狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    ライバル

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/25(金) 16:22:12.48 ID:8SPTxNvP0
    プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「ライバル」です。


    no title

    楽天・茂木栄五郎内野手
     今年に関して言うなら、チーム内では内野手の全員がライバルです。ショートで143試合に出たいし、一番を打ちたい気持ちもある。(打順は)田中和基といい争いをして、チーム力が上がっていけば、と思っています。

     もともと、ほかのチームの人も含めて、同学年の選手は全員がライバルだと思っています。やっぱり同学年の選手には負けたくないですし「僕も頑張ろう」と、いい刺激をもらえる。
    中でも、オリックス・吉田正尚が活躍していると励みになりますね。大学日本代表からの付き合いで、たまに連絡も取り合っています。大学のときから、打撃でも参考になる部分がある。年明けに「今シーズンもお互いに頑張ろう」と誓い合いました。

    引用元: 楽天・茂木栄五郎内野手「吉田正尚の活躍が励みになります」

    【楽天・茂木栄五郎内野手「吉田正尚の活躍が励みになります」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/16(水) 19:21:45.43 ID:qLqtlIfV0
    楽天美馬学投手(32)が、横綱稀勢の里の引退にコメントを寄せた。同郷の同い年。美馬の母校である茨城・藤代中と、4番でエースだった稀勢の里のいた長山中は、隣町のライバル同士だった。

    球団を通じ「びっくりしました。寂しい気持ちでいっぱいです。連敗中、あれだけ言われてきた中でここまでやってきたのは本当にすごいと思います。今朝、本人と連絡を取ったのですが『復活を祈ってる』って言ってもらえて。
    稀勢の里関は本当にすごい人だし、頑張ってきた人なので、そう言われてうれしいですし、その力をもらって僕が復活するところを見せたいです。本当にお疲れさまでした」とねぎらいの言葉を送った。

    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/201901160000391_m.html?mode=all

    引用元: 楽天美馬「寂しい」隣町のライバル稀勢の里が引退

    【楽天美馬「寂しい」隣町のライバル稀勢の里が引退 】の続きを読む

    20181124-OHT1I50148-L

    笑顔で取材に応じる内田

     楽天は24日、近藤弘樹(23)、今野龍太(23)、
    安楽智大(22)の3投手、内田靖人内野手(23)と契約更改を行い、全4選手がサインした。今季、自身初の2桁本塁打をマークした内田は、倍増となる700万円増の1400万円でサイン。オフはポジションを争う銀次内野手(33)と自主トレを行い、確実性を学ぶ。近藤は100万円ダウンの1400万円でサイン。青山浩二投手(35)に弟子入りすることを明かした。(金額は全て推定)

     思わず笑みがもれた。会見場に入った内田は、納得の表情で席についた。倍増となる1400万円でサイン。自身へのご褒美を聞かれると「何も考えていない。しっかり貯金します」と控えめに話した。

     波の大きい1年だった。オープン戦首位打者に輝き、初の開幕スタメン。しかし結果を残せず、前半戦は不本意なままに終わった。それでも、8月以降は30試合で8本塁打と量産し、自己最多の12本塁打。10月のU―23侍ジャパンでは主将も務め、「(監督の)平石さんには、チームを引っ張っていく姿が足りないと言われていた。来季は変わったところを見せたい」とうなずいた。

     オフは銀次と合同自主トレに臨む。一、三塁を争うライバルだが「誘っていただいたので、ぜひお願いしますと。ライバルにはなりますけど、銀次さんはバッティングの確実性が高くて、僕にはそこが足りていないので、そういう部分を聞いていけたら」と話した。

    目標は3倍増「30本目指す」 来季の目標は高く設定した。「今年10本打てたので、20本、30本を目指していきたい。打率も2割5分以上は。開幕1軍に残って、1年間1軍でプレーしたい」。来季の飛躍が期待される右の大砲。ライバルにも学び、成長を続けていく。(山口 泰史)

