狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    ムエンゴ

    1: 風吹けば狗鷲 2019/05/25(土) 18:42:37.89 ID:efhxIA4XF
    no title

    楽天対オリックス 7回1失点の楽天岸はベンチから戦況を見つめる(撮影・足立雅史)
    <楽天1-4オリックス>◇25日◇楽天生命パーク

    楽天岸孝之投手(34)が7回3安打1失点と好投も、左太もも裏の違和感から2カ月ぶりの復帰登板を今季初白星で飾ることはできなかった。



    3回までは2つの見逃しを含む毎回の5奪三振。その後も直球、カーブ、チェンジアップ、スライダーと全ての球種を高次元で操り、6回まで三塁すら踏ませぬ投球だった。「良かったと思う。ホームラン以外は」。1点リードの7回、先頭のオリックス・ロメロに浴びた同点弾への悔しさが募る。チームも8回に逆転を許し「負けたら意味はないので」と表情は硬かった。

    頼れる右腕の復帰がチームにもたらす価値は計り知れない。平石監督は「戻ってきてくれて良かった。ボールもコントロールされていたし、苦しい展開でタカ(岸)はよく粘ってくれた」とねぎらった。伊藤投手チーフコーチも「球威、制球ともさすが。これだけの球を投げているので、もちろん」とローテ復帰を明言した。

    引用元: 楽天岸が復帰戦を白星飾れず「負けたら意味ない」

    【楽天岸が復帰戦を白星飾れず「負けたら意味ない」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/12/07(金) 22:32:07.97 ID:eSrYVmYA0
    楽天・辛島航投手(28)が7日、仙台市内で契約更改を行い、800万円アップの5000万円でサインした。

     開幕ローテ入りをつかんだ辛島はほぼ1年間先発ローテを守り23登板で4勝9敗1セーブ、防御率4・05。22先発はチームで則本、岸の2本柱に続く多さだった。負けが先行したものの、数字以上に存在感を残し「4勝しかしてないけど、自分の中では去年に比べていい内容の試合が多かったかなと思っています」とうなずいた。

     ただ一方で投球イニングが117回3分の2に終わったことを反省。球団からも「もうワンランク上の先発ピッチャーになるには、140回くらい投げないといけないので、そこを目指してやって欲しい」とエールを送られたことを明かし、「とにかくケガをしないことが1番。(1年間)ローテで回って140イニング投げたい」と意気込んでいた。

     ◆辛島 航(からしま・わたる)1990年10月18日、福岡生まれ。28歳。吉塚小1年から野球を始め、ボーイズリーグ「ドリームフューチャーズ」でプレーした吉塚中学2年から投手。
    飯塚高では3年夏にエースとして、創部47年目で同校初の甲子園出場へと導く。08年ドラフト6位で楽天入り。プロ10年間通算で135登板、39勝54敗1セーブ、防御率3・91。173センチ、72キロ。左投左打。背番号58。


    https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20181207-OHT1T50149.html

    引用元: 【楽天】先発ローテ守り4勝の辛島、800万増で来季の目標に投球140イニング

    1: 風吹けば狗鷲 2018/06/11(月) 19:31:45.04 ID:tkcO1/ZQ0
    チーム状態あんまり良くないよな

    引用元: 楽天 19勝38敗(-19)得失点差-80打率.228防御率4.32

    【楽天 19勝38敗(-19)得失点差-80打率.228防御率4.32 】の続きを読む

    日本生命セ・パ交流戦 広島2―1楽天(9日・マツダスタジアム)

     先発した楽天・則本昂大投手(27)が、8回5安打2失点で完投しながら、6敗目(4勝)を喫した。

     6回までは大きなピンチもなく、広島・ジョンソンとの投手戦を繰り広げた則本。7回に嶋のスクイズで1点を奪った楽天だったが、直後に落とし穴があった。

     先頭の鈴木に四球を与えると、続く松山をカウント2―2と追い込みながら、外角の直球を左翼席最前列に運ばれて逆転された。両ひざに手を付いてガックリしたエースは「僕の中ではしっかり投げ切れたと思うけど、打たれたら一緒。あそこで打たれたから負けた」と唇をかんだ。

     セ・リーグ本拠地での試合とあって、普段は立たない打席にも入った。6回には四球を選び、際どいタイミングとなった二塁にスライディングしてセーフになるなど、懸命にプレー。気温が30度近くまで上がるなど、厳しいコンディションの中での孤軍奮闘に梨田監督も「暑い中、走塁も頑張って責めるわけにはいかない。よく投げてくれた」とかばった。

     則本は自身3連敗。チームは今季最多借金18となり、「(調子は)悪くないけど、負けたら一緒」と責任を背負っていた。

    日本生命セ・パ交流戦:楽天2-3ヤクルト>◇3日◇楽天生命パーク

     すでに5敗している楽天美馬学投手の今季初勝利はまたもお預けとなった。

     美馬は4回に味方の失策や内野安打などが絡んで2失点。6回6安打2失点(自責1)と全体的にはまずまずの内容だったが、打線の援護もなく勝ち負けはつかなかった。

     「真っすぐが良くなかったので変化球を多めに投げた。気持ち的には勝負できてる。次につながる」と話し、次回登板へ気持ちを切り替えた。

     楽天はこれで5連敗。いまだ今季交流戦で勝利がなく、借金は15年以来となる17に膨れ上がった。

    【楽天】開幕から10カード連続勝ち越しなし…梨田監督「辛島にちょっと長く投げさせすぎた。申し訳ない」

    日本ハム4―1楽天(3日・札幌ドーム)

     パ・リーグ最下位の楽天が追加点を奪うことが出来ずに逆転負け。開幕から10カード連続勝ち越しなしとなった。


     前夜(2日)に連敗を7でストップさせた楽天。この試合でも4回にペゲーロの6号ソロで先取点を奪った。先発・辛島は清宮から2打席連続空振り三振を奪うなど、2~6回は1安打も許さないほぼ完璧なピッチングを見せた。だが球数100球を超えた7回に1死から清宮に右前安打を浴びるなど3連打で1死満塁のピンチを背負うと、清水に逆転の満塁本塁打を浴びた。

     7回には清宮、杉谷に連打を浴びて1死一、二塁となり、タイムを取ったが辛島を続投させたことが結果的に裏目になった。梨田監督は「辛島の状態がよかったので引っ張りすぎた。あそこの鶴岡の所で決断すべきだった。鶴岡は足が遅いので低めのチェンジアップでゲッツーが取れるかなと。辛島にちょっと長く投げさせすぎた。申し訳ない」と悔やんでいた。

    【【楽天】開幕から10カード連続勝ち越しなし…梨田監督「辛島にちょっと長く投げさせすぎた。申し訳ない」】の続きを読む

    このページのトップヘ