狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    メキシコ

    11 / 13(水)
     地上波(全国ネット)よる6時45分~
    13日メキシコ戦(午後7時、東京ドーム)

    1: 風吹けば狗鷲 2019/03/07(木) 22:36:30.84 ID:/KzNQUk10
    no title

    <メキシコ代表練習>試合が終わったばかりのオリックス・メネセス(左)がロッテ、巨人などで活躍したクルーズと談笑(撮影・山口 和洋)
     9、10日の強化試合で侍ジャパンと対戦するメキシコ代表が7日、会場となる京セラドームで全体練習を行った。ダン・フィロバ監督(62)は初戦に元日本ハムのルイス・メンドーサ投手、2戦目はマヌエル・バレダ投手が先発すると発表した。

     「メンドーサには2イニングは投げてもらいたい。来日している全選手にプレー機会を与えるようにしたい」

     代表にはロッテ、巨人、楽天でプレーしたルイス・クルーズ内野手や、元広島のラミロ・ペーニャ内野手、ザカルト・フィリップス投手も選出され来日した。

     クルーズは「昔のチームメートと再会できて、またメキシコ代表として来日できて誇らしく幸せです」と終始笑顔で汗を流した。

     「ロッテの田村、中村とも対戦できるので楽しみ。また僕がいた頃はキャリアを始めたばかりの選手たちが、ここまで成長してくれていて、プレーするのが楽しみです」

     巨人では当時2軍暮らしだった岡本、吉川尚らが成長し、侍ジャパンに選出されるまでになった。グラウンド上のプレーでぶつかり合うことを心待ちにしていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190307-00000147-spnannex-base

    引用元: メキシコ代表 ロッテなどで活躍のクルーズ、元同僚との対決「楽しみ」

    【メキシコ代表 ロッテなどで活躍のクルーズ、元同僚との対決「楽しみ」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/16(水) 00:59:29.15 ID:qLqtlIfV0
    ソース
    https://full-count.jp/2019/01/15/post281151/
    楽天を退団したジャフェット・アマダー内野手が母国メキシコの古巣レッドデビルズに復帰することが決まったと地元メディアが報じた。

    no title

    メキシコ古巣球団への入団が決定したジャフェット・アマダー【写真:荒川祐史】

    地元紙が報じる「レッドデビルズは来シーズンに向けて十分な強化」
     昨季限りで楽天を退団したジャフェット・アマダー内野手が母国メキシコの古巣レッドデビルズに復帰することが決まったと地元メディアが報じた。

     アマダーは2016年から楽天でプレー。1年目は39試合出場で9本塁打に終わったが、2017年は121試合出場で23本塁打、65打点をマークした。2018年は62試合出場で打率.269、20本塁打、42打点と好成績を挙げていたが、禁止薬物への陽性反応を示したことで8月に6か月の出場停止処分に。昨季限りで退団となった。

     オフにはメキシコのウインターリーグに参戦し、チャロス・デ・ハリスコで27試合出場、打率.283、6本塁打、23打点と活躍していたアマダー。
    地元スポーツ紙「Esto en Linea」は「ジャフェット・アマダーがレッドデビルズのメンバーに」とのタイトルで報じ、「レッドデビルズはMBL(メキシカンリーグ)での来シーズンに向けて十分な強化を行っている。そして、この度ジャフェット・アマダーが加入した」「チャロス・デ・ハリスコでのプレーを終えたアマダーの加入を、ミゲル・オヘーダ(球団副社長)が承認した」と伝えた。

     思わぬ形で日本球界を去ったアマダーだが、母国で本格的に再スタートを切ることになる。(Full-Count編集部)

    引用元: 元楽天アマダーがメキシコの古巣球団に入団が決定

    【元楽天アマダーがメキシコの古巣球団に入団が決定 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/12/21(金) 15:53:20.97 ID:93oGaSfu0
    no title



    元楽天のジャフェット・アマダー【写真:荒川祐史】
     今季限りで楽天を退団となったジャフェット・アマダー内野手。8月に禁止薬物への陽性反応を示したことで6か月の出場停止処分を科され、そのまま楽天を退団することになった。

     その後、メキシコのウインターリーグで実戦に復帰していたアマダーだが、来季は、母国レッドデビルズに復帰することになりそうだ。メキシコの地元紙「ミレニオ」が「ジャフェット・アマダーがレッドデビルズへ復帰間近」と報じている。

     同紙はレッドデビルズを率いるビクトル・ボホルケス監督のコメントを紹介。指揮官は「ジャフェット・アマダーが我々のラインナップに復帰する可能性が非常に高い」と語っており、記事では「アマダーのメキシコへの復帰を正式に発表することが目前に迫っていると、ビクトル・ボホルケス監督が語った」とされている。

     アマダーはメキシコのウインターリーグでチャロス・デ・ハリスコに在籍し、怪我で離脱しながらも、23試合で打率.354、6本塁打23打点と好成績をマークしている。

    Full-Count編集部

    引用元: 元楽天アマダーがメキシコの古巣に復帰へ 地元紙報じる「発表が目前に」

    【元楽天アマダーがメキシコの古巣に復帰へ 地元紙報じる「発表が目前に」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/11/02(金) 19:10:49.13 ID:S3xby2rm0
     今年8月に禁止薬物の陽性反応により、NPBから6カ月の出場停止処分を言い渡された東北楽天ゴールデンイーグルスのジャフェット・アマダー内野手。現在は母国メキシコのウインターリーグに参戦しており、打撃好調を維持しているようだ。現地1日メキシコメディア『プーロ・ベイスボル』が報じている。

