)再編を支援する補助金対象の第1弾として認める方向だ。新型コロナウイルスの被害の拡大を受け、調達や生産を見直す動きが広がる。

    引用元: 【朗報】アイリスオーヤマ、マスクの国内一貫生産を開始

    【【朗報】アイリスオーヤマ、マスクの国内一貫生産を開始】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2020/04/12(日) 12:31:54.63 ID:UQjsonYIp
    エッッッッッッッッ
    no title

    引用元: 【画像】楽天のチアガールエッッッッッッ

    【【画像】楽天のチアガールエッッッッッッ】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2020/04/09(木) 18:51:50.57 ID:/cgVjYI30
    no title

    引用元: 【画像あり】楽天ブラッシュのマスクがカッコイイ

    【【画像あり】楽天ブラッシュのマスクがカッコイイ】の続きを読む

    このページのトップヘ