    1: 風吹けば狗鷲 2018/11/22(木) 17:21:06.50 ID:Y/Ha9dz00
     楽天の新入団選手発表会見が22日、仙台市内で行われ、育成ドラフト2位で指名された則本昂大投手(27)の弟、則本佳樹投手(24)=山岸ロジスターズ=は近大で同期だった巨人・畠世周投手(24)をライバルに挙げた。

     則本と畠は近大で4年間をともに過ごした。畠は2年からマウンドに立って活躍し、16年のドラフト2位で巨人入り。17年にはシーズン途中から先発で6勝を挙げると、2年目の今季もシーズン終盤にリリーフとして存在感を示した。
    一方で則本は大学時代に右肩の手術などもあって登板は1試合のみ。山岸ロジスターズから育成でプロ入りをつかみ「大学時代に同期だった巨人の畠投手をライバルとしたい。これから同期として切磋琢磨(せっさたくま)できたらなと思います」と話した。

    引用元: 【楽天】育成ドラ2の則本弟、ライバルには近大同期のG畠「切磋琢磨できたら」

    【【楽天】育成ドラ2の則本弟、ライバルには近大同期のG畠「切磋琢磨できたら」 】の続きを読む

    プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「ライバル」です。

    ロッテ・菅野剛士外野手

     楽天の茂木(栄五郎)と日本ハムの横尾(俊建)は武蔵府中リトルシニアで一緒のチームだった幼なじみです。茂木が一番で三、四番が僕と横尾。2人とは東京六大学リーグ、プロとチームは違えど、同じ道を進みました。彼らは大学卒業と同時にプロへ進みましたが、自分は社会人野球を経てのドラフト。負けてはいられないです。

     それと今、使うバットは茂木のモデルなんです。向こうのほうが経験も多いし、社会人1年目のとき、「どんな形を使っているの?」と触らせてもらってから、気に入って使うようになりました。

     重心がヘッドのほうにあり、しっかりと振らなければスイングできない。自分もしっかり振るタイプなので、合っているのかなと思います。

    【ロッテ・菅野剛士外野手「幼なじみの茂木と横尾には負けていられない」/ライバル】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/01/01(月) 15:55:44.66 ID:wUHu+Vao0
    楽天・オコエ瑠偉外野手(20)が31日、2018年のライバルに妹・桃仁花(もにか、18)を挙げた。1学年年下の妹は女子バスケで16年にU―17(17歳以下)日本代表に選出され、現在は国内トップのWリーグ・デンソーに所属。12月には愛知などへ試合の応援にも行ったオコエは「妹には負けない!」と決意を新たにした。

     昨季はケガで出遅れたが、8月に1軍に昇格すると41試合で3本塁打、打率3割の成績を残したオコエ。11月には24歳以下の日本代表にも選出されたが、侍ジャパンでは先発出場がなく、壁の高さを痛感。「野球がこれだけ国民的スポーツだから自分の方が名前は売れているけど、バスケが同じくらいだったら妹の方が早く出てきたと思う」。高卒1年目から試合出場する妹に、闘志を燃やした。

     「そりゃあ、出たいっしょ」と、2020年の東京五輪では兄妹同時出場を狙う。世界の舞台へ向けてともに戦って行く覚悟だ。
    http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180101-OHT1T50106.html

    no title

    引用元: オコエ「オリンピック?そりゃ出たいっしょ」ライバルは妹20年東京五輪兄妹同時出場狙う

    【オコエ「オリンピック?そりゃ出たいっしょ」ライバルは妹20年東京五輪兄妹同時出場狙う 】の続きを読む

    1BBDB3B4-9D25-47B6-BBBF-EC3446DA8AE1

    引用元
    ・http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1507471287/
    【楽天・則本、中学時代に親友と編み出した魔球「波平ボール」を今でも投げていたwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