1: 風吹けば狗鷲 2017/02/08(水) 11:52:56.91 ID:zd6Z/BSM0

2: 風吹けば狗鷲 2017/02/08(水) 11:53:41.16 ID:zd6Z/BSM0
no title


楽天・則本はブルペンで117球を投げ込んだ

3: 風吹けば狗鷲 2017/02/08(水) 11:54:07.04 ID:zd6Z/BSM0
 楽天の則本昂大投手(26)が久米島キャンプ第2クール初日となった7日、ブルペンで今キャンプ最多の117球を投げ込んだ。ピッチング中には、松井稼頭央外野手(41)らが打席に入るなど徐々に実戦モードへ突入。
ちょうど1か月後に迫ったWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)開幕戦(3月7日キューバ戦、東京D)に向け、順調な仕上がりを見せている。

 則本の表情が、思わず緩んだ。この日から野手陣が目慣らしのため、ブルペンへ。真っ先に姿を見せた松井稼は、則本が投げる“WBCレーン”の左打席に入った。
「当てたらすいません」と言いながら、力のあるボールを遠慮なく投げ込む。その後、ウィーラー、ペゲーロも打席に迎え、今キャンプ最多の117球。「(第2クール)初日にできるだけ投げようと思ってました」と笑顔で汗を拭った。

5: 風吹けば狗鷲 2017/02/08(水) 11:54:32.74 ID:zd6Z/BSM0
 仕上がりは順調だ。力のある真っすぐにスライダー、フォーク、チェンジアップという従来の球種に加え、シンカー、カットボールとWBCに向けて習得中のボールも試した。
「第1クールから投げているけど、もう少し練習が必要。(シンカーは)今日はよくなかったけど、必要なかったら投げなきゃいいだけ。ボールが動くなら、それを利用すればいい」。硬いマウンド、WBC球で使える球種を冷静に見極めている。

 先発が有力視される3月7日、キューバとの開幕戦までちょうど1か月。沖縄・金武町をベースに、14日から始まる対外試合で実戦登板する見通しだ。
本人は「まだ、投げる場所も決まってない。できることをやって初日を迎えたい」と話すにとどめたが、14日の韓国ハンファ戦(金武)、21日の日本ハム戦(名護)、28日の侍ジャパン強化試合・台湾戦(ヤフオクD)と中6日で登板する“WBC開幕ロード”も視界に入ってくる。

 今後の調整については「50球を超えたぐらいからバテていた。もう少し投げ込みが必要。硬いマウンドは嫌いじゃないし、WBC球は自主トレからずっと触って、だいぶなじんできた。細かなところを詰めていけば、大丈夫だと思います」と自信をのぞかせた背番号14。万全の態勢を整え、世界と戦うマウンドに立つ。(山口 泰史)

引用元: キューバ戦登板濃厚の則本、WBCへ仕上がり順調「ボールが動くならそれを利用すればいい」 

【キューバ戦登板濃厚の則本、WBCへ仕上がり順調「ボールが動くならそれを利用すればいい」】の続きを読む