     メキシコのウインターリーグは現地10月12日に開幕。アマダーはチャロス・デ・ハリスコの一員として、10月31日までの全16試合にフル出場中だ。31日の試合にも「4番・指名打者(DH)」で先発したアマダーは、1本塁打を含む4打数3安打2打点の活躍でチームの勝利に貢献している。
    そして、ここまで4本塁打、15打点という成績を残しており、この2部門でリーグトップに立っている。

     8月1日のオリックス・バファローズ戦を最後に実戦から離れていたアマダーだが、その分、母国でのプレーに準備はできていたようだ。
    チャロスのライモンド・パディージャSD(スポーツディレクター)はシーズン開幕前に「アマダーをシーズン最初から使えるのは重要なことだ。
    20日間のチーム練習にも参加できるし、それはわれわれにとって素晴らしいこと。きっとチームの力になってくれるだろう」と述べていた。

     また同SDは、アマダーの日本での騒動についても「その件についてはわれわれやチームにとっては関係のないことであり、意見することはできない。彼自身が向き合わねばいけないことだ。
    もし彼が過ちを犯していたとするなら、きちんと責任を持ってくれるだろう。だが、彼のそうした状況がわれわれに影響することはない」とアマダーを全面的にチームに受け入れる姿勢を見せていた。

     8月9日にNPBの処分が確定し、翌10日に自らの潔白をツイッター上で投稿して以来、その更新も滞っており、アマダー自身の声は聞こえてこないが、そのパフォーマンスが好調なのは確かなようだ。処分が解けるのは来年2月。来季の去就はいまだ明らかになっていないが、今は母国メキシコで結果という答えを出し続けるしかなさそうだ。

    引用元: 出場停止の楽天・アマダー、母国メキシコWLで活躍中

    【出場停止の楽天・アマダー、母国メキシコWLで活躍中 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/07/03(火) 08:05:48.98 ID:InOgrCx60
    どれが一番可能性ありそう?

    引用元: サッカー代表のベスト8以上 東北地方の甲子園優勝 ロッテのホームラン王

    【サッカー代表のベスト8以上 東北地方の甲子園優勝 ロッテのホームラン王 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/02/20(火) 16:20:29.27 ID:HHzxYHyi0
    no title

    楽天の「あまちゃん」ことジャフェット・アマダー【写真:荒川祐史】
    日本球界の歴史上最重量のアマダー、今季はNPBの唯一のメキシコ人に
     193センチ135キロの巨躯を誇る楽天のジャフェット・アマダー内野手は、日本球界の歴史上、最重量の選手である。そして、アマダーにとって来日3年目となる今シーズンは、NPBに在籍する唯一のメキシコ人選手としての戦いでもある。


     その体格通り長距離砲として期待され、2016年に楽天の一員となったアマダー。初年度は故障に悩まされながらも、39試合で9本塁打を放ってそのパワーの片鱗を見せ付けた。

     しかし、来日2年目となる昨年は、開幕序盤は打率が2割台前後を行き来する低空飛行を続けてしまう。それでも、そのポテンシャルを信じて起用を続けた梨田監督の期待に応え、シーズン中盤からは豪快なバッティングを披露し始めた。

     7月に8本塁打、9月までの3か月で16本塁打を放って復調をアピールすると、通算では121試合に出場して打率.237ながら、23本塁打、65打点という好成績を残す。日本球界初の「外国人選手20発トリオ」の一角として、チームのAクラス入りにも大きく貢献した。

     短期決戦でもその打棒は威力を発揮し、クライマックスシリーズのファイナルステージでは2本のアーチを描く。チームは敗れて日本シリーズ進出はならなかったものの、来季以降の躍進に向けて、さらなる期待を抱かせてくれたことは間違いない。

    2: 風吹けば狗鷲 2018/02/20(火) 16:20:43.53 ID:HHzxYHyi0
    「あまちゃん」とも呼ばれる謙虚なメキシカン
     メキシコといえばラテンアメリカの国。その地の出身者も明るく陽気な性格をしていると思われがちだが、アマダーは真面目で大人しい性格だという。昨年7月22日のお立ち台では今江年晶内野手に促され、スペイン語による初々しい「Burn!」も披露してくれた。

     契約更新の席では「来シーズンもチャンスを与えてくれたチームに本当に感謝しています。少しでもチームの勝利に貢献できるように頑張りますので、来年も熱い声援をよろしくお願いします」と語る謙虚なメキシカンは、優勝を狙うチームにとって今後も頼もしい存在だ。

     今オフ、チームメイトのルイス・クルーズ内野手や、北海道日本ハムで活躍したルイス・メンドーサ投手が日本球界を離れたことで、アマダーは現時点で唯一、日本球界でプレーを続けるメキシコ人選手となった。

     過去に日本球界で活躍したメキシコ人選手としては、2005年のカリーム・ガルシア氏(元・オリックス)や、2000年のナルシソ・エルビラ氏(元近鉄)など個性的な面々が揃っているが、長く成功を収めた選手は未だ現れていないのが実情だ。

     それでも、アマダーがかっ飛ばす豪快なアーチには、ファンならずともロマンを感じる。「あまちゃん」の愛称でチームメイトからも親しまれる真摯な巨人は、いずれは日本球界における「メキシコ人史上最高の打者」と呼ばれるほどの存在になれるだろうか。

    引用元: 楽天の「あまちゃん」、NPBの「メキシコ人史上最高の打者」になれるか

    【楽天の「あまちゃん」、NPBの「メキシコ人史上最高の打者」になれるか 】の続きを読む

    このページのトップヘ